ジギングのタックルと仕掛けと釣り方  





ジギングのタックルのロッド選び・リールの選定に、 仕掛け・ノットと釣り方のジャークの方法、ライトジギング・キャスティングのタックルやアシストフックの作り方まで載せています     ジグとリーダーの結び強度を高める方法、PEラインは4本縒り・8本縒りラインの選び方やノットの方法も図解で、ジギングに必要な事柄は網羅して又最近流行っているスロージギングに付いても紹介しています

ジギングは一見、単純な釣りに見えますが以外に複雑で難しい釣りです、それは「ジグ」という金属でできた疑似餌を、ジャークというジクの動きでアジ・イワシ・サバ等に似せて小魚を捕食している青物をフッキングさせる釣り方ですから単純なもの程難しいと言いますから・・・・、この釣りは非常に体力がいる釣りですが、ジグをショートピッチ・ロングジャーク等を組み合わせして誘い喰わせて、又体に残る強烈な引きを取り込むまで15分前後味わえるのが最高の喜びですし他のエサ釣りと一線を分けているのが良いし、一度体験するとハマルということになる人が多いです


 上記のコンテツも掲載してます、此処より直接入場できます







T  ジギングロッド               ( このHPの価格は参考価格です )
1
種 類 @  ロッドの種類にはピースとピースがあります (ライトジギングやタチウオには2ピースが向いています)
  A 強度や生産性・コストの面からピースが主流です
  ロッドの部分の呼び名
ロッドは1ピースとバットジョイントがあり、強度重視は1ピースがお勧めです
ティップ・ブランク・バットの割合は乗せ調子・胴調子等により比率が変わる 


2 ガイドのトップ・ティップ・ブランク・バットの 種類
最新のKガイドの特徴と使用部分と形状と種類 
   @ Kガイドのビートフレームは外に膨らんで70度くの字傾斜した構造がPEラインの絡みを自動解除する
   A ガイドフレームには、高さの種類があり、L ( ロウ = 5.5〜6mm ) M ( ミディアムハイ = 6〜8mm ) H ( ハイ = 10〜20mm )がある

MN ステンレス
LF チタン Top
KL-M ・ KL-Hステンレス
KT-L チタンガイド
KW-M ・ KW-H ステンレス
KW-L・KW-M チタンガイド
Kガイドのビートフレーム構造 
    

ガイドフレームは @ チタンとステンレスが有りますがともに下記の四種類の材質がある、ハイテンシルチタンは強度もある
A チタンは高価なのと強度にステンレスと比べて゛劣りますが放熱効果は高いです
1 ベイトは、KW-M・Lハイテンシルステンレスフレームはバット.・ブランク部に使用する、バット部分は特に強度が必要です
      KW-Lハイテンシルチタンフレームはティップ部分に使用する
2 スピニングはKW-Hハイテンシルチタンフレーム(2本足)はバット部分に使用、特に強度が必要です
                  KW-Mハイテンシルステンレスフレーム(2本足)はブランク部分に使用する
         KW-Lハイテンシルチタンフレームはティップ部分に使用する   
3 TOPガイドは負荷が強くて、ハイテンシルチタン製はハイテンシルステンレスに比較しても強度優れてTOPに向いています 

リングの材質 熱伝導率(W/mk) 硬度 HV(Gpa)  曲げ強度(MPa) 比重 
SICリング  60 22〜24  540 32
改良ハードリング 13 12〜14  300 38
トルザイトリング 27 13〜15 1020 33
参考・ダイヤモンド 138 60 - 35
ガイドフレーム材質 硬度 HV   耐食性 強度 N / mu. 比重 
ハイテンシル チタン  4.04 5 1474 5.03
純チタン  0.98 5  343  4.51
ハイテンシルステンレス 3.50 3  883  7.93
ステンレス  1.81 2  520  7.93

リングは @ SICとハードリング他の三種類ありますがPEラインにはハードリングは論外です
A PEラインが擦れて熱を持ち80〜90度で溶解しますから放熱効果の高いSICリングは必須です
熱効果  SICリングは、ハードリングの4.6倍という熱伝導率、ラインが強く急速に引っ張られる時や大きな魚を寄せる時、リングとの接点には瞬間的に高熱が発生する、SICリングなら一瞬で拡散し大切なラインを守る 
スベリ度  SICリングは、宝石レベルの鏡面研磨仕上げで硬く、SICを特殊製法て表面は顕微鏡で見てもツルツルです、ハードリングと比べた糸切りテストでは、摩擦抵抗によって20倍程度のライン寿命を記録してラインダメージを軽減します 
硬度  SICは、ダイヤモンドに次ぐ硬さでステンレスの12倍の硬度です、目に見えない砂や塩が付着したラインはヤスリと同じでPEラインには削れ難く減り難いSICは不可欠です 
重さ  SICは、ステンレスの1/3の軽さで軽量チタンフレームとの相乗効果で感度・バランス等ロッド性能を大きく引き出します
3 ロッドの種類は

1ピースと2ピースがあります
   @ 1ピースの方がより強度があり遠征・大物用は1ピースを選択するとよい
   A 近海ジギングは2ピースで良い

                  持ち運びや仕舞うには2ピースの方が扱いよいが、最近は1ピースものが主流になっています
ロッドの硬さと長さですが 
1.硬さは・・・  硬いとシャクリはし易いし楽です、ジグの動きは激しいがラインに負担が多くなります
柔らかいとジグの動きは柔らかい、シャクリは竿に吸収されて少し動きは柔らかくなります

※ 水深が80〜100m迄で型が50〜80cmサイズが多い時は柔らかめでジグがMAXが140g迄でのロッドが良い水深が
   100m以上で型が1mクラスまでの場合はジグが200〜240g迄でのロッドが良い
 
2.長さは・・・  長いとシャクリはきつくなります、ジグも動きは柔らかいが取り込み時にラインの負担が軽くなります
短いとシャクリはし易いし楽です、ジグの動きは激しいが取り込み時にラインに負担が多くなります
                    
  ※ 一日ジャークを続けるときついので5.4〜5.8フィートの長さが最初のロッドには良い
、 ライトジギングには6.0〜6.5
    フィートの長尺モデルもあるが、最近は短尺が主流です
 
3. ロッドの換算  1. フィートからメートルmへの変換        1ft(フィート) = 0.3048m
 2. オンスとポンドからの g への変換            1oz (オンス)  = 28.35g             1lb (ポンド) = 453.6g 
U メーカーのジギングロッドの紹介    
                     メーカーも種類も多いのですが多くは掲載出来ないので一部のみ紹介します
1  
 ソルティガ コースタル   近海モデル
品  名 全長ft.(m) PE号 継数(本) 自重g 先径/元径mm 価 格 
コースタル  60S-3/4・F      6.0”(1.83) 4 1 255 2.1 / 11.9 51,500
   〃      57B-3/4・F      5.7”(1.70) 4 1 240 2.2 / 11.9 51,000
   〃      57S-5/6・F            5.7”(1.70) 6 1 260 2.4 / 12.9 51,000
コースタル CJ66S-4・F           6'6"(1.98) 4 2 205 2.1 / 12.4  53,500
2
オシア  ジガー   近海モデル
品  名 全長(m) 継数(本) 自重(g) 先径/元径(mm) ジグウエイト(g) ライン(PE号) 価 格
ジガー  S623  1.88 1 - 2.3 / 12.7 90〜180 〜3 49,500
  〃   S624   1.88 1 - 2.6 /  13.6 100〜210 〜4 49,800
ジガー  B565        1.68 1 180 2.7 / 11.4 120〜240 1.5〜4 52,000
   〃     B604        1.83 1 165 2.3 /  9.8 90〜200 3.0〜5 51,000
3 メジャークラフト   NP-JACK   近海モデル
品  名 全長 フィート  (m) 継数 ジグウエイト (g) PE ライン(#) 価 格 

