グレ釣りのハリの選択とサシエの喰い方  



グレ釣り、チヌ釣りのハリの決め方は、 ハリの大きさ・色・形はどう決めるのか、グレの
サシエの喰い方は喰いシブリや居食いする時のハリの選択はどうしたら良いのかを紹介

ハリとサシエはグレとの接点になり1番大事な部分です、ハリの大きさや太さは沈下速度に係わり、大きさはグレの飲み込みやハリハズレにも影響します
サシエの付け方はグレの学習効果にも影響されて、最近の喰い渋りのグレを釣る場合には重要な要素となっていますし、けっこう釣果に影響の出る大事な事柄です
ハリに付いての形・色や大きさの特徴やグレのサシエサの喰い方について書いてみました


ハ リ の 大 き さ と形状に つ い て
1
各所の名称
イケ モドリ、モドシ、カエシ、カスミ、カカリ、カガリ、アゲ、アグ、アギト、シタ
腰曲げ 腰(コシ)、大曲り(オオマガリ)
軸(ジク)、柄(エ)、クキ
2 最近はチモトの近くの胴にハリスの廻り込みやズレを防止するプレスシャング加工、ハリスの回転を防ぎ上アゴに掛かる確率UpさせるU溝サイドロック加工、ハリスのスッポ抜けを防ぐ為チモトの近くの胴部分に両面ギザギザ加工、チモトにV字溝でハリスの廻り込みや押しつぶしを防ぐブイヘッド加工、結びの圧力を分散しハリスの結び強度を増すラインロックギザ加工を施した製品が出ています

針先には針刺さりをUpさせるX形状加工・針先の鋭さを損なわないトップレスコード加工・ハリのカエシ部分に針刺さりを重視したブレスバーブ加工が施された製品や針先を半スレにしたものも出ています 

針の強度を増す平打ち加工もされて鈎も一段と進化して来ています
 3
   チモトの形状 
撞木
(しゅもく)
チモトがシュモクザメの頭のような形状をしています (1番一般的な形状です)
管付 チモトが管状に加工された形状で、リング付とも言います、環付と表記される場合もあります、フライフックに多くみられる形状です
片撞木 撞木を片側だけに付けた加工です 切込み 漁業用の釣針にみられる形状です、文字通り切込みが入れてあります
穴あき 石鯛針など仕掛にワイヤーを使う釣に用いられる形状です ギザ耳 鮎の掛針に用いられる形状で、プレスによって数本の溝を入れた加工です

    ひねりに付いて       イケ(モドリ、カエシ)について
ヒネリ 針先から胴を見た場合、右側にひねり加工が施してあります、一般的なひねり加工です イケ付
(モドリ付)
通常のイケ(モドリ)の加工で、掛かった魚が外れにくくなります(1番一般的な形状です)
カネリ 針先から胴を見た場合、左側にひねり加工が施してあります、ごくまれに見られるひねり加工です(かねりの針=磯丸、ビークなど) 半スレ 小型のイケ(モドリ)を付けた加工で、通常のものより抵抗が少ない分掛かりが良くなり最近多くなってます
ベタ ひねり加工なし、ひねりを入れていないフラットな状態です (1番一般的な形状です) スレ イケ加工なし、イケは無く魚が外しやすく、イケの抵抗が無いので、もっとも掛かり良い針先
鮎掛やヘラブナのに多い
4
   イケ先の加工について       胴(軸)のプレス加工について
先打 イケ先を横からプレスした加工で、この加工により先の強度が増します 丸軸 プレス加工を施していない、線材本来の形状です
先曲げ イケ先を内側(軸方向)へ軽く曲げた加工です (代表的な=小鯛、チヌ、グレ
(1番一般的な形状です)
平打 釣針の胴の部分を横からプレスした加工です
加工により縦方向すなわち魚の引きに対しての強度が増します
ネムリ イケ先を内側(軸方向)へ大きく曲げた加工です(代表的な=ムツ、ネムリセイゴ、尾長 胴打 釣針の胴の部分を横から強くプレスし、平らにする加工で、胴打加工したは、プレスした面がキラキラと光を反射し集魚効果をもたらします
5
  比較表     鈎の号数     線径、    重量
 1号  線径#25.5 (Φ0.48mm)  重量約0.0195g
 2号  線径#25   (Φ0.51mm)  重量約0.023g
 3号  線径#24.5 (Φ0.53mm)  重量約0.028g
 4号  線径#24   (Φ0.56mm)  重量約0.035g
 5号  線径#23   (Φ0.64mm)  重量約0.047g
 6号  線径#22   (Φ0.71mm)  重量約0.062g
 7号  線径#21.5 (Φ0.76mm)  重量約0.078g
 8号  線径#21   (Φ0.81mm)  重量約0.097g
 9号  線径#20.5 (Φ0.85mm)  重量約0.119g
10号  線径#20   (Φ0.89mm)  重量約0.147g
11号  線径#19.5 (Φ0.98mm)  重量約0.18g
12号  線径#19   (Φ1.07mm)  重量約0.227g
13号  線径#18.5 (Φ1.15mm)  重量約0.279g
14号  線径#18   (Φ1.24mm)  重量約0.35g
15号  線径#17.5 (Φ1.35mm)  重量約0.445g
16号  線径#17   (Φ1.47mm)  重量約0.58g
17号  線径#16.5 (Φ1.56mm)  重量約0.75g


