芸予・笠岡・塩飽諸島の釣り情報      


2015年の芸予・笠岡・塩諸島の船釣りや備後地方の福山・尾道等の波止や地磯からの釣果情報です



2015年12月18日 (金)   小潮2日目 干潮 13時39分 満潮07時54分  
   晴れ朝は寒いが昼は暑かった、微風 最高温度 11度 水温は14.6度

安居島西周辺のテンヤ・サーベリングの釣り

今年も斎灘のタチは好調で12月に入り入れ食いは続いています、最初は岡村島南で始めましたが一時間程度頑張ったが釣れずに、僚船の情報で安居島西周辺に移動すると20〜30隻船団が居ました、此の周辺は水深40m前後でボトムも砂泥地のポイントです
スグに入れ食いの状態ですが型がイマイチで指2.5〜3本ですが、他地域からの良い情報がなく午後二時過ぎまで釣りました、数は30〜40本と好調ですが型はイマイチでした
型狙いに帰り際に岡村島で一時間程度ネバリましたが型は指4本ですが数本と釣れませんでした

2015年12月07日 (月)   若潮 干潮 13時39分 満潮07時54分  
   晴れ、朝は波が残るが10時頃から微風の凪 最高温度15度  朝方は寒いが午後は暑い 水温は16.2度

岡村・蒲刈島周辺のテンヤ・サーベリングの釣り

斎灘周辺のタチウオは例年は数・型ともに絶好調の時期ですが、今年も釣れだしましたが今年は日により型にムラがあるようです
今日は岡村島周辺に到着、周辺の水深は60〜70mありボトムは砂泥地で此処から釣り始めましたが型は良いが喰いがイマイチで一時間程度で蒲刈島南に移動するも船団多くタチのムレも少なく、型も指3本でイマイチでした、僚船の情報で岡村島周辺が喰いが良くなったと30分程度で移動する
到着すると入れ喰い状態で型も指4本が平均で5〜6本も混じります、此の状況は納竿の午後4時頃まで多少のムラは有りましたがジグ・餌釣り共に喰いは続きました、数は一人30〜50本と型・数ともに絶好調の一日でした

2015年11月20日 (金) ※  小潮3日目 干潮 07時40分 満潮13時06分 
   晴れ、微風の凪日和 最高温度20度  朝方は寒いが午後は暑い 水温は19.0度

小豆島沖のタチウオのテンヤ・ジグ釣り

芸予諸島・笠岡諸島周辺は喰いが悪く、船は釣れている小豆島に一路向かう付近は50隻近い遊魚船が連なっていました
水深は50〜70mでボトムは特に根掛りは無い小潮なのに潮は速いポイントです
テンヤのただ巻きは喰いはイマイチでシェイクするとすぐに当たりが有るが中々喰いこまない、カラ合わせしていてサシエを取られることが多いが順調に釣れてているが型ガイマイチで指2.5〜3本のサイズです
午後かから潮が変わり指3本が多く釣れだし又喰い良くなった

釣果は、数はやはりジグが有利で30〜40本ですが釣れるのは型が2.5本が多い、テンヤは数は20〜30本ですが型は指3本が多く、ジグより有利でした

2015年11月04日 (水) ※  小潮3日目 干潮 10時07分 満潮03時43分 
   晴れ、微風の凪日和 最高温度22度  朝方は寒いが午後は暑い 水温は20.0度

水島沖の手島のタチウオのジグ・テンヤ釣り

平市目島周辺は喰いが悪く、手島に船は向かう平日にもかかわらず船は30隻と多い、水深は4〜50mありボトムは砂泥地で根掛りは無いポイントです
乗せ調子のテンヤロッドでは中々喰い込まずカラ合わせが多い難しい釣りです、先調子のロッドに変えてエサを咥えた時に合わす釣り方に変えるとボツボツ釣れだした
一方ジグの方は好調でコンスタントに釣れています、型は指3本で4本は釣れないイマイチな状況ですが数は爆釣りは無いが潮の動いている時はコンスタントに釣れています
数はジグが有利で40本、テンヤ釣りは20本と苦戦しています

