鯛ラバのタックル・仕掛けと釣り方    



鯛ラバのタックルでロッドの選択、リールの選び方、リーダー・PEラインの選び方・仕掛けに釣り方のテクニック、ノットの図解、鯛ラバの自作の方法、PEラインの選択等鯛ラバに必要なあらゆる事柄を詳しく紹介しています
リールのロングハンドルに交換する方法や、交換即製品のロングハンドルの紹介もしています


   ( 左記コンテツは、此処より移動できます ) 

T  鯛ラバ釣りのロッドの選択は  ( このHPの価格は参考価格です )
1
@ ロッドはベイトとスピニングがあるが一定の速度でゆっくり巻くのでベイト用が良い
  A ロッドはの軽いものが良い、一日中ロッドを持ち続けて巻くので持ち重りしないもの釣る水深・鯛玉の重さにもよりますが105〜150g 程度の重さで決めるが、130g以内が持ち重りや強度からも良い
  B 胴調子のロッドで良型にはバットで溜めて交わし、テップは鯛が喰い込んでも曲がり違和感を与え難いものが良い
       調子は6:4で鯛が喰い付くと違和感を与えずロッドのテップからブランクにかけて曲がると喰い込める調子のロッド
         が良い
7:3調子もあると喰いの良い時等と多彩な釣り方が可能です
  C 長さは6〜6.5フィートの長さが良い、持ち重りが少なく船の真下に落とす釣り方なのでこの長さがベターです
  A  ロッドはピースタイブと 2 ピースジョイントタイプがあり、2ピースは3タイプの種類がある
B  鯛ラバでは強度はあまり気にしなくて良い し、2ピースは持ち運びや取り回しが楽で仕舞う場合も場所を 取らない利点がある 
1 2 ピースのグリップ部分ジョイントタイプは2ピースでは一番強度がある
  2 2 ピース・ワン&ハーフタイプはグリップに近い所でジョイントしているのでセンタージョイントより強度はある
  3 2 ピースセンタージョイントタイプはセンターの所でジョイントしているので2ピースの中では強度は一番落ちる
D 価格は、長く使いたい愛着のあるものを思う人は三万円前後ものが良い
  E ガイドは 最低ステンレスガイドでリングはSICのものが良い強度はあるがチタンより重いのが欠点です
        TOPガイドは一番に強度や摩擦熱が掛るので材質も ハイテンシルチタンフレーム + SiCリングがベストです
      摩擦の放熱効果を考えると高価ですが軽量でサビ難いのでチタンSICガイド製品が良い
  F 鯛の喰い渋りが激しくテップ部分の柔らかいソリッド(グラス・カーボン)のロッドがお勧めです
    ロッドはテップ部分のネクタイの尻尾をついばむ様な甘噛みを乗せてしまう柔らかさ、ブランクの調子でフッキング 出来る
    柔らかいだけでは無い 反発力、バット部分の強さで鯛を浮かすこんなロッドが良い
 
  G ロッドは硬さの種類は硬いものと柔らかいものと二種類揃えるのが良い  ( 同じものを揃えるのは良くない )
    鯛ラバは合わさずタダ巻きがセオリーですが、最近は合わす釣り方も有り、固めのロッドも好む傾向もあります
  H ロッドもそれぞれ好みがあり最終的にはティップの硬軟・ブランクの曲がり具合等は使用してみて経験で選ぶことになる
    何本かロッドを使用してみてようやく自分に合うロッドがわかってくる事になります 
2 ロッドの呼び名、ガイド、ガイドリングについて 
ロッドの部分の呼び名
@   ジョイントはセンタージョイントがお勧めで、又並継ぎが穂先部分が軽くなって良い
A   ティップ・ブランクの割合は乗せ調子・胴調子等により比率が変わる 
B   巻き速度の安定を重視して、脇に抱えて巻くロッドはリール位置の長さは40〜43Cm程度が多い

 ガイドのトップ・ティップ・ブランク・バットの 種類
  最新のKガイドの特徴と使用部分と形状と種類 
   @ Kガイドのビートフレームは外に膨らんで70度くの字傾斜した構造がPEラインの絡みを自動解除する
   A ガイドフレームには、高さの種類があり、L ( ロウ =5.5〜6mm ) M ( ミディアムハイ =6〜8mm ) H ( ハイ =10〜20mm )がある

MN ステンレス
LF チタン Top
KL- M ・ KL- H ステンレス
KT- L チタンフレーム
KW - M ・ KW - H ステンレス
KW - L ・ KW - M チタンフレーム
Kガイドのビートフレーム構造 
    
ガイドフレームは @ チタンとステンレスが有りますがともに下記の四種類の材質があります、ハイテンシルチタンは強度もある
A チタンは高価なのと強度にステンレスと比べて゛劣りますが放熱効果は高いです
@ KW-M・L ステンレスフレームはバット.・ブランク部に使用する、バット部分は強度が必要なので特に良い
A KT-L チタンフレームはティップ部に使用する、強度の必要が少ないティップ部分には良い
B TOPは負荷が強くて、ハイテンシルステンレス製は純チタンに比較しても強度に優れTOPに向いています  

リングの材質 熱伝導率(W/mk) 硬度 HV(Gpa)  曲げ強度(MPa) 比重 
SICリング  60 22〜24  540 32
改良ハードリング 13 12〜14  300 38
トルザイトリング 27 13〜15 1020 33
参考・ダイヤモンド 138 60 - 35
ガイドフレーム材質 硬度 HV   耐食性 強度 N / mu. 比重 
ハイテンシル チタン  4.04 5 1474 5.03
純チタン  0.98 5  343  4.51
ハイテンシルステンレス 3.50 3  883  7.93
ステンレス  1.81 2  520  7.93

リングは @ SICと改良ハードリング・トルザイトリングの三種類ありますがPEラインにはハードリングは論外です
A PEラインが擦れて熱を持ち80〜90度で溶解しますから放熱効果の高いSICリングは必須です
熱効果  SICリングは、ハードリングの4.6倍という熱伝導率、ラインが強く急速に引っ張られる時や大きな魚を寄せる時、リングとの接点には瞬間的に高熱が発生する、SICリングなら一瞬で拡散し大切なラインを守る 
スベリ度  SICリングは、宝石レベルの鏡面研磨仕上げで硬く、SICを特殊製法て表面は顕微鏡で見てもツルツルです、ハードリングと比べた糸切りテストでは、摩擦抵抗によって20倍程度のライン寿命を記録してラインダメージを軽減します 
硬度  SICは、ダイヤモンドに次ぐ硬さでステンレスの12倍の硬度です、目に見えない砂や塩が付着したラインはヤスリと同じでPEラインには削れ難く減り難いSICは不可欠です 
重さ  SICは、ステンレスの1/3の軽さで軽量チタンフレームとの相乗効果で感度・バランス等ロッド性能を大きく引き出します

3 各社のロッドとスペック
ダイワ 紅牙 AGS・MX 
 
AGS-69MB-MATAL はメタルトップのソリッド穂先で特に感度が良く鯛の啄ばむような当たりもとれて、Xトルク製法でロッドのネジレ無く、ブランクやバットのネバリも有る、上記写真のバットジョイントの2ピース仕様で164Cmと長く持ち運びに難がある
MA-69MHB-MATAL はメタル.トップのソリッド穂先で、鯛の啄ばむような当たりもとれるがネジレの無いXトルク製法ですがブランクが少し硬いのと1ピース仕様の1本ものが難点です
N69MB-S  はメガトップで感度も良いが、バットジョイントで162Cmと長く持ち運びに難がある
品   名 長さ 継数 自重 先径/元径 ジグ重量 PEライン カーボン 価 格
紅牙AGS  N69MHB-METAL 2.07 2 115 0.8/ 10.9 30〜80g 0.510 97.0 49,000
紅牙AIR   N69MHB-METAL  2.06 2 105 0.8/ 10.9 30〜80g 0.510 92.0 42,400
紅牙      N69MB-S   2.06 2 105 0.8/ 10.9 20〜70g 0.510 92.0 25,800

シマノ  GAMU  ENGETU    ( KガイドのSICリングで糸絡みも軽減 )

B610L-Sはティップは白色のグラスソリッドで感度が良く鯛の喰い渋りで啄ばむような当たりも取れる、ブランクはスパイラルXの低弾性カーボンで粘りがありバットはハイパワーXで強く大物の対応にも可能、上記写真の様な2ピース・ワン&ハーフ仕様で扱いがし易い
プレミアム B69L-Sはティップはタフテック・カーボンソリッドで高感度、、アタリをハジかない、バラさない乗り調子の作りになっている、又ロッドの特徴はガイドです、途中からねじれていてトップではガイドは下向きになる設計で、2ピース・ワン&ハーフ仕様です
品   名 長さ 継数 自重 先径/元径 ジグ重量 PEライン カーボン 価 格
炎月プレミアム  B69L-S 2.06 2 135 1.3/10.6 max 80 1.0 93.6 48,000
ゲーム炎月 B610L-S 乗せ調子 2.08 2 105 1.3/10.1 max 80 1.0 96.2 37,500
   〃   B70ML-S 掛け調子 2.13 2 120 0.8/11.2 max 100 1.0 86.2 37,000
炎月SS     B70ML-S 掛け調子 2.13 2 125 0.8/10.9 max 100 1.0 91.9 27,500

