備後の釣り情報        



2010年の備後の波止や地磯・ボートの釣果情報を記載してます





2010年12月01日 (水)※   中潮 干潮 06時30分 満潮 13時30分 曇り後晴れ、風は無風

出雲・トモ島沖のジギング  (釣りの時間6時30分〜12時30分の間)

24日前迄は海は荒れていたが、今日はウネリは少し有ったが波は穏やかでした
鳥山は出来ずにブリの喰いも渋い、7時過ぎにブリの強烈な当たりがあり掛けたがリールが巻けずドラグが滑り糸が出て行くのみで五分程度やり取りしたが14号のリーダーを切られてバラしてしまった、感触では1mクラスのブリと船長が言っていました、その後にワカナを釣る(私はその後は船酔い)が11時頃までは釣れなかった
友人が80cmのサワラを釣るがその後は釣れなかった

他の船も一匹程度で数は釣れていなかった様子です

2010年11月06日 (土)※   大潮 干潮 16時59分 満潮 10時57分 曇り後晴れ、風は無風

来島海峡・津波島〜岩城島の間のジギング   
(釣りの時間6時〜17時の間)

今日は一船7人で出船、多にも二隻と人数は多い、土日は客は多いとのことです、先ずは大三島と伯方島の水道出始めるが釣れないので、来島海峡・大橋下に行くジクで釣れず他の釣り人はアジの泳がせ釣りに変更するが大潮で潮が川のように流れてスグに根が掛りする厳しい状況です
私は65cmのハマチを掛けてボウズは免れるが他の釣り人はまだ釣れないが、時間経過して泳がせ釣りにも食いが出てきた、潮止まりに小アジを釣りに行く、次は賽灘に行くが釣れないので津波島と岩城島の水道に行く、此処では生餌なくなりジクにする人が多い納竿一時間半前から釣れだして5〜6匹釣れるが私には来なかった
皆さんジグは200〜250gで釣っていた水深は40〜60m位ですが流れが速く根ガカリが多く、小潮の釣り行きが良く、ジグは200g以上で数も10本程度は必要ですし又泳がせ釣りの準備も要ります

2010年10月10日 (日)※   中潮 干潮 06時23分 満潮 12時41分 曇り、風は無風昼前よりやや強い

横島・坊地東波止のチヌ釣り及びサビキ釣り

今日も暑い日でしたが、波止には日曜日で多くの釣り人が来ています
波止ではサビキ釣りで小さなアジとサヨリが釣れています、数は10匹とイマイチですが天気もよく楽しめるので多くの釣り人がいます

チヌはダンゴ・フカセ釣りともに厳しく釣れていません、ダンゴ釣りには25〜30cmのサイズが1匹釣れるのがやっとほとんど釣り人はボウズの状況です

2010年10月06 (水) 大潮 干潮 16時16分 満潮 09時53分 朝やや強く午後微風で晴れ

福山鞆沖のボートのエギング釣り

アオリイカと狙いで釣り行き、天候は晴れでしたが風は朝はやや強く午後は微風でした
時期は終盤過ぎ数は諦め型狙いの釣り行きでした、東側のから釣り始めるが中々当たらない厳しい状況で前回とは様変わりで、今回も少しずつ移動しながらの釣り方で釣りました
しかし、喰いは渋く当たっても乗らない場合や足一本のみ掛る状況ですエギの動きもソフトにして丹念にサグリ、拾い釣りのようにボツボツは釣れますが型はイマイチでした、今日は三人で35匹程度と今時期ではマズマズの釣果でした
時期的にはピークは9月22日頃までその後は釣り荒れて喰いは渋く数も少なくなってきましたがまだ釣れてはいますが型は小さく大きいのはほとんど釣れません

2010年9月11 (土) 中潮 干潮 16時44分 満潮 10時23分 無風で晴れて一日暑い

福山鞆沖のボートのエギング釣り

アオリイカと狙いで釣り行き、天候は晴れでしたので日差しは強く凄く蒸し暑い一日でした
朝方から風はなく釣り日和でした、北側のから釣れ始める15匹釣れると少し移動すると又釣れます、そんな状況で前回と同様に少しずつ移動しながらの釣り方で釣りました
しかし、潮が満潮になり又下げ潮に変わり潮も動きが悪くなったが数釣りは出来ないがボツボツは釣れていますが、今日は特に暑く早めの納竿としました
今日は1日三人で65匹程度とマズマズの釣果でした、型もジュースの小缶位のが混じり型は大きいのが混じり始めました

