グレの釣り方とマキエの作り方と打ち方   



グレの釣り方とグレ釣りのマキエの打ち方と仕掛けの流し方、 ポイントは何処か・何処に打てばマキエはポイントに届くのか仕掛けは何処に打ち込むとポイントのタナで同調するのかを図解で紹介します

皆さんグレ釣りの奥の深さには行き止まりがありませんね、色々と新しい釣り方が雑誌などに紹介されてますが、大まかにグレ釣りのポイントを考えてみました
磯の条件 ( 潮の満ち引き・流れ・シモリ・ポイントの選択や天候・水温と時期 ) やタックル選定・撒き餌の打ち方・仕掛けの流し方やタナの選択と取り込み方など色んな要素が絡みグレ釣りを奥の深いものにしています 又何一つ同じ条件下での釣りは出来ません、刻々と変わる海との戦いの場なのですから・・・
     以上の事柄に付いてグレ釣りの釣り方についてポイントを纏めてみました



マキエの打ち方 (サシエとマキエの同調が基本)


基本的にはマキエは最初は足下に少量打ち、エサ取りなどの状況を把握してから沖に打つか決める、潮流が速い場合沖に打つ とグレが磯から離れて釣り難くなる、良く本流に直接マキエを打っている釣り人を見かけますが厳禁です
最初は釣れてもすぐに釣れなくなります、グレが釣れだすと喰いを持続さす為にマキエの量は控える、マキエは大量に、ウキに被 せて打てば集魚効果と仕掛けと同調して釣れると思っている釣り人は多いですが、グレ釣りはそんなに簡単ではありませんマキエワークは仕掛けや釣り方と並んで重要です
マキエワーク一つでグレが釣れたり釣れかったりしますので細心の注意をし工夫して打つ必要があります
1 マキエの打ち方の種類 
1 ポイントに直接に打つ @左右にサンドイッチになるように打つ エサトリが気にならない時
A上下にサンドイッチになるように打つ          々
2 足下に打ちポイントに時々少量打つ エサトリを分離出来ると判断した時 エサトリを分離する場合
3 扇状に広く打つ 大量のエサトリを分離できない時 エサトリが多い場合
4 縦に帯状に打つ 大量のエサトリを分離できない時           々
5 3か所に打つ場合 足の遅いエサトリの時           々
6 人のマキエを利用する 潮下で釣る時潮上で大量のマキエを打ちボイントにマキエが効いてると判断した時
7 引かれ潮に打つ 潮が足下の磯際から沖き向きに流れている時、潮の壁にマキエを効かして釣る時
8 足下のサラシ脇に打つ サラシの消える箇所や少し沖をポイントにして釣る時
サラシの中に打つとポイントが遠くなるし、エサ取りも沖に散らす原因になる
2 マキエの打ち方 
@ 最初に打ち、仕掛けを入れ、追いのマキエを打つ2杯撒きが基本
A 流れがある場合は潮上と潮下のサンドイッチ撒きをする
B 流れが緩い場合は上下のサンドイッチ撒きをする
3 マキエの打つ間隔は 
@ 流れが緩い場合は上下のサンドイッチ撒きをする
A 全ての打ち方に言えることですが、等間隔にリズム良く帯状になるように打つことが大事です 

マキエの量は
@ 基本的には少なめが良く、マキエ柄杓の中・小で「小一杯」程度が良く、喰いがたつと柄杓半分位が喰いを持続させて良い
A 中の柄杓で何杯も撒いている釣り人もいますが、磯は常時マキエが入っており近くにグレは付いて居ますから、喰い気を誘う少量のマキエでグレは釣れます
B 多量のマキエはグレの喰い気を落とし、サシエを見向きもしなくなりますがエサ取りが多い場合は少し多めに打つ必要があります
C グレのマキエの摂取量で釣果に影響は・・・ついては「グレの視力でハリスは見えるのか」に掲載しています 
4 以上が基本の打ち方 
@ 此れを磯の状況を把握し、グレの活性を見極めてから組み合わせて行うマキエワークが重要で、此れは最初は教わるか経験でしか会得できません
A ただウキに被せてマキエを打っている釣り人も多くいますがそれではグレは数は釣れませんからマキエワークを色々試して見てください、グレ釣りの新境地が見出せるかも知れません
B グレ釣りはマキエの打ち方と釣り方が基本ですが、釣り方が良くてもマキエの打ち方が悪いとグレは数は釣れないのでマキエの打ち方は重要です
6 オキアミの沈み方 
@ 解凍のままのオキアミ  潮に流れに乗り横に広がりながらゆっくり沈む(広がりが大きい)
   