JACKALL ( SICリング・Eフレームガイドを採用 )
BSC-610UL 柔らかなティップ・ブランクで細糸・細針の繊細な釣り方に対応して60gがベストの釣りに適した低カーボンソリッドのロッドです
品   名 長さ 継数 先径・元径 重さ  PEライン ジグ重量 材料 価 格
BIN-BIN STICK  BSC-HS610SUL-ST 1.83 2 - 0.61.0 80g 低カーボン 29,000
  〃           BSC-HS610UL-ST 1.83 2 - 0.61.0 100g 低カーボン 29,000

 メジャークラフト      (ステンレスフレーム、SIC・Kガイド)
ソリッドティップと柔軟なベリー部分が喰い渋る鯛のアタリを持続させるのがこのモデルでブランク部分は固めのロッドに仕上がっている
品   名 長さ 重量 (g) 先径/元径  継数 ジグ重量 (g) PEライン 価 格
ジャイアントキリンク    GKJ- B64TR/S 1.92 ソリッドテイップ  1 max  60g  0.4〜1.0 17,000
NPジャック    NJB-S69L/TR 2.07 ソリッドテイップ  1 max  80g  0.4〜1.0 22,000

4  ロッドのグリップの延長改造 
@ 最近は好みの調子やカーボン・グラス材質・ティップもソリッド・チューブラー等種類も増えて、幅広い選択が可能に なって来ました、グリップも長くなり脇に抱えて釣れる長さになってきて改造もしなくてよくなって来ました
A 昔のロッドや船用ロッドで自分好みのものがあるが、リールシート位置が短い場合は下図の改造を薦めます
 リーディング73 M-200グリップを12Cm延長する (最近の製品は延長になっているので改造は必要ない)
 
延長加工をお勧めします使い易いですよ   @ 外形7mmのカーボンパイプ   20Cm 1本
 A 延長用EVAグリップ        12Cm 1本
      (基のグリップと同じ外形か少し大きめを調達する、大きい場合はサンドペーパーで削り外形を揃える)
 B ポリエステル系の二種混合用の接着剤
            (接着の時隙間が出来る場合は細いポリエステル糸を巻いて径を調整する)
 C 注意部分は切断面をパイプに対して直角に切る事
       (接合した時に隙間が残らない様にするため、カットの後にはサンドペーパー・ヤスリで綺麗に仕上げる) 


U 鯛ラバ釣りのリールの選択は
1
@ リールは鯛ラバをバーチカルに落とすのと一定のスピードで巻きやすいベイトリールが良い
  A リールはドラグの微調整の効くもので、PEの1.0号200m以上巻けるもの良い
  B リールも一回転の巻き取り長さが 61cm・ 66cm71cm から選ぶのが良いが此れは使用してみて経験から選ぶのが良いが最初は71cmから使用し初めるのが良い
巻き取り長さの違うリール、一回転66cm/71cmの二種類揃えると喰いの悪い時にリリーングに変化付けられて良い
  C リールは40m位ラインを放出すると糸巻き外径が小さくなり、一回転が5〜8cm少なくなるので72cmでも64cm位になるので61cmのリールでは53cmと巻き上げ速度が遅くなる、鯛ラバの巻取り長さは71cmがバランスが良い
      ※ 鯛の喰いが悪い時にリーリング速度を変える時に違う巻き取り長さで揃えると釣り方の幅が広がる
  D リールの重さは (215〜290g) 軽いものが良い、潮を被るのでウォシャブル機能対応のものが扱い易い又ベアリングの数は5〜7個以上がベストで、軽くスムースすな巻き取りできます、軽すぎると剛性で劣る
  E 実用ドラグは46Kg程度のものが良い、価格は高くなりますが出来れば5kg以上がベストです
             ※  ハウジングフレームはメタル製が堅牢で耐久性も高く良い、樹脂製は耐久性で劣る 
  F ベイトリールは2個揃える場合はハンドルは左・右と二種類揃えるとよい
      ※  左右そろえると長時間巻くときは右手・左手と使えて手の疲れが半減する、巻き取り長さも変えられて喰い渋り時に
         有効です
 
  G ハンドルの長さは巻き上げ力から、片ハンドルが55〜60cmあると良いですしノブも直径37cmあるものがベストです  
                                                Wハンドルは50Cm以上とノブも丸タイプの直径30Cmあると握りやすい
             ※ ハンドルの長さが短いと巻きの時に60〜80gの鯛玉や潮を受けると重くなり、巻取りが一定に保ち難くなり喰いに
         影響するので交換するのが良い
 

  私のお勧めと問題点は・・・ 
@ ミリオネアバサラ100Hはメタルハウジングで剛性・デジギャー・マグシールドベアリングと防水も良い、ハントルも50mmでマズマズでベストです
ミリオネアバサラ200Hはメタルハフジングで剛性・デジギャー・ハンドル・マグシールドベアリングと防水も良いがハンドルも55mmと良いが少し重いのが難点です
  A キャタリナベイジギング100Hはメタルハウジングで剛性・巻き上げは71Cmで良いしリーズナブルな価格ですがハンドルに難点で、ハンドルを下記通販の62・72mmのハンドル (3,850円) に交換すばベストです (私は下記の写真のように交換してますが満足しています)
  B オシアコンクエスト200HGです、大口径のマイクロギャー・剛性・ハンドル長さ・ノブの大きさ共に良いが、一回転の巻上げ78Cmなのが難点です
  C ベイトタイプはタトゥーラ、ベイゲーム、スパルタン がハンドルの長さ・巻き上げ長さにメタルボディーなので良い、特にタトゥーラはTウイング採用でドラグも7Kgと多様性に優れたベイトリールです 
2
     
ミリオネアバサラ
200H (\43,500)
ミリオネアバサラ
100H (\43,500)
キャタリナベイジギング
100H  (\34,000)
 オシアコンクエスト
200HG  (\53,600)
カルカッタ
400F (\38,900)
鯛ラバ用タイコリール
品  名  ギャー比 自重(g) ドラグ(Kg) PE(号)-m ベアリング  片ハンドル長さ 巻取り長さ
ミリオネアバサラ 200H  6.3 325 7.0 1.0-300、2-240 6/1 55mm 71cm
ミリオネアバサラ 100H  6.3 295 7.0 1.0-200、2-150 6/1 50mm 71cm
キャタリナベイジギング 100H 6.3 280 7.0 1.0-300、15-250 6/1 45mm 71cm
リョウガ2020H  6.2 295 5.5 2.0-230、2.5-180 12/1 45mm 73cm
鯛ラバ用タイコ・ベイトリール
品   名 ギヤー比 ドラグ(kg) 自重(g) 巻糸量 (PE) m ベアリング ハンドル長さ  巻取長さ
オシアコンクエスト200HG 6.2 5.0 285 0.8-500  1.0-440 10/1 60mm 78cm
カルカッタ 400F 5.7 5.0 285 1.0-260 1.5-230 5/1 51mm 66cm
3
ベイトタイプのリール
     
スパルタン150H
Tウイング (\28,500)
紅牙 103 ICS
カウンター付き  (\27,000)
グラップラーCT150HG
カウンター付き  (\27,500)
ベイケ゜ーム 300
  (\27,800) 
品     名、 ギャー比 自重g) ドラグkg PE(号)-m ベアリング 片ハンドル長さ  巻取り長さ
スパルタン150H  6.3 215 5.0 1.0-300、1.5-240 7/1 50mm 67cm
紅牙 103 ICS 5.6 260 4.0 0.8-250、1.0-200 5/1 50mm 62cm
グラップラーCT150HG  7.0 200 5.0 0.8-430、1.0-330 5/1 51mm 70cm
ベイケ゜ーム 300  6.3 215 5.0 0.8-300、1.0-250 4/1 51mm 67cm

4  ベイトリールのハンドルとノブの交換
鯛ラバは長時間ベイトリールを巻くため疲れますからリールのノブの握りは大事で鯛を掛けてからの巻き取りの力の入り具合も良くなります又ハンドルの長さも50〜53cmあると巻力が軽く波打たずに巻けてタイラバの動きもスムースで喰いも違う
即存のノブは小さいものハンドルも短いものは交換する、下記のカスタムハンドルを付ければ完璧です            
  カスタムハンドルも色々ある  ( 下線の所からHPに行け交換適合モデル確認  価格は参考です )
 スタジオオーシャンマーク シマノ  通販 (輸入品)のハンドル・ノブの交換(私も交換使用してるが快適です) 
 
ダイワ・シマノ 用
アルミハンドル5365mm 9,500円〜
ノブ3037mm 自重 47g
シマノ 用
パワーバランスハンドル
10,000
アルミハンドル60mm、ノプ37mm 64g
ダイワ・アブ・シマノ 用
60・70mm 2穴ハンドル 自重30g
中空EVAノブ 径
33mm 2630円 
ダイワ・アブ 用
ハンドル 62・72mm 自重35g  3,850
中空アルミノブ 38mm 取付け部材付き

