船釣りの入門と仕掛けと釣り方        




船釣りの入門で、遊魚船の利用の仕方・釣り座の優劣、魚のさばき方・保冷の仕方・魚の鮮度見分け方等と船釣りのタツクルでロッドの選定・リール選びに仕掛けを図解で又釣りに必要な小物道具を写真付きで釣り方まで詳しく載せています
タチウオのテンヤ・サーベリング、鯛ラバ釣り、白イカのイカメタル釣り、アコウの釣り、河豚のエビ・カットウ釣り、ウマズラハギの胴付き釣りキス・
ギザミの投げ釣り、アジのカゴ釣り、メバル釣り、イイダコ釣り、真タコ釣り、鯛サビキ釣り、鯛の投げ釣り、ブリ泳がせ釣り等を紹介します
釣果を上げるには、ロッド・リール等タックルの選定が大事ですが、高い製品だから良く釣れるとは限りません、釣り魚の専用製品で中位いの価格 ( 購入価格 1万5千~2万円 ) のロッド・リールの購入で良いと思いますが自分の釣りにあったもの選定が大事です 又代用製品を使用している釣り人も多いがダメな事も多く、良い場合も少し有ります 


鯛ラバ ・ 一つテンヤ真鯛 ・ 太刀魚のテンヤ ・ 太刀魚のサーベリング ・ ショウサイ(名古屋)フグ釣り
イカメタル ・ エギング は別に詳しく掲載していますから 上記    ページから閲覧してください

船釣りの釣り種の表示が多ので下記より直接移動して閲覧ください  

   
 


船釣りを楽しむ為には如何にしたら良いか・・・
船釣りは気軽に沖の海域に釣り行き出来て、地磯や波止・防波堤からの釣りよりは、より多くの釣果が得られる確率が高いです、又素人でも船長が釣れる魚の情報やポイントも知り尽くしているのでアドバイスを受けて意外と簡単に狙いの魚を釣らしてくれる事が多くて楽しく釣りに専念できる釣りです (でも費用が1万円程度必要で高くて頻繁には釣り行き難い)
釣る魚の種類を決めて必要なタックルをそろえますが、共用できるタックルもあり、魚種によるロッド・リール等と釣り方も含めて掲載していますから、必要なものを参考にして選んでください 
 

1 遊漁船とは・・・    ( このHPの価格は参考価格です )
 A  釣りを目的とした釣り人を乗せて沖の海で目的の魚を釣らす遊魚船業を営む商行為です

釣る魚を決めて募集する、乗り合い船とチャーター船があります
メリットは   1  沖で釣ると魚が釣れる確率が地磯・波止等で釣るより高い 
     2  船長の経験で良いポイントを良く知っている、一つのポイントがダメでも違う場所に連れて行ってくれる 
     3  客に釣らす為の努力を惜しまない 、釣れている魚やポイントに精通している
     4  仕掛けや釣り方のアドバイスもしてくれる 
     5  どの遊魚船でも良いかと言えば違います、 海域により良く釣れる魚も違うし、船長によりポイントの 精通度も違い
    ます、狙いの魚で釣り行きするには、釣らす遊魚船の選択が釣果を左右します
釣り場所や釣り方により費用が変わる (エサ代は別に費用が約8千円 ~1.5万円程度かかる)
ルアー釣り、エサ釣り、活き餌釣り、サビキ釣り、カゴ釣り等の専用船や何種類かを交えた釣り船もある

 B 遊魚船を利用する為に知っておく事

釣りたい魚は何かを決める、 時季により釣る魚が違う遊魚船も多いので確認する
釣りたい地域や海域を決める
遊魚船業者を決める 此れはHPや電話帳又は釣り仲間の情報 (最初はこの方法がベストです)で決める 
決めると出船・納竿時間や乗船費用や氷・エサの準備等を確認する、又弁当や飲み物も用意する
釣りする為のタックル・オモリ・仕掛け等を船長にi確認して準備する、船でタックルを有料で貸し出す場合もある
  1 釣り行き日は予定時間より30分前までには指定の港に行く     
  2 船酔いのある人は事前に船酔い止めの薬を飲む 
  3 釣り始めると船長の合図で仕掛けの投入や上げ下げの指示に従う 
  4 船内での釣る位置(左舷か右舷か船首か船尾か等の場所)は船長に確認する  (クジ引きや船長が指示する場合もある) 
  5 ライフジャケットは必ず付ける、又ブーツはスベリ止めのあるものがベスト  (スパイクのものは避ける ) 
2
   船の各部の名称

  船室やトイレは船底にある場合が多い
フィートからメートルmへの変換、1ft(フィート) = 0.3048 
① 36フィートは定員は鯛ラバで8人、タチウオで10人です
② 釣り座は船尾左右で4人、船首左右で4人が多い
③ 10人の場合は胴の間に左右2人釣り座を設ける
   
  ① 船の長さは 36-37フィート(10.911.3m)が一般的で多いが、30~40フィート間の長さも有ります
② 40フィート(12.2m)の大きな船は、同じ定員で乗せている船もあり楽な釣り座が確保されます
③ 30~32フイートであれば定員は4~6人位になります 

   
① 定員は鯛ラバで8人、タチウオで10人です
② 36フィートでは 8人定員は丁度良い
③ タチウオでは10人乗せる船もあるが狭くキツイです
    ※ 胴の間で釣ることになり狭く釣り難い 
  ① 定員は鯛ラバで10人、タチウオで12人です
  ② 40フィートでは10人定員は丁度良い
  ③ タチウオでは12人乗せる船も有るが少しキツイです
  
   ※ 胴の間で釣ることになり狭く釣り難い 

船から釣る時の釣り座の優劣は  (潮・風向きにより優劣は有ります) 

 釣り座には風の方向により船首は風上を必ず向きます ( ポイントは必ず潮上になる )
①図  は右舷の船首方向から潮が流れてきます
  良い釣り座は図のように潮上の左舷の船尾が(優)で潮下の右舷の船首は(劣)になります  
  ②図   は右舷の船尾方向から潮が流れてきます
  良い釣り座は図のように潮上の左舷の船首が(優)で潮下の右舷の船首は(劣)になります  
  ※  下図は一例で①、②図ともに反対方向の潮の流れも在ります、ポイントに早く近づく方がになる



4 救命胴衣と防寒ブーツ・FRP製ブーツ・夏用運動靴・サングラス 他 

  ①  ライフジャケットは、 サスペンダー ・ ウエストベルトタイブから選ぶのが良い ( 夏場には涼しくて良い ) 
  ②  自動膨張式と手動膨張式のタイプがあります  ( 小型船舶用救命胴衣 国土交通省型式承認品の製品がよい )
  ③  秋・春用のブーツは船用(FRP)ボートグリッパーソールのものがスベリ難くてよい 
  ④  釣り用の靴は
       A 冬用は、防寒ブーツはスノーブーツが良い、スベリ止めや防水・防寒機能も優れている
       B 春・秋用は、ショートブーツで下部防水の付いたものが良い
       C 夏は運動靴で横は防水で上はメッシュ製のものがムレなくて良い
  ⑤  フッシンググローブは冬(ネオプレーン製)・秋春(合成皮製)・夏(合成皮とメッシユの併用製)が良い 
  ⑥  サングラスはUVで色は薄いものとサイドフレームは紫外線の入りを防ぐ太いものが良い

 
サスペンダータイプ  ウエストベルト 防寒・防水
スノーブーツ
防寒・防水スノーブーツ  メッシュ運動靴  下部防水
ショートブーツ

   
フッシングナイフ&プライヤー
GM-1886
フッシンググローブ  UV偏光サングラス 帽 子 日除けメッシュ帽子 

船釣りの必需品、針ハズシ ・ フィッシュグリップ ・ 〆ナイフ ・ 魚バサミ ・ スプリットプライヤー ・ 竿受け
 
ヤマシタの「はずしっこ」は魚に触れずに簡単に針が外れ
るので大変便利です、魚のヌルヌルが手に付きません 
フィッシュグリップ ・ ナイフ
       
太刀魚バサミ (金属品) スプリットプライヤー 魚用のギャフ 魚バサミ   針ハズシ
 (針を飲み込まれた時に良い)

遊漁船のコベリ ( 竿受けを取り付ける場所 ) の幅は180~220mm前後が多い  
       
スーパー受太郎240
50~240mm  5,900 
チビラーク ロング タイプS
85~160mm  7,000 
 チビラーク スーパーロング
50~225mm  16,200 
万能竿受けDX 
20~260mm 1,900  

 スーパー受太郎240  ( 置き竿で釣る場合に ロッドをセットする時に使用 ) 
 
ロッド落ち防止機構  
 
横に取り付ける場合   縦に取り付ける場合 高さ取り付け 横に取り付けした写真 

5 クーラー・タックルBOXの選択  

タックルBOXはEVA樹脂製とプラスチィック製があり、使用用途で選ぶのが良い
          ※  大きさは好みと入れる道具の量で決める 、大きさは2~3種類は有ります
   
