グレ釣りの当りウキと二段ウキの釣り方      



グレ釣りは円錐ウキ仕掛けが一般的ですが、喰い渋りの時や気象条件で釣り方を自在に変えて釣りますから良く利用するものから、カヤウキ仕掛け、小粒当りウキ仕掛け、自立棒ウキ仕掛け、二段ウキ仕掛けを、仕掛図に使用条件と釣り方・流し方を紹介します

グレのフカセ釣りは円錐ウキを使う仕掛けが一般的ですが、海の風・波・潮などとグレの喰い渋りの状況で棒ウキ・小粒当りウキや水中ウキを使う場合があります 又最近二段ウキによる釣り方もあります
どんな状況でどの様に使うか、使い方によっては釣果を左右する重要仕掛けです、円錐ウキしか使わないと言う釣り人も居ますが使い分ける事により、グレ釣りの幅が一段と広がりグレ釣りのテクニックが上達しますし一段とグレ釣りが旨くなり、面白くなって来ます



当 り ウ キ の 使 い 方

T カヤ棒ウキの固定飛ばし仕掛け
1 仕掛けの使用条件は・・・
@   潮の流れが穏やかな時  A  風波の小さい時
B   グレが浮いて来てタナが3ヒロまでの浅い時
 
 C  完全フカセで釣る時 ( ジンタンを打つ場合もある )
 D   グレの喰い渋りで円錐ウキに当たりが出難い時や円錐ウキの抵抗でサシエを離す時 
 E   サシエの一部をグレにかじられているがウキに反応が出ない時 
F   釣り座が低くて逆光でウキが見え難い時
2 釣り方は・・・
@   カヤ棒ウキの固定仕掛けは、完全フカセで釣りたい場合、低い釣り座でウキが見え難いときにビミョウな当たりを感度の良いカヤウキで取りたい場合に使用すると良い
A   仕掛けの流し方は投入してカヤ棒当たりウキが潮下・飛ばしウキが潮上になるようにする、こうするとサシエ先行の状態なので良いし、誘いは道糸を軽く張ったり緩めたりする程度で行う出来るだけ、自然に流し釣りする釣り方が向いている仕掛けです
B   エサ取りが多い場合は透明のビンビンボールがエサ取りの目標が無くなり、多少のエサ取り対策にもなる
3  カヤ棒ウキの固定飛ばし仕掛図 
 
U 小粒ウキの固定仕掛け
1 仕掛けの使用条件は・・・
@   潮の流れが穏やかな時  A 風波の小さい時 
B   釣り座が高い時
 C グレが3ヒロ以内のタナに浮いて来る時
 
D   グレの喰い渋りで円錐ウキに当たりが出難い時や円錐ウキの抵抗でサシエを離す時
 E   サシエの一部をグレにかじられているがウキに反応が出ない時 
     仕掛けは、小粒ウキを水面で当たりを取る通常の「固定仕掛け」は2ヒロ以内で使用と小粒ウキを沈めながら当たりを取る「小粒ウキの沈め釣り仕掛け」は3ヒロ以内までで使用の2種類があります
2 釣り方は・・・ 
@   小粒当りウキ固定仕掛けは高い釣り座で小粒ウキが見え易い状況でビミョウな当たりを取りたい時に使用する
A   仕掛けを沈める場合は喰い渋りの時に円錐ウキに当たりが出難く、沈めた小粒ウキで当たりを取りたいときに使用する
B   仕掛けを投入して小粒当たりウキが潮下・飛ばしウキが潮上になるようにする、こうするとサシエ先行の状態になる、誘いは道糸を止めては離す程度で良い
 C   仕掛けを沈めて行くので小粒当たりウキ・次にカラー浮き止めゴムでビミョウな当たりを二段回に取る事が出来るので棒ウキより深いタナに向いている
              ( 小粒ウキは仕掛けが馴染んだ時にマキエと同じ程度の速さで沈む様にジンタンをセツトする )
 D    エサ取りが多い場合は透明のビンビンボールがエサ取りの目標が無くなり、多少のエサ取り対策にもなる
3 小粒ウキの固定仕掛図    この図の円錐ウキは飛ばし専用として使用する
 
