備後の釣り情報        


2012年の備後の波止や地磯・ボートの釣果情報を記載してます




2012年11月28日 (水)  大潮 干潮 04時53分 満潮11時21分 
   曇り後晴れ、弱風 最高温度13度最低3度 朝方は寒い 水温は16.0度

笠岡沖の鯛ラバの釣り

笠岡沖で鯛ラバに鯛が釣れています、型は28〜48cmのサイズが一船で10匹前後釣れています、11月の後半になり時季も終わりに近づいていますが、釣り船も少なく晴れのナギの日を選んで釣り行きすれば12月初め頃まで狙えます
水深は浅く20m前後でボトムは砂地のゴロタ石の多いポイントです、45g位のオレンジのネクタイやカーリーも良いようです又巻きはスローが良く喰い込みも良くなくバラシも多いです
外道にマゴチの40cm前後も釣れています

2012年11月22日 (金)  長潮 干潮 13時22分 満潮06時33分 
  晴れ後曇り、弱風 最高温度18度  水温は17.4度

笠岡沖と鞆沖周辺のサーベリングの釣り

笠岡沖の佐柳島周辺は2-3日前まで数釣れていて釣り船も40隻と多くいましたが今日は朝マズメのみで一人2-3匹と型も、指3本と小さく不調でした、群れが小さくスグに移動して数は釣れません
横島周辺に移動するもこちらも群れが小さく一人5-6匹と型も指3本とイマイチと不調です
今年は笠岡沖・松永湾や他でも、波が激しく釣れる日が少なく釣り人泣かせのタチウオ釣りになっています又釣り方はエサ釣りよりジグの方が型・数共に良いようです
釣り船により数や型狙いに遠征する船も多く出ています

2012年11月10日 (土)  中潮 干潮145時13分 満潮 08時03分 

鞆沖の船からのタチウオのサーベリングの釣り

鞆沖と松永湾の船からのサーベリングにタチウオが釣れています
釣り方はエサ釣りでも良いが、ジグの方が手返しが早く良い、釣れているのは指3〜4本のサイズで指4本は2割程度混じります、数は10〜20本程度です
ジグは80g〜100gのゴールド・ブラウン系が良いようで、シャクリは早巻きは釣れ難く、スローが喰いが良い様です、釣れるのはボトム周辺が多い
今年はまだシーズン初期でこれからが盛期に入り11月いっぱいは特に良い時期です

2012年10月20日 (土)  中潮 干潮 07時58分 満潮14時31分 
   晴れ後くもり、弱風 最高温度22度 朝方は寒い 水温は22.7度

笠岡沖の鯛ラバの釣り

笠岡沖で鯛ラバに鯛が釣れています、型は30〜45cmのサイズが一船で10匹前後釣れています、10月の後半になり秋の鯛の荒食いの時季に入りつつ有ります
水深は浅く20m前後でボトムは砂地のゴロタ石の多いポイントです、45g位のオレンジのネクタイが良いようです又巻きはスローが良く喰い込みも良くなりバラシも少なくなっています
これから11月にかけて喰いも良くなって来るものと思います
喰いの悪いときは鯛カブラ・テンヤに海エビを付けて釣ると喰いが良くなります

2012年10月16日 (火)  大潮 干潮 05時21分 満潮11時33分 
   晴れ後くもり、弱風 最高温度24度 朝方は少し寒い 水温は23.0度

笠岡沖のアオリイカのディップラン釣法の釣り

笠岡沖の水深20〜25m程度のカケアガリのある深場でアオリイカが釣れています
型は小型の缶ジースより少し大きい程度の大きさが6時間のボート釣りで一人10〜15杯と好調です、ディップラン釣法で穂先の柔らかなロッドにライン0.6号・リーダー1.75号・エギ3〜3.5号にオモリはナス型の1.5号前後で確実にボトムを取り、釣り方は5〜7回程度シャクリを入れながらラインを巻き、ラインを張り当たりを待つ横の釣りで、この繰り返しで此れを2回繰り返すと全体を巻き上げて又船の流し釣りなので、真下・斜め沖に入れ直しての釣り方です

2012年10月09日 (火)  小潮 干潮 11時19分 満潮03時47分 
   晴れ後くもり、弱風 最高温度25度 朝方は少し寒い 水温は24.0度

三崎沖のタチウオのサーベリングの釣り

四国の瀬戸内海側の三崎沖でタチウオがよく釣れています、潮は満ちでも下げ潮でも動いていれば良く、大きな群れに合えば一船で100〜150匹と釣れています
釣り方はジグでも良く又餌釣りでも良く、好みで釣れば良い
型は指2〜4本程度で2・4本は1〜2割程度です、数が出るときは小型で数少ない時は良型が多いです
これから11月にかけてタチウオも本格化して近場でも沢山釣れて来ます