 EVA製タックルバック、35L、40L   EVA製タックルバック25L  ドカットD-4700タックルケース ミノー入れバッグ  透明タックルケース
 
クーラーの断熱材は、下記の順に断熱効果が優れていますが価格も高い順になります
                 ① 真空パネル ② ノンフロン発泡ウレタン ③ HPウレタン  ④ スーパースチロール ⑤ スチロール
夏場は真空パネルが最適ですが、三面真空で53,900円、HPウレタンで26,500円と大きな価格差があり、HPウレタンがお勧めです 
型・種類は、   1 縦長型 (高さがあり・横幅が短いタイプ)横長型 (高さが低く横幅が長いタイプ)
2 上フタ窓開き型、上フタ半分開き型、 上フタ左右両開き型、上フタの外せる型、コロ付き型
3 布ベルト付き、ハンドル付き 
  型・種類の使い方 1 縦長型は キス・メバル・アジ等の小物魚用に使用すると良い
2 横長型は タチウオ・シロイカ等長い魚や、魚を重ねて数入れる場合良い
(段重ねが少なくて済む)
3 上フタが開くタイプは数釣りする魚を入れるときに良い、又夏場に冷気を逃がさないので良い
      ※ 
 フタの種類は、魚の種類やフタ開けを多く使用する状況を考えて選択する
     
① 片開きタイプ ② 半分開くタイプ ③ 小窓開きタイプ ④ 左右両開きタイプ 等があります
4 コロ付き型は、魚を多く入れると重くなり、移動にコロ付きは楽で便利です
タチウオ・シロイカ   50ℓがお勧めです       タチウオ・シロイカは長さ・数入れからも50リットルは必要です 
タイラバ・アジ   26~30ℓがお勧めです 30ℓは夏場に氷と飲み物を入れると丁度良いが26ℓは少し小さいかな・・・ 
メバル・キス・イイダコ   16ℓがお勧めですが  メバル・キス等は16ℓも可能ですが、夏場の飲み物入れると小さいので26ℓ程度が良い 

RX GU X
 HPウレタン
ライトトランク IV 
 
HPウレタン 
トランク大将IIシリーズ
 スーパースチロール 
トランク大将
ノンフロン発泡ウレタン 
18ℓ-15,700 ・26ℓ-18,000  20ℓ-16,800 ・ 30ℓ-21,000 35ℓ-15,900 ・ 43ℓ-19,500 40ℓ-38,500 ・ 50ℓ-44,500
       
 1800X  (内寸 19.0×35.0×26.5))  GU 2000R  (内寸 22.0×44.5×21.0) NS 3500WD (内寸 24.0×52.0×24.0) GU 4000X (内寸 28.5×59.5×23)
 2600X  (内寸21.0×39.0×30.5 )  GU 3000RJ (内寸 23.0×52.5×24.5) NS 4300WD (内寸 24.0×66.0×24.0) GU 5000X (内寸 28.5×73×23)

 
6  船釣り用のPEラインの色々とリーダー
      ※ 製品の紹介は一部です、高い・安い製品も多くありますが低価格のPEは強度に難が有ります、東亜・YGK8本縒りに
       付いては使用しているので問題なし
セフィアG5は比重が一般のラインはは0.98程度ですがG5は1.25~1.43あり沈み易くエギング
       イカメタルに良い

 お勧め・ PEライン4本縒り  PEライン4本縒り 
     
東亜ストリング
ライトジギングPE 1.0号 強力 7 Kg
 2,900円  0.5~3号まである
  YGK G-soul JIGMANX4
1.0号 強力 7.5 Kg
 2,400円    0.5~3号まである
デュエルハードコア x4
1.0号 強力 6 Kg
(オ)1,300円   
0.6~1.5号まである
ゴーセンPEマークラインドンぺペ
1.0号 強力 5.6 Kg
2,800円   
0.6~2号まである

 お勧め・PEライン8本縒り  PEライン8本縒り  0.5号一つテンヤライン(8本縒り)
 
 東亜 ライトジギングPE
0.6~3号まである
1.0号 強力 7 Kg 5,900円
YGK G-soul JIGMAN X8
0.6~4.号まである
1.0号 強力 7Kg 3,900円
デュエル ハードコア x8
0.6~1.5号まである
1.0号 強力 7.5 Kg 2,600円
YGK  リアルデシテックス WX8 
0.40.5号  150m
強力  0.5号 6.4Kg  9,900円

ハリス ( フロロ ・ ナイロン ) ※ 鯛・タチ等のショックリーダーとしても使用可 PEライン (エギング用)
     
東レスーパーL・EXハンパー
 (タイ・タチ用)
 フロロ 50m  1.0~6号
SUNLIEN トルネードコング
 (中・小魚用) 
フロロ  30~60m  15  
SUNLIEN トルネードパワード
 (小魚用)
 ナイロン 50m、 1~5号
シマノ セフィア G5
(5本縒り・比重1.25~1.43)
0.6号強力 5.5 Kg

ショックリーダー 及び 仕掛け作り用 ( フロロ・ナイロン )  
       ナイロンはしなやかさの特質で喰い渋りの時、フロロは根ズレに強い特性から根・岩場の多い時に使用する 
     
VARIVASショック
リーダー(青物用)
フロロ 50m 3~40号
VARIVASショック
リーダー (青物用)
ナイロン   50m 3~60号
DUEL 船ハリス 
(青物・タチ用)
フロロ 100m 3~16号
東レ    飛麟 
 (青物・タチ・仕掛用)
ナイロン100m 3~20号 
東レスーパーLEXハンパー
 (タイ・仕掛作り用)

 フロロ 50m  1.0~6号

船釣りのラインの結び方
PEラインとリーダーの結び 
 ① FGノットの結び方
   ① ジギング・タチウオ等の強度必要な時やあまり強度は必要ない時にもオールマイティーに活用できる
   ② 此のノットは必ず覚えてください、結び目が小さく強度も有りベストな結びです

 
 ② 簡単結び (フィシャーマンズノット) 
    ※ 簡単に結べるが結び目が太くなるのが欠点でロッドのTOPに掛かりやすくトラブルも起き易い、強度の必要なジギング等
       には不向きです
 
PEライン とPEラインのつなぎ方  ( ラインが縺れて切れた時の強度ある結び )
交互ハーフヒッチの結び方
 ( 片方を5~6回結ぶ )
両方を結んだ図
( 両端を締め込みラインの端はライターで焼く )
 
ナイロン・フロロの 道糸と道糸 、道糸とハリスの結びの種類
サーゼェントノット ブラットノット エイトノット     ユニノット      
サルカン・鈎 の結び方の色々 
ユニノット ダブルユニノット クリンチノット 外掛け結び       内掛け結び 漁師結び
   

一般規格とメーカー表示強力範囲から規格強力実質強力を比較

メーカーでも太さが違うので強力も違いがある、数社のメーカー強力の範囲の中間を実質強力の基準にしています

PE号数 ポンド(lb) ナイロン号数 直径m/m 規格強力 8本縒りメーカー強力範囲  実質強力(8本目安)
0.6 号 6 lb 1.5 号 0.205 2.72 kg 4.5  ~  6.2 Kg 5.4 Kg
0.8 号 8 lb 2.0 号 0.235 3.62 kg 5.5  ~  7.3 Kg 6.4 Kg
1.0 号 10 lb 2.5 号 0.260 4.53 kg 7.0  ~  10  Kg 8.5 Kg
1.2 号 12 lb 3.0 号 0.285 5.44 kg 8.0  ~ 11.4 Kg 9.6 Kg
1.6 号 16 lb 4.0 号 0.330 7.25 kg 9.0  ~ 13.7 Kg 11.3 Kg
2.0 号 20 lb 5.0 号 0.370 9.07 kg 13.0 ~ 18.1 Kg 15.5 Kg
2.5 号 25 lb 6.0 号 0.405 11..3 kg 15.9 ~ 20.4 Kg 18.1 Kg
3.0 号 30 lb 7.0 号 0.435 13.6 kg 20.4 ~ 22.7 Kg 21.5 Kg
4.0 号 40 lb 8.0 号 0.520 18.1 kg 27.0 ~ 29.0 Kg 28.0 Kg
フィートからメートルmへの変換 1ft(フィート) = 0.3048   オンスとポンドからのgへの変換   1oz (オンス)  = 28.35g  1lb (ポンド) = 453.6g

オモリの 号数gの比較表示 ( 計算基本は 1号=3.75g )
オモリ号数 重さ(g) オモリ号数 重さ(g) オモリ号数 重さ(g) オモリ号数 重さ(g)
2 号   7.5 g   8 号 30.0 g  18 号 68 g 60 号 225 g
3 号 11.3 g  10 号 38.0 g  20 号 75 g 70 号 263 g
4 号 15.0 g  12 号 45.0 g  25 号 94 g 80 号 300 g
5 号 18.8 g  15 号 56.0 g  30 号 113 g 90 号 338 g
6 号 22.5 g  16 号 60.0 g  40 号 150 g 100 号 375 g
7 号 26.3 g  17 号 64.0 g  50 号 188 g 120 号 450 g

7  ハンドルの交換  ( シマノの夢屋のハンドルやダイワのオプショナルパーツは高価格で、安いリールのアフターパーツで交換すると安い )
  カスタムハンドル も色々有ります  
       
 スタジオオーシャンマーク
 AC30AA 9,500~円  47g
アルミハンドル65・53mm ノブ30mm
通販 (輸入品)
ダイワ・アブ用  軽量35g  3,850
アルミハンドル 62・72mm アルミノブ 38mm
シマノ
バランスハンドル
60mm 54g  12,000円
通販 (輸入品)
アルミハンドル・ ノブ ダイワS ・ アブ用
 軽量中空ノブ 2,790円  

