武者泊のグレ釣り場を磯名とポイント図で釣り方を詳しく紹介してます


ポイント図の一覧表です

北舟付き ナダレ ワレ・ヒナダン ヒョウタン アブセ ヒラバエ
沖ススキ 小鹿・鹿バエ 馬の背 丸バエ 長ハエ北 長ハエ南
本バエ・高場
本バエ・高場ハナレ
マスカネ
カッチャンバエ
本バエ
マルバエ
鼻面・千畳
鼻面・ナダレ
鼻面・ワレ
鼻面・先端
鼻面
三角
2〜3
岡ススキ 高茂岬ハナレ ナギサバエ 本バエ・三角、高場 シモリの1番

ヤッカン

北の舟付き
満ち潮の釣り場で足場も高く良い、潮はナダレ方面から足下にぶつかリ右沖に速い本流が流れるので中小潮のでの釣行きが良い
ヤッカン1番のA級ポイントで素晴らしい潮目が出来る、引かれ潮にマキエを打ち足下からタナが馴染むようにしてこの潮目を流し釣りするのが良いし、この潮を数人で釣りするには観音廻りの釣りスタイルが1番よく互いに釣果も望める


ヤッカン

ナダレ
ヤッカンの下げ潮釣り場で足場は狭く悪い、金属の足場を作り二人がイッパイの磯です
潮は速い、上げ潮は北舟付きまでを流し釣りするがすぐに磯に届き釣りにくい、小潮の場合は沖のシモリの際を釣ると良い
本命の下げ潮は足下から潮が沖に向け流れ、引かれ潮にマキエを打ちこの潮のヨレ目を流し釣りする


ヤッカン

ワレ・ヒナダン
ヤッカン・ワレ西海でも有数のA級磯で尾長の大物の出る磯で数釣りは他に軍配が上がる
潮は速く複雑で中々良い潮に恵まれない、満ち潮が右斜め沖に流れる時がベストで足下から右沖のシモリの際まで攻めると良い
基本的には足下のエグレにグレは居付きここから出て来てエサを漁る傾向があり取り込みも足下に突っ込み仕掛けは太仕掛けで無いと取れない
ヤッカン・ヒナダン下げ潮釣り場で足場は良いが低くウネリには弱い、定員は2人が良い、足場をウネリの波が洗い荷物を流されることがあり注意が必要です、満ち潮は潮がまともにぶつかり釣にならない、下げ潮は穏やかでワレ方向から左沖に流れるこの潮目と潮にのせての流し釣する


ヤッカン

ヒョウタン
ヤッカン沖のシモリ磯で満潮では沈むので注意が必要一度は渡礁したいA級磯です
下げ潮釣り場で足場は低く良くない潮は速く中小潮廻りが良くヤツカンよりのシモリに流れる潮がベストでこの潮でシモリの際を流し釣りすると数釣り出来る
沖に出来る潮目がポイントで引かれ潮にマキエを入れ少し沖から潮目まで流し釣りするのが良い寒グレはタナは以外と深い


ヤッカン

アブセの舟付き・ワレ
武者泊の一級磯で釣り座は北側の舟付きと南側のワレの二ヶ所で両潮釣れる釣り場で磯の足場も良く高くウネリにも強いが南の風波には弱い
足下と沖にシモリが点在しこのシモリにグレが居付き上げ下げ共に良い潮目が出来この潮目を流し釣りする、満ちはタナ浅く下げはタナが深くなる
マキエは引かれ潮に切れ目無く少量撒くこと皆で観音廻りで釣ると良い、釣り人が各々勝手に撒きえするとグレが散り数釣りが出来なくなる


ヤッカン

ヒラバエ
シモリ風の足場の良い磯で満ち潮の釣り場です満ちはヤッカンのマキエが流れて来るのであまりマキエの必要は無い東側のシモリにグレが居付き引かれ潮にマキエを打ち奥に下がりこのシモリでタナが合うように流し釣りすると良い、西側も同じで足下のシモリの際を丹念にサグルと良い
下げ潮も真ん中のくぼみから西のシモリに流れる潮に乗せてシモリ際を釣るのが良いし又東側は沖のシモリのカケアガリ狙いが良い


