グレ釣りのタナの考え方と見分け方    




グレ釣りでグレを釣る為にはグレが生息し餌を喰うタナの考え方と見分け方は、尾長・口太でどう違うのか又水温や風波に潮の満ち潮引き潮でどう変わるのか、どの様にして探り把握して決めるのかを紹介します

昨今はグレも掏れて来てマキエにつられて浮いて集まって来て狂ったようにマキエを拾う光景は見られなくなって来たので、グレ釣りにタナ取りの重要性が一段と増してきたと考えます
何故、グレのタナが重要かはグレは居食い傾向が強くなって来ているのでタナより上下にあるサシエはほとんど喰わないからです



タナ の 尾長と口太 の 違いについて
 尾長グレ
1 喰い上げの反転喰いする傾向が強く上下範囲も広く活動するし確認し難い
    ( 最近は尾長も反転喰いをしなくなり、一定のタナを遊泳して居喰いする傾向がみられる )
2 尾長は口太よりも潮に反応しやすい習性が見られる
3 タナ取りも口太グレより多少ラフでも良い
 2 口太グレ 
1 マキエに集まりやすく確認もし易い傾向がある
2 タナ取りは尾長より口太の方が難しく、又シビヤ-に変更する必要がある
3 最近は喰い渋りが当たり前になり、20cm単位のタナ取りが重要です
 3 釣り方は 
 尾長
@ 潮の動きが重要で釣るポイントを選ぶ、当たり潮の磯が特に良く、又磯際は深く垂直やエグレになっている磯が特に良い
A 最近の四国の尾長は本流では釣れなくなり、当たり潮の磯や磯際の2〜3ヒロ程度の浅いタナで釣れることが多くなって来ています
B 口太グレ狙いの時、急に良型尾長が当たり糸を切られるケースが増えています
 C 尾長狙いなら1日タックルを尾長の取れるものにして釣る必要があります 
 D 尾長の当たりはウキを一機に持っていく当たりや居喰いのウキがモゾとする小さな当たりで当たりとは判らないケースもあり吸い込んでスグに吐き出す喰い方が多くなっています 
 E 尾長は磯際を縦に釣る、固定の小粒当たりウキ使用・小粒ウキの沈め釣り・スルスル小粒ウキの沈め釣りで小さな当たりを取る釣り方が良い 
 F 磯際沖も小さな当たりを取れる(吸い込んだ瞬間に合わす事が出来る仕掛け)仕掛けで釣る必要がある 
 G  尾長は飲み込まれると殆んどチモト切れでバラス事が多い、専用針や合わせに注意して釣る必要があります
口太 
@ 潮の動きも重要ですがマキエ効果と仕掛けのタナ取りを重点にする
A 口太も磯際やシモリ際で釣れる事が多く、沖では数釣りはあまり出来なくなっている
B 定番の潮目やサラシ際も狙い目ですが潮の動きでポイントがスグに変わるので釣りながら釣れなくなると新たなポイント・タナを探して釣る必要があります
 C 口太も居心地の良い水塊で居喰いするので当たりが小さくなって来ています、この場合誘いを掛けたり道糸で聞いたりして穂先に載せて合わす必要があります
 D 口太は居心地の良い水塊で群れてマキエを居食いするケースが多くなり此れを見つけることが数釣り出来る事に繋がります、又水塊は潮で水温が変化しますから潮の動きで狙うポイントを変更して釣ることが大事です
 E 最近の口太のスルスル釣りでは道糸を張ったり、引き戻したりとサシエの先行と誘いを重視した釣り方が良い
 F F喰い渋りのグレを釣るには抵抗感無く飲み込ませる軽く細い・抵抗の少ない仕掛けが必須となって来ています
 4 水塊の補足
意味は水の固まりですが・・・

グレ釣りで言う水塊はグレのエラ呼吸に良い適水温・塩分濃度・酸素含有量とエサのある場所・集まり易い場所・適度の潮流の流れ等グレの居心地の良い以上の要素が多く集まった場所です