  ハンドル・ノブの交換、例    
       
オーシャンマーク
3037cmノブ価格 4000円程度
セルテート2508 にオーシャンマーク
のハンドル・
ノブ・スプール装着
  キャタリナベイジギング100H 
 右に改造 
  62・72mm 2穴ハンドル 35g
38mm 中空アルミノブ に交換

       
グラップラーCT150HG
右に改造 
   60・70mm 2穴ハンドル30g
33mm 中空EVAノブに交換
  オシアカルカッタ 400F 
 右に改造
60・70mm 2穴ハンドル 30g
33mm 中空EVAノブに交換

8 ロッド部分の呼び名と調子 
 ロッドの部分の呼び名
ジョイントはセンター ・ 1ハーフ ・ バット 等のジョイント方法が有ります、大物以外はセンタージョイントがお勧めで又並継ぎが穂先部分が軽くなって良い
ティップとブランクの割合は先調子・乗せ調子・胴調子等により比率が変わる 
シャクリ・シェイクを多用する、合わせ重視や脇に抱えて巻く等は、釣り方・ロッドの扱い方が違うのでリール位置の長さはそれぞれ長短の違いがある



 
9
ロッドのリヤグリップの延長加工
メーカー製の脇に抱えることの出来ないロッドを延長して釣りし易いロッド・他の釣りにも使用可能になます
リアグリップの延長はリールシート位置の長さを伸ばして脇に抱えて取り込み出来る様にすることで 「40~42cmが最適です」
リール位置の長さ
スピニング・ベイトの確認図

加工するロッド  ( スピニングタイプ )    「例」  セフィアSS メタルスッテ  S606ML-S
スピニングロッドには、リヤグリップ(330mm)が短いものが多いのでスピニングロッドの延長加工を勧めます大物を取り込みする時等は右腕1本での取り込みは腕が疲れ、又大物に先手を取られますから、グリップエンドを脇に抱えて取り込みが必須となります、又此の他のロッドの延長も可能です 
品  名 長さ 継数 自重 先径/元径 PEライン  テンヤ (g) リール位置
セフィア SS メタルスッテ S606ML-S 1.98 2  90  1.0 / 10.6 0.4~1.0  20~80 330
  セフィア SS メタルスッテ用は、一つテンヤとイカメタルを釣りする人で別々に複数のロッドを購入するのは難しいと思う釣り人の兼用ロッドしに適している、  白色のタフテックαソリッドを長めにセッティングし、掛け・乗せ調子に仕上がっていて感度も良い、延長で長さも2.07mと長い・短すぎずと脇に抱えて取り込みが出来無いのが欠点で、グリップを8cm程度延長すれば最適なロッドになります
 リアグリップの延長加工図 

延長EVAグリップは細・太径は
購入ロッドのグリップエンドの径にあわせて8.5~9Cmを18~24mmのテーパー加工する
最後に長さを8cmに調整し仕上げる

ロッドと新しいグリップに7~8mmのカーボンパイプを通して接着する
 (先にロッドに合わせてEVA側は調整する)

加工するロッド  ( スピニングタイプ )     「例」 メタリア 湾フグ M-175

品    名 全長(m) 継数(本) オモリ重さ(号)  先径-元径 自重 リール位置
メタリア 湾フグ M-175 1.75 2 5 ~15 0.6 - 10.9 85 約 330
   グリップ延長の利点
 





フグ・カワハギのロッドはリールシート位置が短く、脇に抱えることが出来ない
短いとロッドグリップエンドを肘に当てて釣りして合わせを行うが、構えが斜めになり又冬場は重ね着で合わせでグリップが肘からずれたりと釣りや合わせがし難い
  ※ 私が釣りをしていて釣り難いと感じて延長すると問題が解決しました
グリップを10Cm程度延長すると脇に抱えるとロッド方向も自在に出来て又合わせもリールを片手・両手と自由に握ることも出来る
  ( リール固定位置からのグリップエンドの長さは40~45Cmが目安です )
座っていても脇を支点に短いストロークで合わせが効き、フグの小さい当たりにも素早い合わせがし易い


ロッドのグリップの延長加工図


右図下は 実際の加工後写真
外形8mmのカーボンパイプ   20Cm 1本
延長用EVAグリップ        11Cm 1本        長めに使用、最後に10cmに仕上げる
      ※ 基のグリップと同じ外形か少し大きめを調達する、大きい場合はサンドペーパーで削り外形を揃える 
ポリエステル系の二種混合用の接着剤              接着の時隙間が出来る場合は細いポリエステル糸を巻いて調整する 
注意部分は切断面をパイプに対して直角に切る事 
            
接合した時に隙間が残らない様にするため、カットの後にはヤスリで90度に綺麗に仕上げる 



 
     
鮮魚の新鮮さの見分け方を紹介します  釣り魚の捌き方を写真を付けて詳しく
紹介此れでスグに魚が捌けます
 
 釣り魚の活つ締めと保存方法を紹介します
  2  
3 4 5
 
  釣りの分野は広い、グレ・チヌの磯釣りと他にも色々有りますが釣りに拘りを抱いている釣り人は多くいます、  釣りは「趣味の世界」で拘ればキリがないと言えますが好きな釣りに自分のライフスタイルにあったもの、他の釣り人に惑わされない自分のボリシーとスタイルの確立が大事で必要な事です、、私もあの釣り・この釣りもと釣りの分野が広がってしまいました、私の道具も増えてしまいましたその一部紹介します  



鯛のサビキの仕掛けと釣り方


1 鯛のサビキの仕掛けと釣り方 
最近の鯛釣りは鯛ラバが主流になっていますが瀬戸内海の小豆島(水の子礁周辺)や笠岡諸島(三崎沖)・芸予諸島(大島周辺)では鯛サビキでも鯛が良く釣れます
鯛サビキの仕掛け8~12mで扱いが大変で縺れ易いのが欠点です
仕掛けが長く、他の釣り人とのオマツリも多く、一船に沢山乗せて釣ることが出来なくて専用の遊魚船が少ないことです
時期は12月後半から2月後半迄が盛期となります、又水深は50m以下の海域で釣ることが多いです
ロッドは、船竿の長さ3m程度で穂先が柔らかくて、鯛のビメョウな当たりを取りやすいものを選ぶ
          2mの鯛ラバ用の柔らかいロッドであれば、此れも良いが硬いロッドはダメです
      ※  スピニングとベイトのタイプが有りますがベイトで決めてください(スローで一定の速度で巻く為)

ダイワロッド ( 船汎用のベイトロッド、(SICガイド・ソリッド穂先 )
品  名 長さ 継数 自重 先径/元径  仕舞寸法 ジグ重量(号) カーボン  価 格
Aブリッツ メバル  S-300 3.00 3 120 0.9/ 9.8 1.05 8 ~30 88.0 36,000
アナリスター 瀬戸内タイサビキ 2.70 2 140 1.2/10.9 1.40 20~60 71.0 28,500
スリルゲーム64 M-225 2.25 2 165 1.4/ 9.4 1.76 20~80 82.0 42,600
                                                 
 ⑤ リールは、スローで巻くのでベイトが良い、PE0.8~1.5号が150m以上巻けるものを好みで選択してよい   
ベイトリール
       
ソルティストISC(カウンター) ヴァデルベイジギング100SH バルケッタ 201HG(カウンター) レッドグレード100 (メタルフレーム) 

ベイトリール (巻き取りが70cm程度でパワーのあるものが良い)
品  名 ギヤー比 ドラグ(kg) 自重(g) 巻取長さ ハンドル長さ  巻糸量(PE) m ベアリング 価 格 
ジェネシー 150H-L  6.3 5.0 235 67 45 1.5-200、2-150 5/1 16,000
ベイゲーム 300 6.3 5.0 215 67 51 1.5-150、2-100 4/1  27,800
レッドグレード100  5.1 7.0 262 56 60 ・ 75 2-200 3/1  9,980
 ⑥ ラインは、PEは8本縒りの0.8~1.0号150m巻いておくのがよい
           、これにリーダーに5号を3m付けて、下記の仕掛けをセットする  
2 鯛サビキの仕掛けの見本  (仕掛けの長さやハリスの長さ号数・色・鈎の号数等色々有ります)
                
   ① 仕掛けの太さは幹糸5号・ハリス3号・ハリは一刀真鯛9号程度が一般的です
サビキは鯛の35cm前後が釣れる確立が多いので又鯛の50cmまでの大きさに対応できる
    ※ 現場で大物が釣れると判断した場合は此れより太い仕掛けに変更するのが良い 
   ② 市販品が多数有りますから幹糸・ハリス・鈎・サビキ皮の種類は船頭に相談して決めるのが良い
    ※ 仕掛けは船で準備していたり、販売もしていることが多いので釣り行き予約の時に確認するのが良い 
  種類はハリス・鈎の大きさで最低2種類とサビキの皮の種類も2~3種類は準備して行くのが良い
       
 
真鯛サビキの仕掛け    (各メーカーの仕掛けの一部を紹介)