2012年09月29日 (土) 大潮 干潮 05時19分  満潮 11時24分
   曇り時々小雨、 微風、最高気温30度、水温25.5度

笠岡沖・水島灘の鯛ラバ釣り

笠岡沖は9月はあまり釣れてなく、9月の後半にはいりボツボツ釣れだしました
一船で5枚前後と秋の荒食いには程遠い状況ですがボツボツと上向いて来て状況は良くなってきています
喰いは良く、当たりはあるが乗らない・掛っても途中でバレルことは少ないです、当たるとゆっくり巻き上げてロッドが大きく曲がると合わせをして鈎掛りを確実にするのが良い、鯛ラバはオレンジが平均的に良く水深20m前後でも鯛ラバは45gを使用するのが良いようです

2012年09月24日 (月)  小潮 干潮 11時17分 満潮04時27分 
  曇り時々晴れ、微風 最高温度28度 水温は25.9度

芸予諸島周辺の鯛ラバ釣り

芸予諸島の鯛ラバの釣りも9月になっても不調は続いていますが、昨今は一船で11枚程度と多少は好調の兆しが見えて来ています
型は60〜70cmの良型も出ますが一匹程度で数は釣れません、40cm前後と小型の30cmクラスが多いです、これから10月に入ると水温も下がり秋の荒食いの時季が訪れて型・数ともに上向いてくると思われます
又タチウオが三崎沖で釣れ初めていますがまだムラが多いです、型は指3本がレギラーサイズです、10月に入ると段々と好調になって来るものと思われます

2012年9月23日 (日)  小潮 干潮 10時04分 満潮 17時06分 
   曇り時々晴れ、微風 最高温度28度 水温は26.2度


笠岡の夏目港周辺のボートからのイイダコ釣り

笠岡湾の夏目港周辺のイイダコ釣りはボートも多く出ていますが絶不調です、波止や堰堤からは一匹も釣れない釣り人もいます
ボートからの釣り人は多いのですが聞いても釣れている人は少ないし、釣れても一人10匹程度と良く有りません
今年の笠岡湾のイイダコは不調でいないのか遅れてか判らないが釣れてません、今月後半も釣れないと産卵に寄ってこなくなったとしか思えません

又多度津沖の船釣りでは今絶好調で一人30-50匹も釣れていますから、笠岡湾は今年はもう数釣りは出来ないと思います

2012年9月14日 (金)  中潮 干潮 16時07分 満潮 09時40分 

笠岡の夏目港・神島大橋周辺のイイダコ釣り

笠岡湾の神島大橋・夏目港周辺の岸壁や浜からイイダコ釣りは絶不調で又ボートからも同じで不調です波止や堰堤からは一匹も釣れない釣り人もいます
釣り人は多いのですが聞いても釣っている人は少ないし、釣れても1-2匹程度と良くない
今年の笠岡湾のイイダコは不調で居ないのか遅れてか判らないが釣れてません、今月後半の時期まで釣れないと産卵に寄ってこなくなったとしか思えません

又多度津沖の船釣りでは今絶好調で一人30-50匹も釣れています

012年9月05日 (水)  中潮 干潮 05時48分 満潮 12時41分 

鞆沖のボートからのアオリ・タコ釣り

鞆沖での船からのアオリ・タコ釣りに半日程度でタコ一匹、アオリ七匹と不調です、今年はタコは水温の関係か? 夏場からも余り釣れていません

アオリも昨年は釣れていたのに今年は余り釣れないが小さいのはエギを追いかけて来るのですが乗りません、少し時期が早いのかも知れませんが・・・
今年生まれた小さなアオリは目撃できるので沢山いるのではないでしょうか、これから少し水温が下がれば釣れて来ると思います

2012年9月03日 (月)  大潮 干潮 05時43分 満潮 11時48分 

大三島・田総の波止のチヌ・グレのフカセ釣り

大三島の波止や地磯で夏チヌやグレが釣れています、型は小型で20cm前後ですが数は釣れます半日程度でチヌ5〜6枚とグレ20枚程度釣れ、中には30cm級も混じります又地磯の方が型も少し良い様です
エサ取りのフグが多く、特に波止に多いですが地磯では少ない、タナは浅く1ヒロ程度でマキエの中にサシエを同調さすのが良く、型は小さいが良く引き楽しめます
仕掛けは細くしてロッド0.6号、道糸1.5号、ハリス1.2号、ハリ2号で釣ると引きや取り込みも両方楽しめて良い