NPジャック NJS-54/5 スピニング

5.4”  (1.62) 1  80 〜200   1.5-4 23,000

NPジャック NJB-55/5  ベイト

5.5”  (1.65) 1  100〜200   1.5-4 23,000
V ジギングのリール  (スピニングとベイトリール)                 
1
 
ソルティガ-15H リョウガ C2025PE-SH ソルティガ 4500H キャタリナ 4500H
品 名 巻上長さ ギャー比 自重(g Max ドラグ PE糸巻量 ベアリング 価 格 
ソルティガ 15H           100 6.4  405 8kg 3-300、4-200 8 /1 44,400
リョウガ ベイジギング C2025PE-SH  87 7.4  350 10kg 2-250、2.5-200 10 /1 26,500
ソルティガ  4500H     110 5.7 610 15kg 3-400、4-300 13/1 90,800
キャタリナ 4000H     102 5.7 430 10kg 3-300、4-200 9 /1 56,000
2
 
オシアジガー 2001NR-PG   オシアカルカッタ 300-HG  ステラ SW   5000HG ツインパワーSW  5000HG

品          名 ギャー比 ドラク゜(kg) 自量(g) PE糸巻量 巻上長さ ベアリング(数) 価 格 
オシアジガー    2000NR-PG 5.1 10 555 4-300、5-220 96 8 /1  54,600
オシアカルカッタ   300-HG 6.0 6 350 2-300、3-200 81 5 /1  42,200
ステラ SW        5000HG 5.7 10 13 435 3-240、4-170 97 14/1 108,200
ツインパワーSW   5000HG 5.7 8 13 420 3-240、4-170 97 11/1  59,500
3 1. 近海の青物の場合は、PE3〜4号糸を200〜250m程度巻けるスプールでドラグ10〜15Kg程度のリールを選ぶ
2. 遠洋の場合はPE5〜6号糸を300〜400m程度巻けるスプールでドラグ15〜20Kgのリールを選ぶ
3. リールはハイギャータイブが早巻きが可能で良い

       最大巻き上げは 小さいもので90cm以上、大きいもので110cm迄が基準です、ライトジギングでは80-90Cm程度が良い
4 リールは海水が付くのでメンテナンスからもウォッシャブル機能の付いた製品が良い 
4
スピニングとベイトリールのハンドルとノブの種類
@


A
ジギングは重いジグをジャークする為にハンドル・ノブは大事です
 ※ 最近はハンドル5-6000番クラスで65mmの長さが付いている、ノブは径45mmが付いている場合が多い
A ノブの握りは大事で径は45mmは必要で力の入り具合も良くなります
B ハンドルの長さも75〜90mmあると重いジグや魚の取り込みが楽です
メーカーのリールにカスタムハンドル交換した写真 
オシアジガー1000 ハンドルアームAA90・ノブAG45Sの交換 ソルティガ15H  ハンドル・ノブAE/90Aaの交換
   
 カスタムのハンドル・ハンドルアーム・ノブ   ( 下線の所からHPに行け交換適合モデル確認 )  
   スタジオオーシャンマーク のカスタムハンドル  
 
10ST5000/4500VU
(ソルティガ交換用)  \18,000
ハンドル83mm、ノブ45mm
10ST4000/3500
(ソルティガ交換用) \16,000
ハンドル68mm、ノブ37mm 
 EX-3000RA/S
チタンハンドルアーム58mm
ノブ30mm \15,000
08SW20000/18000VII
(ステラ交換用)  \17,000
ハンドル88mm、ノブ45mm 
   
AE82/90Aa 15,500円
アルミアーム 90mm
AG45ca  18,500円
カーボンハンドル78-90mm、ノブ45mm
 AG37AA 10,000円
アルミハンドル65mm、ノブ37mm 
リブレ  BJ-66-74 20,952円
ハンドルチタン 66-74mm 

ハンドルノブ (スピニングとベイト兼用) 交換用ノブ゛  ベイト用のハンドルノブ付き
   
ノブ径は、アルミ 39-45mm、EVA 37-45mm
価格は 3,500〜5,200円です 
オーシャンマーク HN AG ノブ
41-45mm \ 5,000前後
長さや大きさは種類が有り 
価格は10,000〜15,000程度です
W メタルジグの色々  ( 重さは60、80、100、125、150、180、200、230、250、300 g と色々あります )                   
1
   
MMジグ380 (ショート)   MMジグ (ショート) 
 オーシャンドミネーター アングラーズリパブリック・スローブラットS
フォール・ジャークでも、短い移動距離でも、確実に水平姿勢をする
2
ブリス アスナロU     (大物狙いの、最近人気のジグ) 
少ない力でヒラを打たせながら泳がせることができる平型ワイドヘッド
形状は活性の低いターゲットに効果的であるスロージャークに最適です
スティンガーバタフライ    JT-055S (ショート)  
スピードジグ フラット&ロング   (左から マイワシ、  ブルピン、ピンク、グリーンイワシ)
最近は上記のフラットタイプのロングジグの135g〜180gをよく多用しています 

 
ソルティガ・サクリファイス スティック    (左から 赤、金、マイワシ、 ブルーピンク、グロー) 
 
 スティンガーバタフライ ロング JT-160L  (左側はフォログラムのヒカリもの)
3 インチク   (インチクは、鯛釣りに開発されたジグですが青物・根魚も良く釣れます)
      最近はインチクのタコベイトを鯛ラバ用のネクタイ・スカートを着けた製品が、根漁・鯛・青物などに良く釣れると発売されています
     
インチク、(これを使い、ハリとタコベイトを付けて自作も出来ます)   YO-ZURI/ヨーズリ インチク
従来のインチク 新しいインチク、(根漁・鯛・青物などが 良く釣れると言われている)
   
ハヤブサ 炎月レッドスポッター  (40〜70g)       ビッグマウス (30〜100g)   HOT’S  ビッグフィン   
4 メタルジグの形の種類    (他にも有りますが代表的なタイプです)


@ ストレートタイプ 引き重りは少ない、フォーリングは速いが動きは悪い
ジャークでアクションを多様してジグ動きを促してアピールを心掛けて使用する
A 前部重心タイプ 引き重りは少ない、フォーリングは遅い、動きは小さい
ジャークでアクションを多様してジグに動きを与えて使用する 
左右異形タイプ 引き重りはする、フォーリングは遅い、動きは巻くだけでスパイラルして動きは良い
喰いが悪いときに魚にアピールする動きを重視するときに良い 
C 左右異形タイプ  引き重りはする、フォーリングは遅い、動きは巻くだけでスパイラルして動きは良い
喰いが悪いときに魚にアピールする動きを重視するときに良い 
D 中央重心タイプ  引き重りは少ない、フォーリングは速い、大きなジャークで切れのよいアクションを多様する
ただ巻きではジグの動きは少ない 
E 後部重心タイプ  引き重りが強いがフォーリングは速い、速い底取りにむいている、センターウェイトに比べ動きは悪い
動きが悪い分ジャークでジグの動きを加えてアピールしないと難しい 
 