A 砕いたオキアミ  沈み方にバラツキが出来て縦方向に沈む度合が多く沈下速度も速 い
B 配合材を含む砕いたオキアミ  縦方向に広がりながら沈む(スロ−プ状になる)
  オキアミの沈下速度
 (潮の流れの強さでも変わる) 
20〜40秒間で約1メ-トル沈む(解凍のままのオキアミの状態で) 
7 マキエとサシエの同調とは 
@ 同調とはマキエとガンダマを打った仕掛けのサシエが海面からグレのタナ(例、水深5m)まで同じ速度で沈下して行く事は潮の流れもあり、又ハリスの潮の抵抗などで不可能です、グレのタナでマキエとサシエを同調させるのです
同調させるにはマキエの打つ場所・後先のタイミングと仕掛けの投入場所とタイミングで同調させるのです、又ガンダマの打ち方でも調整します
A 流れが速くタナが深い場合は、マキエは速い流れに負けて近くでは深いタナには届き難いし沖で深いタナに届くから、引かれ潮に打つと早く深いタナに届く
B 速い流れの中でのウキや道糸などの抵抗がある仕掛けをマキエの軽いオキアミと同じ様に流すことは神業で不可能に近いから、マキエの留まるポイントの選択を重視して釣り、ポイントでのタナとマキエの同調を考えて釣るのが良い
C 仕掛けを何処に入れるとマキエの留まるヨレポイントでタナが合うか考えて投入する事が大事ですし、マキエも何処に打つとヨレポイントでグレのタナの深さまで届くか考えて打つ事が必要です
 8 実践のマキエワークは 
@ 何にも気にせず、マキエを打ち直ぐに仕掛け投入して又マキエを打っている釣り人は多いがマキエがグレのタナに届く時間ガンダマを打った仕掛けがタナに届く時間は違いますからこの事が重要になるのです
もっと繊細にマキエや仕掛けの投入ポイントとタイミングに気を使い釣ることがグレ釣りには一番重要になります
A グレのタナが浅い場合は被せて打っても特に問題は有りませんが、竿1本から1本半程度に浮いて来る時はこの事が重要です
グレのタナに仕掛けとマキエを同調さすためには、仕掛けを入れるポイントとタイミングが重要でガンダマを打った仕掛けでは必須です又ガンダマの打ち方で沈下速度を調整し合せます
B マキエワークはウキに被せて打つのではなく、何処に打つと狙いのポイントに届くかを考えて少量を等間隔に打ち海面下をマキエが帯状になるようにすれば同調は比較的容易になります、このことを頭に置きマキエを打ってください
例えば大きなサラシに打つとすぐにマキエは20m沖まで効いてしまいます、流の中に打つと3〜40m沖まで効きますから、サラシの脇や引かれ潮に打つ事が大事で、此処に打つと早く深いタナにマキエが効いてきます
 9 マキエワークのポイントは 
サシエとマキエの同調とは仕掛けがなじんだ時にマキエの中にサシエがある状態を言うが、同調して流していればグレは釣れることがあるかも知れませんが数は釣れません
グレが居てマキエを喰うタナ(水塊)とポイントにマキエとサシエを如何に同調さすかが大事で釣師の技なのです、此れが出来ればグレは釣れます

速い流れでのマキエの打ち方で
速い流れに直接打つとマキエは流されてポイントは遠くなり、近くではマキエは潮の速い流れに負けて深いタナには届き難く沖でタナに届くのでポイントが沖になり易いので、こんな場合は速い流に直接打つのではなく、引かれ潮やサラシの巻き込みに打つと近くでも深いタナにマキエが届くケースが多いので留意して打つ必要がある