2015年10月15日 (木)  下り中潮1日目 干潮 06時04分 満潮 12時26分
 晴れ、 風は弱風 最高気温26度と暑い一日で、水温21.5度

愛媛・平市島周辺のタチウオのジグ・テンヤ釣り

平市島周辺は水深は20〜40m程度で根掛りは少ないし潮も良く動くポイントです
朝は下げ潮五分で潮が早く喰いがイマイチで、テンヤは当たりはあるが中々喰い込まない状況ですが、こんな時にジグはボツボツと釣れている
テンヤでは、柔らかい乗せ調子のロッドは喰い込まず中々合わせが出来ずに時間がすぎると当たりが止まり合わせのタイミングが取れなくて釣れ難い状況です
穂先の硬い掛け調子でタチがエサを咥えた時に合わせる釣り方の方が良い
型は指3本でイマイチで数もジグは20本、テンヤは10本程度と下り中潮一日目と潮が悪く型・数共に良くなかった

2015年09月30日 (水)   下り中潮1日目 干潮 05時58分 満潮12時29分 
   曇り後晴れ、風弱い 暑い一日です 最高温度30度  水温は24.3度

笠岡諸島沖の鯛ラバの釣り

笠岡諸島は9月に入り除々に良くなってきています、今年は白石灯台水道が好調です
付近は水深20〜35mでボトムはゴロタ石交じりで根掛りも少しはあるが気にはならない程度です
今日も朝からボツボツとコンスタントに当たりが有ります、当たりカラーは蛍光ピンクのスチレートが良く・鯛玉はレッドオレンジが当たりスジで巻きは速さは普通巻きが良かった
型は30〜40cmとすこし小振りでしたが数は一人4枚程度と一船18枚の釣果でした

2015年09月12日 (土)  大潮2日目 干潮 16時52分 満潮10時34分 
   曇り、風は無風 最高温度272度   水温は26.0.度

大島・野々江の海岸ボートでのアオリイカ釣り

初めて大島にアオリイカ釣りに行くことになりました、天気は曇りで風も無くアオリには最高の釣り日和となった、良いポイントは分からいままに甲田の港からボートを下ろして野々江の岩場を流し釣りする、付近の海岸は岸から5mで水深4〜5m、岸から10mで7〜8m水深が有ります、潮は満ち引き共に緩く流し釣りには最適でした
ボトムは石が多く砂は少ない又藻類は少なくアオリには不向きとの感覚は有りましたが先ずは釣ってみることにしました
予想通り半日の釣果は15匹と不満のあったが、未知の場所でのは致し方ないですね
又多度津沖の船釣りでは8月後半から絶好調で一人50-60匹以上も釣れていますし現在も好調が続いています、

2015年07月25日 (土)  若潮 干潮 12時02分 満潮05時12分 
   晴れ、風は無風 最高温度32度   水温は25.6度

下津井・大橋下周辺ショウサイフグのカットウ釣り

7月24〜25日も下津井沖のショウサイフグのカットウ釣りは一人30匹前後釣れています
潮は下げ潮の6時〜9時が良く10時〜12時はサッパリ喰わない13時〜14時は又喰いがたって釣れた、 潮の変わって潮が動き始めてから良く動き出す時が喰いが良くなる、潮が止まる前2〜3時間は喰いが止まる傾向があるようです
今時期は型は少し落ちます、22〜23cmがレギラーで25〜26cmが一割程度混じります、上手な釣り人は40匹くらい、下手な釣り人は10匹程度の釣果になります

鯛ラバでの鯛は一船40匹前後と好調が続いています、型も良型が多く混じります

2015年07月12日 (日)  上り中潮1日目 干潮 13時01分 満潮07時13分 
   曇り、風は弱く釣り易い 最高温度32度   水温は20.2度

下津井・大橋下周辺ショウサイフグのカットウ釣り

7月10〜11日も下津井沖のショウサイフグのカットウ釣りは一人30匹前後釣れていると聞いて釣り行きする、前回は小潮2日目で良く釣れた、今回は中潮になるが潮の速いポイントなので心配はありました、
朝6時から8時半位の満潮迄の潮が適当に動く時は良く釣れた、この時間帯に15匹位確保するもそれ以後は極端に喰いが落ちてくる、潮が速すぎるとのフグは喰いをやめるみたいですね、釣果は1日で一人6〜23匹と不調でした
特に満潮の潮止まりと以後の潮が速くなったら喰いが止まり、潮が緩んでも喰いは立たなかった、場所移動しても状況は変わらなかった