小ハリは5号以下、中ハリは6〜8号、大ハリは9号以上と考える
小 ハ リ に つ い て
寒グレ時期は小さなハリが有利、活性が低く口を大きく開けてエサを食べようとはしない、口に入れても違和感を感じると吐き出す事もあり、水も澄み視覚面からも小バリが良い
(良い点) 
@ 喰い込みが良い                              A サシエにハリが隠れる 
B 軽く沈下スピ−ドが遅く、マキエとの同調しやすく又エサ取りに気ずかれにくい

(悪い点)
@ 口切れやスッポ抜けしやすい                                        A 大グレのときハリが折れやすい
B 活性の高い時飲み込まれやすく    A  ハリの取り外しにくく手返しが遅くなる     B  ハリス切れの原因にもなりやすい
大 ハ リ に つ い て
高水温時期はエサ取りが多く大バリで大きなサシエを付けエサ取りに少々かじられてもグレのタナに残ったサシエが届くようにすると良い
(良い点)
@ 指で摘みやすく魚をはずしやすい A 軸が太く折れにくい
B 軸が太くサシエのオキアミが遠投してもハズレにくい C ネリエに向いている

(悪い点)
@ 寒グレなど喰い込みが悪い A 重くサシエの沈下スピ−ドが速く、グレに違和感を与える
ス レ ハ リ に つ い て
@ ハリ掛りが良い                  A 服などに掛けても簡単にハズれる       B 魚のハリ外し作業がしやすい
C 取り込み事に仕掛けを絶対に緩めないこと、緩めるとバラシの原因となる
D 簡単なスレバリの作り方
グレハ゛リの返しをペンチで潰して作る専用のハリとまでは行かないが実用には耐えられるしハリの数を少なくできる
ネ ム リ 、ヒ ネ リ、 ハ リ に つ い て
@ ネムリハリは飲み込んでも口元に掛かるのでチモト切れが防げるしかし喰い渋りなどの飲み込みの悪い場合には針掛りに問題がある
A ヒネリは一長一短がありサシエが舞い違和感を与える、最近のものは潮の流れで変えれば鈎掛かりの良くなるものもあるがボイントで潮が安定しない場合もあり使いずらい

