最新釣法の 「グレの沈め釣り」 の釣り方        



グレ釣りの沈め釣りの釣り方、タックル選定から小物の使い方に仕掛けの
流し方とウキの使い方までどんな磯の条件に向いているか等を詳しく紹介します

最近ののグレ釣りは喰い渋りが当たり前となり釣り難くなってきていますし、マキエに連られて浮いて来ることも少なくなって来ていますが、こんなグレを如何にして釣るかと言うことで従来のフカセ釣りからウキを沈めて、グレのタナをサグリながらグレの目の前までサシエを届けて釣る「沈め釣り」が多用されるようになってきましたスルスル釣りと同様にマキエと同調させてタナを深くサグル釣り方は新釣法として釣り人の多くの皆さんの支持を得ています
この沈め釣りの釣り方考え方に付いて良さも欠点も有りますが私の考えを述べて見ます


沈め釣り仕掛けを使用する利点・欠点
@ 沈め釣りの利点は
1 マキエと同調して仕掛けを沈めやすい
2 風波の影響を受け難く、仕掛けを潮に載せて流しやすい
3 グレのタナがハッキリしない場合にタナを深く広い範囲で探れる
4 喰い渋りの時グレのタナまでサシエを運んでグレにサシエを喰やしやすくなる
5 引き込まれ潮を見つけて沈めればサシエとの同調とボイントが一緒となりやすい
6 二枚潮や表面流と中層の流れの速さが違う場合ウキが水中ウキの役割や仕掛けとマキエの同調がしやすい
7 ウキの水中抵抗が少なくなり違和感無く喰い込ませることが出来る
A 沈め釣りの欠点は
1 ウキが水中に有り、当たりが判り難い
2 ウキを含めた仕掛けが水中にあり、仕掛けが何処を流れているか判断し難い
3 沈めているのでタナの深さがハッキリしない
4 道糸の止め・出し方・張りを旨くしないと、サシエとの先行や同調・誘いが旨く出来ない
5 グレが浮いて来る時は固定仕掛けの方が良い
6 沈め釣りは万能ではなく、他の釣り方が良く釣れる場合もあり選択値の1つです
沈め釣りの仕掛けはタックルは
 仕掛け全体の仕様について
@
1 ロッドはソリッド穂先が良い
    先の柔らかいソリッド穂先が、当たりが取りやすく最適です、インターラインロッドは穂先が硬く向いていません、 この僅かな差が釣果
   を大きく左右する事を忘れないで下さい
2 道糸はシンキングラインが良いがサスペンドでも良い
    仕掛け全体を沈めるので道糸も沈めればマキエとの同調が良いし、風波の影響を受け難いサスペンドラインの時は必ずハリスを長
   めに取る 
3 ハリスはフロロカーボンで4ヒロ以上取りる、通常のハリス2〜2.5ヒロでも良いが・・・
        ハリスを道糸部分まで取り、フロロの比重で仕掛け全体を沈め易くするのが良い      
4 道糸とハリスの結びは直結びが良い ( 結びはサンゼェントノットを勧めます )
        ジンタン・ガンダマを打つ時のことや完全フカセで沈めることも考えて仕掛け全体のバランスも考えてサルカンを使用しない方が良
   いタナが竿2本以上の場合は使用しても良い
5 ウキはオモリ表示負荷のシッカリしている良い製品を使用する、ウキから下の仕掛け、ガンダマ・ハリス・針・サシエの重みで沈んで行くように調整して使用するため
        
ウキは潮の流れやタナの深さで使い分ける為00〜B相当までを S・M と揃えること   
6 ガンダマ・ジンタンは68種類は準備する事
    ガンダマはB、2B、3Bとジンタンは5種類 2号、3号、4号、5号、6号 で、ビメョウな沈下速度の調整をしてください
7 グレ針は細、中、太軸の3種類と尾長1種類の5〜8号サイズを9〜16種類は準備してください
   グレの大きさと種類、食い渋りや天候、完全フカセやマキエとの同調を考えて軽い仕掛けと重い仕掛けで使い分けてください    
8 タックル・仕掛けのバランス