 
3 鯛サビキのタックルの一例   
 

ゴム手袋は必需品です
   
4 鯛サビキの釣り方 
漁礁や沈み瀬の湧昇流ポイントに餌を求めて集まった真鯛群の中に小魚類やエビに似せた 「魚皮で作成した疑似餌 = 鯛サビキ」 を投入して鯛を喰わせる釣り方で真鯛の寄るポイントを把握してないと・・・
この[鯛サビキ釣り]は機能せず大きな釣果は得られない
仕掛けを底まで落として一定速度で巻き上げてくる釣り方が基本になります
   ※ 狙う棚はボトムから10m迄が基本ですが、浮いてきた時は25mくらいまでサグル必要が有ります
オマツリ防止でオモリは釣り人は同じ号数で統一して釣るのが原則です
   ※ 小豆島周辺は30~40号を使用する
A、釣り方は7~8本針の鯛サビキ仕掛けをボトムからスローに巻くと言う簡単なものですが、ハンドル1回転を10~15秒程度かけ
  て巻き続けアタリがあっても合せずに鯛をのせるという微妙な釣り方になります
B、バラシが多い時はアタリがあると少し早巻きをすると鯛が反転する場合が多く、その時に鈎掛りしやすい
   ※ 此のリール巻き方の速さで釣果に差がでてきますし、サビキの種類にもよります
  取り込みはサビキが長く手でサビキを手繰り寄せて取り込むことになりますから手元にタモは必須です
  湧昇流の発生するポイントは潮流の速い流域にあり、常時にイカナゴ・ウルメイワシ・カタクチイワシ等の他、各魚種の幼稚魚群が集まっています
このようなポイントには潮流に乗って流れて来るアミやエビ類等の甲殻類も多く、真鯛はこれらのイワシ類や甲殻類を好んで食べるので多く寄り集まって群となるので、真鯛は競い合って餌を追うので海底から離れて上層にいる小魚の群の直下の中層まで浮上していることも多いです
  潮は大潮前の中潮が喰いが良い場合が多い、時期は1~3月前半最盛期となり12中旬~4月前半迄が釣れます 
5
オモリの 号数g の比較表示 ( 計算基本は 1号=3.75g )
オモリ号数 重さ(g) オモリ号数 重さ(g) オモリ号数 重さ(g) オモリ号数 重さ(g)
2 号   7.5 g   8 号 30.0 g  18 号 68 g 60 号 225 g
3 号 11.3 g  10 号 38.0 g  20 号 75 g 70 号 263 g
4 号 15.0 g  12 号 45.0 g  25 号 94 g 80 号 300 g
5 号 18.8 g  15 号 56.0 g  30 号 113 g 90 号 338 g
6 号 22.5 g  16 号 60.0 g  40 号 150 g 100 号 375 g
7 号 26.3 g  17 号 64.0 g  50 号 188 g 120 号 450 g


瀬戸内海の一つテンヤ及びタイサビキの遊魚船
出港・料金(海域により変わる為)等細かい点は必ず問い合わせしてください、船名の所はHPにアクセス出来ます 
  瀬
  戸
  内
  海
  の

  一
  つ
  テ
  ン
  ヤ
  船
     
 遊漁船名 他にも出来る (ヒラメ)  住所 ・ 出港漁港 連絡・問合せ先  料金目安 
秀丸                広島県尾道市生口島     垂水漁港  090-8999-1035  乗り合い    9,000
オーフリー     広島県尾道市古浜町     東尾道 ベイタウン 080-1918-0029  乗り合い   10,000 
遊潮丸    広島県福山市内海町     横田港  090-7779-2473  乗り合い    9,500
海正丸        広島県尾道市向島町      新浜フェーリー乗り場 090-11802309  乗り合い    9,000
松本釣船                      (ヒラメ) 岡山県倉敷市児島      児島元浜漁港  090-9500-4381  乗り合い    8,000  
1ST ファースト              (ヒラメ) 岡山県倉敷市児島      児島大畠漁港   090-3743-2721 乗り合い    8,000  
さんさん丸               (ヒラメ) 岡山県倉敷市児島      児島大畠漁港    090-5261-0330  乗り合い    8,000 
からこと丸      岡山県倉敷市児島下の町  児島琴浦港  090-3880-3710 乗り合い    8,000
幸友丸                         (ヒラメ) 岡山県玉野市 田井             野の浜漁港 080-2882-0357  乗り合い    8,000  
釣友丸               岡山県岡山市南区海岸通り 岡山港 080-6319-3756  乗り合い    9,000 
SAE★STORY     香川県丸亀市蓬莱町     丸亀港  090-1172-7220  乗り合い    7,000  




ウマズラハギの胴付き仕掛けの釣り方 


ウマズラの胴付き仕掛けのロッドとリール 
 1  ロッドとリールの選択は
ロッドは深場(40~60m)は、オモリ ( 25~30号 ) が重たくカットウ専用かカワハギ釣りの 9 : 1~8 : 2の先調子の竿が良い
     浅場(25m以下)は、オモリ ( 12~20号 ) 湾フグ用(胴付き)のロッドでも良い
       ※ お勧めは  メタリア カットウ  HH-142 .( メタルトップで感度良く、軽くて良い )
  リールは浅・深場(20~60m)を釣る場合が多く中型ベイトが良い 又ラインはPE0.8~1号を150m巻いておく   
        ※ お勧めは 
           1 バルケッタ201HG   ( 価格はリーズナブルですが、軽くてハンドルも長く、カウンター付きです ) 
     2 クラド300J       ( リーズナブルでノブも大きくハンドル長さもマズマズです )
     3 浅場は20~30m程度は、スパルタン150H が良い  
  タックル・仕掛けは下図の通りです 
  オモリは水深により、潮の速さにより決める
   A 10~20mは 10~15号、  B 20~40mは 15~25号、 C 40~60mは 25~30号が目安です
  芸予諸島では10~12月が良く釣れます 
2
 湾フグ・カワハギ専用のロッドを使用する (ベイトタイプ)
品    名 全長(m) 継数(本) オモリ重さ(号 )  先径-元径 自重  ガイド  価 格
メタリア 湾フグ M-175 1.75 2 5 ~15 0.6 - 10.9 85 SIC 35,300
アリスターカワハギ82 M-175 1.75 2 25~30 0.9 - 10.9 95 SIC 24,000
カワハギX  M-180 1.80 2 20~35 0.9 - 9.9 95 Top-SIC 15,800
カワハギBB    M- 180 1.80 2 20~35 0.9 - 11.5 95 Top-SIC 18,500

ベイトリール
ウマズラハギは棚を釣るのでカウンター付きが良い
       
ソルティストISC (カウンター) ヴァデルベイジギング100SH バルケッタ 201HG (カウンター) オーシャングレード 300 (メタルフレーム)
 品       名 ギャー比 ドラグ(kg) 自重(g)  糸巻量(PE) m 巻取長さ ハンドル ベアリング  価 格
ソルティストISC     7.3 4.0 260 0.8-250 1.0-200 82 50 5/1 27,000
ヴァデルベイジギンク 100SH 7.1 5.0 248 1.0-250 1.5-200 75 50 6/1 18,500
バルケッタBB 201HG  7.0 4.5 220 0.8-230 1.0-200 70 51 3/1 19,000
オーシャングレード 300  5.1 7.0 304 2.0-300  3.0-200 62 75 3/1  9,200

3 タックルと仕掛け図 



仕掛けは
3~4本針を使用
針はハゲ8~10号

サシエは
ガラエビ・アサリ
オキアミボイル

ウマズラハギのタックル (例)
  ロッド  リール  ライン 
1  アリスターカワハギ M-175  ②  ソルティストISC ③ PE 0.8号150mにリーダー4号を3~4m結ぶ
2  カワハギBB  M-180  ②   バルケッタ 201HG ③ PE 1.0号150mにリーダー4号を3~4m結ぶ

  
4 釣り方 
仕掛けをフォールして最初はボトム迄沈めるが、途中からは船長指示棚まで沈める 
         ※ 喰いの良い時は中層付近まで浮いてきて釣れる場合もあり、指示棚を守るのが釣果につながる
  ラインを張り当たりを待つ、 当たりは
  1  小さくテップがチョン曲がるのが当たりです
  2  小さくティップがチョンチョン 又は ビリビリとした当たりです
  3  テップがフワッと押さえられるのも当たりです                   
         ※ 合わせはチップを30-40cm上げるロッド操作で小さく素早く合わす  
  喰い渋りの時はロッドを
  1  短く何回も棚を40cm前後を上下させ誘うる、上げた時に当たることが多い
  2  ロッドを大きくユックリと上げたり、短くのバリエーションをつけた誘いをかける
  3  ロッドをシェイクして誘う
      ※ ①~③を交えて、色んなバリエーションを工夫しウマズラの喰いを誘う
  釣り時期・仕掛け等 
    1  シーズンは  10~12月です 3  針は  ハゲ針 8~10号
      2  仕掛け  3~4本針を使用  4  サシエは  ガラエビ・アサリ・オキアミボイル等




鯛ムシの投げ釣り・流し釣りの仕掛けと釣り方


1 鯛ムシの流し釣りの仕掛けと釣り方   (芸予諸島の鯛ムシを使用した釣り方)
 