 ハ リ の 名 前 と 特 徴 に つ い て
1
伊勢尼・カットグレ・速攻グレ・競技グレ・尾長グレ・寒グレ・口太グレ・アブミ・ひねり・スレ等に分けられる
         (最近は色んなタイプの鈎が発売されていますので、区分けは難しくなっています)
 名  前  特  徴
@ 伊勢尼 中軸で釣先は内向きで鋭く、一般的な常用タイブ
A カットグレ 太軸で尾長や潮流の速い場所で使用
B 速攻グレ 細軸で口太グレやサシエをゆっくり沈めたい場合に使用
C 競技グレ 中軸で伊勢尼とにているオ−ルラウンドの常用タイプ
D 尾長グレ 長軸で軸太く、強度もあり釣先は内向きで鋭く尾長専用タイプ
E 口太グレ 細軸・短軸・半スレでスレた口太に違和感なく喰せられるタイプ
F 寒グレ やや太軸の重い短軸で完全フカセでタナに沈めて行けるタイプ
G アブミ  細軸で軽く、スレッカラシのグレで完全フカセでの使用タイプ
H ひねくれグレ 細軸でハリ先鋭く半スレ仕様でオ−ルラウンドタイプ (ハリにネジレのある) 
J スレハリ 細軸でハリ先鋭く、イケ無しのスレ仕様でオ−ルラウンドタイプ



タックル・グレの大きさや種類によりハリの選択について
 1 選択 
@  ハリの選択は魚の大きさ、天候、喰い渋りなどの条件により決定する
    最近は種類も多くなり選択には苦労するが、人の意見も聞き釣りスタイルも各々違うので自分がペストと考えたものが良い

A  四国では一般的には口太グレのサイズが30〜40cmは6号40〜49cmは7号程度で良い、又喰い渋りの場合はワンランク落とす場合ある

B  私は尾長はチモト切れが多くバラシの原因となり専用のハリを使用する、口太は型狙いもありスッポ抜けとハリ折れを重視して6号以下
    はあまり使用しない
2  結論
@ 自分が釣るグレが尾長・口太か・・・尾長は専用ハリが良い種類は自分に合ったもので選択す

A 喰い渋っているか・・・ハリの大きさを変える喰いが悪ければ小さく、スッポ抜ければ大きくする

B 完全フカセ・ガンダマを打つか等使用タックルに合わして変える
     A
  完全フカセの場合    ・・・マキエの沈下速度に合わせて細軸の軽めなものにする
     B  ハリスにガンダマを打つ・・・ガンダマとのバランスを考え太軸の少し重めのものにする

C
 グレは下記にも記載してますが良型グレに対応してフトコロ強度は重視して選択してください
     6号でフトコロ強度は最低4.0〜4.5Kg程度は必要です、これ以上落とすと針折れの危険があります、折角掛けたグレをハリ折れで
           バラス事にもなりかねません、強度の余裕は必要な事です


D グレは細・中軸の三種類と尾長一種類の5〜8号サイズを8〜10種類は準備してください
     グレの大きさと種類と食い渋りや天候、完全フカセやスルスル釣り等により、使い分けして下さい
  例 1 尾長鈎・・・7号、8号    例 2 尾長鈎・・・6号、7号、8号
  中軸鈎・・・6号、7号、8号    中軸鈎・・・5号、6号、7号、8号 
  細軸鈎・・・5号、6号         計 8種類   細軸鈎・・・5号、6号、7号            計 10種類 
3 グレ  使用  私の現在使用しているグレ鈎でこの中から8種類程度を選択して使用しています
対称魚 名 前 サイズ6号 サイズ7号 サイズ8号
線形 フトコロ強度 重量 線形 フトコロ強度 重量 線形 フトコロ強度 重量
尾長 あわせ尾長 (茶) 0.76mm 4.8kg 73.8mg 0.81mm 5.5kg 90.6mg 0.86mm 6.2kg 110.mg
良型口太(太軸) ふかせグレ (茶) 0.72mm 4.6kg 61.8mg 0.76mm 5.6kg 75.7mg 0.81mm 6.2kg 94.4mg
 競技グレ(オキアミ色) 0.72mm 4.6kg 62.4mg 0.76mm 5.6kg 76.4mg 0.81mm 6.2kg 95.3mg
中型口太(中軸) ボイルグレ(オキアミ色) 0.72mm 4.0kg 63.0mg 0.76mm 4.5kg 76.0mg 0.81mm 5.0kg 94.0mg
  〃  (細軸)  A1 Type口太速攻 0.60mm 2.2kg 36.0mg 0.68mm 3.3kg 50.0mg mm kg mg
対称魚 名 前 サイズ5号 サイズ6号 サイズ7号
中型口太(細軸)  一発グレ(オキアミ色) 0.60mm 3.2kg 37.8mg 0.64mm 3.5kg 45.2mg 0.72mm 4.7kg 64.9mg
口太
喰い渋り用
(細軸)
くわせグレ 0.57mm 3.1kg 31.8mg 0.60mm 3.4kg 37.1mg 0.64mm 3.7kg 48.5mg