水塊は潮流の境目・サラシの沖、横潮との境目・大きなサラシの横・水温・上層、中層、下層の潮の流れの速さの違い等で水の固まりが磯近辺の潮の流れの変化で区分されていると考えています
此れが水塊ですが水塊によりビメョウに水温・塩分濃度・酸素含有量が違うのです、潮の流れにより変化する水塊をグレは敏感に感じ取り、好みの水塊を移動しながら捕食しています

水塊にグレが集まっている、此れがグレのタナにもなりますから、此れを見つければグレは釣れます
又水塊は潮の流れにより刻々と変化していますから、タナが浅くなったり深くなったり、ポイントも変ますこの変化を見極めて釣ることが出来ればグレの数釣りは可能です 

  マキエ と タナ について 
ボイルオキアミ 
1 ボイルは軽く浅タナになる傾向が強い
2 量は多いと深いタナになり、少ないと浅いタナになる傾向が強い
3 本流に撒くとポイントも沖になり遠くなるしタナも浅くなる (近くの深いタナには効かない)
4 足下の引かれ潮や大きなサラシの巻き込み潮に撒くと深くなる傾向が強い
 2 生オキアミ と 配合剤 
1 生オキアミは重く深いタナになる
2 軽い配合材で調整して浅いタナになる様にする
3 配合材の調合である程度、タナの調節は可能です
3 オキアミ の  沈み方 

 @ 
解凍のままのオキアミ       潮に流れに乗り横に広がりながらゆっくり沈む(広がりが大きい)

 A 砕いたオキアミ           沈み方にバラツキが出来て縦方向に沈む度合が多く沈下速度も速 い

 B 配合材を含む砕いたオキアミ  縦方向に広がりながら沈む(スロ−プ状になる)

 C オキアミの沈下速度        20〜40秒間で約1メ-トル沈む(解凍のままのオキアミの状態で)

グレ釣り の タックル の タナ について 
1 グレ釣りのタナはグレが現時点で泳いで捕食している水深です 
2 タックルのウキ下がタナではありません
ハリに付けたオキアミが漂っている場所(海面からの深さ)がタナになります 
3 右図のようにウキ下の長さは2ヒロですがタナは1.5ヒロになります 
4 最近の寒グレは居喰いや喰い渋り等でサシエに違和感を持つとすぐに吐き出します、このことからも「タナ」の重要性とハリスの角度が重要ですし20cm単位のタナの変更と違和感無く飲み込ませる仕掛けが重視され、釣果にも影響します
5 ハリスは縦になっていると、ガンダマやウキの抵抗があり、波による上下運動でさらに増幅されて、グレは違和感を感じ吐き出す傾向があります
道糸を張って右図の様に、ハリスが斜めになって居れば、波による上下の運動のウキ・ガンダマへの抵抗も無くなります、グレは違和感無く喰い込みます
道糸を張っているのでウキにすぐに反応が出るので、飲み込んだ瞬間に合わす事が可能になります

固定にしていて、喰い込みが悪い場合やウキに反応が無い場合があるのでスルスルにして、蛍光色のウキ止ゴムや小粒当りウキを付け、沈めて水中でウキ止め・小粒当りウキの動き見て合わせする必要があります、それほどスレていたり、喰い渋りのグレは、繊細な合わせで無いと釣れなくなって来ています
6 スルスル釣りの仕掛けの流し方とマキエとの同調図 (ウキ下とタナの深さの違い)