1 最近の鯛釣りは鯛ラバが主流になっていますが瀬戸内海の芸予諸島では鯛ムシでの投げ釣りで鯛が良く釣れます
2 鯛ムシは非常に高価で一回の釣り行きで10,000円以上のエサ代が必要となり、遊魚料も含めると高額な費用負担となり中々釣り行きは難しくなります 
3 芸予諸島では鯛ラバよりは、鯛ムシの流し釣りの方が確実に鯛の釣果は多くなります
ロッドは、船竿の長さ5.0~5.3m程度で、チヌ竿かグレ竿 の同調子のロッドで、鯛のビメョウな当たりを取りやすい柔らかいティップをもったものを選ぶ     

磯のチヌ竿
品       名 全長(m) 自重(g) 継数(本) 先径(mm) 元径(mm) 錘負荷(号) ハリス(号) 価 格
飛 流   1.0 5.0 5.0 157 5 0.7 22.8 13 1.02.5 22,200
   〃     1.55.3 5.3 181 5 0.7 22.8 14 1.53.0 23,800

スピニング リールは、スピニングのレバー付きのどちらでも良い、ラインはPEラインを使用する 
               ※  PE 0.8~1号が150m以上巻けるものを好みで選択してよい

プレイソ 2500LBD  フリームス 2500   

品  名 ドラグ(kg) 自重(g) 巻上(cm) ラインキャパ(PE号) m ベアリング数 価 格
ダイワ  フリームス 2500 7.0 240 71 1.0-250    1.5-200 4/1 16,300
ダイワ プレイソ 2500LBD  6.0 300 79 2.0-200  2.5-170 7/1  39,000
                                                                   
瀬戸内海の鯛ムシを使った船の流し釣り 
1. タックルは下記に・仕掛けは下図の「鯛ムシの船釣り仕掛け」を使用する
2. 瀬戸内海では特殊なタックルで釣りをしています、釣り方は船の流し釣りで、下記のようなタックルで狙う
① ロッドはチヌ竿1~1.5号を使用 
  ② リールはレバー付きスピニングにPEライン 0.8号を150m巻いておく 
  ③ 仕掛けは下図のテンビン誘導仕掛けを使用する   
  ④ サシエは鯛ムシを使用する  ( 鯛ムシのエサは高く一回の釣り行きで10,000~12,000円程度する )

鯛ムシの流し釣りのタックル

 
2  釣り方は
A 船を鯛のポイントに固定せず船を流しながら釣る  ( 底の根が荒く無く、根掛りのしないポイントの時 )
B ポイントを広くサグル時や喰いが悪いときは流し釣りして広範囲を釣るのが良い
      
  ロッドに下記の仕掛けに鯛ムシを付けて海底まで届けます
  ロッドは手持ち又はロッドホルダーにセットして当たりを待ちます、 喰い渋りの時は当たりは小さく、手持ちで待つのが良い 
  鯛の当たりは、喰いの良いときは穂先を曲げる大きな当たりが出ますが、喰い渋りのときは穂先を小さく曲げるコツコツとした当たりのみです
ロッドはこんなときのために、0.7~0.8mmの穂先で感度の良い柔らかな穂先が必要になります 
   鯛ムシの付け方は、エサが高価なので長く付けるのが良いが、ハリを隠してハリ先から5cm程付けて、喰いが悪いと少し長く付けるのが良い、場合によっては一匹掛けする場合もあります
 鯛ムシの投げ釣りの仕掛けと釣り方
1  ロッドの選択
ロッドは、船竿の長さ2~3m程度で、ブランクは喰い込みの良い 6 : 4 の同調子のロッドで、鯛のビメョウな当たりを取りやすい柔らかいティップをもったものを選ぶ
      ※  スピニングとベイト、タイプが有りますが好みで決めてください

ダイワ 船用ロッド (SICガイド・ソリッド穂先)
品  名 長さ 継数 自重 先径/元径  仕舞寸法 ジグ重量(号) カーボン 価 格
アナリスター 瀬戸内タイサビキ 2.70 2 140 1.2/10.9 1.40 20~60 71.0  28,500
スリルゲーム64 M-225 2.25 2 165 1.4/9.4 1.76 20~80 82.0 42,600

2 ベイトリールの選択   
リールは、遠投はしないので、ベイト・スピニングのどちらでも良く好みで決める、鯛ラバ用でも良く又は下記の中から選択するのもよし     
       
ジェネシー 150H-L ヴァデルベイジギング100SH ベイケ゜ーム 300 バルケッタ 201HG(カウンター付き)

品  名 ドラグ(kg) 自重(g) 巻取長さ 巻糸量(PE号-m) ハンドル長さ  ベアリング数 価 格
ジェネシー 150H-L   5.0 235 67 1.5-200 2 -150 50 5/1 16,000
ヴァデルベイジギンク 100SH  5.0  248 75  1.0-250 1.5-200  50  6/1  18,500 
ベイゲーム 300 5.0 215 67 1.5-150 2 -100 50 4/1 27,800
バルケッタ 201HG 4.5 220 70 0.8-230 1.0-200 51 3/1 19,000

ラインは、PE1.0号150m巻いておくのがよい 、これにリーダーに4号を3m付けて、下記の仕掛けをセットする  
 3 鯛ムシの投げ釣りタックル 

 4  釣り方は
A 船を鯛のポイントに錨を下ろして固定します   ( 底の根が荒く根掛りするポイントの時 )
B 船を固定せずに流し釣りする場合もあります  ( 底が根掛りしにくいポイントの時 )
     ※ 広くサグル時や喰いが悪いときは流し釣りして広範囲を釣るのが良い
  ロッドに下記の仕掛けに鯛ムシを付けて海底まで届けます
  ロッドは手持ち又はロッドホルダーにセットして当たりを待ちます、 喰い渋りの時は当たりは小さく、手持ちで待つのが良い 
  鯛の当たりは、喰いの良いときは穂先を曲げる大きな当たりが出ますが、喰い渋りのときは穂先を小さく曲げるコツコツとした当たりのみです
ロッドはこんなときのために、0.7~0.8mmの穂先で感度の良い柔らかな穂先が必要になります 
   鯛ムシの付け方は、エサが高価なので長く付けるのが良いが、ハリを隠してハリ先から3cm程付けて、喰いが悪いと少し長く付けるのが良い、場合によっては一匹掛けする場合もあります

船に竿受けを設定した写真
鯛ムシ船釣り仕掛け




アコウの泳がせ釣り・インチク使用のタックルと釣り方


アコウ釣りは魚影も少なく高級魚で中々釣れ難いと瀬戸内海でも狙って釣り行きさせる遊漁船は少ないが、芸予諸島には魚影も濃く狙って釣り行きする遊漁船はあります
生餌のアジ子・海エビを使い一本針・二本針の胴付き仕掛けの泳がせ釣りで狙うのが一般的です、生息域は水深は30~50mの岩礁地帯で生息しており釣りには根掛りは避けられず捨てオモリ仕掛けを最初から使用して釣ります
2 アコウの泳がせ釣りは魚影が薄く中々釣れ難い為、単独でも狙い釣り行き出来ますが仕掛けとエサを準備しておけば鯛ラバ・シャックリ釣りと共有できる釣りです  ( 時季にもよりますが )
アコウが釣れなければタイ狙いに変える又その逆の狙いにも変更できますから両方楽しめることも出来ます
     ※  これは釣り舟の方針にもよりますが瀬戸内の釣り船では最初から両方狙いで出船する遊漁船もあります)
 
アコウの泳がせ釣りのタックル 
1
船釣りロッド  (ステンレスフレームSICガイド)アコウ釣りにも対応出来ます
品    名 長さ 継数 自重 先径/元径 ジグ重量(号) ライン   価 格
アナリスターライトゲーム  73 H-190   1.95 2 115 0.8/10.9 40~100 - 25,700
リーディングスリルゲーム 73 MH-195 1.95 2 160 1.0/ 9.9 30~100 ~4.0 42,600

2
 鯛ラバ・ベイト用ロッド  (ステンレスガイドSICリング)
品   名 長さ 継数  実寸・先径/元径 (mm) jig (g) PEライン 価 格
クロスステージ CRJ-B66TR 1.98 1.5 / 8.5 max 120 0.6~1.2 12,500
   
鯛ラバロッド (オールSICガイド・ソリッド穂先 )
品     名 長さ 継数 自重 先径/元径 ジグ重量(g) PEライン カーボン 価 格
紅牙 69XHB-S 2.06 2 150 0.8/10.9 60~150 0.6~1. 58.0 22,700

3  
 ベイトリール
品   名 ギヤー比  ドラグ(kg) 自重(g) 巻上(cm) ラインキャパ(PE号) m ベアリング数 価 格
ジェネシー 150H-L   6.3 5.0 235 67  1.5-200、2-150 5/1 16,000
プレイゾン 100H  6.3 5.0 225 67  1.5-200、2-150 5/1 19,400

スピニングリール
品   名 ギヤー比 ドラグ(kg) 自重(g) 巻上(cm) ラインキャパ(PE号) m ベアリング数 価 格
 フリームス2500 4.8 7.0 240 71 1.0-250    1.5-200 4/1 16,300
 
4 アコウの泳がせ釣りの仕掛け (仕掛け図のリールは上記のスピニング・ベイトリールでも良い)

①    アコウの泳がせ釣りは生餌にアジ子・海エビを使用することが多い
 
ベイトタックル
 
 