2012年9月01日 (土)  大潮 干潮 05時48分 満潮 11時39分 

笠岡の夏目港・神島大橋周辺のイイダコ釣り

神島大橋・夏目港周辺の岸壁や浜からイイダコ釣りに3〜5枚釣れている、良い潮で釣ると10匹程度は釣れることもあるが時期的には少し早く中旬頃が良い
潮は小・中潮の満潮前後が良い、イイダコが満ち潮に乗り岸や波止近くに寄ってくるから
海底は砂泥地でゴロタ石があり根掛りもあるが特に難は無いがテンヤは5〜6個持参して釣るのが良い
タックルはエギング・ライトジギングのスビニングロットの2〜2.5mにPE1号、リーダーは3号を付けテンヤは「いいやん6号」で扇状にサグルと良い

2012年08月20日 (月)  中潮 干潮 06時53分 満潮12時45分 
  晴れ後時々曇り、無風後微風 最高温度34度と暑い一日 水温は27.4度
 

水島、小杓島沖周辺の鯛ラバ釣り

水温も一段と高くなり、鯛ラバも厳しい釣果になっています、朝方の潮の動く時に喰いがたち昼前後の暑いときは潮が動いても喰いは中々たちません
型は良くて40〜55cm釣れますが数は一船4〜5枚と数はでていませんが、今後は9月中旬以降は数・型ともに良くなってきます

笠岡諸島は鯛ラバは不調で釣れていません芸予諸島は型はあまり出ませんが35cm前後か一船20枚と順調に釣れています、

  2012年08月10日 (金)  小潮 干潮 09時55分 満潮16時30分 
  晴れ後曇り、無風 最高温度34度 水温は26.3度

芸予諸島三原・忠海周辺の鯛ラバ釣り

芸予諸島の鯛ラバの釣りも7月半ばまでの一船30枚以上の絶好調は8月に入って少し落ちて来ましたがまだまだ好調に釣れています
型は少し小型が増えていますが30〜40cmが中心で30cm以下や40cm以上も混じりますが数は一船で15〜20枚は釣れていますから、鯛ラバとしては良い方です、潮も大・中小潮でも釣れていますから是非鯛ラバに挑戦してみてください

2012年07月26日 (木)  小潮 干潮 09時21分 満潮15時51分 
  曇り時々小雨、微風 最高温度25度 水温は18.7度

芸予諸島周辺の鯛ラバ釣り

芸予諸島の鯛ラバの釣りも7月半ばまでの好調は少し落ちて来ましたがまだまだ、釣れていますがポイントによりムラが多くなっていますから、ポイントを拾い釣りして数を稼ぎます
又ハリハズレも多くなっていますから、鯛ラバには小針・細軸の貫通性の良いもので1本ハリや少し長めにすると良い又此れに合わせてネクタイも長めに改造するのが良い
一船で型は少し小さくなっていますが42〜27cmが17枚程度釣れています
キスは阿伏武兎観音周辺の海域で一回6時間の釣り行きで30匹程度釣れています、型は20cm前後です

2012年07月18日 (水) ※  小潮 干潮 05時06分  満潮 10時21分
   晴れ、 東の風やや強い、最高気温34度、水温23.2度

水島沖、広島・手島周辺の鯛ラバ釣り

水島沖は7月に入り鯛が鯛ラバで好調に釣れだしました、数は一船10枚前後と数はイマイチですが型が良い50〜60cm級が4割程度交じりで引きも最高です又50cmを超える良型のチヌも混じり楽しめます
潮によりムラが在りますが満ち八分と下げ潮二分が特に良いです特に底潮が動く時が良い
水深は15〜30mと浅くボトムも根掛りは少ない、喰いは良く口に針掛りしてバラシは少ない、鯛ラバはオレンジの12号が最適でPE0.6号にリーダー2.5号の細タックルが良い

2012年07月12日 (木)   小潮 干潮 04時44分  満潮 11時26分
   曇り時々小雨、 微風、最高気温30度、水温20.9度

笠岡沖の鯛ラバ釣り

笠岡沖は6月はあまり釣れてなく、7月の中旬にはいりボツボツ釣れだしました
一船で7月前半は4枚程度、中旬に入り10枚前後と上向いて来て状況は良くなってきています
でも当たりはあるが乗らない・掛っても途中でバレルことが多いです、穂先の柔らかいロッドで合わせをせずに最後までゆっくり巻き上げるのが良いし、鯛ラバはアピールにロングネクタイ・カーリー等を使用すると良い