潮の流れの速さで、マキエがどの位いの沖で・どの位いの深さのタナに届いているかで水温低下時期等の深いタナの場合はどの位いの手前・沖側になるのかで釣るポイントの選択が決まるので仕掛けの流し方にも留意して釣る必要があります
何処に打つと狙いのポイントの深さにマキエが効くのかを判断して打つ必要があります、ただウキに被せてマキエを打ってはいてはグレは釣れません
 1  潮が横に流れている時の直接打つ時のマキエの打ち方の基本を平面図にしました
 
2 潮が速く・タナが深い時、引かれ潮に打つ場合
     
※   タナが深い場合は@の足下に、少し浅い場合は少し沖目のAに、タナの深さで打つ場所を切り変える )
 
3 エサ取り対策用のマキエの打ち方

  @ 扇状は広く打ち、エサ取りにサシエの落とす位置をかく乱し真ん中・左右の3か所のサシエの通る場所を釣る方法
  A 縦長二段打ちはエサ取りら一段目、二段目に引き付けてその沖を釣る方法
  B アッチコッチ三点打ちは足の遅いエサ取り等に一回・二回釣ると次のポイントに移動して釣る方法
 
潮が沖に流れている時のグレのタナ深さによるマキエの打ち方の立体図

@ タナが浅い時はウキを挟み沖・仕掛け・手前とマキエを少し広がるように打つ
A タナが少し深い時は仕掛け投入地点より手前に、間隔は少し長めでも良いが縦長なるように等間隔にリズム良く打って行く
B タナが深い時はマキエは仕掛けを入れてない時も流している時も等間隔にマキエの帯が出来る様にリズム良く打って行く
    
 何れもマキエの量はS柄杓一杯くらいで良い、ようは海中は見えないのでマキエの帯を作り
             この中を仕掛けを流す事が同調です
 
 
5 例、アブセの舟付きの磯(下げ潮)の釣り方
  

      @ 釣り座・潮の流れ・マキエの打つ場所・仕掛けの投入点・狙いのポイントを図解しています
    A 仕掛けの投入点は@のシモリのポイントは近い為@ポイントの手前で仕掛けが馴染む様な場所に入れる
    B マキエは必ず引かれ潮に打つ、本流に打つとグレが沖に付いてしまうので手前では釣れなくなり又数釣れ出来なくなる
    C 潮の流れは最初は横に流れるが段々と図の様な流れに変わる、この流れの潮が一番釣れる
    D 引かれ潮にリズムよく打つとマキエの帯が出来て沖のシモリまでマキエは効いてきますが手前のポイントよりは
              タナは深くなります
 
上記の従来からの撒きえによる釣り方も有りますが、私は釣り友と試行錯誤を重ねた
最新の釣り方 
「ボイル少量マキエのグレ釣法」 を駆使して実績を上げて来ている


磯場での釣り方 (グレ潮とタナチヌマキエ効果である)

タ ッ ク ル の 準 備    
@ タックルは今までの経験と釣り場でこの時期に釣れると予測できるグレの大きさを予測して決める

           「例」   磯竿1.5号ソリッド穂先 道糸2.0号 ハリス2〜1.75号 (四国で50cmまでの口太の取れるもの)
A 竿は磯場が広い場合は違う仕掛けで2本準備する 

     「例」 磯竿1.5号ソリッド穂先 道糸2.0号 ハリス1.75号 
          磯竿1.75  号ソリッド穂先 道糸2.5号 ハリス2.25号等の1ランクUpのタックルを準備する

     タナの浅い、深いや喰い渋り時の対応や潮で急に大物が来る等すばやく対応出来る様にするため
2
グレの大きさによるタックルの参考例 (参考ですから自分の取り込める技量で選択してください)
タツクルの選択 グレの大きさ(推定) グレバリの号数 ハリスの号数 道糸の号数 グレ竿の号数
@ 35cm 以下 4〜5 1.5 1.75 1.25
A 35〜45cm 5〜6 1.5〜1.75 1.75〜2.0 1.25〜1.5
B 40〜50cm 6〜7 1.75〜2.0 2.0〜2.5 1.5〜1.75
C 50〜60cm 7〜9 2.5〜4.0 3.0〜4.0 1.750〜20
3 仕掛け図、例
   スルスル仕掛け  
図はタナが浅い場合の仕掛けタナが深い時はウキ・ガンダマ等は重い仕掛けに変更する