オーシャンマークのハンドルの交換、例  輸入品のハンドル・ノブの交換、例 
 
オシアカルカッタ200HG
オーシャン AG30AAハンドルEVA 37mmノブに交換 47g
リョウガC2020H
オーシャン AC30RAハンドルEVA 37mmノブに交換
キャタリナベイジギング100H 
62・72mm 2穴ハンドル 35g
38mmアルミ中空ノブに交換
グラップラーCT150HG(左)
 60・70
mm 2穴ハンドル30g
33mm 中空EVAノブに交換
 カルカッタ401F (左) 
60・70mm
 2穴ハンドル 30g
33mm 中空EVAノブに交換
メーカー間のハンドルの交換
  「例」 ダイワのアグレスト100LHの45mmハンドルをシマノの 旧ベイゲーム51mmハンドルに交換ドライブギャー穴を少し大きく
     加工するのみできる
   
 @ シマノのベイトリールのハンドル交換は・・・ ( 幻風XTW ハンドル51mm  4,000円 )
    シマノの幻風XTW ハンドル51mmは安く、シマノのカルカッタシーズ・他にも共通するので夢屋ハンドルよりは安く交換できる
 A ダイワのベイトリールのハンドル交換は・・・ ( スパルタンWハンドル 7,400円 )
    シマノの幻風XT W ハンドル51mmは安く、ダイワのベイトにも転用可能です、又ダイワの交換ハンドルは高いです
  A 一部ドライブギャー差し込み穴の調整とリテーナー部品が必要になります 
  B ドライブギャー差し込み穴は、下記の様に違うので、シマノのハンドル差し込み穴を平ヤスリで1mm程度削り大きくして合わす

1   ドライブギャー軸のサイズ
      (ハンドルのドライブギャーのネジ径)
タイワは、ネジ径は 8mm、ハンドル穴径は 8×5 mm (採寸サイズ)
シマノは、ネジ径は 7mm、ハンドル穴径は 7×4 mm (採寸サイズ)  
2  リテーナーのみ固定ボルトの穴位置がダイワ・シマノは違う
3  ナットはダイワ・シマノともに外径は10mmで、ネジ径は違います (最近外径12mmサイズの製品もある) 
  C ハンドル固定ナットはそのまま使用する、外サイズはシマノ・ダイワともに外径は同じ大きさですがネジ径は違う
  
1. シマノのリテーナー、ダイワのハンドルロックプレートの、固定穴の位置が違うので交換が必要で価格は200円と安い
   2. この方法はアグレスト以外の他の機種でも応用が出来ます  
 
アグレストの45mm Wハンドルをシマノの旧ベイゲームの51mmWハンドルに交換した

 
   アグレスト100LH(
 (ハンドル交換前)
   アグレスト100LH
(
 (ハンドル交換後) 

交換ハンドル価格  (部品価格参考表)   

 


  部 材 名 価 格 



  部 材 名 価 格 
リテーナー 200円 ハンドルロックプレート 300円
幻風XT W ハンドル   51mm 4,000円 スパルタンWハンドル 50mm  7,400円
ベイゲームWハンドル   51mm 6,000円 エアド100H Wハンドル 50mm 7,400円
夢屋 EVAWハンドル     51mm 12,000円 ベイトESD クランクハンドルセット 50mm 15,000円
6 リールのドラグの調整は必ず行う   ( 大物を掛けた時のラインブレイクは悔やみますねその時の対策に ・・・ )  
@ ノットも大事ですが、ドラグの調整を怠りラインブレイクを起こしている釣り人を多く見受けします
A リールのドラグ調整の違いでラインは切れます
事由はロッドのガイドの摩擦抵抗・鯛を掛けてからの鯛の引きと潮の抵抗を忘れています、此の抵抗は強くリールの調整だけではドラグが強すぎて大物を掛けた時にラインブレイクを起こします
B 感に頼らずバネ測りを使用してタックルを作り、そしてジグを付ける場所にバネ測りをセットしてラインブレイクするのではと判断する限界少し前で計測して毎回同じ設定をしてください
C 下記に計測の方法を図解します( ラインの劣化・ノットで強度は落ちますから又安全率も考慮して設定する ) 
D ドラグの調整でロッドとラインの角度は90度でしてください、合わせは90度前後でしますから、切れる前にはドラグが出ますが、大鯛の掛けた時の初速の走りは強烈でドラグがスムースに出ないと切れる場合もあり、その時は合わせた後にロッドとラインの角度を120〜180度にすればガイドの抵抗が減りドラグのスベリ出してラインブレイクを防ぐことが出来ます 

インの直線強力は
メーカー表示0.6号PEラインは4.5〜Max 6.3Kg (規格2.72Kg)
ラインも色々有り、直線強力を平均して5.4Kgとします(下表から)

  @  ドラグの調整はノットや結びで2割程度落ちる
  A  使用頻度・年数・紫外線劣化で2割程度落ちます
  B  ガイドの抵抗で2割程度増す
  C  鯛の突っ込み時の瞬間負荷と潮の抵抗でも2割負荷が増える

バネ秤のKgの設定は、直線強力を8割減として計算し平均1.1Kgと
して安全率も考慮して0.7〜0.8Kgの範囲で設定するのが良い

ラインのタックル作成時での結束・使用頻度・他で、上記の@〜Cの内容で 6 〜 8 割 落ち弱くなる
ロツドとラインの角度は90度で測定


一般規格とメーカー表示強力から規格強力・実質強力を比較

メーカーの強度は太さも違いはあるが規格より強く、表の実質強力はメーカーの最低・最高の中間を基準として標記し、下表のようになりドラグ設定する

PE号数 ポンド
(lb)
ナイロン
号数
規格強度
(kg)
メーカー表示強力
(8本縒り)
 実質強力
(8本縒り)
実質強力の
ナイロンの号数
 
ラインのタックル作成時
8割減の強力 (Kg
)
ドラグ設定強力
安全率をみて
 
0.6 号 6 lb 1.5 号 2.72 kg 4.5 〜  6.3 Kg 5.4 Kg 3.0号 1.0 Kg 0.7〜0.8 Kg 
0.8 号 8 lb 2.0 号 3.62 kg 5.5 〜  7.3 Kg 6.4 Kg 3.5号 1.3 Kg 0.9〜1.0 Kg 
1.0 号 10 lb 2.5 号 4.53 kg 7.0 〜 10.0 Kg 8.5 Kg 4.0号 1.7 Kg 1.2〜1.4 Kg 
オンスとポンドからのgへの変換 @ 1oz (オンス) = 28.35g   A 1lb (ポンド) = 453.6g


V ライン・リーダーの選択は
1
鯛ラバの PEライン
 PEライン150〜200 m巻く 
 PEラインもピンからキリまでありますが最近のはほとんど差が少なくなってきましたが、安い製品の使用は避けること

@ PEラインの選択は4本縒りよりは8本縒りが良いが価格が少し高いが、8本縒りノラインを勧めます
   ※ PEラインは劣化が少なく長く使用できるので少し高くても8本よりがベストでお勧めです
A 4本縒りを使用する場合は1ランク上のラインを使用するのが良い   ( 下記に使用例を記載してます )
B 鯛ラバの場合のラインの基本号数は0.8号(8本縒り)が基本で経験により下記の記載の使用方法が良い   
C お勧めは
   A YGKのG-soul X8です、メーカー表示ですが0.8号でMAX7.3Kgもあり強度は抜群です
   B 東亜ストリングスのレグロンPEテンヤ・鯛ラバ真鯛の8本縒りPEラインも良く、私もタイラバで0.6号で70cm超えを取り込み
      もしても強度に問題なし
 使用する釣り人  8本縒りライン  4本縒りライン  リーダー (フロロ 3−4m)
 A  ベテラン用 0.6号 0.8号  2.0〜2.25号
 B  通常用 0.8号 1.0号  2.5 〜 3.0号
 C  初心者用   1.0号 1.2号  3.5 〜 4.0号

私のお勧めPEライン (150m巻き) 200m巻きでリーズナブルでお勧め 
 
YGK G-soul JIGMAN X8  
強力 0.8号7.3 Kg   1.0号10 Kg
東亜ストリングレグロンPE 真鯛
強力 0.8号 6 Kg  1.0号 7.5 Kg
バリパス アバニジギングMax 
強力 0.8号 7.5 Kg  1.0号 9.2 kg
東亜 ライトジギングPEアンドロイド
強力 0.8号 5.5 Kg、 1.0号 6.8 Kg
 4本縒りラインを載せていますが、価格は高いが8本縒りラインを使用してほしい 8本より追加
   
  YGK G-soul JIGMANX4 200m
強力 0.8号 6.3 Kg、1.0号 8.1 Kg 
東亜ストリングレグロンPE真鯛
強力 0.8号 5.5 Kg、1.0号 7 Kg
 
ユニチカ ジギング X4
強力 0.8号 5 Kg、1.0号 7 Kg
デュエル HARD CORE X8
強力 0.8号 7 Kg  1.0号 9 kg  

鯛ラバ用 ナイロ・フロロのリーダー  
  長さは 3〜4m  (リーダーはメーカー品を使用すれば特に問題はない)
ナイロンはしなやかさの特質で喰い渋りの時、フロロは根ズレに強い特性から根・岩場の多い時に使用、フロロのリーダーはハリスを代用しても良い、 
   
ポケットショックリーダー
(ナイロン) 30m 2.5〜6号
TB-CARBON ショックリーダー
(ナイロン) 30m 1〜8号
トルネードコング 
ハリス用(フロロ) 50〜60m1〜5号
東レスーパーL・EXハンパー
ハリス用
 (フロロ)
 50m  1.0〜6号