2012年07月02日 (月)  中潮 干潮 15時18分 満潮08時58分 
  曇り時々晴れ、微風から弱風  最高温度27度 水温は20.7度

芸予諸島の三原沖周辺の鯛ラバの釣り

今、三原沖では鯛ラバに鯛が良く釣れています、一船6人で30〜40枚チヌも混じで、アコウも4〜5枚釣れます
型はすこし小振りですが28〜42cmサイズです、此れは六月から釣れています、これから七月も釣れるでしょう
水深は25〜30mで底狙いですカラーはオレンジ・赤・薄ピンクがよくが、ネクタイは長めで2本付けたアピール性のあるものが良い、バラシも多くなっていますからハリは小さめの9号位が良い

2012年06月23日 (土)  中潮 干潮 07時19分 満潮12時53分 
  曇り時々小雨、微風 最高温度25度 水温は18.7度

芸予諸島周辺の鯛の鯛ムシの投げ釣り

伯方島と佐島・生口島周辺の海域での鯛ムシの投げ釣りに中型の鯛が釣れています
シーズン入りして25〜37cmサイズが一人7〜8枚、船中では50枚と爆釣りの様相です、これからも6月は好調を維持しそうです
ただ難点は鯛ムシのエサ代高く又それに遊魚船料もかかり費用が高くなるのが気になります

2012年06月14日 (木)  長潮 干潮 13時22分 満潮06時33分 
  晴れ後曇り、微風 最高温度25度と暑い一日  水温は18.5度

芸予諸島周辺の鯛ラバの釣り

伯方島と佐島周辺の水道、周辺の海域での鯛ラバ釣りに鯛が順調に釣れています
一時不調の時期もありましたが、潮にもより大きく釣果が変わりまが底潮の動きが良いときが良く釣れます
大潮・中潮・小潮ではなく大潮でも底潮の動きが悪い時があり、上潮が動いていても底潮は動いていない時はあまり釣れませんし潮の動きは運もあります
型は40cm前後が多くアコウも混じります、数は潮にも寄りますが一船で10匹程度釣れています

2012年06月05日 (火)※   中潮 干潮 05時57分  満潮 11時16分
   曇り、 微風、最高気温24度、水温17.4度

笠岡沖の鯛ラバ釣り

笠岡沖の水温も17度台になり鯛も乗っ込みで腹も膨れています、昨年よりも鯛ラバでは数は釣れていません、一船3〜5枚でボウズの釣り人もいます
今年は水温の影響で釣れないのか遅れているのかハッキリしませんが6月に入り本格化して来るのではないでしょうか  
今年は当たりはあるが乗らない・掛っても途中でバレルことが多いです、穂先の柔らかいロッドで合わせをせずに最後までゆっくり巻き上げるのが良い、水深は20〜30mが多く45gでカラーは金・オレンジが良いようです又潮は大潮が底潮も動いて良いようです

2012年05月30日 (水) 長潮 干潮 12時29分 満潮 05時57分
     曇り、 朝早くは風強く午後より微風  風強く肌寒い日 最高気温24度

福山・田島南沖のマイボートのキス釣り

今年は天候異変に近く、海の状況や魚の釣り時期がハッキリしてない、キスは釣れるのですが数が出ません、潮も長潮でよくないようです
型は20cm以上と良型ですが数は半日一人で10匹程度と不調です、潮の動く中・大潮だと数ももう少し上向くでしょう
又外道に30cmクラスのグチが2〜3匹釣れています、水深は今時期は20〜30mの深場が良いので時期的にはまだ初期ではないでしょうか

2012年05月27日 (月)   小潮 干潮 09時00分 満潮14時36分 
   晴れ、微風 最高温度25度暑い一日  水温は17.4度

弓削・佐島沖のタチウオのサーベイリングの釣り

弓削・佐島沖の海域でタチウオは現在大きな群れは少なく不調です、型も小さく喰いも非常に渋いです、釣れても2−3匹で型も小さい、5月20日頃までは好調で数も一人20〜30本釣れて指5本も出ていましたが現在は群れが去り釣れていません
ジグは80g程度で色は赤ピンクが良い、又ジャークもショートとロングのスローで一度止めて喰い込みを促すのが良い
昨年は6月には群れが寄り好調でしたから、時季が変われば又群れが寄ってくるかも知れません

2012年05月27日 (月)  小潮 干潮 09時00分 満潮14時36分 
  晴れ、微風 最高温度25度暑い一日  水温は17.4度

生名・佐島の水道と伯方島沖の鯛ラバの釣り

生名と佐島の水道、伯方島周辺の海域と因島大橋下の水道での鯛ラバは現在不調です、一日一船で3匹程度で一日当たりの無い釣り人ももいます、型も30〜35cmと小さいです
鯛ラバは水深40〜50mを釣るのでビンビン玉のタングステンの50g・カラーはオレンジが良いヘッドは喰いが渋い時は小さい方が良く当たるようです
此の海域は今潮は小潮で潮の動きが悪く、中潮から大潮かけての釣り行きが鯛ラバには向いている潮です