5  1. メタルジグには長さで、ショートとロングがあり  左右がストレートと非対象のタイプがあります又魚の形をしたもの等様々な種類が
   あります
 2. 最近の主流はロングの薄型のスピードジグが多用されています色は定番のピンクから金色・マイワシ・サバ・アジ等の ヒカリ物
    (フォログラム)等が好まれます又最近はスロージグも多用されています

 3. 色ですが水深20mで色は灰色又は無くなり真黒になるといわれています又透明度の高い海では50m位まで見えるが日本の本州近海では
   40mからは天候にもよりますが人間には灰色の世界になるといわれています、近海 ジギングでは40〜120m位の水深を釣ります、近海
   ジギングの水深ではジグの色は魚に確認できるのか・・・ 

   私はハッキリは分からないが、魚はどうやら「人」とは違う光の波長が見えるようなので、シルエットとコントラストが人よりクッキリ見えてい
   るのではないかと思います、そのコントラストの違いが常に変化する海況の中で餌の見え方にマッチして確認できていると思います
   結論から言うと色や形で魚の喰いは変わります、これは現実ですからその時の海の状態で変わりますから色々交換して使用してみるの
   が最良です

 4. ジグの重さの水深での使用例の基準
     50〜80mでは 60g〜120g  80〜110mでは120g〜180g      110〜150mでは180g〜250g が目安です      

 5. 潮流の流れが速い場合は上記のgより重くしてボトムの取れる重さのジグに変更する

 6. インチクは最近流行しています、最初は西日本で丸子鉛というオモリに針を結びその針にタコベイトを被せたシンプルなものでマルゴを
   漁師が狙っていた漁具です 
     青物・鯛釣り用に改良された、これが良く釣れるジグとして全国的に広がっています
     青物・根魚も良く釣れますからジギングの時に何本か持参すると青物の釣れないときに時期により鯛・根魚の釣果が楽しめます
6 海中での光の吸収の変化 

@ 深度が深くなると光は水に吸収されて明るさは減り暗くなる
     @ 水深4.5mで陸上の1/4  A水深15mで陸上の1/8になる 
     B 20mから灰色に変わり始めて30mから除々に暗くなり50mでは真っ暗になり、色の判別は出来ない
A 光は7色のそれぞれ波長の異なるスペクトルから成り立ち、水はこれらのスペクトルを選択的に吸収する
水深が増すごとに波長の長いから吸収され、順に青、緑紫、が最後に残る   (下図の通り)
B 一般的には水深25〜50mで海中は光が届かなくなり灰色から黒い世界に変化していく
     ※ 海中の海水のニゴリや太陽の光の強さ、晴れ・曇り・雨の日等で変わる
 C ジギングに使うジグの水深での色の選択は
1  は 5mから暗い色に除々に暗い色に変化して  24mでは黒くなり、 色の判別は出来なくなる
2  は 9mから暗い色に除々に暗い色に変化して  27mでは黒くなり、 色の判別は出来なくなる
3  は 12mから暗い色に除々に暗い色に変化して 30mでは黒くなり、 色の判別は出来なくなる
4  は 21mから暗い色に除々に暗い色に変化して 36mでは黒くなり、 色の判別は出来なくなる
5  は 12mから暗い色に除々に暗い色に変化して 36mでは黒くなり、 色の判別は出来なくなる 
6  は 12mから色が変化しするが除々に濃い青色に変化して39mでも色の変化は少ない 

. 













 
7 スロージグを使った釣り方
             ※ 最近此のスロージギングの釣り方が喰い付が良いと流行っています
  
A 釣り方 ( ロングジャークの要領で )
    1 ロッドを大きく・ゆっくりジャークして止める 
    2 通常のジグは真下に速く落ちて行くが、スロージクは形状が非対称なのでヒラヒラとゆっくりフォールして行く
    3 喰い渋りの時はジグのアピールも強く又ゆっくりフォールするので喰い付き易くなる
    4 スロージギングは此のヒラヒラとゆっくりとジグをフォールしていき青物を喰い付き易くする釣り方です 
 
B スロージク 1 形状は、左右非対称で、長さはショートジグのタイプになります  
    2 引き重りはする、又動きは巻くだけでスパイラル等して動きは良い、形状が非対称なので・・・ 
    3 フォール速度は遅い、又横に向きヒラヒラとフォールして行く
    4 魚へのアピールはフォール速度は遅いし横に向きヒラヒラとフォールしていくので良い
    5 喰い渋りの時にアピールもありジャークを止めた時にゆっくりフォールしていくので喰い付きが良い 
    6  ジャークを止めてヒラヒラとゆっくり落ちて行く、此れがスロージグの基本で此処で喰わすのが特徴
 
スロージグ独特のジャークやフォールの動きの図 
ジャークの動き (水平に移動する)  フォールの動き  (水平に移動する)  
 
スロージグの種類 (形状は色々あり、それでホールの動きも違ってくる)  
  長さは短尺    左右非対称の形状 
 
X PEライン   (PEラインもピンからキリまでありますが最近のはほとんど差が無くなってきました)                           
1
PEライン・ナイロン・フロロの特性比較表

ジギングのラインは伸度・強力・細さ・吸水性・耐光性の利点を考慮して使用するのが良いです
透明性と耐磨耗性の欠点はリーダーを使用してカバーするのが良い

項目/糸名 ナイロンライン フロロカーボンライン PEライン
剛軟度(硬さ) やや柔らかい、リ−ルに馴染みやすい 硬いためハリスに向いている 柔らかくガイドに絡みやすい
比重(重さ)
真水は1.0
1.14〜1.16
比重がフロロより軽く沈みにくい
1.78
比重は重く沈みやすい
0.97
比重軽く浮いてしまう
伸度(伸び) 20〜45%、平均的に伸びて伸びが無くなって切れるが伸縮性に優れ、衝撃に強い 17〜37%、初めは伸びないがある加重から伸び始める、伸びはあるがナイロンより伸びは少い 4%延びは少なく感度は良い
屈折率真水1.33 1.53〜1.62、 透明性大 1.42透明性に欠けるが水中で見えにくい 屈折率はなく見える
吸水性 あり(8〜10%) 吸水するとクセが取れる、10時間に漬けていた場合、5%程強力が低下 ほとんど無し水中でも強度は変わらない 無し(編糸はあり)
耐熱性 強い 低温には強いが高温に弱い 高温に弱い、(80〜90℃位で溶解)
耐磨耗性 分子と分子の構造であり、強いが傷が付きやすい
コスレに弱くキズができると切れやすい
縦繊維の構造であり、強いが摩擦熱には弱い
コスレに強くキズが入っても切れにくい
擦れや摩擦熱に弱い
耐光性 紫外線に弱いコーティングして劣化を防でいる 強い 殆ど劣化しない
引張強力 100%( 70〜107Kg/mu) 90〜95%( 60〜96Kg/mu) 200〜250%
結束強力 80〜90% ( 60〜93Kg/mu )
80〜85% (45〜72Kg/mu) 50〜90%
沈降性 シンキング、フロートの両タイプ可能 比重が高く、沈降速度が速い -
価格 安い やや高い 高い
用途 柔らかく扱いやすいので道糸として利用される、吸水や紫外線による劣化がある 見えにくく自重があり感度もいいのでハリスに最適、結び目が弱い 伸びがないので船釣りに最適、擦れに弱く、もつれやすい、色落する
 