蛇足になりますがラインの強度・強力について書てみました
ラインの強度と強力の違いは
@ 「強力」は、ラインの一部をランダムに切り取り、その両端を引張り試験をして切れた時の荷重の重さの kg をいう
       ※ 6Kgまでは切れませんと 「lb」 (I.G.F.A(国際釣魚協会ルール) や 「Kg」 で表示されているものです
A 「強度」は、1デニール当たりの糸の引っ張りの強さを表す単位であり、強い糸ほど数値が大きくなる
                    ( 強度の数値は、糸の直径に影響されないので、一番比較がわかりやすい単位です )
          ※ デニールとは単位のことで、糸の長さ9,000mの重さ1gが1デニールになっている
ナイロンの規格は 「標準直径」が有ります、此れは1号では0.165mm以上と定められています    
 1 唯一ナイロンのみ規格が定められていて、フロロ・PEには定められた規格は有りません 
 2 規格のライン径は意外にその許容範囲は広くラフで、1号の実際の製品は、1号は0.165〜0.184mm(1.25号)の間で製造されていますからメーカーにより、1号の太さが違うので当然強力も違いますから、1号表示の 「kg」 での正確な強力の比較は出来ない 
 3 ナイロンラインの強度の比較は、「実径」を測って比較する必要が有ります、号数のメーカーの強力表示をそのまま信頼は出来ない 
  ラインの重さを表す単位としては、「デシテックス」がある、長さ10000mで1gの重量が1デシテックスです
   ※ 最近はこの表示が多い、デニールとは単位のことで、糸の長さ9,000mの重さ1gが1デニールに
            なっているナイロンライン1号なら 245デシテックス、1号で100mのラインならその重さは2.45gになる 
PEラインは規格はなく、判断はメーカー表示のみとなり、
      ( メーカーラインには 「lb」・「kg」 の強力とPE号が表示されています ) 
 1 メーカーにより製法精度は違い、同じ号数でもそれぞれ太さは違いますから強度も変わります
デニール表示が無いなかでは 「kg」 表示が判断基準になりますが号数の太さが違うので本当の比較にはなりません 
 2 メーカーの 「kg」表示を頼りに実際に使用してみて自分自身で判断するしか有りません 
   ※ 各メーカーが同一基準で商品に表示してくれると良いのですが、   (一流メーカーの信用度に頼るしか無いのでしょうか)


W PEラインとリーダーのノットとサルカン部分の補強方法 
1
FGノット
    
( 鯛ラバリールのリーダーとPE糸の接続の方法 )
@ 結びを作らず、編み込みの摩擦抵抗でリーダーとPEを止めて強度を持たす結びです
A 結びは他にも色々ありますがFGノットがシンプルでコブも小さく強いノットで良く、これ専用で使用するのがベストです 
B 鯛ラバは細いPEラインやリーダーを使用するので大物が釣れた時にラインブレイクを起し易く此れを防ぐ為にもFGノットは必要です 
C 編込み時の注意点
PEラインをリーダーに強く・重ならないように密に編込み、最後にリーダーとPEラインを持って引き、締め込むがその時に殆ど長さが変わらないくらいに編込む事が強度の出る編込み方です 
D リーダーはフックラインに直結するのでWユニノットの結びが良い 

 
ラインの端の処理・・・
  @. リーダー及びPEライン共に線香
を使用して端を焼く事を実行する (船上で風が吹いても消えない)
  A リーダーは焼くと少し丸くなりスッポ抜けを防ぐ       
  B
 PEラインは焼くと丸く塊り、ホツレが無くなるしスッポ抜けにも良い  
2
手作り簡単ノット結び器具  サルカンとの結び 
 
作成方法」  @ 釣り用のテンビンで丸い部分が割れているステンレス棒を加工する
          A 丸い部分を先にして20cm程度にカットして捻り2本を固定して、Yの字にする
          B ニギリ手を太くする為にビニールテープを巻く、最後に収縮ゴムを取り付けて完成
 ユニノット  ダブルユニノット
3 簡単な結び  (フィシャーマンズノット)
  
※ 簡単に結べるが結び目が太くなるのが欠点でロッドのTOPに掛かりやすくトラブルも起き易い、強度の必要なジギングやエギング等の
     キャスティングをするものには不向きです

4
PEライン とPEラインのつなぎ方  ( ラインが縺れて切れた時の強度ある結び )
交互ハーフヒッチの結び方
 ( 片方を5〜6回結ぶ )
両方を結んだ図
 ( 両端を締め込みラインの端はライターで焼く )
 


X  鯛ラバの種類と選択の方法
1 鯛の食性は
真鯛は主にカニやエビなどの甲殻類や、貝やゴカイ類、イカやタコ、小魚などをさまざまなものを捕食しています
捕食しているものが一つで鯛ラバにヒットするのであれば、それに見えているものだろうと判断できますが、さまざまなものを捕食しているので特定は困難です
その時に捕食しているベイトを判断ししてから鯛ラバを選択するのが釣果を左右するといえます 

ハヤブサの無双真鯛 フリースライドTG (タングステン) 
カラー色は種類もあり価格も45g・60gは \1700〜1900
  W-WAVE クイックショット
価格は50〜65g\ 950〜990 程度 
ジャッカルのビンビン玉スライド ( タングステン) 
カラー色は種類もある
 価格 45g・60gは\1500〜1700
 
鯛玉(ヘッド)の鉛の市販製品で種類もあり塗装もしたものや無垢のものもある
1 難点はフリースライドなのにパイプが入って無く又入っていても・穴が小さいものがある  2 穴の小さいものは自分で加工して穴形を大きくする必要がある
 
TAKA がぶり玉 
40・50・60・70g \250〜300 程度 (パイブ有り)
 
ダイワ 紅牙フリーヘッド
60g \1000 程度 (バイブ有り)
ハヤブサ 潮斬鯛玉
15号 \420 程度 (バイブ無し) 
 
 デュエル  ソルティー・ラバー
スライド  60g  価格 \1000 程度 
ビンビン玉 ・ 零45g  \2,100、 60g  \2,300
固定式・タングステン、 ネクタイ等交換可 
セブンスライド (フリー) 
 60g 価格 \1200 程度 
ネクタイのカラーの色々 (他にも色々あるが参考です)

  最近は下図の匂い付きワーム等、従来に無い製品が発売されています 

1
2

3

  ヘッドジグは円形・楕円形・円形のサイドを削った形・月形・棒形等があります
  ヘッドもナマリとタングステンがあり、同じヘッドでも大きさが変わります
    ※ タングステンの方が比重が重く大きさが小さくて潮の抵抗が少なくボトムが取りやすく良いが価格が倍くらいする
  ヘッドの形でリリーング時にスラロームの動きが違ってきますから形により喰いも変わります
      例えば、サイドを削ったものは、リリースの時にヘッドが揺れて鯛にアピールします
  重さはメーカーで色々ですが、30g 、40g、 45g、 50g、 60g、 70g、 80g、 90g、 100g、 120gがある 
@  鯛ラバの重さの決定は水深に合わせる (潮が速い場合は重くしてボトムを捕らえられるようにする)
  タイラバは固定式と誘導式のタイプが有りますが喰い込みやバラシ対策で断然誘導式に分が有ります
   ※    40m以下の場合 - 45g 、 50mの場合 - 60g  60mの場合 - 70g、 70mの場合 -80g、が目安です
       瀬戸内海では水深が20〜40mのポイントが一番多い ( 45gを使用する ) が50〜60mの場所もある 
    最近はネクタイ・スカート・ハリを交換できる製品がある、この場合に喰い渋りにハリを小さくしたり、ネクタイを長くしたり又カーリーに 変えると喰いが上向くことが多い 
  A .鯛玉のヘッドの形は円形・楕円・円形サイドカットが一般的です 
    重さは水深・潮の速さで変わりますが 45g 60g ・ 75g の3種類は揃えてください
    鯛ラバは小さいものが良くタングステンものが高価ですが良い
  B 鯛ラバのネクタイのカラーは
    A カラー色はオレンジ ・ レッド ・ ゴールド ・ チャート ・ グリーン ・ ピンク ・ グロー ・ ケイムラ (蛍光塗料)があります 
    B 最近はゴールド系、蛍光色、ケイムラが良く使用されています 
  C 鯛ラバはの種類・数はどのくらい揃えるか (フリースライドの時) 
    鯛玉は、重さ3種類と45・60・75gと形2種類にカラー3種類の合わせて計3種類20〜30個は揃えてください 
    ネクタイの色は5種類、各2個は必要で、10〜20個程度は準備する 
    鈎も長短2種類と大小2種類を揃えて、計10〜15個は準備する 
    釣り行き時は場所や水深から鯛玉重さ2種類を6個・鯛玉カラー3種類を6個・ネクタイカラー5種類で15個と計25個以上は持参してください 
2 海中での光の吸収の変化 

@ 深度が深くなると光は水に吸収されて明るさは減り暗くなる
     A 水深4.5mで陸上の1/4  A水深15mで陸上の1/8になる 
     B 20mから灰色に変わり始めて30mから除々に暗くなり50mでは真っ暗になり、色の判別は出来ない
A 光は7色のそれぞれ波長の異なるスペクトルから成り立ち、水はこれらのスペクトルを選択的に吸収する
水深が増すごとに波長の長いから吸収され、順に青、緑紫、が最後に残る   (下図の通り)
B 一般的には水深25〜50mで海中は光が届かなくなり灰色から黒い世界に変化していく ( 下図に色別の水深による変化表 )
     ※ 海中の海水のニゴリや太陽の光の強さ、晴れ・曇り・雨の日等で変わる
C 鯛ラバのネクタイは鯛にアピーるする場合の色と水深は