2010年9月09 (木) 大潮 干潮 05時40分 満潮 11時36分 07時頃より南の風やや強く昼前から納まる

福山鞆沖のボートのエギング釣り

アオリイカと狙いで釣り行き、天候は晴れでしたが途中から日差しは強く凄く蒸し暑い一日でした
朝方はの南の風やや強く、北側の風裏から釣れ始める10匹釣れるとスグに少し移動するして釣り方で始める、そんな状況で少しずつ移動しながら10時過ぎまで釣り、風もおさまり東側にも移動して釣る
しかし、潮が満潮になり潮も動きが悪くなり喰いも悪くなり、移動しながらの釣り方で釣りましたが潮も下げに変わり喰いはいっそう悪くなりましたので納竿としました
今日は1日三人でで75匹程度マズマズの釣果でした、型も一部良型が釣れています

2010年8月16日 (月)   小潮 干潮 09時06分 満潮 13時42分 晴れ、風は無風、暑い一日です

三原・須波町沖の船のタコ釣り

猛暑が続いていますが、三原須波町沖の砂と適度な岩場といった条件の揃った場所の30m程度の深さのポイントでタコが釣れています潮は小潮が良く潮止まりの前後の一時間程度の時合いに一人10匹程度釣れています
地合いは短く、潮の速い場合は釣れない事が多く潮の緩んだ時が時合いになります又釣る時間帯は暑さも避けられる朝マズメから昼頃までが良いようです、場所は沢山の船が釣っているのですくに分かります
仕掛けはサメの身をくくり付けたタコテンヤが食いが良いようです
タコ釣りはこのまま9月中旬までは釣れるでしょう

2010年8月13日 (金)※   中潮 干潮 07時19分 満潮 13時12分 曇り、風は無風、暑い一日です

横島・坊地西波止のチヌ釣り及びサビキ釣り

猛暑が続いていまが、波止には多くの釣り人が来ています
波止では底カゴのサビキ釣りで25cm程度のコノシロが釣れています、数は10〜20匹と数釣れていますから楽しめるので多くの釣り人がいます

チヌはボツボツ釣れていますがフカセ釣りは厳しく釣れていませんが、ダンゴ釣りには釣れていますが25〜30cmのサイズが1〜2匹で、当たりも小さく又エサ取りも多く釣りも難しい釣りになっています

2010年7月16日 (金)※        大潮 干潮 08時12分 満潮 12時05分 晴れ、風はやや強い

向島干汐の北波止のチヌ釣り

梅雨の大雨の続いた終わりの日に水潮を避けて河口から離れている干潮の波止に行くとタンゴ釣りの釣り人がいた聞くと、あまり釣れないしエサ取りのフグとサバ子・コノシロ等の猛攻にサシエがスグに取られ又水潮になり海の色が変わっているので喰いが
良くないとのことです
型も小さく25cm位がレギラーサイズで数も1〜2枚と低調との話でした、これからは水潮の無くなるまでの一週間位はチヌの喰いは良くないでしょう
水潮が納まれば6〜10枚位は釣れるとの話でした、潮の良く動く日が良いとのことで北波止はワンドなので大潮がよく動くとは限らないとのことです

2010年6月12日 (土)      大潮 干潮 05時22分 満潮 10時31分 晴れ、風は弱い午後やや強い

大・小飛島周辺のボートのアジ・キス釣り

飛島周辺の砂地のある場所での半日のボートの釣りにキスの20〜25cmが1人15匹ですが20m位の良型が深場で釣れています型は良いが数はイマイチです
エサは青虫でも良いが砂ムシの方が喰いはよいです、2本針に二匹釣れる事は少ないので1本針が良いです
これから夏期に近づき数も釣れる様になって来ると思いますきています
アジですがこの周辺では時季がまだ早いようですし水温も低くエサ取りも少なく、釣れていませんでした

2010年5月28日 (金)※   大潮 干潮 05時33分 満潮 10時49分 晴れ、風はやや強い寒い日です

横島・坊地東波止のチヌ釣り及びサビキ釣り

乗っ込みも終わっていますがチヌはボツボツ釣れていますがフカセ釣りは厳しく、ダンゴ釣りには釣れていますが1〜2匹で、 当たりも小さくサシエも残って、釣りも難しい釣りになっています
最近気温の低下でエサ取りも居なくなっているので水温低下もあり喰いも落ちていると思われますがチヌも底でのみ喰っているようです

又サビキのウマズラやコノシロ釣りも喰いが落ちて釣れなくなっています
、唯一釣れているのはイワシの子、のみです

2010年5月21日 (金)   大潮 干潮 04時44分 満潮 11時08分 晴れ、風は弱風

横島・坊地西波止のチヌ釣り

チヌの乗っ込みも終わっている時期ですが今年はまだ終わってないとの釣具店の情報にのぞいて見ると30cm程度のチヌが2〜3匹釣れていますがタナも竿一本と深く、エサ取りのイワシ・フグ・ハゲ・ボラの活性が高く非常に釣りづらいですが、潮が動く沖は少なくなるのでこの時がチャンスです
又昼過ぎからはエサ取りも少なくなるのとこの時間帯もにも釣れています
釣れているチヌは産卵は終わっています、釣果も連休明けまでが良かったようです