最近は喰い渋りに対応し、オキアミ色や半スレ・鈎先を刺さり易い加工したもの等私は細〜太軸の上記の針を使い分けしている
針刺さりを重視して、針先はヤスリで研いで刺さりを鋭くしている
尾長は口掛かりを重視、専用鈎も使用しています 


各メーカーのハリで良く使用するものの一部を紹介します
がまかつ針のグレ鈎の種類 (代表的なもの) 
身を潰さない細耳仕様、ボイルカラー、抵抗無く刺さる針先、ハリスをセンターで固定するV字溝、ラインロックギザ 、平打ち オキアミカラー採用で、鈎とオキアミが同化します、そしてラインロックシステムが大型のグレのしめこみに対する、平打 アブミの短軸細設計で、食い込みとトップレスコートで鈎刺さりとオキアミカラーでカムフラージュし、平打で強度も良い半スレ 針用新素材[A-1]シリーズのベーシックなグレ針です、極少半スレタイプでヴィトムと伊勢尼の優れたデザインを融合したもの、平打 鮎鈎に匹敵する鈎先を持つトップレスコートの半スレ、好みに合わせて使える右ヒネリ、左ヒネリ、ストレートの半スレタイプ
やや太の短軸の重い鈎で、鈎の重さでサシエを落とせるので軽い仕掛けのときや完全フカセ向きです、 目立ちにくい茶色 スレッカラシのグレを食わせるために、くわせに重点をおいたグレ鈎、短軸、細軸、形状はアブミ型でコンパクトになっている 人気の高いアブミの短軸設計で、食い込みの良さと鋭い鈎先、そしてオキアミカラーのダブル効果でスレッカラシのグレに対応、平打 1.75号〜2.5号の竿で尾長を狙うのに最適な強度とサイズ、ごくわずかなネムりをもたせて攻撃的な針先で刺さり歯切れを防ぐ、カラー、ブイヘッド 1.75号の竿で口太を狙うのに最適な強度と大きさ、鈎先を強めにネムらせず速攻合わせ、違和感を感じると吐き出すグレに対応している
毎日のように攻め続けられたスレッカラシの口太に、違和感無く吸い込ませる細・短軸、半スレで完全に飲み込ませることを追求した ラインロック機構がチモト切れを無くし、大型グレのしめこみに対応、中軸タイプ、ラインロックの平打です
色は目立ち難い茶
向こうアワセで口元への掛かり率90%以上で本流、磯際の尾長狙いに最適、ネムリ形状のスレ鈎で当りでは合わさず竿にグレ乗るまで待ち竿を立てるだけです 軸長で鈎先が少しネムリ型になっているので確実に口掛かりさせ、尾長グレの鋭い歯からハリス切れを防止して.口掛かりをさせる 鈎先を内向きにして飲み込んでも口元フッキングが可能、尾長の鋭い歯によるハリス切れを防ぐ、スレ針仕様のA1素材で大物対応の強度がある
2 オーナー針のグレ鈎の種類 (代表的なもの) 
スレ鈎に匹敵する刺さりと、エサ止め効果を両立したプレスバーブス加工 中軸で、中型以上のグレにも対応できる,、強靭な仕上がり 超貫通性でグレを仕留める、チモト部はハリスの回り込みやスッポ抜けを防ぐグリップヘッド うっすら色、短軸、丸みを帯びたフトコロ形状そしてスレ鈎と同等の貫通性を誇る 手強い尾長に挑む尾長スペシャル、先ネムリ形状の半スレ
平打 プレスシャング加工
大型グレの釣りにの強靭さが発揮されます、大物にはパワー追求の太地用
3 ササメ針のグレ鈎の種類 (代表的なもの) 
オキアミ、ダンゴ用として開発された中軸グレ先がX型に切れ込み、グレに刺さりを重視した