2015年07月07日 (火)   下り小潮1日目 干潮 08時55分 満潮14時46分 
   雨後曇り、 弱風 最高温度25度 雨が強い釣り難い  水温は21.2度

弓削・佐島沖のタチウオのテンヤ釣り

7月に入り、小潮でタチが数釣りは無いが指4本が4〜5本釣れています、運が良いともう少し釣れますが、ジグはほとんど釣れずエサのテンヤに当たりが多い、しかし喰いが浅くエサを齧られる、小さな当たりは有るが喰い込まないし中々乗らない事が多い
7/5日・7/7日と釣れてはいますが数は中々釣れません一日一人3〜5本でボウズに終わる事は少ないです
今後は難しい状況で、秋ぐちになるまでは難しいでしょう

2015年06月29日 (月)  大潮1日目  干潮 15時55分 満潮09時24分 
  曇り後晴れ、風弱く 最高温度27度で、釣り日和  水温は20.4度

倉敷市の児島沖周辺の鯛ラバの釣り

6月に入り、22日頃より鯛の喰いが活発化してきている、一船一日40〜60枚と最近では爆釣りの釣果で釣れています
6/29日も8人で60枚と好釣果が続いています、例年7〜8月は好釣果がでていますから、今後も好調が見込めます

下津井の潮は大潮・小潮も釣れますが、昼前が満潮の潮が良い(上り中潮・大潮)、最近は下げ潮に喰いが良い時が多いので潮は見て釣り行きを勧めます

2015年06月24日 (水)  下り小潮2日目 干潮 10時47分 満潮04時15分 
   曇り晴れ、風は弱く釣り易い 最高温度23度 朝は肌寒く  水温は20.2度

下津井・大橋下周辺ショウサイフグのカットウ釣り

5月26日と6月11日の小潮の釣り行きで下津井沖のショウサイフグのカットウ釣りに一人30匹前後釣れていると聞いて、梅雨の時期でもあり23日に決めて24日に釣り行きする
サシエはロールイカの短冊で30号オモリのカットウ仕掛け、水深は50m前後と深いポイントです
最初はガラエビの胴付き仕掛けで対応するも釣れないので、カットウに変更すると釣れだしたが水深の深いポイントを流し釣りするので当たりも小さく、底取りもカケアガリを攻めるので中々なれるまでは難しい釣りですが慣れて来ると面白い釣りです
今年の過去の釣果、5/26小潮3日目、釣果1人30〜60匹、 6/11長潮、釣果1人10〜40匹、6/12 若潮 釣果1人8〜30匹でした、此れから7〜8月も釣れるそうです
昨年も同時期に釣れているのでこれからも期待できます

2015年06月21日 (日)   下り中潮4日目 干潮 08時15分 満潮13時54分 
   晴れ後曇り、 微風 最高温度28度 釣り易い一日  水温は20.2度

弓削・佐島沖のタチウオのテンヤ釣り

5月の下旬は釣れていたが6月中旬は釣れなかった、事前の情報ではジグは釣れずエサのテンヤのみ当たりが多い、しかし喰いが浅くエサを齧られるがの中々乗らない
今日はナギで天候も曇り後晴れと釣り易い状況でした、久々に群れが見つかり一人10−18本と好調です肩も指4本がレギラーと満足のいくサイズで好調でした
しかし、好調は続きません、日により潮にもと好不調の波が激しく今時期では致し方ないのかも知れない

2015年06月15日 (月)  大潮1日目  干潮 16時02分 満潮09時32分 
  曇り、風弱く 最高温度27度で、釣り日和  水温は20.2度

倉敷市の児島沖周辺の鯛ラバの釣り

ここの所、潮のニゴリが無い日は順調に釣れています、ニゴリがある日は最悪で全員で10枚以下の釣果で釣り行きの前には確認して釣り行きすることを勧めます
その日以外は一船20匹前後でマズマズです

潮は大潮・小潮も釣れますが、昼前が満潮の潮が良い(上り中潮・大潮)、最近は下げ潮に喰いが良い時が多いので潮は見て釣り行きを勧めます

2015年06月13日 (土) ※   上り中潮1日目 干潮 14時11分 満潮07時35分 
   晴れ後曇り、 微風 最高温度28度 釣り易い一日  水温は20.2度