  風波が強く潮の流れに乗せたい時はガンダマを重くしてスルスル沈め釣りに変えてウキを水中ウキ代わりにして潮に乗せる、又少し深いタナもサグれる   
固定仕掛け    タナが浅い場合の仕掛け  
この仕掛けは図は固定ですがウキのヨウジを外してウキ止めゴムのみ固定にすればスグにスルスル仕掛けに変更出来るので仕掛けの変更が簡単です
  風波が強く潮の流れに乗せたい時やタナを探りたい場合ははガンダマを重くして沈め釣りに変えてウキを水中ウキ代わりにして潮に乗せタナをサグル
 


仕掛けの流し方とポイント・タナの考え方
1 マキエは足下に少量打ちエサトリと潮の動きを見て、釣るポイントを判断する
@ 潮の動きを見て潮目・磯際・潮のカベ・タルミ・シモリ・流れの中を観察して釣るポイントを決める
釣るポイントは3ケ所位を考えて、自分の狙いと実際の釣果により、見極める読みを鍛える
    *  釣り場の狙いは、潮目・磯際・シモリをまず狙い釣れない時は他のポイントを釣るようにするとよく、そんな事は分っているし狙って
    いるが釣れないと言う釣り人も居ますが仕掛けを:流すスジが
1mも違うと釣れないし、タナも20cm単位に探っていますか・・・又仕掛
    けの角度もどの程度注意して流していますか、グレ釣りはこんなにも繊細なのですそんな釣り方が出来ていますか、昨今はこれ程
    繊細な釣り方しても釣れ無い場合もありますから漫然と流していては釣れません
A 釣り友と一緒の場合は仕掛け・タナ・ポイントを釣り分けて、早く釣れるタナ・ポイントを把握する様にして決まれば交互に又観音廻りで釣る
    *  まずは固定の2ヒロのウキ下で初めてサシエが残れば深く、取られて居れば浅くして釣る 状況により仕掛けや釣り方を変える
B マキエの量は最初は少量で状況を見て多めに打つかを決める、広く打つか集中して打つかも決める
  人のマキエが効いていたり、居付きのグレが釣れる時があり、又エサトリの多少にもよる為
C マキエの量はグレが釣れだすと控えて打つ
   グレの喰いを持続させるため配合剤が入っていると一時的に喰いはたつがすぐに落ちて来る傾向があるので控える
2 磯場は潮の動きでポイント、タナは刻々と変化しており出来るだけ釣れない時、釣れていたが釣れなくなった場合は早めに仕掛け・タナ・ポイントを変えて対応する
       偏光グラスは必ず装着して海の中の状況の把握、グレやエサ取りの動きを確認して釣ることが釣果に繋がります
3 サシエの沈め方、サシエが潮に乗りゆっくり上から下に潮に乗り流れながら沈んで行くようになるのがベストと考えているしサシエ先行の角度も重要です   (仕掛けによっては出来ないものもある)
風や波・サラシ・潮流等の条件もあり、この為にはガンダマの打ち方が重要になります
   ガンダマの使い方に付いては「グレ釣りのガンダマの使い方」に詳しく載せています
サシエの付け方も大事で何時も同じ付け方ではいけません、喰いが悪くなると違う付け方や
大きさ、ムキミ、頭を取る等グレの学習能力を超えたローテイションをして惑わすことも大事です
4 水中ウキを使用する時、風が強い場合や風と潮が逆の場合と2枚潮の時使用する
タナが深いときや近くでも潮の流れが速い場合や遠投で潮の流れがある場合に使用する
    潮が速い時タナ取りが旨く行かない場合は水中ウキは一つの解決策になる場合がある
5 仕掛けはポイントの手前で仕掛けが馴染む様に投入する、仕掛けが馴染むには時間がかかるので、仕掛けの投入点は潮上に入れるし、仕掛けのサシエが潮下方向になるように入れることが大事です
    