  グレ の タナは どの様に 判断するか 

1 海面下の状況 判断で・・・   
@ 海面下のグレを見て判断する
A エサ取りの活性に似ている場合が多く浮いていれば浅く、見えなければ深くする
B マキエワ−クでグレのタナは変わる
   A. 本流に撒くと沖で浅くなる傾向がある
   B. 手前の引かれ潮や小さなサラシ横に入れると深くなる傾向がある
   C. ボイルは水分の吸収状態で変化する  ( 水分吸収度が高いと沈むしので深くなり、少ないと軽く浮くので浅くなる傾向がある )
   D.  量が多いと深く、少ないと浅くなる傾向がある
C 見えない時は経験と感で判断する
 2 釣りしてる時 
@ ウキの当たりの出方により判断する ( ウキの入りが悪い場合は浅い傾向が多い )
A サシエの残り方で決める 
   A 頭を少しかじられて居れば合っています
    B 残れば、ウキ下を深くする (先ずは浅いタナから始めるのがセオリーです)
 3 見えない時は 
  @ 水温で決める A 磯の浅さ・深さで決める
  B 潮の流れ具合で決める C 季節により判断する
  D シモリの有る無しで決める E エサ取りの状況で決める
  F 以上の状況を総合して経験と感により決める
    ※ 特にタナがハッキリしない場合はスルスル釣りでタナを探り早く判断する
 4 人の情報による 
@ タナを探り、実際にグレを釣り決める
A 釣れた人に聞いて決める
B 事前の情報により決める
 5  状況判断 
@ 潮の動きが悪くなりエサ取りも見えなくなった場合はタナも深くなる傾向が強い
A 潮の動きが悪くてもエサ取が浮いている場合はタナは深くしない方が良い
B ウキの当たりの出方やサシエの残り方でグレかエサ取りか等の判断して決める                       
C エサ取りの行動はグレのタナの把握のバロメ−タ−になります
 6 満潮・下潮による 
@ 満ち潮は下げ潮よりタナが浅くなる傾向が多い
(満ちは黒潮で水温が上がり適水温も浅くなり、浅いタナでグレの喰いが活発化するのではないかと思う)
A 下げ潮は逆に満ち潮よりタナが深くなる傾向が強い
(下げ潮は内陸部の潮が水温を下げてグレが安定した適水温の深場に移動するのではないかと思う)
B 潮の満ち引きで起きる潮の動き・早さでグレのタナも目まぐるしく変わる事が多いので釣れ無くなるとタナが変わったと素早くタナを確認して、変更し釣る必要があります

グレ の タナ の 判断による 釣り方  
 総合的に判断                 
 1  グレのタナは潮の流れ・シモリの位置・水温・エサ取りの活性・季節・マキエワ−ク等で変化する
特に潮の流れには反応が早く、水温も変わるのでタナも浅く・深くとめまぐるしく変化するので釣り人は此れに対応した20cm単位のタナ取りと釣るポイントの変更に対応して釣らなければならないし「グレのタナ」より仕掛けは同じか、少し浅くしないと喰いませんからこの事が重要で小まめに対応しないと数釣りは出来ない
(詳しくは 「グレ・チヌの視力でハリスは見えるのか」 に詳しく載せています)
ウキ下を道糸で操作するラインワークで理想的な状態で流しタナ取りとポイントとに運ぶことも大事ですしタナはウキとも関連が深く重要で詳しくは「ウキの使い方と考え方」に述べてます
先日も釣り友と一緒に釣っていた時グレが浮いて来て、タナ30cmのタナの違いで釣れるときと釣れない場合がありましたし、グレのタナは20cm単位で変えて釣ることが大事で、0.5ヒロも違うと同じポイントでも全く釣れないことがあります
口太グレのタナは繊細ですし、喰い渋りにも「誘って誘って」で無いと喰わない場合もありグレ釣りの奥は深いものがあります


        水 温 に よ る グ レ の 喰 い 気 や タ ナ の 考 え 方

水温はグレのタナに大変な影響があります、四国の西南部の年間の水温の動きを表に取りまとめてみました
グレの水温との関係は、水温の変化は寒グレの釣れ始める時期や産卵時季に影響があるので釣師は関心が高い
1 グレ釣りの適水温は17〜20度がグレの活性が上がり、エサ取りの活性が落ちてくるからベストの水温と考える