 例 ロッド 道糸  ハリス  ハリ  口太グレの大きさ 
1 1.5号ソリッド穂先  2.0号 1.75〜2.0号   グレ6〜5号 50cmサイズまで取り込める 
       喰い渋りが特に強い時は、竿1.25号、道糸1.75号、ハリス、1.5号、鈎4〜5号に落として釣る場合もある
2 1.7号ソリッド穂先  2.5号 2.0〜2.25号  グレ7〜6号 55cmサイズまで取り込める 
9 例、沈め釣りスルスル釣り仕掛図 (竿1本前後の少し深いタナを攻める時)
     
5m前後の少し深いグレのタナをサグル時にスルスルで仕掛けを入れたり上げたりしてグレのいるタナを見極める
喰いが渋い時は、タックルを1ランク落とした仕掛けで状況に応じて対応する時もある
10  例、沈めスルスル釣り仕掛け  (竿1本以上の深いタナでグレが横移動・水塊で居食している時に攻める) 
 1. 最近はグレのタナが5〜10mと深くなり、上記の仕掛けでは難しい時に使用する
 2. グレのタナを見極めて釣る時に、グレが縦移動して喰うのではなく、居食いというか横移動のみで喰う場合にウキ
   留め以下とハリスをノーガンにして横になびかせて釣ると喰いが良くなります
 3. ハリスを長く取りウキを沈めやすくし、Sの0ウキで一揆に深タナに沈めて釣ります
 4. 流れが速い場合はハリスの中間にジンタンを追加する場合もある
     ※  ジンタンの使い方は潮の流れの速さやタナの深さで臨機応変に対応する
 
11  例、沈め釣り固定釣り仕掛図 (3ヒロ前後の浅いタナを攻める時)
12  例、沈め釣り固定釣り仕掛図 (ウキ自体が沈むものを使用してハリスを軽めにしてジンタンのG5程度で沈めて攻める時)
A タナの深さによるウキ・仕掛けの選択について 
下記の仕掛けは参考です、海の風波や潮の流れの強さやマキエとの同調を重視してタックルを作ってください、海水濃度は 場所により違うのでウキのオモリ負荷もビメョウに変わるのでジンタンで調整して沈めてください

1 竿1本以内のタナを探る時
1 潮の流れが穏やかな時、固定・誘導仕掛けでマキエ同調を重視して使用する
2 ウキはS タイプの000、 00、0 を使用する
3 潮の流れがある時に仕掛けがハリス・針・サシエの重みで沈んで行くようにウキを調整して使用する
4 基本はノーガン仕掛けで釣り、状況によりジンタンを使用する
5 ジンタンはマキエとの同調や潮の流れと沈下速度の調整に打つ
6 ハリは軽い細軸を使用してマキエとの同調を重視する
2 竿1本から2本の間のタナを探る時、誘導仕掛けで使用する
1 潮の流れが普通の時、重めにして沈め方を少し速くして使用する
2 ウキはS・Mタイプの 0、G2 を使用してジンタンを重くして沈みを早くする
3 仕掛けよりウキが少し速く沈むように設定する、道糸の張りでサシエの先行を図る
4 潮の速さでガンダマ・ジンタンを1段、2段に打つ
5 ハリはバランスの良い中軸を使用してマキエとの同調や角度を重視する
3 竿2本以上のタナを探る時、誘導仕掛けで使用する
1 潮の流れが速い時、誘導にし途中まで速く沈めて使用する 
2 ウキはM タイプの B 、2B を使用してガンダマを重くして仕掛けを早く沈めるようにする
3 仕掛けよりウキが速く沈むように設定する、道糸の張りでサシエの先行を図る
4 潮の速さでガンダマを1段、2段、3段に打つ
5 ハリは流れに負けない重めの太軸を使用してマキエとの同調や角度を重視する