釣れたポイントに仕掛けを直投入する釣り人を見かけますが、仕掛けが馴染んだ時はポイントがずれている場合が多い
6 道糸を張ったり緩めたりし、又訊くと言う動作をしながらサシエを躍らせたり、サシエの先行とサシエの動きに留意して流す、張りすぎるとポイントがズレたりタナが浮くので注意が要ります

スルスル釣りでは道糸を張り、タナを上げては入れてを繰り返してタナを探る釣りをする、特にスルスル釣りはサシエとマキエの同調を重視してウキ・ガンダマの使い方とラインメンディングとマキエの打ち方が重要になる
       * 注   スルスル釣りの仕方は私のHPの「スルスル釣り・全誘導の釣り方」に詳しく記載しています
7 道糸のラインワークが大事です
釣り場は風、波、鏡潮等がありそのまま流していては仕掛けはポイントを外れてしまいます、道糸のラインワークで仕掛けの馴染みやボイントを直撃できるように常に道糸をコントロールする事が基本です、又道糸の糸ふけは喰い渋りの時一瞬の合わせの遅れに繋がりバラシの原因になりますので出来るだけ少なくしておくことが大事です
たとえば、3号(0.285mm)と2号(0.235mm)ではラインの径の差は0.5mmですが風によるラインコントロールには雲泥のありますから、風波がある場合はグレの大きさなどから判断して取り込める、1番細いラインで釣ってください
8 グレが1〜2ヒロに浮いてくると判断したときで、エサトリが多い場合にポイントにマキエを打ちグレの浮くタイミングを計り仕掛けを投入する
     早くても遅くてもいけない、入れる時間を何度も変えてテストしてください、釣れた時が仕掛けとグレのタナが一致した時です
9 グレはマキエに状況の多少違いはあるが必ず反応して高低差はあるが浮いて来ていますから、釣り場でどの程度グレが浮いて来るのかの判断が大事です
それにより、マキエの打ち方、タナの設定や仕掛けの投入タイミングが重要になります

グレのタナが竿1本程度に浮いて来る時はこの事が重要でグレのタナに仕掛けとマキエを同調さすためには仕掛けを入れるタイミングが重要で特にガンダマを打った仕掛けでは必須です    



実際の磯の釣り方の例 

図Tのように流れが右から左に流れる状況で、 地磯などの横の潮の流れがある場合の磯
( 風が左方向に吹いている時も同じ状況になり易いので、こんな場合は最初から釣り座から左の方にポイントを設定して釣る方法もあります )
 1   
図Uは風が右に吹いている場合は図のだいだい色の道糸ラインメンディングで仕掛けはポイント直撃する
2 横潮の場合は@ABとウキは移動経路を流れる
@ 1 @の仕掛け投入点から仕掛けが流れに乗り左に流れて行く時
2 ABの地点では道糸が手前の少し早い潮に引かれて糸吹けが出来て、道糸が長くなり潮を受けてウキが手前に引かれ潮スジを離れる
3 風が流れと同じ方向、左に吹いている場合も同じ状況になり易い
4 道糸を張るとウキは段々と手前に来る
  5 仕掛けは@に投入する、Aの手前のポイントに来る事を計算してマキエも打つ必要があります 
3 A、B、C、D、地点のマキエを打つ効果は
A 1 ウキに被せてAにマキエを投入するとの地点にマキエが効いて×の地点のシモリの手前のポイントで の同調が出来ない
2 マキエとの同調図るにはBCにマキエを打ち帯状の状態にして×地点の手前で一致出来るようにする事が大事です
3 D地点のマキエはエサ取りを手前に引き付けて置く為のエサ取り用に打つ場合です
4 道糸のラインメンディングは・・・
B 1 道糸を張るとウキは手前に来るので潮スジを離れやすいので出来るだけ張りは押さえて自然に流し釣りすると良い
  2 道糸を少し張らないとウキが先行してサシエの先行の仕掛けの状態の維持が難しい 
  3 この場合はガンダマの打ち方でウキ先行を押さえてサシエ先行になり易いようにする又水中ウキも活用するもし風が右に吹いていれば、ラインメンディングは図のだいだい色の様に道糸を上げて風を受けさせて右側に糸ふけを作り対応出来る、済んだ後は道糸・穂先も海面につける 
  図Uの場合はCの沖に仕掛けを打ち込み、道糸で引き戻してCにウキを止めて、最初の道糸の処理は 風に乗せて右に道糸をフケさせてウキが手前に引き戻されない様にする、そしてDまで流す間は道糸のフケを少しづつ巻き取りながらDのポイントまで誘導するラインメンディングを行うことです
5 ガンダマで調整しウキの先行を抑える ( 風が強い場合や流れが早い場合はウキ・ガンダマを大きくして対応する )
      1 左図のように・・・
ジンタンはハリスより面積多く水圧でジンタンが潮を受けて  先行 し易い 
 2 Cの完全フカセはウキ先行になり易い、道糸を張ると潮スジ がズレる
 3 Bの場合もジンタンを中間に打つとジンタンの位置までは真 っ直ぐになるが下の部分が遅れやすい 
 4 Aの場合ようにジンタンを下1/3の位置に打つと真っ直ぐか 道糸を止める程度の張りで先行し易い 
 5 @の場合のように段シズに打つと潮スジを流れウキ先行に はなり難いし、道糸を止める程度でサシエ先行になり易い 
6 風がある時の仕掛けの流し方とラインメンデイングは 

