芸予・笠岡・塩飽諸島の釣り情報      


2017年の芸予・笠岡・塩諸島の船釣りや備後地方の福山・尾道等の波止や地磯からの釣果情報です



2017年07月18日 (火)  長潮  下津井 干潮 05時56分 満潮26時46分  釣る時間 5時30分〜13時30分迄
   曇り雨、風は弱風 最高温度31.6度   水温は 23.3度

下津井・大橋下周辺ショウサイフグのカットウ釣り

下津井のカットウフグ釣りは好調が続いていますが、日によりムラのでる場合も有ります
今日は干潮から始まり喰いは良いが9時半頃より強い風と雨が降り出して喰いが止まる、又雨と風が治まると釣れてきましたが喰いは渋い、誘いを掛けないと当たれが出ません、それを過ぎるとエサは取られるが当たりが無くて釣れない、此の時はカラ合わせをしないと釣れない時間が有りました
11時過ぎまて満潮前後は喰いが止まり釣れない時間が有りました、下げ潮に変わり又喰いは出て来ましたが喰いは渋く、誘い・誘いで初めて当たりが出る厳しい時間でした
今日は前半は型は少し落ち、後半は良型が多かった、20前後cmがレギラーで25〜27cmが三割程度釣れました、数は一人10〜40匹程度の釣果で釣り人により差が出ました

2017年06月27日 (火)  下り中潮2日目  大社 干潮 22時08分 満潮14時24分 月齢3.0
   曇り、風は昼は4m・夜は2m少しウネリが残る 最高温度26度   浜田沖水温は22度
 

日御碕沖の白イカのイカメタル釣り

天候は昼まで晴れ後曇り、予報は一時雨でしたが曇りのままに納竿となる、風は15時4m・21時2mと弱い
多少ウネリが残り、船が前後・左右に揺れる条件でしたが、明るい内はまったく当たりは無く点灯してから一時間程度経過してからポツリ・ポツリと当たりが出てきましたが今回は入れ喰いのピークはなくポツリ・ポツリでしたが納竿までは釣れました
今回の釣果は、一人30匹程度とマズマズでした、型は大検が2割と中・小剣が4割づつと型は中堅がイマイチでしたが入れ喰いは無いが釣れない時間帯が無く納竿まで楽しめました

2017年06月06日 (火)  上り中潮1日目  大社 干潮 16時23分 満潮00時09分 月齢11.3
   曇り、風は昼は4m・夜は2m 最高温度24度   浜田沖水温は20度
 

日御碕沖の白イカのイカメタル釣り

天候は晴れ後曇り、風は15時4m・21時2mと弱く又月齢は11.3とあまり良くないが天候が曇りと条件は良く期待して釣り行きする
明るい内はまったく当たりは無く、点灯してからポツリポツリと当たりが出ましたがボトム付近で、今回の入れ喰いのピークが7時半頃から10時半頃迄でしたがそれ以外でも釣れました
今回の釣果は、一人50匹程度と良く、型は大検1割・中剣5割と型はイマイチでしたが、まったく釣れない時間帯が無く納竿まで楽しめたのが良かった

2017年05月30日 (火)   下り中潮3日目 四阪島 干潮 8時27分 満潮14時00分 
  晴れ、 午前無風、昼頃から微風 最高温度28度暑い一日 水温は19.5度   釣る時間 7時〜14時迄

大島の横島・戸大鼻周辺の一つテンヤの釣り

今年初めての一つテンヤ釣りに、船は大島戸代鼻周辺に向かう、付近は水深20〜40mで岩礁帯と漁礁が点在している、潮は程々に流れ6〜8号のテンヤを使用して釣ります
岩礁帯はアコウとコブが多く・漁礁はタイが釣れる確立が高いポイントとで、餌は海エビを使用します
釣れるのはタイよりもアコウの方が多かった、型はアコウが30〜50Cmと良型が多かったがタイは数も少なく30〜35Cmと小型が多くたまに50Cmクラスが釣れます外道は60〜70Cmクラスのコブが3匹も釣れました
釣果は一人平均、アコウ3匹前後でマズマズの数でしたがタイ2匹弱と数が一つテンヤとしてはイマイチでした

2017年5月18日 (木)  ※   小潮2日目 干潮 9時23分 満潮 14時55分 (実 7時半〜17時)
 晴れ、気温25度 午前は無風、午後は微風で釣り日和、水温17度