最近のグレは地域性による水温変化に適応し易くなってきています、例えば

  @ 武者泊は冬場の最低水温は黒潮の影響で17度を切る事は殆んど有りませんから、グレも17度を切ると喰いが一機に落ちます
  A 日振島は黒潮よりも瀬戸内海の海水の影響を受け易く冬場の最低水温も14度位まで下がります、グレも最近この水温に慣れてきてい
    ますから15度程度の水温でもグレは釣れます

       このように水温も地域性があり、グレも長年経過して低水温に慣れて喰いの立つ水温も変化してきて、 17度を切っても釣れる様になって
    きましたから画一的にグレの活性がある水温も此れだとは言えなくなってきました
2 グレ釣りは水温が0.5〜1度上下すると喰い渋り、2度上下すると喰わない、3日間水温が安定すると戻る
3 海面水温が高い場合や前日と海面水温が下がった場合は1ヒロでマイナス0.1度と考えてグレのタナを想定する

実際の水温から考えると水温が0.5度下がるとタナは竿1本半程度となることになります、しかし実戦では2ヒロ位で釣れる事も有れば、竿1本でも釣れますがやはり深いタナで釣れる場合が多いです

    実際の水温データによると海面と海面下10mの水温差は-0.5度位で、20mになると-1.0〜1.5位いの違いが出る
4 海面水温が21度以上の場合木っ端グレの活性が高くなり、大型は浮きグレで見えるが喰い渋りや水温の低い深場に落ちる等型が中々望めない

   最近は23度近くの場合でも良型グレが釣れて来ているので判断は中々難しいが水温以外の複合的な状況が加味されていることもある
5 海面水温が15度を切って来ると喰い渋りや活性が落ち深場やシモリ・岩のスキマにじっとして捕食活動も少なくなる事が多いので喰いも渋くなり、水温の安定した深い場所に潜み、タナも深くなる
6 黒潮(上り潮)の接岸は水温に影響が出ますし、プランクトンの流入によりグレの喰いにも影響がでます

上り潮は尾長に特に影響があり、上り潮に乗り尾長が磯に寄って来るので釣れる確率が高くなりタナも浅くなる傾向がある

下り潮 (瀬戸内海から来る潮) は水温を下げて、時には「潮が澄む」と言う現象がおきてグレが全く釣れない事もありますしタナも深くなる傾向がある
7 グレの産卵期は12月中頃から始まり3月初めに一般的には終わります
グレの大きさや水温・磯等条件で産卵場所や時季は変化しますので毎年同じとはかぎりません、産卵期になるとグレは磯のシモリ廻りに集団で居付くので磯の足下周辺や浅いタナで数釣りが可能となります

時季が何時になるかは、ハッキリしていませんが釣ったグレのお腹の白子の状態で判断するしかありません


四国の過去の一年間の水温変化図 (愛媛大学沿岸環境科学研究センターの資料による)
沖の島  過去の月別平均水温 武者泊・福浦  過去の月別平均水温
2002年 2003年 2004年
1月 15.6 18.1 18.6
2月 15.1 17.6 18.0
3月 15.8 17.1 18.3
4月 18.0 18.3 19.4
5月 19.0 21.2 20.2
6月 22.0 23.7 23.4
7月 24.1 24.6 26.1
8月 25.4 27.5 26.8
9月 25.2 27.7 26.5
10月 23.2 25.2 24.4
11月 20.8 23.8 22.2
12月 17.9 20.7 20.6
2002年 2003年 2004年
1月 17.2 17.5 18.2
2月 17.1 16.7 17.2
3月 17.5 17.1 17.8
4月 18.5 17.9 19.3
5月 21.7 21.1 20.2
6月 23.7 23.0 23.3
7月 25.8℃ 24.9 26.3
8月 26.8 26.8 27.1
9月 26.8 27.3 26.9
10月 24.1 24.5 24.3
11月 20.3 22.8 21.8
12月 19.6 19.9 19.6
広島湾の過去の月平均の水温   (第六管区海上保安本部海洋情報部資料)