2  PEラインの特徴

PEラインはポリエチレンマルチフィラメント、又は超高分子ポリエチレン(ダイニーマ)の原糸を4本又は8本編んで作られています
@ 比重が0.97と軽く浮いてしまう A 擦れや摩擦熱に弱い、(80〜90℃位で溶解)
  B ラインが柔らかくライントラブルが多い  C 耐光性には強く殆ど劣化しない 
  D 引張強力がナイロンの2.5倍以上あり強い E ラインの伸びが小さく当たり等がダイレクトに伝わる 
  F 吸水性が無く、紫外線にも強く劣化し難い  G 最近はフロロとの複合ラインが作られている 
  ラインには「8本縒り」と「4本縒り」の種類があります
  A 強度は8本縒りが断然強いがラインが高価です、4本縒りは強度は少し落ちるが価格は半額程度とリーズナブルです
  B 用途によりラインを選ぶのが良い  
    @ 「4本縒り」は  ライトジギング ・ エギ ・ ロックフィツシュ ・ シーバス ・ 船釣り等に使用する 
    A  「8本縒り」は  ジギング・船釣り等の大物釣り等に使用する 
      ライトタックルで使用する、軽いジグを使用する時又潮の流れが速くてボトムが取り難く、潮の抵抗の少ない細いラインを使用しなくてはいけないときに良い 

ラインのタックル作成時での結束・使用頻度・他で、下記の@〜Cの内容で落ち弱くなる
  @ ノットや結びで2割落ちる A 使用頻度・年数、紫外線劣化で2割落ちる
  B ガイド抵抗で2割負荷が増す  C 潮の抵抗やタチの突っ込みや合わせの瞬間強力も大きく2割負荷が増す 
      ※ タックル作るとライン強力は8割落ちると予測してドラグ設定するのが良い試算すると下図の様になる
      此れでドラグの設定をしていると大物が釣れた時もラインブレイクの危険は非常に少なくなる 
                                    
                              
     メーカーでも太さが違うので強力も違いがある、数社のメーカー強力の範囲の中間を実質強力の基準にしています
PE号数 ポンド
(lb)
ナイロン
規格号数
規格強度
(kg)
メーカー表示強力
(8本縒り)
 実質強力
(8本縒り)
ラインのタックル作成時の
8割減の強力 (Kg)
ドラグ設定強力
安全率をみて
 
2.0 号 20 lb 5号 9.07kg 13.0 〜 18.0 Kg  15.5Kg 3.1Kg 2.6〜2.9 Kg 
3.0 号 30 lb 7号 13.61kg  20.4〜 22.7 Kg  21.5Kg 4.3Kg 3.8〜4.1 Kg 
4.0 号 40 lb 10号 18.14kg  27.0 〜 29.0 Kg  28.0Kg 5.6Kg 5.1〜5.4 Kg 
5.0 号 50 lb  14号 22.68kg  32.0 〜 35.3 Kg  33.6Kg 6.7Kg 6.1〜6.4 Kg 
蛇足になりますがラインの強度・強力について書てみました
ラインの強度と強力の違いは
@ 「強力」は、ラインの一部をランダムに切り取り、その両端を引張り試験をして切れた時の荷重の重さの kg をいう
       
※ 6Kgまでは切れませんと 「lb」(I.G.F.A(国際釣魚協会ルール)や 「Kg」 で表示されているものです
A 「強度」は、1デニール当たりの糸の引っ張りの強さを表す単位であり、強い糸ほど数値が大きくなる
                    ( 強度の数値は、糸の直径に影響されないので、一番比較がわかりやすい単位です )
          ※ デニールとは単位のことで、糸の長さ9,000mの重さ1gが1デニールになっている
ナイロンの規格は 「標準直径」が有ります、此れは1号では0.165mm以上と定められています    
 1 唯一ナイロンのみ規格が定められていて、フロロ・PEには定められた規格は有りません 
 2 規格のライン径は意外にその許容範囲は広くラフで、1号の実際の製品は、1号は0.165〜0.184mm(1.25号)の間で製造されていますからメーカーにより、1号の太さが違うので当然強力も違いますから、1号表示の 「kg」 での正確な強力の比較は出来ない 
 3 ナイロンラインの強度の比較は、「実径」を測って比較する必要が有ります、号数のメーカーの強力表示をそのまま信頼は出来ない 
  ラインの重さを表す単位としては、「デシテックス」がある、長さ10000mで1gの重量が1デシテックスです
   ※ 最近はこの表示が多い、デニールとは単位のことで、糸の長さ9,000mの重さ1gが1デニール
            になっている
ナイロンライン1号なら 245デシテックス、1号で100mのラインならその重さは2.45gになる 
PEラインは規格はなく、判断はメーカー表示のみとなり、
             ( メーカーラインには 「lb」・kg」 の強力とPE号が表示されています ) 
 1 メーカーにより製法精度は違い、同じ号数でもそれぞれ太さは違いますから強力も変わります
デニール表示が無いなかでは kg」 表示が判断基準になりますが号数の太さが違うので本当の比較にはなりません 
 2 メーカーの 「kg」表示を頼りに実際に使用してみて自分自身で判断するしか有りません 
     ※ 各メーカーが同一基準で商品に表示してくれると良いのですが、   (一流メーカーの信用度に頼るしか無いのでしょうか)

 リールのドラグの調整は必ず行う ( 大物を掛けた時のラインブレイクは悔やみますねその時の対策に ・・・ )                                 

1 ノットも大事ですが、ドラグの調整を怠りラインブレイクを起こしている釣り人を多く見受けします
2 リールのドラグ調整の違いでラインは切れます
事由はロツドのガイドの摩擦抵抗を忘れています、意外とガイドの摩擦抵抗は強く、リールの調整だけではドラグが強すぎて大物を掛けた時にラインブレイクを起こします
3 感に頼らずバネ測りを使用してタックルを作り、そしてジグを付ける場所にバネ測りをセットしてラインブレイクするのではと判断する限界少し前で計測して毎回同じ設定をしてください
4 下記に計測の方法を図解します 
5 ドラグの調整でロッドとラインの角度は90度でしてください、合わせは90度前後でしますから切れる前にはドラグは出ます、
取り込みの時は、大物の掛けた時の初速の走りは強烈でドラグがスムースに出ないと切れる場合もあり、その時は合わせた後スグにロッドの角度を120〜180度に換えればガイドの抵抗が減りドラグがスベリ出してラインブレイクを防ぐことが出来ます
このようにロッドの角度を変えてドラグの調整が出来るので引きの強さで角度を変えながら取り込みします

     (基本のドラグ設定は必ず必要ですし此れをしないとロッドの角度を変えても切れることが有ります)
ラインの直線強力は
4号PEラインは27Kg〜Max29Kg ( 規格は18.14Kg )、実質は28kg位です
ナイロンのリーダーラインは18号で27.22Kgです