4  小粒ウキの沈め釣り仕掛け図
 
V 自立棒ウキの半誘導仕掛け & 固定仕掛け
1 仕掛けの使用条件は・・・
@   潮の流れが穏やかな場合に潮に乗せて流したい時
A   風波が多小あっても波乗り重視で流し釣りをしたい時
B   グレの喰い渋りで円錐ウキに当たりが出難い時や 円錐ウキの抵抗でサシエを離す時
C   サシエの一部をグレにかじられているがウキに反応が出ない時
D   グレが浮いて来てタナが3ヒロまでの浅い場合の完全フカセの固定仕掛けで釣る時
E   半誘導の軽い仕掛けで沈めて竿1本程度のタナを探る場合にも良い
F   遠投や逆光でウキが見え難いときに使用すると良い 
2 釣り方は・・・ 
@   自立棒ウキの半誘導仕掛けは円錐ウキ同様にオールマイティーにと使用範囲も広い
A   風波が非常に強い場合以外は使用できる
B   喰い渋りの当たりも取りやすいし潮乗りも良く潮の緩やかな場合も良い、誘いも円錐ウキ程ではないが道糸を張っては離す程度の誘いで対応出来る ( 深い場合は張りを長くすると良い )
 C   仕掛けを投入して自立棒ウキを潮上引っ張り、仕掛けが一直線になり仕掛けが少し沈み始めてから流し始めるとサシエ先行の状態になる
 D   固定仕掛けは浮き止めゴムと浮き止めを一点に集めればできます又ウキ下は自由に変更できる
      *   自立棒ウキの自作の方法を下記に記載していますから、作成して使用してみてください
 3 自立棒ウキ半誘導仕掛図
 


自立棒ウキの製作の作り方と利点と欠点
自作の自立棒ウキ

黒い部分が水面下で潮乗りも良く、棒ウキで渋い当たりも鮮明に出るし、オモリ負荷のあるウキ使用すれば固定以外、半誘導にも対応出来る、下部にオモリを埋込んでいる為飛行距離も2〜30m可能で仕掛け絡みもなく使い良い 

欠点は風波が非常強い場合は難しい、遠投のコントロ−ルが難点で状況により使い分けると良い
喰い渋り時の当たりの出難い場合にグレウキとしてもチヌウキとしても利用価値は高い 

製作方法について


A トップはチヌ用の交換品を使用している
B 桐材の即存の棒ウキを削り出しして利用する 
C 第一精工の鉛キッドを調整して取り付け 
D  スナップ゜サルカンを使用する
E  プラスチックの浮きとめをゴムカンで止める仕様です
      (プラスチックの浮きとめを使用しない場合もある)
F 全長は30cm程度がバランスが良いし自重は重く作る 

(注)
キザクラのチヌの自立棒ウキ2Bを改造すると手っ取り 速く製作できる又道具は小さなカンナとヤスリ・カネノコ とサンドペ−パ−と塗料・マニキィアが必要です

@ はキザクラの自立棒ウキ2Bを改良して作成した製品です下部のナマリの部分を交換して作り直ししました
A は安い桐材の棒ウキから削り出しして作成した製品です
W スルスル釣り・カラーウキ止めゴムの当り仕掛け
1 仕掛けの使用条件は・・・
@   常時、釣っている円錐仕掛けの潮・風波などオールマイティーな状況に対応出来る
A   釣り座が高い場合にカラーウキ止めゴムが沈んで行くのが見え易い場合に使用すると良い
B   釣り座が低い場合はカラーウキ止めゴムが見え難い場合は不可で通常の釣り方をする
C   タナ3ヒロ以内の浅い場合に特に良い
D   通常のスルスル仕掛けに朱色・黄緑色などのカラー浮き止めをWで使用して見え易くしたものです
2 釣り方は・・・ 
@   特に釣り座が高くカラーウキ止めゴムが少し沈んでも見え易い場合に良い、通常の円錐ウキ仕掛けの誘いと同様に入れては戻し、又落とすの繰り返しの誘いを多用する
A   カラーウキ止めゴムが見えなくなる以上に深いタナの場合は、通常のウキの当たりや道糸の走りで当たりを取る釣り方に変える
3 スルスル釣り・カラーウキ止めゴムの当り仕掛図 
 


X 水 中 ウ キ の 色 々
私の持論ですが水中ウキは小さくて軽いものが良い、重いと仕掛けに角度が出来すぎて良く無いし、小さく(径10mm)ても水圧により結構潮流を受けて役目は果たすものです( 風波の強い時は少し大きめを使用すると良い )

ガンダマの重量は4Bで1.2g、Bで0.55g、ジンタン3号0.25gですから、下記に載せてますが水中ウキは1.0〜2.4gと
ガンダマにすると小さいものでも4Bと重いですし、面積も広く潮流を受けて水中ウキを付けた位置から仕掛けが異常に角度が付いてよく無い、此れを小さく・軽いものにして少しでも仕掛けを安定させて釣る必要があります

今までの水中ウキとは作りは一線を画すけれども「クッション水中」は軽くて仕掛けの角度が小さくなるので私のニーズに合う水中ウキである、使用して試して見る価値はあるものと思う、ただし風波の強い時には軽くて向かない
水中ウキの効用
 @ 狙いのタナまで仕掛けを潮流を利用して早く沈める
 A 当たりウキの風波によるふら付きを押さえるオモリ効果もある
 B 当たりウキの風波からの影響を水中ウキが抑え仕掛けを安定さす
 C 水中ウキの重さも利用した飛ばし効果
 D 潮流に寄る流し効果、二枚潮などの時中層の潮の流れを捉えて仕掛けを潮に載せて流して行ける
 E 水中ウキは上記の特別な条件下での使用がよく、通常は使用しない
     *  仕掛けは出来だけシンプルナものが良く、やむ終えない時は以外は水中ウキ等使用しない方が釣れる確率が高い
水中ウキは下記以外にも色々有りますが小いさくて重量の軽いものを選択してください
好みで自分の釣り方にあったものを使用してください
    