  1.  30〜40mの水深では青・緑・紫が多少暗い色には変わるが視覚に反映されて見える
  2.  15〜20mの水深まではが見える
  3.  10mの水深まではは見える 又は5mくらいから色が変化して黒くなり見え難くなる
3














ネクタイのカラー

4 下記の鯛の視覚・視力・色彩識別の資料は(然る大学の先生の研究結果)参考例です
鯛の目は色彩判別は、RGBが確認できる   ( 色の識別が.出来ると言うことです )    
@ RGBとは・・・(Red)(Green)(Blue)の三つの原色で、右記図になります
それぞれを混ぜ合わせることで幅広い色を再現することができる 
A オレンジや黄色(チャート)は、赤(Red)と緑(Green)を混ぜ合わせてできる色ですが此れも判別できる 
@ 鯛のネクタイによる色の判別は 
水深により色は20m位から灰色に変わり30m位からは天候や海水の濁りにも寄りますが黒色になり色の判別が
出来なくなりますが鯛は見分けているようです
    ※  鯛、視力・色彩判別・視覚範囲に付いては下記に記しています
   A ハッキリとは分からないが、魚はどうやら「人」とは違う光の波長が見えるようなので、シルエットとコントラストが人よりクッキリ見えているのではないかと思います、そのコントラストの違いが常に変化する海況の中で餌の見え方にマッチして確認できていると思います
   B 結論から言うとネクタイの色で鯛の喰いは変わります、これは現実ですからその時の海の状態で変わりますから色を交換して喰いの状況判断してみるのが最良の方法です 
  C 鯛ラバの喰いによる色選択は大事ですが、頻繁に変えすぎると又喰いも落ちますから・・・
一日3〜4色のローテイションがベストと考えていますが
カラーは、オレンジ イカナゴ レッドゴールドをメインに6〜10色に程度揃えるのが良い
A 鯛ラバ釣りをしている時によくアコウ が釣れる事が多いが、その時のタイラバの色の選択は
  A 鯛玉は金色が良いし、又銀やホログラム系の光物が良い
  B ネクタイは赤が一番良いが次にオレンジも代替可能です 、又ロングネクタイや2本付けでアピール度を増すこと 
  C 釣り方はボトムを中心に舐める様に釣る、巻き上げはスローで4m前後巻き上げしてはボトムに落とす 
鯛の視力は 
@  鯛は5m離れて1cm程度のネクタイが確認出来きることになる  ( 晴れや曇り、潮のニゴリで違う )
5  鯛ラバのネクタイのカラーの種類は
@ 蛍光色  外からの光に対し強く発光するタイプ
A 蛍光色ではない色  赤やオレンジで又オキアミピンクのような薄く透き通るようなカラーも含む 
B ケイムラ  紫外線にあたると発光するタイプ 
C フラッシング  光を反射するタイプ 
D 蓄光 光を蓄えて発行するタイプ
使用されているカラーの種類
1 オレンジ ・ レッド ・ ゴールド ・ チャート ・ グリーン ・ ピンク ・ グロー ・ ケイムラ (蛍光塗料) 等が使われています
1 ストレート タイプ 
2 カーリー タイプ  ( Wカーリー ・ ドラゴンカーリー 等のタイプがある)
3 ワーム系 匂い付き (形は色んな種類が発売されています) 
 @ .色は最低四色は揃えたいです、 オレンジ ・ 赤 ・ ケイムラ ・ ゴールド系 は揃えたい 
     A 慣れてくると6〜10種類程度はカラーは揃えたいです
           B 天候 ( 晴れか曇り ) ・ 潮が ( 澄む・濁り ) を参考に・・・実際の使用は一日3〜4色を使い分ける
             ※ ローテーションが多いと 「どっちつかづ」 となり落ちついて釣れなくなり、最後は迷いすぎて釣果を落とす原因となる
 A  潮が ( 澄む・濁り ) の状態での使い分け ( 下図の様に使用・参考です )
澄んでいる時  通常のとき  濁っている時  水深のある時  朝・夕

ピンク  ゴールド 
 オレンジ
赤  ピンク 黄色 
黄色
蛍光色   ラメ入り 
青色
蛍光色   緑   
ゴールド
蛍光色    ピンク 
   捕食漁の種類  鯛ラバの色 その他
@ カニ ・ エビ・ 貝・ 海栗・シャコ オレンジレッド 鯛ラバ玉の色はあまり拘らなくて良いが3〜4種類をローテーションするのが良い
ネクタイはオレンジ系はオールマイティーに使用でき必須アイテムです
スカートは同系色のものが良い
A イカナゴ ・ カタクチイワシ・クラゲ 黄色 ・ オレンジ ・ ゴールド
B イワシ ・ キビナゴ ・ ヒトデ レッドピンク オレンジ ・ グリーン  
 C イカ ・イイダコ パール

   捕食する時期 瀬戸内海の 水温    鯛が捕食する魚類・海底生物等の名前
@ 3〜4月 11〜13度 イカナゴ・カタクチイワシ・クラゲや海藻
A 5〜6月 14〜20度 キビナゴ・ミミイカ・クラゲ・カタクチイワシや海藻
B 7〜8月 20〜27度 蟹・海栗・貝・ヒトデ・ナマコ・ホヤ類・タコ等の海底生物
C 9〜10月 26〜22度 イカ、エビ・イイダコ・カタクチイワシ・ゴカイ等の海底生物
6 鯛ラバのフックの種類と使用例
フック(鈎)は下記の太字のものが基準で、強度重視は号数を上げる、喰い込み重視には号数を下げるようにする
 名前 / 号数  径 m/m   名前 / 号数  径 m/m   名前 / 号数  径m/m  重量 g 
サーベルポイント S  0.92 一刀真鯛  / 9 0.86 紅牙ベイラバーSS 0.92 12.8
M 0.99 /10 0.99 S 0.92 13.5
L 1.07 ふかせ真鯛 /9 0.99 M 1.15 24.0
 - /10 1.07 LS-LL 1.15 30.4
-  /11 1.16   L 1.25 33.1
 

 @ サーベルポイント 細軸、貫通性能重視で 細軸ですがフトコロ強度UPした喰い渋りに対応した鯛ラバ専用の鈎です
     サイズはS・M・Lとあり喰い渋り時でS・Mを使用し大鯛にはM・Lを使用すると良い  
A 一刀真鯛 中軸、貫通性重視で小鯛やにササリを優先し又強度も考慮してある鈎です
    9号は小鯛用と喰い渋り対策に鈎掛りを重視して使用、10号は喰い渋りですが少し強度も考えて使用
B ふかせ真鯛  太軸、平打ちで強度と吸い込み性を重視した鈎で大物の鯛用のです
    9号10号でも折れる心配の無い鈎です、大鯛専用で使用するのが良い  
C 紅牙ベイラバー 太軸、貫通性重視のサクセスフックで喰い渋りの時にササリを優先した鈎です
     サイズは S・M・L・LS-LL で通常は S・M を 大鯛は M・L で使用すると良い  
 . 交換するフック(鈎)に付いて ( 途中でバレる場合はフックを小さい号数に交換してください )
    A.  ふかせ真鯛  10〜11号    ( 強度があり、太軸 )   50cm以上の鯛でハリ折れを心配するとき
    B.  一刀真鯛 9〜10号  ( 細軸・貫通性重視、平打ち)  喰い渋り時、小型の鯛やバレが多い場合に使用
         C.   サーベルポイント M ・ S サイズで細軸・貫通性重視で喰い渋り時に向いている又バレが多い時に良い鈎です
    D.   紅牙ベイラバー 特にバレ対策の鈎ですサイズは通常はS・Lで大物にはM・Lで使用するのが良い

         E.  喰いが良いときはアシストフックの長さや大きさは通常で良い 
    F.  喰い渋りやバラシが多発するときは、小ハリ・細軸(貫通性良いもの)・長めのアシストフックに変える
       バラシ多発にはロッドを喰い込みの良いティップ・ブランクの柔らかいものに変えると良い            


Y 仕掛けとタックルの参考図です  (下記を参考に 自分に合ったタックルを決めてください )
1  
A 釣れる鯛の大きさで下記の二種類から選定してください (潮の速い時にボトムを取ることが一番大事で細ラインを使用する)
PEラインは高価ですが8本縒りラインを使用して一段細くしてください、強度と潮の抵抗が少ないので鯛ラバが沈みやすくボトム取りが早く簡単に出来て当たりが増します
@ ベテラン用 PE 0.6号に リーダー 2〜2.25号を 3〜4m結ぶ (60cmまでのサイズが目安です)
A 通常のメイン  PE 0.8号に リーダー  2.5〜3号を  3〜4m結ぶ  (70cmまでのサイズが目安です) 
B 初心者用(又は大物用)  PE 1.0号に  リーダー  3.5〜4号を  3〜4m結ぶ  (80cmまでのサイズが目安です) 
              ※ 目安ですからロッドの硬軟、リールのドラグ良し悪しや締め具合、ノットの良し悪しやロッド扱いにより
                    目安以上でも取り込めたり切れたりします
                   