弓削・佐島沖のタチウオのテンヤ釣り

5月の下旬は釣れていたので、思いたち釣り行きする、事前の情報ではジグは釣れずエサのテンヤのみ当たりが多い、しかし喰いが浅くエサを齧られるがの中々乗らない
しかし、ナギで天候も曇りと釣り易い状況でしたが、当たりが殆ど無く時間のみ経過する状況に厳しさを感じました、様々に誘いをかけても当たりが出ない、一時間に一回程度の当たりがあるのみ、此れを掛けないと釣れない状況です
今日は9人で9匹サッパリでしたが型は指4本と良型でした
5/24日小潮1日目は一人5本前後釣れていた型も指4本と良型です
5/31日大潮1日目は大潮にもかかわらず一人5本前後釣れていた型も指4本と良型です

2015年05月20日 (水)  下り中潮1日目 干潮 06時19分 満潮11時52分 
   曇り晴れ、風は弱く釣り易い 最高温度28度 朝は肌寒く昼は暑い  水温は16.9度

倉敷市の下津井・大橋下・広島周辺鯛ラバの釣り

5月に入り、順調に釣れている、潮は小潮や大潮でも良く、大雨が降った後の潮が濁っていた時は釣れない状況で数は一船20枚前後悪い時は15枚、良い時は25枚と下津井沖は年々数は釣れなくなって来ていますが笠岡諸島・芸予諸島よりは釣れています

今日は潮がニゴリ朝から良くないのでアッチ・コッチと移動しますが1〜2枚と拾い釣りで数は出ません、満ち潮は殆ど釣れない状況に、時間延長して下げ潮に期待して長時間の釣りになったが干潮前になり良い地合いに入り一船流しに連荘と好調になり全員で2時間で15枚と釣る事が出来て一日で23枚とマズマズの釣果となりました

2015年05月06日 (土)   中潮1日目 干潮06時38分 満潮12時23分 
   曇り後晴れ、南の風弱く 最高温度24度  水温は午後19.5度

尾道・向島立花の堰堤のチヌのフカセ釣り

向島の乗っ込みチヌは今年は産卵が遅れていて、5月はチヌの数釣りは出来ないし、チヌの気配の無い海の状況であまり釣れない、一日1〜2匹の釣果でしたしまだ腹はパンパンではない

5月に入って水温も20度近くになっても数は釣れていません一日2〜3匹の貧釣果でまだ産卵前の状態です
エサ取りはフグが多く、何時の間にかサシエが無くなり釣り難い状況です
又今年はチヌが産卵に堤防近くに寄って来ていなくて、あまり釣れない年になっています

2015年5月01日 (金) ※  上り中潮2日目 干潮 15時56分 満潮 09時38分
   天気-晴れ 気温は25度 風は北東の弱く9時頃南の風、昼の水温14.5度

松永湾の南松永町の護岸の浅場のチヌ釣り

松永湾のチヌ釣りは5月に入り浅場でも釣果が落ちてきています、此れからのは乗っ込みも終わりチヌも産卵を終えて沖に離れて行きますから釣れなくなるでしょう
此れからは尾道の向島や横島・田島でチヌが乗っ込みの時期に入り本格化してきて良く釣れるようになってきます

今時期は、芸予諸島でアコウが良く釣れています、釣り方は鯛ラバやエサ釣り等で釣れます

2015年04月21日 (水)   中潮1日目 干潮06時38分 満潮12時23分 
   曇り後晴れ、南の風やや強く 最高温度19度  水温は午後13.0度

尾道・向島立花の堰堤のチヌのフカセ釣り

向島の乗っ込みチヌは今は産卵に寄ってなくて釣れていません、来月の連休明け頃からになるでしょう、 水温も13度と低く16度にならないと乗っ込みは始まらないと思う、現状はエサ取りのフグ・ハゲやカサゴ・クジメもまったく釣れていないのも水温の低い為でしょう、昨年も水温16度は5/14日頃になり釣れていましたから、又横島付近ではチヌが3-4匹釣れ始めました
江ノ島付近のショウサイフグも3月は不調でしたが4/9(下げ中潮3日目)と4/16(上げ中潮2日目)は異変で一人15〜30匹と釣れていますが、3月後半はサッパリでしたから今年は終わったと思っていましたから不思議です、でもこの日以外は殆ど釣れていません