「沈め釣り」はどう釣るか、狙いのポイントは
磯に立ち釣るために何を考え、どのようにして釣るか 
@
マキエの投入ボイントを決める 水温の状況によるタナの判断をする 
仕掛けの投入ボイントを決める 当日の天候による波・風・サラシの状況
グレのタナを探す(確認) 磯の状況(シモリの有る無し)
潮の流れと強さとヨレ潮の状況を確認する エサ取りの状態をつかむ
タックルの選定をする 10 その他


それぞれ重要ですが特に私は2点を重視する(基本は最初はマキエは足下に打つ)
     @潮の流れによる仕掛けの投入ボイント
        
グレの釣れるポイントに仕掛けを直接投入するのではなく、ポイントで仕掛けが馴染むには何処に投入したら良いか判断
          して 投入する事が一番大事です

     Aグレの居るタナの確認
         見て分からない場合は沈め釣りで探り確認する、又サシエの頭をかじられている場合はグレのことが多いし、エサ取りが
         居 ればグレも近くに居る場合が多い

A
沈め釣りはグレの喰いが渋い時やタナが深い場合に多用することが多い
        グレが浮いて見えればタナはハッキリするしグレの口元に届けることが出来るが・・・グレのタナを探すために沈め釣りする
 B 最近はグレが浮いて来ない場合が多い時、狙いはどのようにして釣るか 
1 海の中の水温や流れは一定していないし、グレの遊泳している適水温塊のポイントを探す
      水温は水温塊があり水深の場所により違うし、潮により目まぐるしく変わる、グレは適水温塊に常に移動して捕食している
2 グレが見えない時、ヨレ潮や吸い込まれ潮を探して狙う
  グレは吸い込まれ潮の下にマキエが集まるのでマキエに連られて寄って来ることが多い
3 海の中は海面・中層・下層で水温も変わり喰い渋り時はどの層が適水温塊でグレが居るかを探る
   こんな時に沈め釣りで適水温塊のタナを探りグレの目の前にサシエを届ける沈め釣りが威力を発揮する
4 沖のシモリ等のポイントも潮に載せたり、直接投入して沈めて探る
   ウキを沈めるので潮の流れに載せやすく、風波の強い時に沈めるので影響を受け難くポイントを確実に狙える
5 喰い渋り時のグレは捕食する時、縦の動きは少なくなり、横の動きで行うので穂先や道糸が走る当たりが出難くなって来ている
   こんな時は道糸を止めたり、引き戻して居る時に道糸から伝わる小さなグレの当たりを取って合わせてください 
C 喰い渋り時は足下際の岩壁にグレが付く事も多く、深く沈めて縦のタナを探れるし、沈めればサラシの影響を受けず仕掛けは安定して探れる 
D ウキを沈めるのでウキが水中ウキの役割するので、風波の強い時潮にのせて旨く潮スジを流せる利点を生かし、マキエとの同調もし易く、ポイントを直接攻め釣ることが事が出来る 
E スルスル釣りの仕掛けの流し方、サシエ先行と角度の付け方の図解、仕掛けの角度を付け 
 マ キ エ の 打 ち 方
@  
1 今まで沈め釣りに付いて述べましたが仕掛けとマキエの同調が必須なので打ち方が重要になります
    注、マキエの量は出切るだけ少なく打つのが良い、多く打ては゛同調は可能になる可能性が高くなりますが少ないと喰いが持続する
       事が多いので数釣りには裏腹となります
@ 固めて打つ打ち方                                          引かれ潮等の場合やポイントが限定している時
A 広く打つ打ち方                                               流れが穏やかな・無い場合でエサ取りが少ない時
B マキエを打ち仕掛けを投入する打ち方   仕掛けが重く深い場合に多用する
C 仕掛け投入後にマキエを打つ打ち方    仕掛けが軽く浅い場合に良い
D マキエ打ち仕掛け投入後に又打つ打ち方 仕掛けが重く深い場合や、同調が旨く行かない場合と同調を確実にする場合
E 引かれ潮に打つ打ち方                     流れの中には絶対打たない、タナが深くなりポイントも遠のく
F サラシの脇に打つ打ち方                   サラシに打つとマキエが沖に広がりエサ取りも沖に出す
G ウキに被せて打つ打ち方                            潮があまり動かず、エサ取りの少ない時
H エサ取りが多い場合の打ち方                  足下に打ち、仕掛けは少しづつ沖に投入しサシエの残る場所をボイントにする