 私は@のベテラン用タックルで71cmのタイも取り込んだ実績もありもう少し大きくても取り込めると思う                
B PEラインとリーダーのノットはFGノットが最適です(此のノットが大事でラインブレイクを防ぎます)
C 固定仕掛けの時はリーダーとサルカンはダブルユニノットで結ぶのが良い 
D 喰いが悪い時はサルカンを外して直結びするのが良い 
E フリースライドの場合はタイラバとダブルユニノットでの直結びが良い 
タックルの参考例
   ロッド  リール  ライン
A @  紅牙MA  69MB-METAL  A ミリオネアバサラ 200H B  PE 0.6号150-200mにリーダー2.0号を3〜4m結ぶ
B @  紅牙     N69MB-S A キャタリナベイジギング 100H B  PE 0.8号150-200mにリーダー2.5号を3〜4m結ぶ
C @  ゲーム炎月 B610L-S A カルカッタ 400F B  PE 1.0号150-200mにリーダー4  号を3〜4m結ぶ

 
タックルの図解
 
上記参考例から

Aは ベテラン用
Bは 通常用  
Cは 初心者用 
鯛ラバ釣りの面白さは 
鯛ラバの種類は色々あります、金属玉の重さ・色・形とスカート・ネクタイの色・形を組み合わせて何十種類もありから選択は中々難しい面もありますが、その船で釣れている釣り人と同じものを使うのが良い思います、私は自作の鯛ラバを使用していますが実績も高いです
ジグをバーチカルにボトムまで落として一定のゆっくりした速度でリリーングするの繰り返しです、単純ですから又単純なほど難しいともいえますが素人でも良型が釣れることが多くこの釣り方が広くひろまってきているのではないかと思います、釣り方やタックルの選び方も楽しいものです、皆さんも鯛ラバ釣りを始めてみませんか 
 


釣り方と合わせ方 
1
 @ ロッドとリールの持ち方は
  A ロッドはグリップエンドを脇に挟み、角度は時計の4時方向に向けてリーリングするのが良い
  B リールの握りは小指・薬指・中指でロッドの握り部分にあて、人指し指はリールの下部に軽く当て、親指はリールの上部にあて軽く握る、此れがロッドが安定してブレなく安定したリーリングが出来る
 A フォールはバーチカルで行うのが基本ですが  
       ※ 潮の速い時にもボトムを取ることが一番大事なことで細いPEライン・小さい鯛玉(タングステン)を使用する
               
「注」 鉛でも10号、12号を使用した場合は問題ないが18号以上を使用の時はタングステンが良い
A 喰いが悪いときで、船の定員が少ない時は斜め沖に入れて広くサグル釣り方もする
  B サグル範囲はボトムから7〜10m位までが基本、リールにもよるが10〜15回巻くと又ボトムに落とす 
  C 鯛は基本的にボトムから7〜10m位まで遊泳してる場合が多いので、又釣れる時は鯛ラバが鯛の泳いで いる左右前方に フォールしている時やリーリングしている時に喰い付き、釣れるのは此のタイミングなのでムダに巻き上げないこと、又リーリング回数とタイミングが大事になります 
  D フォールはフリーにせず「サミング」親指で軽くテンションをかけながら落としていくと真下に落ちるしボトムが判りやすい 
    ※ 親指で軽くテンションをかけていないとロッドのティップが上下に揺れるので良くない、かけると揺れなくスムースに落ちて行く 
B 釣り方の基本は、ゆっくりとしたタダ巻きのリリーングで行う  
A 巻き方は 「等速巻き」 ※ 鯛ラバではこの巻き速度が一番重要です 
 1. 波打たづに一定の速度で巻く事、この時はテップが安定して上下に波打たない 
 2. 釣れ無い時は先ず「巻き速度」を今までよりも、「遅く・速く」と変えて対応する 
B 春はゆっくりとしたリリーングが良く 
C 夏はイワシ等を追っている場合は少し早巻きが良い 
D リーリングの巻き上げスピードは喰いの悪い時は変えてみる、釣れている釣り人を参考にする 
 1. 釣るコツはジグのカラーを頻繁に変えるよりも「巻き速度」の方が重要です 
 2. ポイントにより巻き速度は異なるので釣れる巻き速度を早く見つけてください 
 3. 巻き取り長さの違うリールが有ると良い、一回転で62 - 66 - 71mm等できれば二種類揃えられると良い 
C 当たりのある時  
A 当たりが有ってもそのまま巻き続けていると乗る、合わさない方法
  B コツコツときてテップがビリビリとなった時にロッドを少し下向きにして3〜4回早巻きして合わす
  C 当たりがあると巻き続けてロッドが大きく曲がると合わせを入れる方法 
 1 リリーングしている時に ( この時に当たりが一番多いです )    
A リリーング中にアタリがあればリリーングを止めず 1 そのまま巻き続けて合わせはしない
  2 ロッドが大きく曲がり乗るまで待ち合わせを入れる
 B リリーング中に穂先が大きく曲がる本アタリがあればアワセを入れる     
2 フォール途中にラインが止まった時  A フッキングを信じてアワセを入れる
3 リリーングをストップした時にロッドが曲がる   A ほぼ本アタリなのでこれもアワセを入れる 
 D 単純な釣りだけに簡単に釣れる場合もありますがその場合はスグに釣れなくなります、だから経験が必要で旨くなるには実践経験の積み
    重ねで、潮・鯛ラバの選択(色・ヘツドの大きさや重さ・ハリ大小等)・リーリングの巻き速度・当たりの合わせのタイミング(ハリハズレが多
    い)
等の経験を積めば必ず何か自分なりのコツを会得できて釣れる様になります
E 釣り行きの潮ですが下記数字の順に喰いが良い
          ※ 釣る時間が午前6時から午後2時の場合は満潮・干潮が10時頃で両潮釣れる潮が良い
@ 中潮から大潮に変わる最初の大潮の日  A 大潮から中潮に変わる最後の大潮の日 
B 若潮から変わる上げの最後の中潮の日 C 大潮から中潮に変わる下げの最初の中潮の日
D 大潮の中2日の大潮の日     
A 潮の速い下津井・来島等は大潮より中潮が良い,又 潮の緩い笠岡沖などは大潮が良い場合もある
  B ポイントに寄り、下げ潮が・満ち潮が良い場合も有り、釣り行きして潮の状況の把握が釣果につながる 
 F ドラグの調整でロッドとラインの角度は90度でしてください、合わせは90度前後でしますから切れる前にはドラグは出ます取り込みの時は
   大鯛の掛けた時の初速の走りは強烈でドラグがスムースに出ないと切れる場合もあり、その時は合わせた後スグにロッドの角度を120〜
   180度に換えればガイドの抵抗が減りドラグがスベリ出してラインブレイクを防ぐことが出来ます
   このようにロッドの角度を変えてドラグの調整が出来るので引きの強さで角度を変えながら取り込みします

     (基本のドラグ設定は必ず必要ですし此れをしないとロッドの角度を変えても切れることが有ります)
 
船から釣る時の釣り座の優劣は  (潮・風向きにより優劣は有ります)
          下図の@のように遊魚船は船の大きさで、一船8人から10人位乗せます
@  釣り座には風の方向により船首は風上を必ず向きます
   ※ 風向きで船の方向が変わりので、船の向きにより左舷又は右舷の船首が良い釣り座になり優位になります
  @図 右・左舷の船首が有利です B図 左舷の船尾が有利です
A図 右舷の船尾が有利です C図  左舷の船首が有利です 
     釣り座はその日の釣果に大きく影響しますから釣り座の選択は大事です
    ※ 釣り座は船長が決めたり・クジで決めたりするのでままならない場合も有ります
A 自分で決められる場合は  まず船首の釣り座を選ぶ ( 基本は船首から先行して流れて行くから ) 
    次は船尾でも船首に近い釣り座を選ぶ 
    パラシュートアンカーで流し釣りする船は、船首から流れるので確実に船首が優位になります 
 2 船の大きさと 船の釣り座の優劣は  
  @ 船の長さは 36フィート(10m)が一般的で多いが、30〜40フィート間の長さの船も有ります
    ※  36フィートでは船首・船尾で左・右舷2人づつの釣り座は、(下図の@) 少し狭いし釣り難い、船首が短いとA釣り座は
        足場が良くない、 トイレの位置が船尾右舷に付いている場合は船尾右舷釣り座は1人減と考えた方が良い 
  A 40フィート(12.2m)の大きな船は、同じ定員で乗せている船もあり、楽な釣り座が確保されます 
  B 32フィートであれば定員は4〜6人位になりますが、5人位が釣り易い
C 30フィートであれば定員は4〜5人位になりますが、4人位が釣り易い
 
3 船からのフォールとリーリングの方法の図解
  基本は数は下層のボトムから7〜10mが中心ですが、喰いがたった時や乗っ込み時季や秋口は浮いてくることも多く中層近くまで狙ってみる 
 


[  釣れる魚   (メインの狙いは真鯛ですがアコウ・マゴチ・カサゴ等も外道として釣れます)
       