2015年4月06日 (月) ※  下り中潮1日目 干潮 05時53分 満潮 12時27分
   天気-曇り 気温は14度 風は南西の風強く、昼の水温12.5度

松永湾の柳津町の護岸のチヌ釣り

松永湾のチヌ釣りは4月に入り深場での釣果が落ちてきています、此れからの後半は数が釣れなくなりますが浅場で釣れます、今年は雨が多く柳津港ではチヌが釣れず柳津町の護岸では6匹とマズマズの釣果でしたが場所によりムラが多いです
桜も散り今後は今年の天候異変もあり、落ちるか・釣れるか判断は難しいですね

2015年03月25日 (火)   中潮4日目 干潮08時16分 満潮13時59分 
   晴れ、南西の風やや弱く 最高温度19.0度  水温は朝9.0度

松永湾の柳津町護岸のチヌのフカセ釣り

2〜3日前頃には最終寒波が来て寒い日が続いて水温も9度と低く条件は厳しい状況です
昨日も二人で2匹と釣れていないと聞きました、マキエを入れてもチヌの気配が感じられない時間が多い中、満ち四分から七分の間だけ3匹釣れたが当たりは渋く浮きが僅かにシモル程度で波が有るので中々当たりが見分け難いような当たりです
干潮から満ち三分までと満潮前後がまったく釣り無い、昨年は満潮前後は良く釣れていたが今年は違うのかも知れない

江ノ島付近のショウサイフグも今年3月は不調でしたが3/23日(下げ中潮2日目)は、15〜20匹と良い日もあったが、その日以外はムラが多く釣れない日(5匹前後)が多い

2015年03月20日 (金)   大潮2日目 干潮04時48分 満潮11時06分 
   晴れ後曇り、朝方から昼前北東弱く昼頃から南西が弱く 最高温度17.0度  水温は午後10.0度

松永湾の柳津波止のチヌのフカセ釣り

2日程雨が続き、暖かい日が2〜3日続くので松永湾の水温も上がって来ると様子見に行きました、現在は初期で良型40cm前後が釣れていますが乗っ込みの数はまだ少ないので数は釣れていません現状は2〜3匹です
来週初めは寒波が来るので、その後は気温も上がって来ていますから乗っ込みも本格化してくる見込みです

江ノ島付近のショウサイフグも3/15日は(長潮)20〜30匹良かったが前後の日はサッパリ釣れないし(5匹前後)ムラが多い

2015年03月08日 (日)   下り中潮1日目 干潮 06時22分 満潮12時29分 (家ノ島)
   曇り後晴れ、一日風弱く釣り安い 最高温11度 朝方は4度 水温は10.1度

江ノ島・高井神島周辺沖のショウサイフグの船釣り

今年の江ノ島・高井神周辺のショウサイフグ釣りは終盤の様子です、潮が良く動いていても当たりが少なく、又地合いも一時間程度と短く後はエサも残り当たりも無い、誘いを多用しても当たりの数も少なくてフグの数が少なくなっていると感じます
当たりは小さくほとんどの当たりはチョンかチョンチョンで喰いが渋くなるとビリ程度で合わせも中々出来ない状況で、8〜14時の釣りで一人2〜7匹で船は良いポイントを求めて移動が多く釣る時間は少ない状況です、ここ数日はどの遊魚船も釣れていません

2015年02月21日 (土)   下り中潮1日目 干潮 06時31分 満潮12時48分 (家ノ島)
   晴れ後曇り、午前波有り釣り難い・午前10時頃より凪になる 最高温11度 朝方は-2度 水温は9.8度

江ノ島沖のショウサイフグの船釣り

今年は潮・ポイントによりフグもムラが多い釣りになっている、朝は波があり上下に揺れて釣り難いが10時頃より波もおさまり釣り易くなる
今日は喰いは渋く当たりは小さいし当たりも少ないが、11日(小潮2日目)と17日(大潮1日目)は絶好調で40匹程度釣れていたが今日はサッバリで一人5〜18匹ですが場所によっては50匹前後釣れていました、船頭のポイント選びが決めてのようです
まだ3月初め頃までは釣れるでしょう