2

マキエの打ち方は重要で海の潮の流れ・サラシ・エサ取りなどの条件で組み合わせして、同調を重視した打ち方をすることリズム良く、縦や横に帯状になるように打つ事が大事です


仕 掛 け の 流 し 方 と 組 み 立 て

沈め釣りは、道糸の操作・ウキの選択・ガンダマの打ち方が3代要素で全てが決まると言っても過言ではありません
 @
道糸の扱い方の基本は2点です
1 @ 道糸を止めたり緩めたりしながら流す
A 道糸を引き戻して又入れて沈めながらタナを探る      何れも道糸を止める・引き戻す事によりサシエの先行を促す
2 仕掛けを潮スジの流れに載せるラインメンデングは必ず必要です
 A
道糸の引き戻し・止め・入れ方について
1 仕掛けの軽い場合やタナ竿1本を探る時
@ 道糸を止めにより、サシエの先行を図る
A 道糸を緩めてハリス・ハリ・サシエが潮の抵抗でラインが入る様にする
B 道糸を軽く引き戻しての誘いと落し込んでタナを階段状に探る
2 仕掛けの重い場合やタナ竿1〜2本以上を探る時
@ ウキやガンダマが先行するので少し引き戻してサシエの先行を図る
A 道糸をただ緩めるのではなく、仕掛けが重いのでガンダマが先行しやすく、少し抵抗を加えて入りを調整しながら、マキエとの同調を
   図る
B 道糸を止めスグに緩めて、潮の流れでハリスを浮かせ誘いを掛ける
 B
ウキの使い方はタナの深さや潮の速さで決める         
1 @ 竿1本までの時           ウキはS ・Mタイプの 00、0を使用する
A 竿1本から2本までの時      ウキはMタイプの G2 、B を使用する
B 竿2本以上の時            ウキはM ・Lタイプの 2B 、3B 、4B 、0.5号 を使用する
     * ウキは潮等の条件の許す限り小さいサイズを使用して釣るのがグレの食い込み抵抗を少なくして良い
2 ウキは固定・誘導でどのように使い分けるか
@ 竿1本までの時           固定又は誘導仕掛けで使用する
A 竿1本から2本までの時      誘導仕掛けで使用する( 誘導の方が食い込み抵抗が少ない )
B 竿2本以上の深い時        半誘導仕掛けで途中まで一機に沈めてから使用する               
3 最近はスルスル釣りと沈め釣りもウキを沈めるか・沈めないかの違いになって来ている感がある海の状況とグレのタナや喰い渋りによりどちらか最適な方法を選択して釣れば良い
4 ウキ止めは 「なるほどウキ止め」を使用する
       グレが走り抵抗が掛かるとウキをすり抜けてウキの抵抗が無くなるので良い、喰い渋り時はウキの抵抗で吐き出す固定でも半誘導でもウキ止めはこの方法が良い
 C
ハリスの種類と長さは
1 ハリスの種類は1.7、2.0、2.5、、3.0、4.0号は必要です
2 長さは道糸部分も沈める事も考えて4ヒロは取ってください
    ウキ下はウキの下がり止めゴムを1.5ヒロの所で付けるのが基本です ( 状況でウキ下は2〜2.5ヒロ取る場合もある )
 D
ガンダマの打ち方は下記の4点が基本で主流です(仕掛けの角度を考えて応用はしてください)
1 @ 道糸とハリスの繋ぎ目に一段打つ場合
A 道糸とハリスの繋ぎ目とハリス中間の二段打つ場合
B 道糸とハリスの繋ぎ目とハリスに2ヶ所の三段に打つ場合
C ハリスに小さな口オモリのみ打つ場合
   ガンダマはB、2B、3Bとジンタンは最低でも3種類 ( 2号、4号、6号 )、出来れば5種類 ( 2号、3号、4号、 5号、6号 )を持ちビメョウ
    な沈下速度の調整をしてください