 真鯛  アコウ マゴチ グチ
       
チヌ  カサゴ  メバル  フグ 
\   鯛ラバ釣りのクーラー・取り込み後や鯛を〆る時の道具とサングラス等 
 1
  A タイ用の容量は大きすぎず・小さすぎず50cmサイズが入り、夏場も使用するので保冷力の あるHPウレタンの断熱材仕様の下記の
    ものが良い     ( 真空パネルのものは高価でHPウレタンのもので充分対応可能で良い )
  B サングラスはUV・偏向で色は薄いものとサイドフレームは紫外線の入りを防ぐ太い(下図)ものが良い
  C 船釣りの履物は
      @ 冬は、スノーブーツが良い、スベリ止めや防水・防寒機能も優れている 
      A 春・秋用は ショートブーツの下部防水の付いたものが良い
      B 夏用はサイドは防水で上はメッシュの運動靴がムレなくて良い
  
   
NSトランク大将II  3500WD \22,000
 35L 内寸 W52.0×D24.0×H24.0cm
 ライトトランクW GU 3000RJ \21,000
 30L 内寸 W52.5×D23.0×H24.5cm 
防寒・防水スノーブーツ  下部防水ショートブーツ

 UV偏光グラス メッシュ運動靴 フィッシュ グリップ ・ ナイフ 

タックルBOXはEVA樹脂製とプラスチィック製があり、使用用途で選ぶのが良い
         ※  大きさは好みと入れる道具の量で決める 、EVA製は、大きさは2〜3種類は有ります
                     プラスチィック製はドカットが二段なり上段に鯛玉・ネクタイ・スカート等を置き、下段に他の品物を分けて入れられるので
          便利です
 
 EVA製タックルバック、35L、40L   EVA製タックルバック25L  ドカットD-4700タックルケース 透明タックルケース
 2  クーラー ・ タツクルBOXに取り付ける便利グッズ (ロッドホルダーを含めカップ・ドリンクホルダーと多用な取り付けが可能です)
   @  吸盤で取り付け可能で簡単ですが取れやすいので両面テープで固定する方が良い
   A BMO ビーエムオージャパン製品
                つりピタロッドホルダーBM-B5QLH-ST 寸法外形 50×内径 45m、長さ 305mm取付け部 54×40mm
   B 最近は、竿立て・カップフォルダー等をセット出きる製品も販売されていますが、購入済みの製品を下記のように加工も出来ます
 
ドカットにロッドホルダー
二連を取付け
 
つりピタホルダー
取付け位置調整可:
 
カップホルダー  ドリンクホルダー  取付け部分図
吸盤で取付け
 
2連ロッドホルダー
ネジ出取付け
 





ドカットにロッドホルダー取付け  付け部分を接着  上蓋ストッパー取付け  上蓋取っ手の取付け  底にゴムの滑り止め接着
 




鯛ラバの自作の作り方の紹介


フリースライド(誘導)の鯛ラバの作り方 
T 自作鯛玉の重さ・形の選択と自作の費用の目安 
 @ 鉛は10号(38g)、12号(45g)、15号(56g) 、20号(75g) 、 25号(94g)と重さが限定されているのがすこし残念です

           A  ヘッド鉛は楕円形円形サイドカットの二種類から無垢鉛で調達する
     B 10号(30m以下)12(40m以下)・15号(50m以下)・20号(70m以下) で作成し、カッコ内の水深で使用する
     C 水深の40m以下は問題なし 50m以上になり潮が速いと玉が大きく水流抵抗が大きくなりタングステンには 劣るが使用は可能、潮
        が緩いと問題なし  (15号以上はタングステンが有利)


 A 水深は通常瀬戸内海は20〜50mで使用することが多い

     A. 12号15号 をメインに作成して、水深40m迄は12号のみで使用する、60g指定の遊魚船もあり
        
  ※ 喰いが渋い時は10号に落とすのが良い、又喰いの悪い時に斜め引きする時は10号の方が良い
     B 水深が深い所や潮の速い海域で釣りすることが多い人は20号等を水深・潮により追加作成すれば良い
 

 B 自作品の鯛ラバは実際に使用しましたが鯛が良くヒットして購入品と変わりません
      自作はあれこれ考えて自分なりの考えで作成しているときの楽しみと、自作で鯛が釣れた時の喜びが一番ですね
   ※ 自作の場合の価格の目安は下図から計算して1個、360〜400円程度となります
   製   品 購入価格   1個の価格  製   品 購入価格   1個の価格
1 無垢鉛鯛玉 18個 830円 46円 5 スカート (6セット製作可能) 410円 69円
2 シリコンチューブ30cm 300円  30円 6 セブンスライド 8個 305円 38円
3 ダイソーのマニュキア 100円 17円 7 鈎  9本 292円 65円
4 ネクタイ 5本 410円 82円 8 YGKシーハンター 5m 432円 13円
U 無垢鯛玉鉛に穴を開ける

  @  即存品は穴は2mm程度が空いている
  A  電気ドリルで3mmと3.8mmの金属用のドリルで3.9mmの穴を二段階で開けて行く
  B  一回で行うと穴がズレる事が多いため  
       A.  ドリルは3.8mmですが仕上がりは3.9mmに仕上がり、この穴に4mmのチューブを通すと接着しなくても良い
       B. 穴明けのコツは鯛玉にドリルを軽く当てて穴を開けてゆくのが良い、強いとドリルの刃が目詰まりして開かない

  C  穴の両端は丸・平ヤスリで「バリ」取りと仕上研磨をする又鯛玉の表面もデコボコ部分も平ヤスリで研磨する
  D  塗装は穴を開けた後に塗料する  ( 加工時にキズが付き易いので)  
いずれの鯛玉も無垢鉛を又は即製品を調達する
穴は開いているが2mmと小さく加工して3.9mmに大きくする 

     
形は左から、円形サイドカット 楕円形・潮斬薄型円形  チューブを通す 色も付いたタングステン 即製品、穴は大きい   色も付いた鉛の即製品 穴が小さい  

鯛玉(ヘッド)の穴あけと仕上げ、ホログラムの丸カットに使用する道具  タングステン無垢
       
穴あけ用ドリル鉄工用 3mm・3.8mm  ホログラムのカッド用ポンチ 14・18mm 平型・丸型ヤスリ (ダイソー100円ショップ) サンナーの丸ちゃん 1000〜1450円
V 穴あけ加工後の無垢鯛玉の塗装する 

@ 数が少ない作成は100円ショップのマニキュアを3度塗りするのが簡単で仕上がりも良い
 ※  東邦産業のケイムラウレタンフィニッシャー 40mをドブ付けすると表面の光沢がよくなります
  A 東邦の塗料(色の種類は豊富)を塗り、最後にクリアーを縫って仕上げる方法もあるが・・・
費用も高く素人には刷毛で塗るのは仕上がりがイマイチです ( 表面が滑らかになり難い  ) 
  B スプレー缶の塗装であれば薄く均一に塗装できるので仕上がりが綺麗に出来あがる ( 色が少なく・費用が高い ) 
  C サイドカットの鯛玉にはサイドは塗装せずにホログラムシールをポンチでカットしたものを接着剤で貼り付ける 
  D 好みで7mmサイズのライブアイシールで目玉を付けても良い ( 色は何種類かは有ります ) 
      ※ 付け方は、7mmのドリルで、両サイドに均等にアイシールがハマル程度の穴をあけて、接着剤で固定する
       
ダイソーの100均のマニュキア
カラーの種類は多く、ラメ入りもある
左、ダイソーのホログラムシール (金・銀で糊付)
右、ハヤブサのライブアイシール(目玉に使用)
 
東邦の蛍光塗料 
W 鯛玉の塗装が仕上がるとシリコンチューブの挿入

    @ シリコンチューブを挿入する
    A 鯛玉の穴にニードルを通してシリコンチューブをニードルの先に掛けて引く抜く、すこし長めに両端をカットする
    A バイプの両端をライターであぷる、端が丸くなりラインをキズ付けない
        
      シリコンチューブ、鯛玉に装着する
  @ ハヤブサのシリコンチューブ ( 外4mm・内2mmのサイズ ) 
  A 此れをカットして使用する (ライン保護の為) 
 東邦産業
ケイムラウレタンフィニッシャー 40mm
YGKのニードル
鯛玉にシリコンチューブを通す時に使用する
鯛ラバのWフックの作成は下図に示す

    @ YGKよつあみSEAの8号を使用する ( 大物や強度には10号と鈎は紅牙ベイラバー M を使用して作成する )
    A 鈎はサーベルポイントの S を上に、 M を下に使用する ※ 8号やサーベルポイントで作成しても70cm迄の鯛は取り込める
    B 鈎の結びは内掛け・外掛け結びで行う
    C 鈎の結びの長さは下鈎は4cm、上鈎は2.5cmで作成する
         ※ ワッカ部分の長さは通常誘導は2.5cmで完全誘導は1.5cmの長さで作成する(下図参考)
    D 最後に鈎を段差して結び瘤を作る (瘤はセブンスライドの下げ止まりの役目もする )
    E バレ対策ではWフックは、鈎も小さくし又鈎の結びの長さは下鈎は4.5cm、上鈎は3cmと長めに作成する 
                                 