又波止からはアオリイカがエギング゙で1〜2匹釣れていますが数は釣れませんから、色んな場所を釣り歩くと数はもう少し釣れるのではないでしょうか

2010年5月14 (金) 大潮 干潮 05時12分 満潮 10時45分 曇り、弱風でしたが寒かった

尾道・向島北波止のチヌのフカセ釣り

チヌの乗っ込みも終わりに近いし終わっているかも知れないが釣りに行ってみる、エサ取りも水温高く多い、フグ・コノシロ・イワシ・ハゲ等が多く釣り難い状況です
チヌは型は小さいし喰いは渋いです、大潮なのに潮の動きは良くなく苦戦も30cm前後が4枚釣れる、時期的には少し遅いようです、もう少し早い連休迄だと数・型ともに良いでしょう
乗っ込みは終わりでチヌも食い気少なく、六月になれば産卵後の喰いも少し増してきそうで釣れだしてくるでしょう

2010年5月09日 (日)   大潮 干潮 14時21分 満潮 07時36分 曇り、風はやや強

阿伏兎・能登原沖のボートのキス釣り

釣具店の情報ではキスは釣れているとの事、今日の潮は
悪いが初期のキスの状況確認に釣り行きしてみることにする
能登原沖から釣るもまったく釣れない他のボートの釣り人に聞いても釣れてこと、阿伏兎沖に移動も此処も良くない
初期によく釣れる小室沖に移動する、此処はフグが非常に多く釣り難いフグとの戦いみたいでエサを取られハリスを切られますがポツリポツリとキスは釣れます
他のボートの釣り人に聞いても状況は同じですが、小室沖は辛抱して釣れば一人10匹程度は釣れています

2010年4月29日 (木)   大潮 干潮 05時45分 満潮 11時15分 曇り、風は強風

横島・坊地西波止の乗っ込みのチヌ釣り

今日は朝から風速12m位の強風が吹き、他の釣り場に予定していたがこの強風では無理と取り止めて後から風が吹き海面も波止の陰になり釣り易いと坊地西波止にした
沖は白波が立つち置き竿も移動する風では非常に釣り難いが乗っ込みも盛期なので頑張ってみることにする
風にあおられて仕掛けが流されて旨く行かないが2時間経過して少し風がおさまり多少釣りやすくなりそれから下げ3分までに6枚の釣果でした
こんなに海が荒れても釣れたのは乗っ込みのチヌが波止に付いていたからでしょう
連休中もまだ釣れるでしょう

2010年4月23日 (金)  長潮 干潮 13時07分 満潮 06時35分 曇り、風は微風

横島・坊地東波止の乗っ込みのチヌ釣り

乗っ込みも盛期ですがこの波止はエサ取りのフグがいるが、潮が動かないと活発になりサシエが残らなくて困るが潮が動くと特に支障は無い状況になります、この波止の潮は満ち4分から下げ3分までの潮がよい
水深もありチヌは深タナで狙うのが良い、良い潮で釣り出来ると4〜6匹は釣れますし型も40Cm級が釣れて引きも強く楽しめます
又チヌはすべて腹んでいますから連休頃までの時期が良いと思います、これから水温がもう少し上がるとエサ取りも増えて釣り難くなると思いますもなります

2010年4月19日 (月)  中潮 干潮 08時11分 満潮 13時34分 曇り、風は微風

松永湾の南松永町護岸のチヌ釣り

松永湾の乗っ込みは盛期で終盤に近い状況になっています
チヌも浅場に寄って南松永町の護岸でも釣れいますが、数が少なくなっています型も40Cm前後と35Cmと小型も混じっていますし全部子を腹んでいます
特に釣り場所により釣果数に差が出ていますから情報を熟知している釣り人に聞くのが良いようです
潮は満潮迄が良いし水深も干潮で2m位以上あるほうが良いです

2010年4月14日 (水)  大潮 干潮 05時13分 満潮 10時53分 晴れ後曇り、風は強い午後から弱いい

松永湾の南松永町護岸のチヌ釣り

松永湾の乗っ込みは終盤の状況になっています
チヌも浅場に寄って南松永町の護岸でも釣れています、数は平均2〜3匹で型も32〜43Cmのサイズが釣れていますし全部子を腹んでいますので数日中には終わりになりそうです
釣り場所によっては数に違いも出ていますから釣り場所の選定が大事で潮は満ち3分の護岸の足下が海水で隠れるくらいから満潮までが良い、 場所は満潮で水深が2ヒロはあり20m以上沖に木材イカダがある所が良いポイントになります