沖ススキの周辺の磯


沖ススキ

水道・舟付き・沖側・東側
沖ススキは釣り場は4ヶ所で沖側・水道・舟付き・東側がありどちらも足場は良いが北西の風波に弱い定員は各2人

水道は両潮の釣り場で満ちは速く引きは穏やかで足下からの潮にのせて流し釣する
沖側は満ち潮の釣り場で潮は穏やかでシモリが点在しこのシモリの際を流し釣りする
舟付きは下げ潮釣り場で引かれ潮に載せて沖を流し釣りする
東側は北西には強い、下げ潮釣り場で左右から出来る潮目を狙い流し釣りする


岡ススキ・鹿バエ・小鹿
小鹿小さなシモリ風の磯で大きな岩場が鹿バエ小さい方が小鹿、足場は良いが低く風波に弱い定員は2人で釣り座は両端に構える
満ち潮の釣り場で潮は速い、足下からの潮にのせて沖で交差するポイント迄で流し釣りする
鹿バエ は高く足場の良い磯で定員は4人、釣り座は北東と南東の両端になる、引き潮釣り場で潮は速い、両脇磯をかすめて流れていく潮にのせてシモリの際から沖までを流し釣りする 岡ススキは足場の良い風波に強い両潮の釣り場で潮は速い定員は各2人で磯は地に近く沖ススキには劣るが侮れない磯です
左側は満ち潮釣り場、右側は下げ潮釣り場となる水道の流れの足下からの潮にのせての流し釣する


高茂岬

馬の背
足場の良くないシモリ風の磯で北西の風波に弱い両潮の釣り場ですが下げ潮に分あり
潮は速く廻りにシモリが点在しグレの住みかなっており数釣が可能ですが中小型が多い磯です
潮は下げ潮が良く足下から沖に流れるのでこの潮にのせてシモリ周辺の流し釣が良い


高茂岬

丸バエ
高茂岬横のハナレ磯で足場は高いが良くはないし北西の風波には弱い
水深はあり、潮は高茂岬をかすめて潮が流れ穏やかでこの引かれ潮を流し釣りする又足下にマキエ打ちサラシと沖の潮の潮目を釣ると良い、シモリの沖も狙いのポイントとなります
この磯も寒グレは型数共に狙える釣り場です


本バエの周辺の磯


本バエ

長ハエ北の磯
武者の沖磯で地の磯の中でも3大釣り場の1つのA級磯で人気も高い釣り座は北と南側の2ヶ所ありどちらも両潮釣れる釣り場で足場は良いが低く風波には弱いし満ち潮は速い

満ち潮はは足下から沖に潮目が出来るのでこの潮目に仕掛を入れて沖まで流し釣りが良く何れもポイントは限られので観音廻りの釣りをすると良い
特に満ち潮は良型が期待出来ますから取り込みには足元のシモリに注意が要ります

下げ潮は穏やかな流れが磯の先端をかすめて流れるので足下から沖のシモリの際までを流し釣りすると良い


本バエ

長ハエ南の磯
武者の沖磯で地の磯の中でも3大釣り場の1つのA級磯で人気も高い釣り座は北と南側の2ヶ所ありどちらも両潮釣れる釣り場で足場は良いが低く風波には弱いし潮は満ち潮は速く下げ潮は穏やかです

満ち潮は流れが速く釣り難い、湧き潮が出来るので仕掛けが手前に来やすいので旨く道糸操作して潮目流せれば釣果が期待できます

下げ潮は穏やかな流れで釣り易く、足下から沖まで流し釣りすると良型が期待できます
手前釣り座の底にシモリがあるので取り込みには注意が要ります


本バエ

高場・ハナレ
字の磯の中の本バエの南側に位置する磯で足場も高く良く後ろらには大きな岩山があり北西の風波にも強い磯です
満ち潮は向い潮になるので下げ潮の釣り場です釣り座は東側と西側にハナレ岩の磯ですがハナレは磯が低く干潮やナギの日の釣り場なります
下げ潮は左右から穏やかな潮が流れるので両サイド釣り座から潮に載せて足元のシモリから沖まで流し釣りするのが良い