2012年05月17日 (水)   若潮 干潮 07時44分 満潮14時14分 
   くもり後晴れ、弱風 最高温度25度 朝方は-2度と寒い 水温は16.7度

弓削沖の鯛ラバとタチウオのサーベイリングの釣り

鯛は鯛ラバの釣りで一船で3〜10匹程度釣れています型は30〜48cmサイズです、これからも乗っ込みシーズンで順調に釣れ続くでしょう、釣り行きの潮は中潮から大潮が良い、水深は40m位でオレンジの40〜50gの鯛ラバが良いでしょう
又同じ海域でタチウオが釣れています、型は指3〜4本で中には指5本の大物も出ていますジグは80g程度で色はピンクが良いようです
数は群れに合えば2時間程度で一人10〜20匹は釣れています、昨年も6月頃に群れが寄っていましたから今年6月も釣れ続くものと思います

2012年05月07日 (月)  大潮 干潮05時39分 満潮11時19分 
   曇り、南の風が微風 最高温度25度  水温は午後16.0度

尾道・向島立花堰堤のチヌのフカセ釣り

向島の乗っ込みはようやく盛期ななってきました、波止にはウマズラやサバが居て其の方の釣り人も多い
波止や堰堤・磯からのフカセ釣りに30cm前後が3〜5枚釣れています、型はイマイチですが時には40cmを超える大物も釣れています
乗っ込みが遅れているので、又チヌの腹も膨れては居ますが産卵はもう少し後になるように思いますから今後も5月20日頃までは釣れ続くものと思います

2012年05月03日 (木)   中潮 干潮 15時10分  満潮 08時42分
   曇り後晴れ、 弱い風、最高気温22度、水温14.2度

笠岡沖の鯛ラバ釣り

笠岡沖の水温も14度台になり、昨年よりも一週間以上遅れていますが鯛ラバで釣れはじめましたがムラがあります
一船5枚程度は釣れていますがまだ本格化はしていません、これから5月中旬になれば数も釣れて来ると思います
来島海峡でも同じで遅れており数は出ていません、こちらも5月中旬以降になれば本格化してくるのではないでしょうか

2012年04月27日 (金)  小潮 干潮08時29分 満潮14時55分 
   晴れ、南が微風 最高温度22度  水温は午後14.0度

尾道・向島干潮波止のチヌのフカセ釣り

向島の乗っ込みは初期なのかチヌ釣りの人は少ない、波止にはウマズラやサバにサヨリが居て其の方の釣り人が多い5月入るとコロシロもつれて来ます
中々思うようにはまだ釣れていないようです、立花の防波堤では釣り人いなくて3枚でしたが干潮の波止では三名いましたが筆頭は7枚で2枚・1枚の釣果でしたが聞くと腹は小さく乗っ込み本番は連休明けからになると話していました
ウマズラは35cm位の良型が釣れていました、サバは数は少ないものの40cm以上の良型です

2012年04月23日 (月)  中潮 干潮06時22分 満潮11時49分 
   晴れ、南西が微風 最高温度26度  水温は午後15度

松永湾の西波止のチヌのフカセ釣り

水温も15度強と乗っ込みは終盤に入ってきましたが一人2〜3匹程度ですが喰いが渋くなっています
今日は西波止では一人で3匹バラシ2枚で、まだ今週中は釣れそうです
ポイントは浅場で釣れず深場で釣れました、地合いは満ち八分・下げ二分の時が良いです、喰いが渋くウキが入ってもサシエサを咥えているだけでそののま合わすとバレル事が多く誘いを掛けて飲み込ますのが良い
尚、セイゴが回遊して二匹釣れましたし、大物も居るようです

2012年04月21日 (土)  中潮 干潮05時29分 満潮10時59分 
   曇り、北東が弱風 最高温度18度  水温は午後15度

松永湾の西波止のチヌのフカセ釣り

桜の花は散り水温も15度と乗っ込みは盛期に入ってきましたが一人2〜3匹程度で年々釣れる数が少なくなっています
今日は西波止では二人で3匹・一人で3匹・一人で1匹と全員で7枚でしたから数も出ているほうです、水温も上がり浅場で釣れていましたし、まだ今週中は釣れそうです
東波止は一人釣り人がいましたが波止内側の深場で釣っていましたが不調のようでした、今時期は波止外側の浅い場所の方が良いようです
追加、マダイのタイラバは笠岡沖・来島海峡もまだ時季が早く連休頃から見み込みです