2010年4月05日 (月)  大潮 干潮 04時41分 満潮 10時40分 晴れ後曇り、風は無し午後から強い

松永湾の南松永町護岸のチヌ釣り

松永湾の乗っ込みも桜が満開となり終盤の状況になっています
チヌも浅場に寄って南松永町の護岸でも盛期を迎えて型も40Cm前後と平均していますし子を腹んでパンパンです
数は平均3〜4匹とマズマズですが上手な人は7枚位釣っていますから場所に寄っては違いも出ています、釣り場所の選定が大事で釣果数に差が出ています
潮は満ち3分から護岸の足下が海水で隠れる位から満潮までが良く、一番良いのは満ち7分前後で下げ潮は喰いは一段と落ちます

2010年3月31日 (水)  大潮 干潮 06時01分 満潮 11時48分 曇り、風は微風後やや強い

松永湾のイカダ横付けのチヌ釣り

松永湾の乗っ込みは盛期で終盤に近い状況になっています
チヌも浅場に寄って南松永町の護岸でも釣れいますが、イカダでも数釣りが出来ます型も40Cm前後と平均していますし子を腹んでいます
平均6〜10匹と数も望めます、場所に寄っては違いも出ていますから釣り場所の選定が大事で釣果数に差が出ていますから情報を熟知している釣り人が数を上げています
潮は満潮前後が良いし水深も干潮で2m位あるほうが良いです

2010年3月29日 (月)  大潮 干潮 04時41分 満潮 10時40分 晴れ後曇り、風は無し午後から強い

松永湾の南松永町護岸のチヌ釣り

松永湾の乗っ込みは中盤から終盤の状況になっています
チヌも浅場に寄って南松永町の護岸でも釣れ始めました、型も40Cm前後と平均していますし中には45Cmを超えるサイズも出ていますし子を腹んでいます
数は平均3〜4匹とマズマズです、場所によっては違いも出ていますから釣り場所の選定が大事で釣果数に差が出ていますから、情報を熟知している釣り人が数を上げています
潮は満ち3分から護岸の足下が海水で隠れる位から満潮までが良い

2010年3月22日 (金)  小潮 干潮 08時45分 満潮 14時14分 晴れ後曇り、風は無し午後から強い

松永湾波止のチヌ釣り

松永湾の乗っ込みは中盤の状況になっています
型も40Cm台が出ていますし、数も2〜4枚と釣れ始めているようですし腹には子を持っているチヌも半分くらいいますが、水温が11度台と低くまだ底狙いの居食い状態は続いていますので喰いも渋く釣り方は小さな当たりを取れるタックルにする必要があります

釣り人は多く来ていますが、天候や潮により喰いは変わっていますから、少し風が有り水面が波立つくらいが良いようですし3月末が乗っ込みの盛期になると思われます

2010年3月15日 (月)  大潮 干潮 05時06分 満潮 11時07分 晴れ、風は強風

松永湾波止のチヌ釣り

松永湾の乗っ込みの状況は3月9日頃よりぼつぼつ釣れ始めていますがまだ腹は小さく、乗っ込み本番はもう少し先のようです
今日は西北西の風が強く、潮の流れと風が逆で仕掛けが風に流されてマキエから離れるのでサシエとマキエが一致しない
タナは底で当たりも居食いでウキがシモル程度で喰い渋りが強く、当たりを取るのが難しい日です、やはりナギの日でないと無理なようですしチヌの喰い気もあまり無かった
良型43Cmが一枚釣れました

2010年3月12日 (金)  中潮 干潮 16時05分 満潮 09時32分 曇り、風は無し

松永湾波止のチヌ釣り

松永湾の乗っ込みは3月半ばになっての状況は、2〜3枚とぼつぼつと釣れ始めているようですが水温が低くまだ底狙いの居食い状態で喰いも渋く数も型もでずに乗っ込みは初期の状況です

釣り人は多く来ていますが、まだ釣れている人は少ない状況で3月末が乗っ込みの盛期になると思われます
のでこれからの時期が狙い目です


2010年2月28日 (日)  大潮 干潮 04時58分 満潮 11時22分 晴れ、風は強風

松永湾波止のチヌ釣り

松永湾の早い乗っ込みの状況を確認に行くと釣り人が二人いたが釣れていないとのこと、今年は気温が高く釣れるのではと思ったが少し早いのかも知れない
満潮すぎまでねばり岸沖のミオに仕掛けを這わせて一匹釣れたがサシエは残ったままの事が多くまだ水温も低く二週間くらい早いようです
他の釣り人も釣れなかった
今日は風が強く仕掛けが足下に戻り撒きえから離れるので底を釣る場合難しくナギの日でないと無理なようです