 
 水中円錐(極小
15×19mm  G2重さ2.1g 
グレ水中
12×15mm   G2重さ13g 
誘導先ウキ
12×13mm  G3 重さ1.5g 
さそい水中(小)
17×24mm   B重さ24g 
三原水中(小)
12×17mm  重さ1.0g 
         
 J クッション水中 全層水中   クッション水中 全層ルート   サスペンド水中
1512mm    B重さ1.2g


 水 中 ウ キ の 使 い 方 
半誘導の水中ウキ仕掛け
1 仕掛けの使用条件は・・・
@   風波が強く道糸が風や波に引っ張られ、潮スジをハズれてラインメンディングでも修正が難しい時
A   上潮と下潮の流れが違う時
B   タナが深くタナ取りが中々旨く取れない場合は水中ウキに潮流が当たる水圧を利用して沈めるとよい
C   遠投のポイントで円錐ウキ一個では届き難いとき
D   遠投でラインメンディングが難しく、潮に乗せて旨く流したい場合
 E   風波が強いとき、仕掛けを安定させる場合 
 F   タナを一定に保ちたい時に使用する 
上記の様な条件下では使用しますが、仕掛けはシンプルなものが1番良いと考えていますから、やむ終えない場合以外は水中ウキも使用しない方が良いと考えています
2 釣り方は・・・ 
@   風波が強く当たりウキが潮スジを外れる場合、水中ウキが潮流を捉えるので誘いは少なくする、あまりやり過ぎると潮スジやポイントがズレ易い為
A   二枚潮の時は当たりウキが遅れやすいので道糸の張りは押さえてサシエの先行に留意する方法が良い
 B   ガンダマは水中ウキの負荷よりハリスのガンダマを重くして仕掛けの浮き上がりや先行を図る 
 C   潮の流れの早いときはウキのオモリ負荷も大きくしてガンダマは段シズに打って使用する
3 半誘導の水中ウキ仕掛図
 
Z スルスル釣りの水中ウキ仕掛け
仕掛けの使用条件は・・・
@   半誘導の水中ウキ仕掛けと条件は同じです
A   スルスル水中仕掛けはタナを一定に保ちたい時以外は常時使用する、基本的にはスルスル水中ウキ仕掛けを多用することが多い
2 釣り方は・・・ 
@   基本的には半誘導水中ウキ仕掛けと変わりませんが、スルスルの場合はタナを探るので、ありま道糸を張り過ぎないようにするめては入れる、止めては入れる様な誘いや流し方が良い
3  スルスル釣りの水中ウキ仕掛図
 


[ 二段ウキの固定仕掛け
仕掛けの使用条件は・・・
@   潮の流れが穏やかな時に下ウキに水中ウキの役目も与えて釣る (オールマイティーにも使える)
A   風波のある時
 B   グレの喰い渋りで円錐ウキに当たりが出難い時               (円錐ウキの抵抗でサシエを離す時小粒の円錐ウキで対応) 
 C   釣り座が高い時に特に良い  
 D   上潮と下潮の流れが違う時には下ウキが水中ウキの役目も出来るので良い 
B   グレが竿1本以内に浮いて来る時 
    上記の様な条件下では使用しますが、仕掛けはシンプルなものが1番良いと考えていますから、やむ終えない場合以外は二段ウキ仕掛けも水中ウキも使用しない方が良いと考えています 
2 釣り方は・・・ 
@   二段ウキ固定仕掛けは少し高い釣り座で下ウキが見え易いときにビミョウな当たりを取りたい時に使用すると良い
A   仕掛けを沈める場合は喰い渋りの時、円錐ウキに当たりが出難く、沈めた小粒円錐で当たりを取りたいときに使用する、又深いタナになった場合は当たりウキで当たりを取る 
B   仕掛けの投入して小粒円錐が潮下・当たりウキが潮上になるようにする、こうするとサシエ先行の状態になる誘いは道糸を張っては止めて流すと良い 
C   小粒円錐ウキは沈めて行くので小粒円錐でビミョウな当たりを取る事が出来るので当たりウキ仕掛けより深いタナに向いているし小粒円錐が水中ウキの役割もするので潮を捕らえ易い 
D   下の円錐ウキは固定して上より小さく、オモリ負荷は大きいものにする方が良い 
       *    下を小さくするのは下の円錐ウキで喰い渋りの当たりを取るので抵抗少ない、小さなサイズが良い