今治・来島海峡のアコラバ釣り

天候も良く、初めてのアコラバに行く、釣果は連日ソコソコの釣果は出ているので不安は少ない、
朝一は大島の志津見港沖の漁礁を狙う、その後干潮前になり来島海峡の大橋南のポイント移動する、ポツリポツリとは釣れるがイマイチです
その後満ち潮三分から八分は津島北側のポイントを攻めるがまったく釣れず、船長残業を決断して満潮の潮止まりに期待すると満潮前になると大橋下のポイントで喰い立ち、次から次えと釣れます17時まで釣って潮が速くなりだして納竿となった、釣果は7人で58Cmを頭に30枚と鯛4枚と大漁でした

2017年5月12日 (金)  ※   大潮4日目 干潮 05時50分 満潮 11時31分 (実 8時〜13時)
 曇り後晴れ、気温25度 微風で釣り日和、水温14度

尾道・向島の布刈鼻岩場のチヌ釣り

水温も14度と高く、エサ取りのウマズラ・フグが多くサシエがタナまで届かない状況です、マキエしてもチヌの気配が感じられない、タナやガンダマを調整しても、何時の間にかサシエが無くなる
タナを浅くした時にウマズラやフグが釣れたがチヌは釣れない、潮は行ったり来たりと安定せず釣り難いがシモリと潮目を中心に気長に待つが気配が感じられないままに満潮になり、下げ潮で2ヒロのタナでチヌが一匹釣れたのでこれからと思ったがその後チヌの気配も無く釣れなかった

2017年4月28日 (金) ※  中潮1日目 干潮 06時11分 満潮 120時01分  (実 8時〜12時)
   晴れ後曇り 気温は24度 風は10時までは弱風、以後西の風強い、昼の水温13.0度

尾道向島の立花の堰堤のチヌ釣り

向島の堰堤の釣りは先日も厳しく、天候は10時頃より強風になり12時で納竿やむなしとなる、チヌの腹はまだ膨れては居ないし型も小さいしチヌの魚影も薄く気配も少ない状況です、エサ取りはフグとウマズラが多く何時の間にかサシエが無くなっているので釣り難い本格化は水温も13度と低く連休明けになる見込みです
釣果は小さく25Cm程度が2枚と期待ハズレです

弓削沖で船からのジグ・テンヤでタチウオが釣れています、数は5〜7本少ないが型は指3.5〜4本です
今時期としてはマズマズの釣果です

2017年4月25日 (火) ※  大潮1日目 干潮 04時02分 満潮 10時11分  (実 6時〜12時)
   晴れ後曇り 気温は24度 風は凪、11時頃より南が微風、昼の水温12.7度

尾道向島の立花の堰堤のチヌ釣り

向島初釣り、天候はチヌ釣り日和で乗っ込みが本格化していないしチヌの腹はまだ膨れては居ないしチヌの魚影も薄く気配も感じられない状況です、エサ取りはフグとウマズラが多く何時の間にかサシエが無くなっているので釣り難い
型は小さく25Cm程度が多く期待ハズレです、釣果は25Cmが3枚37Cmが1枚と乗っ込みには程遠い状況でした、今後連休から明けが本格化するのではないでしょうか

船釣りではアコウがアコラバと胴付き釣りで数・型ともに4月に入り良く釣れています

2017年4月16日 (日) ※  中潮3日目 干潮 08時21分 満潮 14時02分  (実 10時〜14時)
   晴れ 気温は24度 風は朝は凪、11時頃より南が弱風、昼の水温13.5度

松永湾の柳津町の入り川護岸のチヌ釣り

松永湾のチヌ釣りは、乗っ込みが本格化し浅場で釣れるようになってきました、潮は満ち4分から満潮までの4時間位が良く下げ潮は釣れません
型はこの日頃から32〜35Cm前後と幾分小さくなって来ましたし数も3〜5枚とマスマズの調子ですが此れからは段々と釣れなくなってきます

2017年04月14日 (金)   下り中潮1日目 常石 干潮06時59分 満潮12時52分  (実 9時〜13時)
   晴れ、一日南の風やや強く、 最高温度22.0度  水温は昼前に13.0度