@ドラグの調整はノットや結びで2割程度落ちる
A使用頻度・年数で2割程度落ちます
Bガイドの抵抗で2割程度増す、海流の抵抗で2割増す

バネ秤のKgの設定は、直線強力を平均28Kgとし、8割減として計算し5.6Kgで余裕を入れて5.1〜5.4Kg程度で設定するのが良い
   ※上記の数字は目安で実際に右図のように実践して設定ください
    
ドラグが設定Kgで滑り出すように設定する
ロッドとラインの角度は90度で行う

3
  ジギング用 4本縒りPEライン   
   
東亜 レグロンPEエキサイトゲーム
3号 直強力 20.4Kg
 YGK G-soul SUPER JIGMAN X4
3号 直強力 22.7Kg
  
ユニチカ パワージギングデラックス
3号 直強力 16Kg
サンラインディープワン
3号 直強力 16.2Kg

  ジギング用 8本縒りPEライン   
 
VARIVASアバニ ジギング10×10  
3号 直強力 21.7Kg
YGK G-soul SUPER JIGMAN X8
3号 直強力  22.7kg
ユニチカ パワージギング
3号 直強力 21.3Kg
サンライン PEジガー8HG
3号 直強力 21.0kg
PEラインは紫外線劣化が無いので価格は高いですが長持ちしますがキズ・熱には弱いです、又伸びがほとんど無いので深い棚からジグを引き上げてくるジギングラインには向いています
PEラインは近海ジギングでは最低200mは巻いてください
4 ナイロンリーダー    (ナイロンリーダーはメーカー品を使用すれば特に問題はない)
     ※  フロロカーボンもあり根ズレには強いが、太いラインの12〜22号を使用するので柔らかく、ジグの動きやすい・結び易いナイロンを
     お勧めします
 
バリパス
ショックリーダー (ナイロン)
3号(12lb)〜60号(200lb)
ユニチカ
シルバースレッド
(ナイロン)
4号(16lb)〜35号(130lb)
サンライン
ソルトウォーター (ナイロン)
3号(12lb)〜40号(150lb)
デュエル
船ハリス (代用)  フロロ 
3号(12lb)〜16号(55lb) 
5  1. PE3号にはリーダーは12〜16号を5m程度結ぶ (90Cmクラスのブリ・ヒラマサは取れます)

 2. PE4号にはリーダーは16〜20号を5m程度結ぶ (1.0mクラスのブリ・ヒラマサは取れます)

 3. PE5号にはリーダーは20〜28号を5m程度結ぶ (1.2m超えクラスのブリ・ヒラマサ・マグロ・カツオ・GTに対応する)
Y FGノット    ( ジギングのリーダーとPE糸の結び方 )
                                結びを作らず、編み込みの摩擦抵抗でリーダーとPEを止めて強度を持たす結びです
                                 結びは他にも色々ありますがFGノットがシンプルで良く、これ専用で使用するのがベストです
1
ラインの端の処理・・・リーダー及びPEライン共に線香を使用して端を焼く事を実行する (ライターでも良いが焼き過ぎに注意する)
                                    1. リーダーは焼くと少し丸くなりスッポ抜けを防ぐ
                                    2.
 PEラインは焼くと丸く塊り、ホツレが無くなるしスッポ抜けにも良い 
2 PEライン とPEラインのつなぎ方  ( ラインが縺れて切れた時の強度ある結び )
交互ハーフヒッチの結び方  ( 片方を5〜6回結ぶ ) 両方を結んだ図
 ( 両端を締め込みラインの端はライターで焼く )
 
3 手作り簡単ノット結び器具
                            「 作成方法 」   投げ釣り用のテンビンのステンレス棒を加工して収縮ゴムを取り付ける方法で作成する 
 
特性、手作りのFGノット結び
右端のU型部分にPEライン3回巻き巻き付けて使用する (ゴムを付けているのでPEがスベリにくい) 
Z パワーサルカン・フック・アシストフック 他
1
   
ジギングサルカンの色々  ジギングサルカンに
スプリクトリング 
パワー・ボールベアリング
サルカン 
 3本フック
アシストフック 
  
2
 
リーダーとサルカンとの補強結び
サルカンの金属部分が細くリーダーが切れ
易くナイロンチューブを入れて強度を上げる
 
アシストフックを
ダブルでの使用  
 ジグにシングルアシストフックをセットしたもの
現在は根掛りを考慮して下にイカリフックは付けず
アシストフックのみで使用
 
3 アシストフックの作り方  ( フックとラインは下記の製品を使用する ) 
フツク ・シャウト・クダコ 2/0〜4/0 のサイズ
70cm程度は2/0、90cm程度は3/0.、110cm程度は
4/0サイズを使用する 
 ダニマート 30-50号 ・ ケプラーダニマート30-50号
70cm程度は30号、90cm程度は40号.、110cm程度
は50号を使用する

自作のアシストフックの作り方の手順 簡単な結びですが強度は私が使用しても一度も問題が起きたことはありません
           
  ( ショートジグはアイから3〜3.5Cmの長さに、ロングジグはアイから4.5〜5Cmの長さに ) 

 
4 救命胴衣と防寒ブーツ・FRP製ブーツ・夏用運動靴・サングラス 他  
  1. ライフジャケットは、 サスペンダー ・ ウエストベルトタイブから選ぶのが良い ( 夏場には涼しくて良い ) 
  2. 自動膨張式と手動膨張式のタイプがあります  ( 小型船舶用救命胴衣 国土交通省型式承認品の製品がよい )
  3. 秋・春用のブーツは船用(FRP)ボートグリッパーソールのものがスベリ難くてよい 
  4. 釣り用の靴は
     A 冬用は、スノーブーツが良い、スベリ止めや防水・防寒機能も優れている
     B 春・秋用は、下部防水のショートブーツが良い 
           C 夏は運動靴で横は防水で上はメッシュ製のものがムレなくて良い
  5. フッシンググローブは冬(ネオプレーン製)・秋春(合成皮製)・夏(合成皮とメッシユの併用製)が良い 
  6. サングラスはUVで色は薄いものとサイドフレームは紫外線の入りを防ぐ太いものが良い










サスペンダータイプ ウエストベルト 竿尻当てベルト  下部防水ショートブーツ メッシュ運動靴 防寒・防水スノーブーツ

  ヤイバXプライヤー付きフッシングナイフ フィッシンググローブ フィッシンググリップ ・ ナイフ
スプリットプライヤー ・ バサミ (金属品)  UV・偏光サングラス
5 クーラー ・ タックルBOXの選択 
タックルBOXはEVA樹脂製とプラスチィック製があり、使用用途で選ぶのが良い
          ※  大きさは好みと入れる道具の量で決める 、EVA製は大きさは2〜3種類は有ります
 
 EVA製タックル
バック、35L、40L 
 EVA製タックル
バック25L 
ドカットD-4700
タックルケース
透明タックル
ケース
つば付きニット帽
 
クーラー ・ タツクルBOXに取り付ける便利グッズ (ロッドホルダーを含めカップ・ドリンクホルダーと多用な取り付けが可能です)
            @  吸盤で取り付け可能で簡単ですが取れやすいので両面テープで固定する方が良い
            A BMO ビーエムオージャパン製品
            
つりピタロッドホルダーBM-B5QLH-ST 寸法外形 50×内径 45m、長さ 305mm取付け部 54×40mm 
 
ドカットにロッドホルダー
二連を取付け 
つりピタホルダー
取付け位置調整可: 
カップホルダー  ドリンクホルダー 取付け部分図
吸盤で取付け 
2連ロッドホルダー
ネジ出取付け 