仕掛けの色々 (長さ ・ 間隔 ・ ハリ ・ オモリはポイント ・ 潮で組み合わせを変える)
組み合わせ  幹糸 ハリス ハリ オモリ
 2本ハリ仕掛け 5号 ・・・ 間隔 60Cm 3号 ・・・ 間隔 50Cm 丸セイゴ 12号 20号
6号 ・・・ 間隔 90Cm 4号 ・・・ 間隔 70Cm 丸セイゴネムリ 13号 30号

ハリの種類 丸セイゴ 12~13号 丸セイゴネムリ12~ 13号 強靭アコウ鈎白 11~12号  チヌ針 6~7号

アコウの胴付き仕掛け 

5 アコウの泳がせ釣りの釣り方 
生き餌のアジ子は遊漁船で事前に注文して準備してもらう、釣りの途中で釣って確保する、二種類の方法がある
  ※ 釣り行き前にアジのサビキ仕掛けは必ず準備しておく事を進めます
    海エビも遊漁船では予約すれば準備してくれる(有料) 
オモリの号数は潮の速さや水深により決める、ボトムの取れる号数にする (船に聞けば事前にわかる)
仕掛けを底に入れて当たりを待つ、 根がキツイ場合は仕掛けの底を少し切り根掛りしないようにして待つ
  ※ 当たりが無い時は時々仕掛けを上げ下げしてアジ子に刺激与えて活発化させる誘いをかける
当たりは穂先を曲げこむ当たりが多いが喰いが渋い時にはビメョウな当たりがあり、食い込みの悪い時には仕掛けを送りこむと穂先が曲がる当たりが 出ることが多い
アコウのインチク・ジグ使用の釣り方  
1 鯛ラバ・ベイト用ロッド  (ステンレスガイドSICリング)
鯛ラバ用でも少し固めのロッドが向いてたいます又ライトジギング用でも良い
品   名 長さ 継数  jig (g) PEライン   価 格
クロスステージ  CRJ-B63TR 1.89 2 max 120 0.6~1.2 11,000
  〃       CRJ-B64LJ 1.95 2 60~150 0.6~1.5 12,500

ダイワ船竿スリルゲーム  (アコウラバに転用) 
品    名 長さ 継数 自重 先径/元径 ジグ重量(号) カーボン   価 格
リーディング スリルゲーム73MH-195 1.95 2 160 1.0/9.9 30~200  82.0 42,600

アコウ釣り用のベイトリール
品   名  ギヤー比 自重(g) ドラグ(kg) 巻糸量(PE) ベアリング 巻取長さ  価 格
カルカッタ 400F 5.7 285 5.0 1.0-270 2 -200 5/1 66 38,900
キャタリナベイジギング 100H  6.3 280 7.0 1.0-300 15-250 6/1 71 34,000
オシアカルカッタ201HG   6.7 285 5.0 1.0-440 1.5-290 5/1 78 40,100

アコウのジグ・鯛ラバのタックルの参考例

   ロッド  リール  ライン・リーダー
1 スリルゲーム73 MH-195   カルカッタ 400F  PE 1.0号150mにリーダー4.0号を3~4m

 アコウラバのタックル図
アコウラバの専用ジグのインチク   
炎月レッドスポッター  (40~70g)      ビッグマウス (30~100g) 代用 
 
このジグは止めて落とし始めると最初は水平に落ちるが、5m以降は垂直に落ちるのでアコラバに有効です
 ボトムから2~3m巻いて落とす時に水平に落ちるので、目立ち・アピール出来て又水平なので魚のシュルエットに映り特に有効です
鯛ラバ

アコウラバの釣り方   
1 鯛玉は 鉛のオレンジ・赤系が良い
    ネクタイは 赤系のカーリーやドラゴンの太くて目立つものが良い 
2 ジグは  ライトジギング用の40~70gの小さめの水平ジグが有効です 
3 インチク 炎月レッドスポッターのジグヘッドは金・緑横島が、赤・緑ネクタイが良い
  BIGマウスはキャスティングや落とし込みも可能な専用ジグです 
4 釣り方  アコウはボトム付近の岩・藻の影に潜んで居る事が多く 
  ①  鯛玉がボトムに届く時に一番アピール出来きて、当たりが一番多い 
  ②  ユックリのただ巻きが良い
  ③  喰いが渋い時は、ボトム付近でシャクリを入れたり、ボトムと2m上の間を集中して攻めるのも良い
  ④  ボトムは根掛りが多いので、ジグがボトムに着底すると瞬時に一巻きしてボトムを切ると根掛りし難い 




 アジのカゴ釣り・メバルのサビキの釣り方

1 ロッドとリールは  


 
ライトアジに飛流はズーム機能があり長さが変更出来るので使い勝手が良い

 小継飛龍VJ HARD 1号-3.0~3.6Mズーム (21,200)  小継飛竜VJ HARD 3号-3.3~3.9Mズーム  (24,800)  
メバルやキス・グチ釣り等15号オモリまでは
可能でサビキ仕掛け等の多用途に使用しています 
アジ・サバ等のカゴ釣り専用に使用しています
長さも有りサビキの長い仕掛けも可、又35号のオモリも使用可能です
 

品   名 (ス゜ーム) 標準
全長(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準
自重(g)
先径
(m/m)
元径
(m/m)
錘負荷
(号)
適合ハリス
ナイロン(号)
カーボン
含有率(%)
マルチ
レングス
飛竜VJ HARD 1号-36M 3.60 5 81 125 0.7 21.0 1~5 0.8~2 98 36→30
飛竜VJ HARD 3号-39M 3.90 6 75 165 1.1 21.3 10~20 2~6 97 39→33

専用竿
品   名 全長(m) 継数  自重(g) 先径 元径 錘負荷(号) カーボン  価 格
リーディングメバル S-300 3.00 2 105 0.9 9.8 10~40 96 48,800
早舟 ビシアジ M-190 1.90 2 210 1.4 17.4 80~150 45 オープン 

 

電動リール ベイトリール
     
シーボーグ150J  フォーマスター400 キャタリナベイジギング200SH バルケッタ 201HG スパルタン150H

品   名 ギャー比 自重(g) ドラグ(Kg) PE(号)-m ベアリング 最大巻上げ 巻き上げ速度  価 格 
シーボーグ150J 4.8 460 5.0 1.5-300、2-200 11/1 35kg 190 分/m 73,000
フォーマスター400  5.1 385 5.0 2-200、3-140 8/2/1  49Kg 71,400

品   名 ギャー比 自重(g) 巻き上げ ドラグ(Kg) PE(号)-m ベアリング ハンドル長さ   価 格
キャタリナベイジギング200SH 7.4 295 81 7.0 1.5-300 2-250 6/1 75-85 34,000
スパルタン150H 6.3 215 71 5.0 1.5-200 2-150 7/1 50  28,500
ベイゲーム 301 6.3 215 75 4.5 1.5-200 2-150 3/1 51 27,800
バルケッタ 201HG カウンター 7.0 220 70 4.5  0.8-230 1-200 3/1  51 19,000

スピニングリール (ライトアジ用)
品   名 自重(g) ドラグ(kg) 巻上(cm) ラインキャパ(PE号) m ベアリング  価 格
カルディア 2500 225 7.0 71 1.0-280   1.5-200 6/1 25,500
フリームス 2500  240 7.0 71 1.0-280   1.5-200 4/1 16,300

2 仕掛けと釣り方 


ライトアジのサビキ
  (水深30m前後釣る場合)
  ①右図の仕掛けをしよう
  ②マキエはアミを使用


深場の大アジ狙いは
  (水深40~80mを釣る)
① タックル右図より太目使用
② ロッドはオモリ80~100号
③ リールは電動を使用
④ ラインはPE 2.0~3号
⑤ マキエはアミを使用
ライトアジのカゴ釣り仕掛け


アジのカゴ釣りの釣り方
1 アジ釣りも回遊漁であり、釣り場所とポイント選びが一番釣果に影響します
2 カゴは上カゴ・下カゴとありますが、上カゴの方が撒き餌がサビキに被さるのでベターです
3 仕掛けのオモリは水深や潮の流れの速さで仕掛けが極端に斜めにならない重さにする
船内で仕掛けのオマツリにならない様に統一して決めて釣る場合もある 
4 釣り方はアジの遊泳のタナを船頭から聞きそのタナに合わせて釣る
タナが決まると、カゴの撒き餌を少しづつ放出するシャクリを交えながら釣る
当たりが無いと仕掛けを上げて撒き餌を補充して又仕掛けを投入して釣る、此れの繰り返しです 
5 瀬戸内海の大アジは深場のボトム周辺で釣れる事が多いのでボトム狙いで釣る
潮流も速い場合が多く、小潮や潮止まり前後が狙い目です 

 メバルのサビキ仕掛け




昼釣りは

此のままで良い

夜釣りは

穂先とサルカンの部分に
ケミボタルを付ける

仕掛けの穂先への巻き込みが防げる 
メバルのサビキ釣りの釣り方
仕掛けのオモリは水深や潮の流れの速さで底の取れる最低減で出来るだけ軽いものにする
釣り方はユックリと上下にサビキ仕掛けを動かして誘いをかけて釣る 
此の釣りのポイントはサビキ仕掛けの選択が一番です
実績のあるもの、船頭や釣り仲間より情報を事前に仕入れて準備することです 
仕掛けを上下に動かす、誘い方に工夫して早くその日のパターンを把握することです 