2012年4月17日 (火)  中潮 干潮 15時10分 満潮 8時36分
 水温14.5度 最高気温18度 天気-曇り後晴れ、風は南西の微風

松永湾のイカダのボートからのチヌ釣り

松永湾はサザ波があるが穏やかで気温は高いし過ごし易い日でした、乗っ込みは水温も上がり盛期になっていますが数は出ません
波止でも一人1〜2枚と貧果で年々釣果の数は減っています、イカダ付近も7枚と釣果は延びず、2〜3年前は15〜20枚と釣れましたから、昨今の乗っ込みの数が激減していることの証明になりました
乗っ込みチヌは出来るだけ放流して資源の保護をしないといずれは釣れなくなって来ると感じました

2012年04月13日 (金)  中潮 干潮10時14分 満潮15時48分 
   曇り後雨、北東後北西が微風 最高温度18度  水温は午後14度

松永湾の西波止のチヌのフカセ釣り

桜の花は満開となり水温も14度と乗っ込みは盛期に入ってきましたが数はあまり釣れていません
一人2〜3匹程度で年々釣れる数が少なくなっています、此れは松永湾の木材イカダの量が少なくなっていて水深も浅くチヌの隠れる場所が少なくなっているのが原因では無いでしょうか
チヌは警戒心が強く浅い場所ではシモリなどの隠れる場所がないと産卵に来ません、松永湾は浅く、底も起伏がなく木材イカダの下のみが隠れる場所ですから

2012年4月10日 (火)  中潮 干潮 07時34分 満潮 13時07分
 水温11.0度 最高気温19度 天気-晴れ、風は微風

田島・箱崎港周辺の乗っ込みのチヌ釣り

水温は低く、波止の釣り人に聞くも最近は殆んどチヌは釣れていないとの話です
エサ取りのフグのみ活発で何時まにかサシエが無くなるし根漁も釣れないしチヌの気配は感じられない状況です、周辺の釣り人に聞くもチヌは釣れていません
まだ水温は11度で14度程度にならなければ乗っ込みは始まらない様です
まったく釣れないかと言えば、そうではなく潮とか日により1〜2枚釣れる日はあるとムラが激しく、釣れているのは居付きチヌではないでしょうか
気温も高くなり4月後半になれば乗っ込みも本格化してくるのではないでしようか

2012年4月08日 (日)  中潮 干潮 06時15分 満潮 11時54分
 水温11.0度 最高気温17度 天気-晴れ、風は南西の微風

松永湾のイカダのボートからのチヌ釣り

松永湾はサザ波があるが穏やかで気温は高いが過ごし易い日でした、乗っ込みは盛期になっていないようです
水温は波止でも例年より2℃くらい低いが湾内のイカダにはチヌが多く潜んでいるので数釣りは出来ると思っていましたが乗っ込みの遅れで6枚でした又防波堤にも4人渡りましたが数はわかりませんが早く帰っていましたからあまり釣れていないようでした
これから波止近くの桜が満開になる頃が乗っ込みが盛期になるものと思います

2012年04月06日 (金)  大潮 干潮04時54分 満潮10時45分 
   晴れ時々曇り、午前北西の風やや強く昼前後西の強風 最高温度13度  水温は午後10度

松永湾の西波止のチヌのフカセ釣り

今日は晴れですが朝は北西の風がやや強く10時頃から西の強風、桜は蕾が膨らんできたくらいで咲くのは先です、水温も10度と上昇せずまだチヌの喰いは渋いです
風でマキエとサシエ・潮一致せず厳しい釣りですしチヌの気配も少なくフグのエサ取りだけが活発で中々釣れ難いです
風が強いのか釣れないからか、波止に釣り人はいません、今日は満潮までに2枚と4月の此の時季にしては数が釣れません、乗っ込みが遅れているのか・・・乗っ込んでくる数が少ないのかも知れません

2012年04月02日 (月)  中潮 干潮 14時11分 満潮 19時52分
 午後の水温8.0度 気温は朝0度、午後14度 天気-晴れ時々曇り、風は午後南西の強い

松永湾、柳津港東波止の夜のチヌ釣り

松永湾は南西の風が吹き波がある寒い一日です、水温は午後は8度と低くチヌの乗っ込みはには厳しい水温です、朝二人で2枚あった聞きました
水温は低く、此処のところ気温の低下で松永湾の水温も4月になっても中々上昇しません、晴天が続くと来週に10度近くに上がればチヌの乗っ込みも本格化するのではないでしようか
まだまだ乗っ込みの盛期には程遠いのではないでしょうか
午後からの釣りと夜釣りをしましたが良型含めて3枚の釣果でしたが昼釣りとあまり差は無いように感じました