細・短軸、半スレ、グレの中では魚に違和感を与えない軽量の鈎なので、呑こませてフッキングさせる

細軸の半スレ先がX型に切れ込み、グレに刺さりを重視した 太軸で近場から離島まで対応するラインナップで半ネムリ形状で尾長グレの口元にフッキング 細軸のスレで、刺さりとを重視した、トーナメントタイプです 細軸の半スレ先がX型に切れ込み、ヒネリを加えて刺さりを重視した
    ハ リ の 色 に つ い て
1 金・銀・いぶし銀・茶・黒・オキアミ色等がある
@ 好天の浅いタナのとき
海面から光が入り海中が良く見えるので、黒・茶・オキアミ色が良い
  魚から見て違和感の無い色が良い
A 曇り・雨のとき
海面から光も少なく、グレの警戒感も薄れており逆に好奇心を与える金・銀が良い
B 深いタナのとき
光が届かず全部黒い世界となり色は何でも良い
C 最近ハリスのチラツキや結び目・針のチモトの光の反射による違和感でグレがサシエを喰わない場合がある
ハリスは勿論ハリも黒色・茶・オキアミ色、やチモトを小さくしたりと、ハリも対策する必要があります
ジギングでメタルジグを50〜150m落として使用しているが色の無い世界でもジグの色で釣果が変わることが多く判断は難しいあくまでも私個人の思い込みである

    オ キ ア ミ の 刺 し 方
1 どんな刺し方も尾羽根は切ってサシエの回転を防ぎよりマキエに近かずけるため
図1 一般的な刺し方で多用する
   頭が付いてる方がグレの喰いは良いし、マキエの沈下する形と同様なため
図2 遠投するときの刺し方、サシエがハリからハズレにくい
図3
図4
頭を取る刺し方でサシエを小さくしてサシエが取られやすくグレが小さいと判断したときや喰い渋り時に多用する
図5 オキアミを背を真っ直ぐ伸ばす刺し方サシエの回転を防ぎサシエに違和感を与えないようにする
図6 頭からの刺し方釣れない時の応用で使用する
 7 喰い渋る時は小粒や剥き身のサシエを使用すると良いし、刺し方も変えると効果が期待できる
 8 サシエの刺し方でハリ先は必ずオキアミから少し出してハリ刺さりを重視する、又ハリ先はグレが頭を齧ることからも、頭にハリ先が届いて少し出る状態にすることが喰い渋り時には大事です
グレが口を使って喰ってくれないと釣れないわけで色々試してみる過程が大事で時間・場所・潮等で此れが絶対に良いと言う刺し方はないがグレは学習能力が高く
私は喰いが落ちたり、釣れない場合は付け方を変えたり、大きさ、ムキミ、頭を取る、シッポ部分を切り小さくする等の付け方をし、グレの学習能力を超えたローテイションをして惑わすことも大事です
サシエの付け方も大事で何時も同じ付け方ではいけません、喰いが悪くなると違う付け方や
大きさ、ムキミ、頭を取る等グレの学習能力を超えたローテイションをして惑わすことも大事です

1  サシエとグレの喰い方について
@ 一般的にはグレ釣りの基本はマキエの中にサシエを同調させてより自然に流すことがベストと言われています、又マキエの中のサシエをグレは喰うと言われています
この事からも私はマキエとサシエは同じものを使用してグレにサシエの違和感を少なくしています
A 私も瀬戸内海や四国の海で小さなグレを釣っているとき、マキエの中にサシエが無いと釣果に大変影響がでる経験がありますし、四国等でも同じです
大量のマキエの中でグレはどの様にしてサシエを選択し喰うのでしょうか、それはグレに聞いてみないと分かりませんが私が思うには色んな形のサシエで釣りましたが此れだと言うものはありませんが・・・