 Wフックライン
YGKよつあみガリス シーハンター
  @  8号は70cm迄のサイズ
  A10号は85cm迄のサイズ
 @ がまかつの「サーベルポイント」はフトコロ強度と 貫通性重視の
    鯛ラバ専用の 細軸鈎です  S・Mのサイズを使用する (バレ対策に良い鈎です)
 A ダイワの紅牙のサクセスフックのS・M・LS-LLを使用 (刺さり重視の鈎です) 
 B 一刀真鯛はやや長めの鈎先と細軸で柔らかいロッドでも刺さりが良い

鈎のサイズ・太さ・重さの比較表
 名前 / 号数  径 m/m  フトコロ強度  名前 / 号数  径 m/m   名前 / 号数  径m/m  重量 g 
サーベルポイント S  0.92 6.1Kg 一刀真鯛  / 9 0.86 紅牙ベイラバー    S 0.92 13.5g
M 0.99 6.8Kg /10 0.99 M 1.15 24.7g
L 1.07 7.4Kg - - LS-LL 1.15 30.4g
Wフッの完成品
通常ののWフック   バレ対策のWフック  紅牙を使用した時の接続 
   
@ サーベルポイントのSを上に・Mを下に使用する
A アシストラインは8号と細めのものを使用する
B 2本段差を作り結び瘤を作る 
@ バレ対策には小鈎と長めの
   フックを作る
A サーベルポイントのSを両方使用する
@ 紅牙接続パーツRにWフックをセットする
A バーツにシリコンチューブでネクタイ・
   スカートを取り付けるのは同じです
  
X ネクタイ・スカート部分の作成

    @ ネクタイのカラーはオレンジ・レッド・ゴールド等や蛍光色・ラメ入りのものが良い ( 自分の好みのカラーを作成する )
    A スカートのカラーはネクタイと同系色のものを使用して作成する
    B 作成はネクタイのカラーは5〜7種類で同じものを2個以上作成して15種類は作成しておいてください
    C 作成手順は下記図のようにおこなう
        1. チューブオープナーにカットしたシリコンチューブを嵌めて   2. ネクタイ・スカートをニードルを使用して通す、左右均等にする
        3. 最後に「セブンスライド」をシリコンチューブに押し込み完了
            ※ この時に、スカートは偏らないように「セブンスライド」 の廻りに均等に配置する事が大事です
    D 紅牙 接続パーツRを使用しての作成方法もある 
                 1. 作成方法は同じですが、Wフックを固定する所が違う ( この場合は鈎交換は船上では難しいからセット交換になる)
YGKのニードル
シリコンチューブにネクタイ・スカートを通す時に簡単に
通す事が出来る (大・中・小・小小がある)
 
  オフト・チューブオープナー  TO-135
セブンスライドにシリコンチューブをはめ込む時や
シリコンチューブにネクタイ・スカートを通す時に使う
ネクタイ・スカートをセットするパーツです
  @ セブンスライドのパーツです
A 紅牙 接続パーツRです
   
     @            A  
    セブンスライドに装着する為
B
Wフックを左記で出来たものに通す
C
鯛玉に装着して鯛ラバの完成です 

タイラバ作成手順  ( 上記図の作成の手順を下記に記す )
@ チューブオープナーの先にカットしたシリコンチューブを差し込む
A ニードルを差込、ネクタイを引っ掛けてシリコンチューブに長さを均等に通す  上記の「図@」
B ニードルを差込、スカートを引っ掛けてシリコンチューブに長さを均等に通す   
C セブンスライドを持ちチューブオープナーを握りチューブを広げてセブンスライドを押し込む  「図A」 
    此の時にスカートをセブンスライドの廻りに均等になるように装着することが大事です
D 此れに、出来上がったWフックを通して完成です  「図B」
    色んなカラーの 「ネクタイ」の タイプを作成して現場で即交換出来るようにする 
E 後は鯛玉に通してタイラバの完成です    「図C」
ネクタイ・スカートの色の種類 
@ 時期や潮・時間帯等で釣れるカラーが変わり10色程度はそろえておくのが良い
A スカートも色々種類があり、スカートと同系色を使用するのが良い                 
ネクタイのカラーの色々 (他にも色々あるが参考です)
ストレートネクタイ  カーリーネクタイ  スカートの色の種類 
      
 
Y 鯛玉を作るのが苦手な人は即製品を   ( 他にも鉛鯛玉は有りますが一部製品です )

   A 下記の 即存の製品を穴だけ大きく加工したり、バイプの付いているものをそののま使用する事も出来る
   B しかし穴は大きくして方がラインのスベリが良く、フック・ネクタイ等と鯛玉との分離がよくなり鯛のバイトが多くなる
自作の鯛玉完成品   鯛玉を作るのが苦手な人は即製品 
   
 無垢の鉛( 楕円形・円形サイドカット ) の鯛玉に4mm穴あけ加工しチューブ挿入して、マニキュアで塗装した自作品一番右端は「がぶり玉」に4mm穴あけ加工してチューブを挿入したものです TAKA がぶり玉 
40・50・60・70g \250〜300
程度 (パイブ小有り)
ハヤブサ 潮斬鯛玉
15 \420 程度
(バイブ無し、穴も小)
 
ダイワ 紅牙フリーヘッド
60g \1000 程度
(バイブ大有り)




中国・四国地方の鯛ラバの遊漁船

 鯛 ラ バ 船 の 紹 介
出港・料金(海域により変わる為)等細かい点は必ず問い合わせしてください、船名の所はHPにアクセス出来ます 
  瀬

  戸

  内

  海

  の

  鯛

  ラ

  バ

  船     
 遊漁船名
他にも出来る (タイサビキ・一つテンヤ)
 住所 ・ 出港漁港 連絡・問合せ先  料金目安 
びゆんびゅん丸  山口県 柳井市柳井       柳井漁港  090-2802-4493  乗り合い   \10,000
伸和丸  山口県周南市大島居守    居守港 090-2003-2160  乗り合い   \11,000
愛裕南丸           (一つテンヤ) 広島県呉市吉浦新町     吉浦漁港  090-1184-1446  乗り合い   \10,000
弘福丸  広島県広島市草津新町   草津港  090-4800-3869  乗り合い   \11,000
秀丸                      (タイサビキ) 広島県尾道市生口島     垂水漁港  090-8999-1035  乗り合い   \ 9,000
こだま渡船            (一つテンヤ) 広島県尾道市新浜町      吉和漁港                  090-3173-7706  乗り合い   \11,000
桑田観光        (タイ虫釣り) 広島県尾道市浦崎町     満ち越港  090-1010-9491 乗り合い   \10,000
オーフリー       (タイサビキ) 広島県尾道市古浜町     東尾道 ベイタウン 080-1918-0029  乗り合い   \10,000
雅丸  広島県尾道市新浜町      吉和漁港  080-1647-3181  乗り合い   \ 9,000
海正丸          (一つテンヤ) 広島県尾道市向島町      新浜フェーリー乗り場 090-11802309  乗り合い   \ 9,000
遊潮丸         (一つテンヤ) 広島県福山市内海町     横田港  090-7779-2473  乗り合い   \ 8,000
ZEELU  広島県福山市大門町     大門港  090-1685-0807  乗り合い   \ 7,000
海幸  岡山県笠岡市中央町     笠岡港 090-7374-9980  乗り合い  \10,000
松本釣船            (タイサビキ)   岡山県倉敷市児島      児島元浜漁港  090-9500-4381  乗り合い   \ 8,000
1ST ファースト      (タイサビキ)  岡山県倉敷市児島      児島大畠漁港   090-3743-2721 乗り合い   \ 8,000
からこと丸          (タイサビキ) 岡山県倉敷市児島下の町  児島琴浦港  090-3880-3710 乗り合い   \ 8,000
さんさん丸          (タイサビキ) 岡山県倉敷市児島      児島大畠漁港    090-5261-0330  乗り合い   \ 8,000
マリンガイド福丸  岡山県玉野市 玉1丁目   宇野港 090-7125-0620  乗り合い   \ 8,000
幸友丸            (タイサビキ)  岡山県玉野市 田井             野の浜漁港 080-2882-0357  乗り合い   \ 8,000
フィシングガイドとちぎ  岡山県玉野市日の出海岸  090-8358-0694   乗り合い   \ 8,000
釣友丸                 (タイサビキ) 岡山県岡山市南区海岸通り 岡山港 080-6319-3756  乗り合い   \ 9,000
城丸 岡山県岡山市新築港     新岡山港 090-1689-9184 乗り合い   \ 8,500
SAE★STORY        (タイサビキ) 香川県丸亀市蓬莱町     丸亀港  090-1172-7220  乗り合い   \ 8,000
恵優丸  香川県さぬき市津田町  090-3188-3536  乗り合い   \ 8,000
千秀丸  香川県高松市屋島西町    浦生漁港  090-4782-2574  乗り合い   \ 9,000
来島丸  愛媛県今治市湯の浦     桜井漁港 090-1173-3199  乗り合い   \ 9,000
三幸丸  兵庫県淡路市育波       育波浦漁港 090-2701-5814  乗り合い   \ 9,000
なると丸  徳島県鳴門市鳴門町     亀浦漁港 088-687-0019  乗り合い   \ 8,000


来島海峡・芸予・笠岡諸島・塩飽・備譖諸島の鯛ラバ釣り場の紹介

上記入り口から入場ください
 
来島海峡や芸予諸島・笠岡諸島の島々の鯛ラバ釣り場のポイント図を紹介します