仕掛けを@で投入A引かれ潮がマキエを運ぶ合流点まで仕掛け沈めてタナを合わす、又道糸を多めに出して引かれ潮に載せて本流まで届けておくラインメンディングを行いAからCまでの間には潮スジを離れないように道糸はあまり張らずだして行くラインメンディングをしてポイントを狙う、下記の要領を実行すると良い

@ 仕掛けは本流なのでウキはM又はLの重めを使用して風の影響を少しでも抑える
A 道糸はサスペンドラインを使用して海面の風の影響を抑える、又ハリスはフロロを長めに取りウキの前後も沈めて流し釣りする
B ウキは沈めて( 海面下30〜50cm程度 )ウキに潮流を受けさせて風に寄る道糸フケの抵抗を抑える
C サシエの先行をA位置までに行い、A以後は道糸はあまり張らず緩めて流すようにする、又穂先は海面下に入れて道糸を沈める
 D 赤の道糸は風で糸フケは出来るが図の様に、ほぼ潮スジを捉えて流し釣りしてポイントを直撃できる又手前にズレる場合は  @の仕掛けの投入点を沖に入れて修正すれば良い 
 E 黒の道糸は普通の仕掛けで流し釣りした場合、風の影響で図の様に潮スジをそれて流れる 
 F タナ・マキエ・仕掛けも如何にしたら×のポイントで合わせることが出来るかを考えた釣り方をしてください 
 

 

ウ キ の 使 い 方          

+ 釣り場の状態で
   大まかに分類
ウキの種類 事由について
1 潮流の速いとき M・Lサイズのドングリウキでオモリ負荷の大きいもの ガンダマを段シズに打つ仕掛けを流れに負けないように安定させるため
2 潮流の小さい、ナギとき
      (風も弱いとき)
Sサイズ・スリムのドングリウキでオモリ負荷の無いもの ウキ抵抗少ない小粒で風の影響も視覚性も問題なく、渋い喰いの場合が多いため
棒型当たりウキ又は小粒当たりウキを飛ばしウキと併用 警戒心が強くなり当たりが小さく、喰い渋り状態いになる場合が多いため
3 風波の強いとき Mサイズのドングリウキでオモリ負荷の無いもの タナが浅く0・00ウキで沈めギミに流しす場合
Mサイズのドングリウキでオモリ負荷のあるもの タナが深くガンダマを打って使用する場合
Lサイズのドングリウキでオモリ負荷の大きい重量のあるもの 流れや風で道糸の抵抗に負ける場合
4 ウネリ・サラシのあるとき Mサイズのドングリウキでオモリ負荷の無いもの タナが浅く00ウキなどウネリを吸収してサシエを安定させるため
Mサイズのドングリウキでオモリ負荷のあるもの サラシを釣る場合にガンダマを打ち仕掛けを安定させる場合
5 喰い渋りのとき Sサイズ・スリムのドングリウキでオモリ負荷の無いもの ウキ抵抗少ない小粒で風の影響も視覚性も問題なく当たりを取るのに専念する場合
棒型当たりウキ又は小粒当たりウキを飛ばしウキと併用 Sサイズドングリでも当たりが取り難い喰い渋りの場合
自立棒ウキ Sサイズドングリでも当たりが取り難い喰い渋りと波乗りを重視する場合
6 喰い渋りのとき
      (特別の方法)
ウキを沈め気味流す 小粒当たりウキを飛ばしと併用して沈め気味に流してこの動きで当たりを取るウキ留めゴムを蛍光色にしてこの動きで当たりを取る