2012年03月28日 (月)  中潮 干潮16時27分 満潮10時02分 
   曇り時々晴れ、午前南西の風やや強く昼前後強風午後弱風 最高温度16度  水温は午後10度

松永湾の西波止のチヌのフカセ釣り

今日は南西の風が11時頃まで強く、午後1時までは北西の風が白波の立つ強風で午後2時からは弱風になる一日で、水温も10度と上昇せずまだ乗っ込みは序盤です
風の為かマキエとサシエ・潮一致せず厳しい釣りです、チヌの気配も無くフグのエサ取りだけが活発で中々釣れません、波止には二名釣り人がいましたがボウズでした
又湾内の木材イカダに渡った釣り人も釣果は1〜2匹との事です
風の強い日は此の場所のフカセ釣りは厳しいです

2012年03月26日 (月)  中潮 干潮16時27分 満潮10時02分 
   曇り一時雨後晴れ、10時凝るやや強く午後弱風 最高温度11.0度  水温は朝8度午後10度

松永湾の東波止のチヌのフカセ釣り

まだ寒い日が続き松永湾の水温も水深が浅く、水温の上下の変動が激しく安定しないのでチヌの乗っ込みは遅れていますが午後には10度近くになります、今後晴天が続けば水温も上がり乗っ込みもいっきに盛期になると思われます
現在は初期で1〜2匹程度と釣れない日もありますが型は40cm程度と良いです、気温も上がって来ていますから今週末頃より本格化する見込みです

2012年03月20日 (火)  小潮 干潮08時11分 満潮13時48分 
   晴れ後曇り、弱風2m 最高温度13.4度  水温は10.8度

乗っ込みチヌのフカセ釣り情報

今年は天候異変の関係でチヌの乗っ込みも遅れるのではと心配しましたが、水温も11度近くと例年並みに上がっていますから乗っ込みも始まっています、4月初めには乗っ込みも本格化してくると思われます
田島でもチヌの乗っ込みが始まりました1〜3匹程度釣れだしました
向島の干潮海岸でも1〜2匹程度釣れだしました
しまなみの大三島・生口島でも数は1〜2匹ですが型は良型が釣れています

2012年03月15日 (木)  小潮 干潮10時24分 満潮16時02分 
   曇り後晴れ、弱風2m 最高温度12度  水温は9.8度

豊島沖の名古屋フグ(ショウサイフグ)の船釣り

豊島周辺の船からの海エビの胴付き3本仕掛けでフグが1月頃より釣れていましたが、フグも移動して釣れなくなっています
満ち潮、下げ潮もまったくサシエが取られてなく、フグは消えてしまっています10隻程度釣り船がいましたがどの船も釣れていませんでした、高井神島周辺でも釣れていません
今年はショウサイフグの釣りは終わったようです

2012年03月14日 (水)  小潮 干潮 09時19分 満潮 12時59分
 午後の水温9.0度 気温は朝-1、午後12度 天気-晴れ、風は南の弱風

松永湾、柳津港東波止のチヌ釣り

松永湾は南の風が吹き波がある寒い一日です、水温は朝は8度と低くチヌの乗っ込みは来週になりそうです、先日2枚あがるも昨日は0枚と聞きました
水温は低く、先週からの気温の低下で松永湾の水温も中々上昇しません、晴天が続くと来週に10度近くに上がればチヌの乗っ込みも始まるのではないでしようか
今年は気候異変で梅や桜の開花も遅れていますから水温の上昇も遅れチヌの乗っ込みも10日間位は遅れるのではないでしようか


2012年03月05日 (月)  中潮 干潮157時49分 満潮09時18分 
   雨、弱風2m 最高温度12度 朝方は4度と雨で暖かい 水温は9.8度

豊島沖の名古屋フグ(ショウサイフグ)の船釣り

豊島沖で船からの海エビの胴付き3本仕掛けでフグが釣れています、底潮が動けば良く釣れますが満ち潮の方が分が良い
数は一人20〜50匹釣れますが当たりが難しく釣果は腕で大きく変わります、型は25cm〜35cmで25cm前後がレギラーサイズで、今後も水温が高く3月一杯までは釣れる見込みです、高井神の宮ノ越鼻の沖でも釣れています
三崎沖でもタイサビキで25〜40cmの鯛が5枚前後釣れています

2012年02月26日 (日)  中潮 干潮 07時14分 満潮13時13分 
   くもり、弱風5m 最高温度8度 朝方は0度と寒い 水温は9.7度

豊島沖の名古屋フグの船釣り

豊島沖で船からの海エビの胴付き3本仕掛けでフグが1月中旬から釣れています、底潮が動けば良く釣れますが満ち潮の方が良いです
数は一人20〜50匹釣れます、型は25cm〜40cmで30cm弱がレギラーサイズで、今後も3月中旬頃までは釣れる見込みで、当たりが難しく釣果は腕で大きく変わります
仕掛けはベイトリールにPE0.8号に穂先の柔らかい2m位のロッド、縦糸5号にエダス3号ハリは喰わせフグ12号です