ドカットにロッド
ホルダー取付け 
取付け部分を接着  上蓋ストッパー
取付け 
上蓋取っ手の取付け  底にゴムの滑り止め接着

クーラーの断熱材は、下記の順に断熱効果が優れていますが価格も高い順になります
                 @ 真空パネル  A ノンフロン発泡ウレタン  B HPウレタン  C スーパースチロール  D スチロール

スーパートランク大将II  HPウレタン 22,000 トランク大将 ノンフロン発泡ウレタン 44,500 ビッグトランクII スチロール 46,000
     
 NS 3500WD (内寸 24.0×52.0×24.0) GU 5000X (内寸 28.5×73.0×23.0) S 8000  (内寸 32.5×79.5×27)
[ ジギングのライン強度の規格比較表  (ポンドとナイロン号数の比較はメーカーにより違いはあります)
                                                                                    ※1lb=0.4536kgで換算しています
1
ポンド(lb) PE号数 キログラム(kg) ナイロン号数 直径m/m
8lb 0.8号 3.62kg 2.0号 0.235
10lb 1.0号 4.53kg 2.5号 0.260
12lb 1.2号 5.44kg 3.0号 0.285
14lb 1.4号 6.35kg 3.5号 0.310
15lb 1.5号 6.80kg 3.75号 0.320
16lb 1.6号 7.25kg 4.0号 0.330
20lb 2.0号 9.07kg 5.0号 0.370
25lb 2.5号 11.34kg 6.0号 0.405
30lb 3.0号 13.61kg 7.0号 0.435
ポンド(lb) PE号数 キログラム(kg) ナイロン号数 直径m/m
35lb 3.5号 15.88kg 8.0号 0470
40lb 4.0号 18.14kg 10号 0.520
45lb 4.5号 20.41kg 12号 0.570
50lb 5.0号 22.68kg 14号 0.620
60lb 6.0号 27.22kg 18号 0.700
70lb 7.0号 31.75kg 20号 0.740
80lb 8.0号 36.29kg 22号 0.780
90lb 9..0号 40.82kg 24号 0.810
100lb 10..0号 45.36kg 28号 0.870

ナイロン太い径の号数 (直径m/m) 
  m/m    m/m     m/m     m/m     m/m     m/m     m/m  
24号 0.810 26号 0.840 28号 0.870  30号  0.910  35号  0.985  40号  1.050  50号  1.170 
フィートからメートルmへの変換 1ft(フィート) = 0.3048   オンスとポンドからのgへの変換    1oz (オンス)  = 28.35g   1lb (ポンド) = 453.6g
\ ジギングのラインシステム   (水深と対象魚ブリのサイズを設定の条件にする一例、目安にしてください)
1
1 水深50〜80m 対象魚 (例、ハマチ)は90Cm迄でのサイズ
    竿 コースタル  60S-3/4・F 、    糸 PE3号、 リーダー12〜16号、 ジグ 60〜120g
2 水深80〜110m  対象魚 (例、ブリ・ヒラマサ )は100Cm前後のサイズ 
    竿 コースタル 57B-3/4・F 、     糸 PE4号、 リーダー16〜20号、 ジグ 120〜180g
3 水深110〜150m 対象魚 (例、ブリ・ヒラマサ )は120Cm、超えクラスの大物サイズ 
    竿 コースタル 57S-5/6・F 、    糸 PE5号、 リーダー20〜24号、 ジグ 180〜250g 
2 上記のシステムはあくまでも一定の基準ですから、ロッドの強弱やリールのドラグの閉め方や使用ラインにより又釣り人の取り込みの上手下手にもより変わりますから、自分の腕に合わせたものを確立してください

リーダーはPEラインよりも2ランクから4ランク上のものを3m以上使用してください

ジグは潮の流れが速い場合は、重いものに又ボトムの取れるものに変更してください
3 ジギングのラインシステムの図 
スピニングタックルで
深場狙いで
1mクラスの青物を取り込める  
ベイトタックルで
 浅・中場狙いで
90cm程度の青物の取り込める 
 
] ジギングのジャークの種類
1 基本のジャーキング
 1 . ロングジャーク
 2 . ショートジャーク
 3 . スバイラルジャーク
4. スロージャーク
5. ハイピッチジャーク
6.  ハイスピードジャーク 

1〜6までのジャークの組み合わせ 
2 ジャーキングのバターン
A リトリーブの長さ  B ビッチ&ストローク  C リズム
 1.  タテ引き
 2.  ヨコ引き
 3.  ナナメ引き 
 1.  ハイスピード
 2.  ショート
 3.  ロング
 4.  ハイピッチ 
 1.  最後まで一定
 2.  最初早く途中から遅く
 3.  途中でイレギュラーを入れる 
3 ジャークの図解

狙う層の横・斜め・縦のジャークとジャークの種類
4 ジャークの組み合わせ
 1. ジャークには基本があり、それを基本通り使用して釣れる場合は良いが中々旨くはいかない
 2. 次は リトルリーブを加えてジャークする
 3. 次は それにプラスしてビッチ&ストロークを加えてジャークする
 4. 次は それにプラスしてリズムも付け加える

 以上のように組み合わせることにより、ジグを動きをアジ・イワシ等の逃げる時の動きに似せて青物の関心を誘う
 しかし、日により場所により青物の喰うパターンが違うのでいち早く、今日のパターンをつかむことが出来ればフッキングできる
 又ジグとの色・大きさ・長さ等の組み合わせも早くつかむことが重要で釣れた人から教えてもらうのも早道です

 自分のジャークのパターンを作り対応する、   日頃よりジャークのバターンを何通りも考えて練習しておく必要があります

 たとえばの例 (距離は10mにしていますが10m又は15mでも良い)
 1 ボトムから10m位は早巻き、次の10mは遅巻きのロングジャークにストップを入れる、次の10mは早巻きのショートビッチ
 2 ボトムから10m位は遅巻き、次の10mは早巻きのショートビッチ、次の10mは遅巻きのロングジャーク

 以上のような例を考えて実践で使用してどのような組み合わせが自分に合っているかを早く見つけることが上達に繋がります
5 ジギングの釣り方・釣り場所のポイントの海中の予想図 

1 基本的には青物は大きな根の廻りに潜んでいて小魚を捕食しているので此処がポイントになります
 2 ジギング船は根の潮上に船を付けて根の上を通り潮下に流します、最初に船を流し始めた場所が一番良いポイントになります 
 3 次に大小の根が点在している場合は小さな根・岩の廻りもポイントになります 
4 釣り方は確実にボトムを取り根掛りしないようにスグにボトムを切ることが大事です
後は上記に記載しているジャークを組み合わせて青物に如何にアピールする事が出来るかがポイントになります 
 5 早く今日のジグの色・型とジャークのパターンを見つけることが釣果に繋がります 

 



太刀魚のサーベリングについては、別のコンテツに仕上げています
上記の 「太刀魚の仕掛けと釣り方」 から入場ください


ライトジギング ( ハマチ・マルゴ・根魚 )のタックル
1 ライトジギングで狙らう根魚

最近は漁礁の有るポイントで狙える根漁は水平ジグやインチク等使用して釣ると良型が良く釣れます
 魚種はハマチはもちろんですが・・・
   クロソイ ・ ムラソイ ・ マハタ ・ アオハタ ・ ソイ ・ アコウ ・ ウッカリカサゴ ・ チカメキントキ ・ ガシラ ・ オニカサゴ 等
       ※ 食べても美味しい魚種でもあり、色んな魚が釣れるのも楽しいですね
 