2015年02月11日 (水)   小潮2日目 干潮 15時28分 満潮09時04分 
   晴れ後曇り、午前・午後風強い釣り難い日 最高温12度 朝方は3度 水温は9.2度

佐島沖のショウサイフグの船釣り

今年は佐島沖の海域でも釣果にムラが多くて数釣り出来ない日も多い中で11日は天候は風も強く・小潮でフグ釣りには厳しい一日でしたが以外や以外朝一から入れ喰い状態で午前中で一人40匹以上と昨日に続き絶好調です

フグ釣りは凪で大潮が比較的に良いが小潮で風が強くて釣り難い日でも沢山釣れる事もあると釣りは行ってみないと判りませんね・・・

2015年02月03日 (火)   大潮2日目 干潮 17時10分 満潮11時09分 
   晴れ後曇り、午前・午後風弱く釣り日和 最高温11度 朝方は2度 水温は10.1度

佐島沖のショウサイフグの船釣り

今年は江ノ島・高井神島周辺のショウサイフグの釣果はイマイチで今回は佐島沖の海域で水深20mでボトムは砂泥地のポイントでの釣りです
ポイントによりフグの数にムラが有り、良いポイントを見つけるのは船頭の腕で釣果も変わってきますが、大潮は満ち潮が当たりも多く良い、満潮から下げ潮に変わると喰い渋りが強く当たりの数も落ちて当たりも前当たりも無く小さくなって釣り難くなります、一人20匹前後でしたが上手な釣り人は40匹程度は釣れています
釣り方は誘いを多用してフグの喰い気を誘い、潮の時間により喰うタイミングが変わるのでそれの見極めと旨く合わせを入れらる釣り人に数釣りが可能です

2015年01月24日 (木)   下り中潮3日目 干潮 05時24分 満潮12時18分  
   晴れ後曇り、弱風 最高温度 11度最低 0度  水温は10.6度

斎灘の菊間・安居島・亀ケ首周辺のテンヤ・サーベリングの釣り

斎灘周辺のタチウオは例年は数・型ともに絶好調の時期ですが、今年は少し違う状況で1月18日以降は魚探にも群れは中々映ってこない、群れが見つからない状況です
釣果は朝マズメのみで一人一日で2〜3本とまったく釣れなくなってきまして
例年は2月中は好調でしたが今年は違い1月25日以降は遊魚船もタチウオ釣りは終わりにしているようです
江ノ島周辺でショウサイフグが釣れだしました、型は25cm位で良く、数も一人15〜25匹と好調です

2015年01月16日 (木)   若潮 干潮 13時39分 満潮07時54分  
   曇り、弱風 最高温度 11度最低 5度 一日穏やかな暖かい日 水温は10.7度

斎灘の菊間・安居島・亀ケ首周辺のテンヤ・サーベリングの釣り

斎灘周辺のタチウオは例年は数・型ともに絶好調の時期ですが、今年は少し違う状況で1月半ば頃より魚探には群れは映るが釣れない・喰い渋りが続いています
数は一人10本前後でイマイチですが型は指4〜5本が多く中には指6本が釣れています

例年は2月中は好調でしたが今年は違い、2月中旬には終わる可能性が有ります
特に潮が大きいと喰いはサッパリで小潮でも喰いは渋いようです、ジグには釣れずエサには釣れると言うパターンも多くなっています

2015年01月04日 (日)   大潮1日目 干潮 16時51分 満潮10時52分 
   晴れ後曇り、午前・午後風強くウネリと白波 最高温09度 朝方は01度 水温は11.3度

江ノ島沖のショウサイフグの船釣り

今年は江ノ島沖に初釣りに行くも、風強くウネリと白波で船の揺れが激しく、座っていても転げる状況に気勢をそがれる
その為かフグは喰いが渋く低調です、昼間で頑張りましたが午後から更に風が強くなると百間島まで後退して釣るもまったく釣れず早めの納竿となりました
釣れれば型は良く25cm程度が多く今日は一人15匹程度でしたが、天候さえ良ければ数釣りも可能な状況です


過去の釣り情報を見たい方はNEXTをクリツクしてください