メバルのエサ釣りは

サシエは時期・昼・夜等と
     場所により選択する

 ① シラサエビ・ブツエビ
 ② イカナゴ
 ③ アオイヒメ
 ④ オキアミ

メバルのエサ仕掛け

メバルのエサ仕掛けの釣り方 エサは夜はアオムシ、昼はエビ・イカナゴ等を使用する
仕掛けのオモリは水深や潮の流れの速さで底の取れる最低減で出来るだけ軽いものにする
釣り方は底を取り当たりを待つ
当たりが無い場合は、ユックリと上下に仕掛けを動かして誘いをかけて釣る
エダスの長さは喰いが良い時は短め、悪い時は長めにすると良い
メバルの場合は釣り場所・ポイント選びが一番釣果に影響します

オモリの 号数g の比較表示 ( 計算基本は 1号=3.75g ) 

オモリ号数 重さ(g) オモリ号数 重さ(g) オモリ号数 重さ(g) オモリ号数 重さ(g)
2 号   7.5 g   8 号 30.0 g  18 号 68 g 60 号 225 g
3 号 11.3 g  10 号 38.0 g  20 号 75 g 70 号 263 g
4 号 15.0 g  12 号 45.0 g  25 号 94 g 80 号 300 g
5 号 18.8 g  15 号 56.0 g  30 号 113 g 90 号 338 g
6 号 22.5 g  16 号 60.0 g  40 号 150 g 100 号 375 g
7 号 26.3 g  17 号 64.0 g  50 号 188 g 120 号 450 g

 




 キス・ギザミ・カレイ・イイダコ・真タコの釣り方


1 キス・カサゴ・カレイ等のボートからの投げ釣りにシーバス・エギングの竿を代用して使用しています
           使用感はすこぶる良いです、専用竿でなくても十分代用可能ですね

キス竿 キス・ギザミ・カサゴ・イイダコ用として使用

品   名 全長(m) 継数(本) 自重(g) 先径/元径(mm) オモリ(号) クカーボン (%)  価 格
キス BB S180 1.80 2 89 1.0/7.8 8~25 73.0 15,500
キス-X S180 1.80 2 86 0.9/ 8.1 5~.20 75.0 13,400

タチウオ用の竿の転用 : カレイ・アイナメ・グチ用として使用(ステンレスガイドSICリング)
品  名 長さ 継数 jigウエィト (g) PEライン 価 格 
クロスステージスピニング CRJ-S64SLJ  1.92  2 40~ 120 0.6~1.2 12,500 

スピニングリール
品   名 自重(g) ドラグ(kg) 巻上(cm) 巻糸量 (PE号) ベアリング  価 格
カルディア 2500 225 7.0 71 1.0-280m   1.5-200m 6/1 25,500
フリームス 2500  240 7.0 71 1.0-280m   1.5-200m 4/1 16,300

ベイトリール
品   名 ギヤー比 ドラグ(kg) 自重(g) 巻取長さ 巻糸量 (PE) m ベアリング  価 格 
ヴァデルベイジギンク 100SH 7.1 5.0 248 75 1.0-250、1.5-200 6/1 18,500
スパルタン150H 6.3 5.0 215 71 1.5-200、2 -150 7/1 28,500
ベイゲーム 301 6.3 4.5 215 75 1.5-150、2 -100 3/1 28,700

キス・ギザミの仕掛け ロッドはオモリの重さで変える

   
ロツドは転用で記載しているので専用のロッド又は代用の
きく ロツドが あればそれを使用しても問題は無い
パイプ ・ 片 ・ 半遊動 テンビン

 キステンビン2本仕掛け (棒オモリ)


キス・ギザミの投げ釣りの釣り方 エサはキスはスナムシが特に良い、ギザミ等は青ムシが良い
テンビンは半誘導仕掛けが喰い込みが良い、喰いが渋い時もあり此の仕掛けを進めます
ロツドはキス専用ロツドもありますが穂先の細く柔らかいメバルロッド等を使用すると喰い込みが良い
半誘導の仕掛けと細い穂先の併用で喰い渋りの時も良く喰い込み釣れます 
釣り方は船から真下に落としての待ちの釣りと遠投してリールを撒いての引き釣りの二種類の釣り方があります
基本は真下に落として釣り、釣れないと遠投して広くサグル釣り方が良い 
2 イイダコ・マダコの仕掛けと釣り方   ( イイダコは白色に反応することが多いのでテンヤは白色は必須です )
         
イイダコテンヤ
(船釣り用) 
イイやん
(船・岸からの投げ釣り可) 
  イイダコ(投げ釣り用)
 引き釣り向き
 イイダコテンヤ
(船釣り用) 引き釣り向き
六分ー25g 七分ー40g 八分ー50g オモリなしー 60m オモリー23g     タコ掛船型ミニミニ 6号(38g)  ミニ10号(38g)、18号(60g)
イイダコの釣り方 上記のエギ・バス用等ののロッドを代用してリールもPE0.8~1号を巻いたスピニングを使用する
①   底に付けて竿で上下に誘う、50cm位上げて落とす、音と濁りでイイダコがエサがあると寄ってくる 
②   喰いの渋い時は引き釣りが良い、そのときは根掛りの少ない引き釣り向きのテンヤを使う 
③   釣り方は単純で誰にでも釣れる、釣れている時季と場所選びがポイントです 
④   取り込みの時のイイダコの墨の吹きかけに注意する、取り込みの時海面で一回墨を吐かせて取り込む 

イイダコの釣れる場所
海底は砂泥地でゴロタ石があり二枚貝の住む場所良い産卵期は9~11月で此の時季が岸や波止近くに産卵しに来るので一番良い
タックルはエギング・バスのスビニングロッドの2m位にPE0.8~1号、リーダーは1.7~2号を付けテンヤは「イイダコテンヤ」で扇状にサグルと良い

蛸ラバ アピール度高く喰い渋りに良い   真タコ(船釣り用) 真タコ(船釣り用) 引き釣り向き 真タコ(船釣り用)  
     
真ダコの投げ釣りの釣り方
投げ釣りはロッドは青物のジギングのショートロッドを使用し、リールはPE3号巻いたジギングのスピニングリールを使用する ( ロツドでタコを直接船内に取り込めるタックルで )
海底の底にゴロタ石の点在する場所を選び (根掛りは覚悟するポイントが良い)
此の仕掛けは地磯・波止等でも応用できるが、ロツドは長いものが良い
タコテンヤを遠投して引き釣りする 
当たりは重くなるので、この時大きく竿をシャクリ、針掛りを確実にしてラインに同じテンションを掛けて巻く
此れがポインで緩めるとタコが逃げるので注意が必要で、取り込みはロツドの弾力で一気に船内に取り込む 
真ダコの船釣りの釣り方
①  タコテンヤにサバ・イワシ等を糸でしっかり結び、餌落ちやタコに取られないようにする
②  海底にゴロタ石の点在する場所を選び (根掛りは覚悟するポイントが良い)
③  タコテンヤを底まで落として船が潮で流されるのでそのまま糸を張り引き釣りする 
④  当たりは重くなるので、この時大きくシャクリ、針掛りを確実にしてラインに同じテンションを掛けて手繰る
此れがポイントで緩めるとタコが逃げるので注意が必要です 
⑤  取り込みはタモを使用するか、一気に船に引き上げるの方法がありますが・・・
タモを使用する時はすくってもらうのが良い、自分でやるとテンションが緩みバラスことが多い 

 イイダコの仕掛け


真タコ釣り仕掛け



  ① タコテンヤには魚の切り身を付けると喰いが良い
② 底をズル引きして釣る
③ 喰いの悪い時は道糸を引きテンヤを躍らせて誘いをかけて釣る 
3 リール ・ クーラー ・ タックルバック 
ロッド・クーラー・スピニング・ベイトリール・タックルバック等はジギング・鯛ラバ用等を兼用する 
     
 タックルバック、35L、40L  タックルバック25L  ヴァデルベイジギング100SH フリームス 2500

RX GU X  (1800X~2600X)   伸和 ホリデーランド 48L ライトトランク IV (GU 2000~3000RJ )
 
4 許可が要らないボート、近場のキス・ギザミ・ウマヅラ・アオリイカ・イイダコ・タコ等の釣りをするときに・・・ 
船舶小型二級免許資格がいる、四人乗り用のレジャーボートは購入価格と維持費が多く必要です            

   レジャー用ボート (4人乗り位が良いが購入費用・維持費が沢山かかり自分で持つのは大変です・・・)
出来れば友人が持っていれば最高です、又居ない方は遊漁船を利用するのがベストです

ジョイント式の二人乗りFPRボート  ヤマハ2馬力
混合ガソリンエンジン 
船の各部の名称 
5 レジャーボートに乗せてもらう時のロープの結び方

同乗させてもらう時もこの程度のロープワークは知っている必要があります  
 二重テグス結び
 
つぎ結び (太いロープと細いロープの繋ぎに良い) 
 
Wつぎ結び 
 
 かめ結び (係留する時) もやい結び (係留する時)
   
  簡単結び ( 端を引くと簡単に解ける ・一時的な力のあまりかからない時に良い )
 