本バエ

マスカネ・カッチャンバエ
武者の沖磯で地の磯の中でも3大釣り場の1つで足場の良くない低い磯で北西と南の風波に弱い
マスカネは潮は手前は穏やかですが沖は速い下げ潮の釣り場で釣り座は2ヶ所のデッパリで南向きに構える
廻りにシモリが点在しこの際と沖の潮にのせての流し釣りすると良い

カッチャンバエは小さな岩で磯が低くナギの日でないと渡れない磯です
潮は満ち潮が良く、上がれれば沖のシモリを流し釣りすれば確実に釣果が狙える磯です


本バエ

丸バエ・水道
丸バエ、武者の沖磯で地の磯の中でも3大釣り場の1つの小さなシモリ磯で足場は低く狭く良くないし北西や南の風波に弱い満ち潮の釣り場です
潮は速く釣り座は南向きが良い
満ち潮は足下から沖に良い潮が流れ沖にあるシモリに大型が居付き此れを攻めると良い西側にはシモリがあり取り込みは南側で行うと良い


水道は足場の良く無い満ち潮の釣り場です
足下はシモリが張り出て釣り難いし取り込みにくい磯です
しかしマルバエと並んで魚影は濃いい磯なので思わぬいい思いが出来ることがあります


鼻面

千畳・ナダレ・ワレ
ナダレ・ワレは鼻面岬の地磯で釣り座は高いが斜めで足場はあまり良くない、潮は穏やかで釣り易く、両潮釣れる釣り場で釣り座は西向きに構える
釣り場はワレの方が良く満ち潮は足下から潮が沖向きに流れ釣り易いナダレ・ワレ共に沖の潮にのせての流し釣が良い


千畳は足場の良い広い磯で7〜8人は出来ます両潮狙えますが沖のハナレ岩に魚が付いているので此れに向って潮が流れる時が最高です


その他の磯


鼻面・三角2−3番 岡ススキ 高茂岬・ハナレ
鼻面岬の奥に位置して足場はあまり良くないが潮は穏やかで北の風には風裏で強く冬場は釣り易い釣り場です、
満ち・引き潮共に足下沖を穏やかな流れでこの潮にのせての流し釣りが良く又足下のシモリにグレが居付いており奥に下がり足下を釣るのも良い
足場の良い風波に強い両潮の釣り場で潮は速い定員は各2人で磯は地に近く沖ススキには劣るが侮れない磯です
左側は満ち潮釣り場、右側は下げ潮釣り場となる水道の流れの足下からの潮にのせての流し釣する
足し場は良いが低くウネリや風波には弱い満ち潮の釣り場で潮は穏やかで定員は2人
足下と右沖にシモリがあり、磯の左右から潮が流れるのでこの潮にのせてシモリの際を流し釣すると良い
武者泊・ナギサバエ 地の磯・三角と高場 武者泊・シモリ1番
地磯では有数のポイントで廻りの水深は浅く足場は良く潮も穏やかな釣り場で寒グレ時は浅タナで釣れる釣り場です、磯のシモリ廻りにグレが付いており後ろに下がり海面に人影が写らないように音も立てないように釣ること、潮は殆んど動かない程緩やかで当たりも渋く、当たりウキ仕掛けかドングリ浮きはSサイズで完全フカセが良い、型数共に狙える釣り場です実績もあります 沖磯で地の磯の本バエと呼ばれ、大きな磯で釣り座も高く良いし北西の風波にも強いが南には弱い三角は引き潮釣り場、高場は両潮釣れる釣り場です両方の釣り場、共に南向きに釣り座を構えて沖の潮にのせての流し釣りする、三角は下げ潮は足下をかすめ潮が流れるので特に良い 地磯のハナレのシモリ磯で足場は良いが低く満潮では水没するので注意が必要です特に南の風波には弱い、ワンドの奥で潮も穏やかで廻りの水深も浅く寒グレ時期はタナも浅い
寒グレはシモリ際や少し沖にマキエでポイントを作り軽い仕掛けや当たりウキで喰い渋るグレを狙うのが良いし、型も50cm近い大物も釣れる実績のある磯です