  ライトジギング用 リール   
 
  リョウガ ベイジギング
2025PE-SH
キャタリナベイジギング
200SH
ソルティガ 350H  ステラSW 4000XG オシアコンクエス300HG

ベイト
 品 名 ギャー比 ドラグ(kg)  自重(g)   糸巻量(PE)  巻取長さ  ベアリング 価 格 
リョウガベイジギングC2020PE-H 7.4 10.0 350 2-300、2..5-250 87 10/1 56,500
キャタリナベイジギング200SH 7.3 7.0 295 2-250、2.5-200 81 6/1 34,000
オシアコンクエスト  300HG  6.2 7.0 345 2-380、3 -240 84 10/1 54,000
オシアコンクエスト  200HG   6.2 5.0 285 1.5-200、2-150  78 10/1 53,600

スピニング
品 名 ギャー比   ドラグ(kg)  重量(g) 糸巻量(PE)  巻取長さ ベアリング 価 格 
ソルティガ  350H 5.7 10.0  455 2.0-300、3.0-200 98 13/1 85,500
キャタリナ 3500  4.9 10.0 430 1.5-350、2.0-300 84 9/1 55,000
ステラSW    4000XG 6.2 7〜11  380 1.5-320、2.0-210 95 14/1 92,000
3
ライトジギング用 ロツド 

ソルティガ・ベイジギングモデル

品  名 型番  長さ 継数  重量 先径  元径  jigウエィト (g) PE号 Max 価 格
ソルティガ コースタル  (スピニング)   62S-2/3・F 1.88  1 240 1.9 11.9  3 52,000
ソルティガ BJ  (ベイト)  66XXHB 1.98  1 155 2.0 10.4  90 -180  3 48,500

メジャークラフト ・ライトモデル     (ステンレスSICガイド)


ハマチ・タチウオといったターゲットを狙うワンピースモデルです 
品  名 長さ 継数 jigウエィト (g) PEライン  価 格
NPジャック NJS-58/4 1.74 1 60〜 150 1.0〜3.0  22,500
    〃   NJB-57/4  1.71 1 60〜 150 1.0〜3.0  22,500

持ち運びに便利な2ピースロッド
品  名 長さ 継数 jigウエィト (g) PEライン 価 格
クロスステージ  CRJ-B64LJ  1.92  2 60〜 150 0.6〜1.5 12,500
クロスステージ   CRJ-S64LJ  1.92  2 60〜 150 0.6〜1.5 12,500
4  ライトタックルの一例です、イナダ〜ハマチ等の多様に使用可能です

ベイト用タックル   スピニング用タックル 

   ロッド  リール  ライン
1   @ ソルティガBJ  66XXHB A リョウガ2020PE-H B PE2.0号200mにリーダー8〜10号を4m結ぶ
 2   @ ソルティガコースタル  62S-2/3・F A. ソルテイガ350H  B PE2.0号200mにリーダー8〜10号を4m結ぶ
 
5 ライトジギング用 PEライン ・ リーダー及び使用するジグインチク
 
バリパス
ショックリーダー (ナイロン)
3号(12lb)〜60号(200lb)
ユニチカ
シルバースレッド (ナイロン)
4号(16lb)〜35号(130lb)
デュエル
船ハリス (代用)  フロロ 
3号(12lb)〜16号(55lb) 

     
  東亜ストリング 
ライトジギングPE (8本縒り)
YGK 
G-soul SUPER JIGMAN X8
  サンライン 
ディープワン8HG (8本縒り)
 ユニチカ
ライトジギング専用スーパーPE (4本縒り)

スロージグ独特のジャークやフォールの動きの図 
ジャークの動き (水平に移動する)  水平ジグ  フォールの動き  (水平に移動する)  
   

根漁に向いているジグ
従来のインチク 新しいインチク、(根漁・鯛・青物などが 良く釣れると言われている)
   
ハヤブサ 炎月レッドスポッター  (40〜70g)       ビッグマウス (30〜100g)   HOT’S  ビッグフィン   
 


キャスティングのタックルと釣り方
1 船からジギングを している時に急に「ナブラ」出来る事があります、此処にミノープラグを放り込むとハマチ・ブリが喰い付く穂先が曲がりヒットの感触が手に伝わります、この感触はたまらないものです
サイズは50〜80Cmクラスがヒットすることが多いですが時には大物も釣れることがあります
               ※        ジギングに行く時は必ずキャスティングロッドも一本もって行くことをお勧めします
2 リールはドラグ7Kg以上でPEが3号が200m以上巻けるものが良い  

キャスティング用 スピニングリール
ソルティガ 350H  キャタリナ 4000 ステラSW 5000HG ツインパワー5000HG
 
品番 ギャー比   ドラグ(kg)  重量(g) 糸巻量(PE)  巻取長さ ベアーリング 価 格 
ソルティガ    350H 5.7 10.0 455 2.0-300、3.0-200 98 13/1   85,500
キャタリナ   4000  4.9 10.0 435 3.0-300、4.0-220 87 8 /1   57,000
ステラSW     5000HG 5.7 10.0 435 2.0-350、3.0-240 97 14/1 108,200
ツインパワー5000HG 5.7 13.0 420 2.0-350、3.0-240 97 11/1   59,500

3
ロツドの選択
      1. 8フィート位でも良いがショアーからも使えることも考えて汎用性の高い 10フィートがお勧めです、船からの
        使用にも此の長さであれば遠投も出来て使い勝手に問題はない (長すぎるという問題も無いし2本継ぎで携帯に便利)
      2. ジグウエイトは40〜100g使用可能で、PEは3〜5号が使用可能なものが良い
      3. ジギングが主体の場合はメジークラフトの製品で、キャスティングを多用する人はダイワ・シマノの製品を進めます
        
キャスティング用 ロッド
 
品  名 全長 フィート  (m) 継数 MAXジグ (g) PE ライン (号) 価 格 
ソルティガ ドラド    MO 83S・F 8.3”  (2.52) 2 20〜70  〜4 57,000
オシアプラッガー  S80ML 8.0”  (2.44) 2   〜80  〜4 54,600
エヌ・ビー・ジャック  NJC-86YFT 8.6”  (2.58) 2 15〜60  〜6 28,500
クロスライド         XRS-1032PLG 10.3” (3.09) 2 30〜100  3- 5 36,500
近海ジギングの小中青物のシヨアーからBOATからもナブラに直接キャストして使用できる
 
4
ミノープラグ  (フローティングタイプとシンキングタイプの両方あると良い) 
     @ サイズは12 Cm (ハマチ 65〜80Cmサイズ ) 9 Cm (ヤズ・ハマチ 40〜60Cmサイズ )
           ※ ブリ用は14〜18 Cm (ブリ・ヒラマサ80〜100cmサイズ)サイズを使用する
     A サイズは二種類が有ればよい
     B カラーはイワシ・アジ・サバの三種類揃えておけばよいです 