巻き結び   ふた結び
 




船のシーバス 釣りのタックルと釣り方


1 シーバスのロッド ・ ベスト ・ ミノープラグ 
2  ロッド
          ①  長さは7~8フィート程度が扱い易い長さです
          ②  陸からの場合は10フィートの長さが良い
  シーバス河口用ロッド (ステンレスガイドSICリング)
品   名 全長(m) 継数(本) ルアー重さ (g ) 適合ライン     (PE号) 価 格
クロステージ CRC-70L 2.10 2 10~45 1.0~2.0 12,700
クロステージ CRK-902ML 2.70 2  8~20 1.0~2.5 13,000
3 リール
    ①  ドラグは5Kg以上のものが良い
    ②  ラインはPE1~1.2号が150m巻けるものが良い、又ナイロンは5号200m巻けるもの  
   
 カルディア2500 フリームス 2500
 
品   名 ギヤー比  重さ g ドラグ(kg) 巻上(cm) ラインキャパ  (PE・ナイロン) m ベアリング 価 格
カルディア 2500   4.9 225  7.0 71 1.5-200 ・  8-200 6/1  25,500
フリームス 2500  4.8 240  7.0 71 1.5-200 ・ 8-200 4/1  16,300


ボートからのシーバスのタックル図

水面下の上層を釣る場合


  水面下の下・中層を釣る場合

中層はバイブレーション
下層はメタルジグ 
 
シーバス用ベスト  ミノー・バイブ バイブ・メタルジグ
シーバス用のリール ・ ミノープラグ ・ ギャグ 
 
     
ミノー入れケースとミノー  ミノー入れバッグ    シーバスギャグ
5
シーバスの釣り方
①  釣り方はまずは上層をミノーで狙う
  リトリーブは
    A  ミノーの棒引きで巻く            B  釣れないとシェイク又はトィッチしながら巻く
②  次に中層をバイブレーションで狙う
  リトリーブはジャークで
    A  バイブレーションのただ巻きで狙う    B  釣れないとジャークはロング・ショート・スロー等を交えながら巻く
③  次に下・中層をメタルジグで狙う
  リトリーブはジャークで
    A  メタルジグのただ巻きで狙う        B  釣れないとジャークはロング・ショート・スロー等を交えながら巻く
④  狙いのポイントは防波堤の際、停泊中の船の際、桟橋の柱の陰、常夜灯の付近、排水口の付近等です
又橋脚の廻りや構造物がある付近等です




青物 ( ブリ・ハマチ ) 泳がせ釣りのタックルと釣り方
1 青物の泳がせ釣り用のリール  ( 電動リール及びスピニングとベイトリール ) 

電動リールは楽ですが価格が高いのが難点です

         
    レオブリッツ 150J   レオブリッツ300J  フォーマスター400  

   
 キャタリナ 20H イッツ ICV ソーラー250 キャタリナ 4000  ブラスト   3520PE
 
電動リール
品   名   ギャー比 自重(g Max ドラグ PE糸巻量 m ベアリング 価 格
レオブリッツ 150J 4.8 455 7.0 2-200、3-150 10/1 64,000
レオブリッツ300J 4.4 545 10.0 3-400、4-300 13/1 65,000
フォーマスター400  5.1 385 5.0 2-200、3-140 8/2/1  71,400
150軽量・コンパクトでライトタックルのタチウオ・アジ等のカゴ釣り等に向いています
270
MMは、ドラグ力もありジギングの青物や深場のカゴ釣りや重い仕掛けの釣りに使用する 

ベイトリール
品   名 ギャー比 自重(g Max ドラグ 巻上長さ PE糸巻量 m ベアリング(数) 価 格
キャタリナ  20H 6.1 470 7.0 89 3-300、4-230 4 /1 43,000
イッツ ICV ソーラー300 5.1 430 6.0 66 3-350、4-300 3 /1 24,400

スピニングリール
品   名 ギャー比 自重(g Max ドラグ 巻上長さ PE糸巻量 m ベアリング(数) 価 格
キャタリナ 4000  4.9 430 10.0 87 3.0-300、4.0-220 9 /1 56,000
ブラスト     3520PE 4.9 420 7.0 83 1.5-250、2.0-200 6 /1 30,800
ヴァデル   4000 4.9 415 8.0 87 1.5-250、2.0-200 4 /1 20,500

2 青物の泳がせ釣り用のロッド 
 
ダイワ  キヤタリナ    (スピニングモデル)
品   名 長さ 継数 重さ  jigウエィト (g) PEライン  価 格
ダイワ キヤタリナ JIGGING 61S-2/3・N 1.85 1 205 30~120 ~ 3.0 31,000
    〃 JIGGING 57S-3/4・N 1.70 1 260 60~150 ~ 4.0 31,000


メジャークラフト ・
ライトモデル     (ステンレスSICガイド)
品  名 長さ 継数 jigウエィト (g) PEライン 価 格
クロスステージ CRJ-B60/5 1.80 1 100~180 2.0~4.0 13,800
    〃 CRJ-S60/5 1.80 1 100~180 2.0~4.0 13,800
ジャイアントリキング   GKJ-S58/4 1.74 1 80~150 1.5~3.0 18,500
     〃  GKJ-B60/4  1.80 1 80~150 1.5~3.0 18,500

3 泳がせ釣り用の小物類及びノット 
  
 
泳がせ用のサルカン 右図で交互に編込む
上記のハーフヒッチの結び 
リーダーのサルカンとの結びの補強
サルカンの金属部分が細くリーダーが切れ
易くナイロンチューブを入れて強度を上げる
 
4  FGノット    ( ジギングのリーダーとPEの結び方 )
                                結びを作らず、編み込みの摩擦抵抗でリーダーとPEを止めて強度を持たす結びです 
 
5 ライン強力の比較表           ( ポンドとナイロン号数比較にはメーカーにより違いが有ります ) 
ポンド(lb) PE号数 キログラム(kg) ナイロン 直径m/m
20 lb 2.0 号 9.07 kg 5.0 号 0.370
25 lb 2.5 号 11.34 kg 6.0 号 0.405
30 lb 3.0 号 13.61 kg 7.0 号 0.435
40 lb 4.0 号 18.14 kg 10 号 0.520
ポンド(lb) PE号数 キログラム(kg) ナイロン 直径m/m
45 lb 4.5 号 20.41 kg 12 号 0.570
50 lb 5.0 号 22.68 kg 14 号 0.620
60 lb 6.0 号 27.22 kg 18 号 0.700
70 lb 7.0 号 31.75 kg 20 号 0.740
6 青物の、アジ子の泳がせ釣りの仕掛け 

泳がせ釣りは待ちの釣りでリールはベイトが向いています
        ※ 引きが強く、取り込み時に疲れない方法は電動リールを使用すると良い

  ロッド  リール  ライン 
1  キヤタリナ JIGGING61S-2/3・N ②  キャタリナ  4000  ③ PE 3.0号150mにリーダー1214号を34m結ぶ
2  ジャイアントリキング GKJ-B60/4 ②  キャタリナ 20H  ③ PE 3.0号150mにリーダー1416号を3~4m結ぶ
3 ① クロスステージ CRJ-B60/5 ②  レオブリッツ300J ③ PE 4.0号150mにリーダー1820号を3~4m結ぶ

泳がせのベイトのタックル図
         
活きアジ子は鼻掛け又は背掛けにする
オモリは釣り場所や潮の速さで底取りの出来る重さにする 
生餌の活かしバッカンは25cmサイズ以上を使用する 
鈎は鯛針・ ヒラマサ針でも良いが活き餌のアジ子の大きさで死なない程度の大きさのハリを使用する
  ※ 目安はハマチ釣り用(アジ子 - 小)・・・真鯛王10~12号、 ブリ釣り用(アジ子 - 大)・・・ヒラマサブリ王11~13号程度です


生餌バケツ
透明上蓋付きエヤーポンプ入れ付き
7 釣り方 
生き餌のアジ子は遊漁船で事前に注文して準備してもらう、釣りの途中で釣って確保する、二種類の方法がある
  ※ 釣り行き前にアジのサビキ仕掛けは必ず準備しておく事を進めます
オモリの号数は潮の速さや水深により決める、ボトムの取れる号数にする (船に聞けば事前にわかる)
仕掛けを底に入れて当たりを待つ、 根がキツイ場合は仕掛けの底を少し切り根掛りしないようにして待つ
  ※ 当たりが無い時は時々仕掛けを上げ下げしてアジ子に刺激与えて活発化させる誘いをかける
A 当たりは大体穂先を曲げこむ当たりが多い
B 喰いが渋い時に、ビメョウな当たりや食い込みの悪い時には仕掛けを送りこむとガツンと当たりが 出る
オモリの号数は事前に船長に聞いて沢山準備しておく
     シモリなどの根掛りの多いポイントを釣る場合が多く、オモリのロストが多く有り準備は怠り無くする  ) 
8 クーラー とタックルバックと小物 

   
竿尻当てベルト   専用グローブ・ニッパー・サングラス フィッシュグリップ ・ ナイフ  タックルバック、35L、40L

   
 伸和 ホリディランド
大型クーラー
 80L 
 伸和 ホリディランド
中型クーラー 48L
ライトトランク IV
中・小型クーラー 20~30L