2012年02月21日 (火) 大潮 干潮 16時36分 満潮 10時34分
 晴れ後曇り、 一日は弱風 朝寒く最低0度・最高気温8度、水温9.5度

佐島沖のタチウオのサーベリングの釣り

タチウオ釣りは2月も後半にはいりタチは暖かい海に移動していると思っていましたが、まだ深場では釣れています、喰いも渋いですがが潮が動くと釣れます、型は良くありませんが時に指五本の大型がでますが数は出ません

数は半日で一人8〜15本程度です、型は指3本が普通で指5本は2割程度混じりますが数は出ませんしタチのシーズンもボツボツ終盤の気配です

2012年02月05日 (日)  大潮 干潮 15時59分 満潮09時59分 
   くもり後一時小雨、弱風 最高温度8度 朝方は-2度と寒い 水温は10.0度

弓削沖のタチウオのサーベイリングの釣り

船からのタチウオは2月に入り復調して良型が釣れています、型は良く指五本位が3-4割混じりで一人10匹前後釣れます
タックルはベイトリール巻き上げが60cm位が良い、PE1〜1.2号リーダーは5号で水深は45m前後でジグは100gが丁度良いようですしカラーは赤・金等が良く、ショートのスロージャークが良いようで、釣り人によりジャークのやり方で釣果に差が出ています
タチウオも今週末くらいが釣れるのも最後かも知れません
メバルが釣れ始めていますよ・・・

2012年01月27日 (木)  中潮 干潮 07時09分 満潮13時27分 
   晴れ後くもり、弱風 最高温度8度 朝方はマイナス1度と寒い 水温は10.3度

四国・三崎沖の鯛のサビキ釣り

船からの鯛のサビキ釣りに真鯛の30〜40cmが1月10日頃より釣れています数は日・潮により良い日と悪い日がありムラが激しく運もあります良いときで3〜6匹程度です
サビキは8m仕掛けの40cmのハリス2.5号、ハリ7号、モトス4号でカブラ色は白・赤・緑の三色が良いし、サビキの種類により釣果も変わるので三種類程度は準備して行ってください
又宇野沖や小豆島でも盛期に入り釣れているようです

2012年01月22日 (日) 大潮 干潮 04時09分 満潮 10時49分
 曇り後晴れ、 一日は弱風 朝寒く最低0度・最高気温8度、水温10.7度

宿祢島のチヌのフカセ釣り

7時30分頃から釣り始めて、寒チヌ釣りなので南向きの日の当たる磯を選びタナは底狙いで、ポイントは潮のよれている所や潮目に絞り狙う
潮が緩み始める満ち八分頃に当たりが出始めました、此の頃から底潮も動き始めて満潮は一服するが下げ潮二分から又釣れ始めて順調でした、下げ潮半ばで納竿する
42〜30cmが14枚と寒チヌ釣りとしては最高の釣果が出ました、潮は大潮は速く寒チヌ釣りには早すぎので中潮の方が釣り易いように思う

2012年01月17日 (火) 小潮 干潮 10時37分 満潮 04時50分
 曇り後晴れ、 一日は弱風 朝寒く最低0度・最高気温8度、水温11.0度

佐島沖のタチウオのサーベリングの釣り

タチウオ釣りは1月も後半にはいりタチは暖かい海に移動しているようです、深場の釣りになっいてます、喰いも渋くて漁探に反応があっても乗りません、釣り方はジグもエサ釣りも変わらず喰いは良くありませんが型は時に指五本の大型がでますが数は出ません

数は半日で一人5〜10本程度です、型は指3本が普通で指5本は一船で3〜4本程度混じりますが数は出ませんタチのシーズンも終盤の気配です
又甲イカが寄っていて外道で一人に2〜3匹釣れています

2012年01月06日 (金) 中潮 干潮 15時36分 満潮 09時38分
 曇り後晴れ、 朝早くは弱風 朝寒く最高気温10度、

弓削沖のタチウオのサーベリングの釣り

タチウオ釣りは1月に入り水深45m位の深場の釣りになっいてます、釣り方はジグのほうがエサ釣りより数は3倍位釣れますが型はエサ釣りが良いです
しかし釣り荒れて喰いは渋く、ジグの動きはスローでパターが中々掴めず難しい釣りになっています
数は半日で15本程度です、型は指3本が普通で指4本は2〜3割程度混じります、これからも1月いっぱいは釣れ続きます