松永湾の柳津町の入り川の護岸チヌのフカセ釣り

松永湾の乗っ込みも盛期に入り、湾奥の水深が満潮で3〜3.5mの浅場で釣れるようになってきました、場所は柳津町の入り川・南松永町の浅場の護岸で潮は満ち3分から満潮までの5時間位が良い
型は36〜40cmで数は3〜6匹程度と良く釣れています、時期は4月後半まででその後は急速に釣れなくなってきます
今年は10日頃より釣れ始めていました、型は柳津港よりは良いです

2017年04月12日 (水)   大潮3日目 常石 干潮05時07分 満潮11時48分 
   曇りのち時々晴れ、南の風は弱く 最高温度17.0度  水温はに12.5度

松永湾の柳津西波止のチヌのフカセ釣り

水温も12.5度上がり乗っ込みの盛期が近づいてきましたが型は32〜38Cmと毎年小さくなってきています又数も今年は数が出ないし年々釣れなくなっていて特に浅場での釣果が少なくなっています
釣果は満潮前、満ち八分と下げ二分までが良く釣れる潮となっている、現在は2〜5枚程度釣れていて型は32〜38cmが主体で時々40cm程度が釣れます
今後も乗っ込み本番になっても数・型ともに多くは望めないし、浅場は釣れ難い状況です

2017年03月29日 (水)   大潮3日目 常石 干潮06時20分 満潮12時20分 
   曇りのち晴れ、朝は弱く午後南西の風強くなる 最高温度14.0度  水温はに11度

松永湾の柳津西波止のチヌのフカセ釣り

水温も上がり乗っ込みの盛期が近づいてきました数も釣れだしていますが型は35Cm程度と毎年小さくなってきています又数も年々釣れなくなっていて特に浅場での釣果が少なくなっています
釣果は満潮前、満ち八分と下げ潮、下げ五分までが良く釣れる潮となっている、現在は3〜5枚程度釣れていて型は32〜36cmが主体で時々40cm程度が釣れます
今後も乗っ込み本番になっても数・型ともに多くは望めない状況です

2017年03月24日 (金)   上り中潮3日目 常石 干潮15時36分 満潮9時26分 
   曇りのち晴れ、朝はやや強く、北東・東・北西・南西・北西と風が変わる 最高温度14.0度  水温はに10度

松永湾の柳津東波止のチヌのフカセ釣り

昼頃より南西の風になるとの予報で釣り行きするも、此処のポイントは泥地で起伏が無くマキエでポイント作りして、北向きで軽い仕掛けで遠投して釣るため逆風は釣り難いし、南向きの風は遠投や・マキエがし易いし又仕掛けが絡み難いので風向きは大事です
今日の風はやや強く方向がクルクルと変わり狙いのポイントが作り難い、風でポイントを変えざるを得なかったためにチヌが散ってしまった
結局釣果は1枚と風に翻弄されて、仕掛けを換えたりポイントを変えたりとサンザンに釣りになりました、水温も上がって来ていますから来週頃からは狙い目です
松永湾の釣り・ポイントに付いては左記に詳しく記載しています

2017年03月17日 (金)   下り中潮3日目 常石 干潮07時57分 満潮13時59分 
   晴れ、朝は無風10時頃から南西が微風 最高温度15.0度  水温はに9.0度

松永湾の柳津東波止のチヌのフカセ釣り

今日今年始めての釣り行きをした、松永湾の水温は9度と低く乗っ込みには少しはやいと心配で10度を超えると乗っ込みが始まるので水温的には期待ハズレです、実釣では満ち潮は喰い鈍く満ち8分で1枚と下げ潮2分で1枚と喰いはイマイチで時期はまだはやい様です、型33〜36cmが釣れていますが乗っ込みはこれからです
来週からは水温もさらに上がれば、乗っ込みも本格化して数も釣れてくる見込みです

2017年03月11日 (土)  大潮1日目 干潮167時34分 満潮10時28分 
   晴れ、微風11時頃より弱風 最高温度15度の釣り日和 水温は9.3度   釣る時間 7時半〜12時迄