                            ※  詳しくは私のHPのグレウキの使い方と考え方に載せています

     

当 た り の 合 わ せ 方
1
1 腕の肘をゆっくり曲げる様にして大合わせはせず、出来るだけソフトに小さく合わせるようにする
特に尾長の場合は激しいと一揆に突っ込むので竿の胴に乗せて竿の反発力でソフトに合わせると良い
2 ウキの入り方を見て合わすのですが、ハリの飲み込まれ方( 口元に掛かっているのが良い )により、スバリの場合は遅く、飲み込まれて居る場合は早めに合わす、其のときの状況により少しづつ変えて行く
3 喰い渋りの場合は穂先での 「訊く」 という動作で合せをする、喰い渋りでウキが消えても、スバリを引く場合は穂先で「訊く」を行い穂先に乗って合せる                    
4 ウキが見えない、見えにくい場合は道糸のコンコンと当たる感触又は道糸の走りを見て合せる
5 最近は喰い渋りが多く円錐ウキに当たりが出ない場合がある
   グレは最近反転喰いはあまりしません、居心地良い水塊で居食いしています、「吸い込んでスグに吐き出す喰い方」ですからウキに反応が出難いのです

ウキの傾き・少しシモって止まる・波間に消えたウキが水面に出て来ない等が当たりの場合があります
蛍光色のウキ止ゴムや小粒当りウキを付け、沈めて水中でウキ止め・小粒当りウキの動き見て合わせする必要があります、それほどスレて居ると言うか、繊細な合わせになっています
   *   ほとんどの釣り人がこの小さな当たりを見逃して釣れないと嘆いていると考えています


取り込みの竿のあしらい方  
1
@ 近くで掛けた時は竿の胴でため、極力糸は出さないようにする
A 沖で掛けた時は竿と道糸が平行になる位にして竿の弾力を極力いかし寄せる
    竿と道糸との角度が45度程度が一番竿の能力と生かし、グレを浮かせ易く良い
B 竿が伸される以外はレバ−ブレ−キで糸は出さない
C 竿は斜め後ろに構えグレの動きを見て左右にゆっくり振りながら巻き磯沖10m程度からはポンヒングはせず、竿を斜めに構えリ−ルですばやく強引に巻き取りグレを浮かす  ( グレをSの字状況に浮かせて来る竿のあしらい方です )
魚が左右に走る場合は走る方向に竿を倒しながら巻き取る竿は真っ直ぐには立てず必ず斜めに構えて下に突っこみのを防ぐようにするしそれでも下に突っ込む場合は竿でためるか最悪は糸を出す場合もある
   磯際までポンピングして取り込みを続け竿を倒した時に根に潜られてバラす人は多い
D 磯際に張り出しシモリがある場合、磯際に来た場合は竿は水平より少し下斜めになるように構えて竿の胴で、グレの突っこみを防ぎながらハリスの磯ズレを防ぐ
E タマは魚が浮き空気を吸う状態になり、タマを下ろしタマに魚が入るときに道糸も緩めて入りやすくする
2 磯での取り込み時にタックルの強力を活かし、竿の能力が最高に発揮できる角度
          「T」 は腰に竿尻を当てて竿は耳の斜め後ろに立てた状態がこの角度になります、此れがハリスの強度が活かす竿
        の角度です

              
「C」の場合は磯際で良型を取り込む時、竿尻を腰に当て竿の2〜3番の胴でためて糸は出さない
T、沖で掛けた時の竿の取り込み角度 U、磯でグレが左右に走った時の竿の倒し方
V、磯際で型が小さい場合の竿の角度 C、磯際で良型を取り込む時の竿の角度
竿尻を腰に当て竿の2〜3番の胴でためて糸は出さない