ミノープラグの一部を紹介
5 キャスティングのタックル図


タックルは @ハマチ・ワラサ・マルゴのクラス  Aブリ・ヒラマサのクラスです
   ロッド  リール  ライン
1 @ クロスライド XRS-1032PLG A  キャタリナ 3500 B PE3.0号200mにリーダー14〜18号を4m結ぶ
2 @ ソルティガ ドラド    MO 83S・F A  ソルティガ  350H B PE4.0号200mにリーダー16〜20号を4m結ぶ
6 釣り方
 
1  基本はベイトがライズしている先にミノーを投げてライズの中をリトリーブする
2  リトリーブの仕方は遅巻き・早巻きと組み合わせに、小さなトィッチを入れる 又此れの組み合わせで行う 
3  当たりはガツンとくることがほとんどです
4  喰い悪い時はミノーの色や大きさを変えて釣る
  ※ ルアーのチョイスはライズのベイトが何かを確認して選ぶ又大きさもベイトに合わせるようにする
 

ジ ギ ン グ で 釣 れ る 魚 の 種 類
ブ  リ ヒ ラ マ サ
ブリ・ヒラマサの〆方 
 

 @黄色い目の斜め上部分にナイフを差し込み神経を切断して〆る 又はエラから黄色の部分にナイフを刺し込み〆る事も出来る
 Aシッボの赤い印の部分を切り魚をまげて脊椎の血抜きをする
 Bエラ蓋を開いてエラを取り除く   (エラには体内の血が回るのでエラを取り除くと体内の血も抜けてくる)
 Cさらに血抜きを完全にするために、バケツに海水を入れてその中に入れて血抜きを続行する
   血はスグに固まるので海水で固まらない様にして血抜きを続行して完全にすると魚を美味しく食べられます

 Dブリの旨味成分は、他の魚より多く含んでいるヒスチジンというアミノ酸によって引きだされます
   この旨味成分は、ブリを〆てから1〜2日間の時間をおいた方が熟成されて尚一層旨み成分が作りだされます
   三枚におろしてからチルドで1〜2日保存して食べると旨み成分が増幅されて美味しくなります
 Eブリには、タンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンD、ナイアシン、 DHA(ドコサヘキサエン酸)、
   IPA(イコサペンタエン酸)、鉄、カリウムなども含まれています
        ビタミンB12は、血合肉に多く含有され、ビタミンB2は、中心から尾の部分の背部の皮に多いとされています

 Fブリのさばき方は   は此処をクリツクしてください

4  サワラ カンパチ  マダイ 
シイラ  ヒラメ  タチウオ 
 
クロソイ ムラソイ メダイ
マハタ アオハタ アコウ
チカメキントキ ウッカリカサゴ アマダイ


斎灘のジギングの釣り場    

( ハマチはジグとアジの泳がせ釣りで釣れます、根魚のアコウ・ホゴ等も釣れます)
1
2
@ 斎灘のハマチの釣り場は 来島海峡にあり潮は速く、大潮は底取りもままない位に潮が速く非常に釣り難い、釣り行きは中潮と小潮の釣り
   行きが良い、中・小潮でも潮は良く動き釣り易く根掛りも少なくて釣り易い
A 水深は50m〜80mの釣り場が多いが、潮が速く中潮でジグは170g〜210gの重さが良い、 大潮になればジグは220g〜270gの重さが
   必要になりますが、此れでも流されます
B 底は荒れた岩場で根掛りも多くて大潮の時は5-10本のジグのロスの覚悟必要です
          
B 色は ピンク ・アジカラー系が喰いが良いようで、根掛りを考えてロングジグが有効です、左右異型ジグやベイトが小さいのでショートジグも
   用意しておくのが懸命です
C 上図の黄色の線がポイントです
   追加 ハマチは伯方島 ( トウビョウ鼻 〜金ケ崎 ) ・ 岩城島 ( 狐隠鼻 )間の水道も釣り場です

斎灘の魚種の釣り時季は

@ ハマチは9月後半から12月初旬までが盛期で、5月初旬から9月初旬まではボツボツとは釣れます
   ハマチはジギングで喰いが悪いとアジの泳がせ釣りで釣れますからジギングと泳がせの二刀流で皆さん釣っています
   ※ 伯方島・岩城島の水道は10月初旬から11月後半迄が盛期です

A 真鯛の乗っ込み時季は5月初旬から5月後半頃まです、夏・秋は8月初旬から10月中旬頃まで良く釣れます
        ※ マダイはタイラバーでは5月から10月で釣れます、冬季はサビキで釣ります又海エビのシャクリ釣りでも釣ります 
B アコウは5月初旬頃から釣れ始めて7月初旬から9月中旬までが盛期で10月中旬頃まで釣れます
        ※ アコウの釣り方はタイラバーで底で釣れます又海エビのシャクリ釣りでも釣ります
 

   

ジ ギ ン グ 船 の 紹 介

ジギング船を紹介、船名の所はHPにアクセス出来ます (出船時間・料金等は海域より違うので確認ください)
 瀬
 戸
 内
 海
  ・
 山
 陰
  ・
 四
 国
 ジ
 ギ
 ン
 グ
 船     
 遊魚船名 住所・出港港  連絡先・電話番号  目安・料金
釣り船 秀丸 広島県尾道市瀬戸田町          垂水漁港  090-8999-1035 乗り合い \  10,000
オーシャン 広島県呉市吉浦新町2丁目      吉浦港 080-5611-5976 乗り合い \ 11,000
NAKAMURA 広島県五日市五日市港        ボートパーク
090-3743-1091 乗り合い \ 11,000
弘福丸 広島県広島市草津港一丁目    草津港 090-4800-3869 乗り合い \ 11,000
小づちや(武龍虎丸) 島根県出雲市大社町杵築南  090-6848-6333  チャーター2名\ 21,000
幕島 島根県出雲市大社町日御碕   0853-54-5428 乗り合い   \ 10,000
海 峡 島根県松江市美保関町七類     七類港
山口県下関市豊浦町 川棚港(10月後半〜5月中旬) 
0852-72-3677
 冬季は川棚港より
乗り合い \ 15,000
芳美丸 島根県益田市田万川町     江崎港  090-8361-7192 乗り合い \ 11,000
海佐知丸  鳥取県鳥取市賀露町       鳥取港 090-8991-5638  乗り合い \ 12,000  
恵比寿丸 山口県大島郡周防大島町    片添港   090-4890-4722 乗り合い \ 10,000
波切丸  山口県長門市粟野  090-7501-7408  乗り合い \ 10,000  
西岡遊魚 愛媛県松山市           和気漁港   090-8692-5743  乗り合い \ 10,000
サンマリン 愛媛県松山市土手内  090-4502-6461 乗り合い \  9,720
正漁丸  愛媛県松山市三津        三津浜港 090-5274-9286 乗り合い \ 10,000 
玄海フイッシング  愛媛県松山市三津        三津浜港  089-978-6367  乗り合い \    8,000
大雄丸  兵庫県神戸市須磨区       須磨港 090-5608-7667  乗り合い(午前) \7,000
リタックル  兵庫県明石市中崎 078-912-3031  乗り合い(半日) \6,000
魚英  兵庫県明石市港町        明石漁港  090-2356-7314 乗り合い \  15,000
VICTORY−U  兵庫県宮津市宮津  090-1022-4449  乗り合い \ 13,000 
チャレンジャー  京都府京丹後市網野町           浅茂川港 090-8750-1388  乗り合い \ 12,000