豊島東沖のショウサイフグの船釣り

何年ぶりの豊島沖で船から釣りでポイントは水深25mの砂泥地で潮は速い流れオモリ15〜20号でも流される勢いです
フグは一投目から釣れだします好調で型も良い流れは満潮の10時頃まで続き潮止まりからは絶不調でまったく当たりが出ないままに昼になり食事して納竿となった
数は一人10〜20匹釣れますが当たりが小さくチョン来た当たりで合わす必要があり難しいです、型は20cm〜25cmで25cm位が多く型は良い、今後は3月25日からの大潮で釣れる見込みです、今年は朝の大潮の満ち潮が良く午後の下げ潮は釣れません

2017年02月25日 (土)   大潮1日目 観音寺 干潮 16時53分 満潮10時38分 
   晴れ、風は微風 最高温11度 少し風あり船揺れる 水温は8.7度 釣る時間 7時半〜1時半迄

丸上島の北沖のショウサイフグの船釣り

明日の方が釣り良い天気ですが予約が無く今日にする、今年も不調は続いているが今日のポイントは釣れるか楽しみです 釣り場のボトムは泥地で水深は23mで潮は適度の流れもあり風の方向も潮の流れと一緒で良い、エサはガラエビを使用する
一投目から釣れて幸先が良い、この流れは2時間程度続き良く釣れたが潮止まりから下げ潮に変わって潮も動きが止まり当たりも無くなった
エサは ガラエビは満ち潮では代わり無かったが潮止まりからはバナメイエビの方が喰いはよかった、
満潮までは当たりもあり好調でしたが下げ潮に変わり極端に当たりが無くなってきた釣果は終わってみれば、23〜28cmが一人15〜20匹とマズマズの釣果でした

2017年02月15日 (水)   下り中潮2日目 粟島 干潮 08時14分 満潮14時06分 
   晴れ、風は凪 最高温10度 天気良く釣り日和 水温は8.3度 釣る時間 7時半〜2時迄

六島の西・三崎半島の西沖のショウサイフグの船釣り

今年もフグは不調の様ですが、今回は場所を変更して状況の確認してみる
干潮にポイントに到着し、ボトムは泥地で水深20mでまだ下げの潮は動いています、2時間程度の潮の流れが止まるまでは当たりもそこそこあったが満ち潮に変わり潮の流れが止まり極端に当たりが無くなった状況は納竿まで続いた
釣果は終わってみれば、23〜28cmが一人5〜17匹と今日も絶不調です
満ち潮が動きだしても喰いは渋く当たりも無かった、このポイントは下げ潮の方が喰いが良いように思うので干潮が昼過ぎの潮がお勧めです

2017年01月26日 (木)   大潮1日目 笠岡 干潮 10時38分 満潮04時08分 
   曇り晴れ、風は凪 最高温9度 天気良く暖かい日 水温は8.5度 釣る時間 6時半〜2時迄

江ノ島の北・宇治島の西沖のショウサイフグの船釣り

今年始めてのフグ釣り、今年もフグは不調の様子でポイントのボトムは泥地で水深は20mで潮は適度の流れがあった、エサはガラエビとバナメエビの剥き身をカットしたものを使用するもガラエビの方が喰いはよかった、誘いを掛けないと当たりが殆ど出ない状況です
満潮までは当たりもそこそこあったが下げ潮に変わり極端に当たりが無くなってきた釣果は終わってみれば、23〜28cmが一人5〜10匹と絶不調です
潮が動いていても喰いは渋く、満ち潮の方が喰いが良いように思うので満潮が昼過ぎの潮がお勧めです

2017年01月06日 (金)   小潮3日目 四阪島 干潮 10時44分 満潮4時58分 
  曇り後晴れ、 北東の強風・白波とウネリ 最高温度10.3度 水温は12.1度 釣る時間 8時〜2時半迄

大島の志津見港沖のタチウオのテンヤの釣り

今年1月5日も大島沖でタチの数が釣れています、今日も好調期待して朝一から大島沖に直行する、水深は40〜60mでボトムは砂泥地で潮は程よい流れです
1投目から当たります、今日も好調の予感ですが型が3本程度とイマイチですが、多少並は有りますが喰いは続きます、一時干潮になると喰いは止まりましたが又潮が動き出すと釣れ続きます午後1時頃までは飽きない程度に釣れ続きます
終わってみると30〜60本と好調でしたがサイズはレギラーが指3本に2割程度4本が混じる程度で型には不満が残りました
今日は朝からウネリと白波が立ち、船が揺れて釣り難い一日でした


過去の釣り情報を見たい方はNEXTをクリツクしてください