我々人間も沢山の中からは、目立つ物に感心が行きます、グレも同じではないでしょうか、マキエの中のサシエを道糸を利用して誘いを旨くかけることに寄ってグレに感心をサシエに向けさせて喰わす事ではないでしょうか
上記のさし方の他にサシエを大きなもの、喰い渋りでは小さいもの、ボイル、生、ダンゴ等色々工夫して使用する
  喰わない時は色々試して見る過程が一番大事で労を伴うわないで沢山釣れることはない
B グレのエサに対する感心と喰い方は、小グレは大きなエサに群がる傾向があり、大グレは大きなエサには見向きもしないで小グレやエサ取りに少しかじられ廻りに漂う小さなエサを下で待っていて食べるのではないかと思う
グレは動くエサに興味を持つので誘いは重要です、喰い渋り時のウキを軽く沈めて引き戻すを繰り返しての流し釣りは非常に効果があります
大グレは警戒心が非常に強く中々浮いたり磯の近くには近寄らない、じいっとエサの流れてくるのを待っていて食べるように思う尾長は磯壁に付いており、揺るやかな向い潮の磯壁を釣ると良い
C 寒グレは潮の流れによる水温の変化には敏感で常に適水温の水塊を求めて移動しており、釣る場合は潮の流れが変わるたびに小まめにタナの変更やポイントを変えて釣り分ける必要があります

喰い渋りの時は小さいサシエや頭を取ったものやムキミを使用すると喰いが良いし、必ずローテェーションしながら使用して釣ってください
D 冬磯の口太グレは食い渋りが激しく、サシエを口に吸い込み、居食いのような傾向もあり違和感があるとスグに吐き出すので当たりが出にくいし、又サシエの頭のみ口に銜えて飲み込まずに走る場合もあり当たりが出てもスバリを引く傾向も多いです

ハリも細軸で針先の鋭い半スレのあまり小針だとスッポ抜け
(の場合は針を大きくする)があり選択は苦労する、磯で使用中のハリから判断して交換するのがよい
食い込みを上げる誘いを多用して穂先に乗ってから合わすとスバリを引く、ハリハズレのバラシを少なく出来ますから誘いや・聞くという釣り方も大事です
E 最近の寒グレは反転喰いはほとんど無くなって来ていますから当たりが出にくく、居食いでサシエの頭のみかじっている場合が多くなっています、この状況に気が付かずグレが居ないとか、釣れないとか嘆いていますが常にサシエの状態の確認をして見ることが大事です
最近はスルスル釣りが多用されていますが、居食いするグレや喰い渋るグレには当たりが出ず、サシエの頭のみ齧られている場合がありますがグレの場合が多いのです

この場合は固定ウキや当たりウキを状況により使用して当たりを確認しやすくすることが大事ですし、釣り方も誘いを多用してグレの食い気を誘いビメョウな当たりを感じ取る釣り方が必要です

グレはどんな場合もサシエを吸い込み、違和感を感じて吐き出している
この吸い込んだ時のビメョウな当たりを取る事が出来ればグレは必ず釣れます
2 何故、釣り針は上唇に掛かるのか
 @ 釣り針は右図のように、たとえどの方向に向いていたとしても、吸引の瞬間には針先を上向きにして吸い込まれるのである
釣り人が合わすと上唇に
          これが釣り針の非常にすぐれた機能となっている

その場合、流体力学からみて長軸の長針のほうが上向きになる力が強く、反対に短軸の丸針のほうは方向が不安定になり易い
たとえ針掛かりしても掛かる位置が悪くなりパレやすくなる

尾長ハリは口太ハリより、飲み込まれてのハリス切れを考慮して長軸仕様になっているのです
チヌハリはグレハリより軸が長めで上唇に掛かる率が高いのでチヌハリをグレ釣りに使用している釣り人も増えています

吸引される時のテコ作用でウキに魚信は出ます

 A

文献によると魚の捕食方法は
魚は餌の1cm近くまで来てから海水と一緒に餌を吸引する、吸引の時間は24/1秒の瞬間です

魚が餌さに異物を感じて魚が針を吐きだす時は、10cmも針が遠くへ飛ぷことなどが分っています

釣り人が合わせ入れると上唇に掛かる