  例   @ G2ウキに道糸とハリスの繋ぎ目にジンタン1号を打つ
       A G2ウキに道糸とハリスの繋ぎ目にジンタン3号とハリスにジンタン6号を二段に打つ
        B Bウキに道糸とハリスの繋ぎ目にジンタン1号とハリスにジンタン4号を二段に打つ
2 @完全フカセで打たない場合 (ハリス・ハリ・サシエの重みのみで沈めて行く方法)
 E
グレ針の選定は
1 @ ハリの大きさはグレの大きさにより決める
A ハリの重さはサシエの沈下速度の調整で決める
      
 
ハリの種類は細、中、太軸の3種類と尾長1種類の5〜8号サイズを9〜16種類は準備してください喰い渋りで軽い仕掛けでゆっくり落とす
 場合は軽いもの、速く落とす時は重いものにする 

     
例 : 四国では35〜50cmのグレは6〜7号のグレハリがよく、スッポ抜け・グレ大きさ等の条件で 細・中・太軸から選択するのが良い
 F
沈め釣りの合わせの仕方
1 グレが浮いてこない喰い渋り時、グレは適水温塊で遊泳しながら捕食します、この様な時は縦の動きは少なくなり、横の動きで行うので穂先や道糸が走る当たりが出難くなって来ている   
2 @ 喰いが立っている時は道糸が走り、穂先が曲がるハッキリした当たりが出ますが最近は少ないです

A 喰い渋りの時は道糸を張ったり、タナをサグル引き戻しの時に道糸から伝わる小さなコッコッのグレの当たりを見逃さず合わせてくだ
   さい
 
    とにかく、漫然と流し沈めて居れば、道糸が走る・穂先に当たりが出て釣れる事は少なくなり、そうした釣り方では数は出ないし全く 
   釣れない事もある昨今のグレ釣りになって来ています、神経を集中してグレの小さな当たりを取れるようになることが大事ですし 釣果
   に繋がります
G 上記記載の沈め釣りの水中での動きを図解しました
 
T、@からAで引き戻しハリスの先行を図る、止めて又入れて誘いを掛ける
U、Bでタナを落とすCでハリスの先行を図る 
     T〜Uの繰り返しでタナを探っていく (ウキ先行する仕掛けの場合の水中予想図)
  V、通常の長いハリスは馴染みが遅くハリスの管理がし難い
 
 * UB吸い込まれ潮を見つけて落とし込むとCマキエとの同調が良い 
水深の深い所で上部と流れの速度が違う時ウキが水中ウキの役割もして潮に乗り、マキエとの同調が図れる  


ハ リ ス の 沈 下 速 度 の 目 安 で す
@ 3mハリスが沈み馴染む時間 (潮が流れていない状態です) 
               
潮の流れが無い時はハリスの馴染む時間にハリスの太さは関係なく皆同じである
  @ ガンダマを打たないノ−ガンの場合の仕掛けが馴染む沈下は速度は約1分20秒も必要です
  A オキアミの沈下速度は 15〜30秒間で約1メ-トル沈む、3Mの場合は45秒〜1分30秒も掛かります
             *    解凍のままのオキアミの状態でのデータです、潮の流れで沈下速度は変わる
  B 沈下速度の違いがこのことからもマキエの打ち方がサシエとの同調に重要な要件となって来る