チヌ釣りのガンダマ・ハリの選択と使い方  



チヌ釣りのガンダマ・ジンタンの使い方、ガンダマを打つ打たないの考え方、打ち方でタナの
深さによる使い方等を又サシエ先行さすガンダマの使い方にハリの選択等を詳しく紹介します

                               フカセ釣りではガンダマを打たない完全フカセが基本です
ガンダマ・ジンタンの使い方は釣果を大きく左右する大事な要素であり使い方しだいでは特効薬にも毒にもなりますし使い方しだいで釣果に歴然と現れるもので大変重要です
フカセ釣りで気軽に使用するガンダマ・ジンタンですが此れと言った確定した方程式のようなものはなく人により千差万別であり潮流、エサ取り、タナの深さ、風波等、その時々の磯の要因で使い方も変わります


ガンダマ ・ ジンタンを打つ考え方
フカセ釣りでのガンダマの使い方は次のように考える
1
@ 仕掛けを早く沈めてタナに安定させる
A 海が荒れているときに当たりを明確にするために糸フケを取り仕掛けを安定させる
B 潮流の中で水面近くの流れとハリス付近の流れの速さが違う時、サシエ先行とハリスに角度をもたせ仕掛けを安定させる
C 風波やサラシ・潮の抵抗によるふら付きを道糸でコントロ−ルしてハリスとサシエを演出するのがフカセ釣りのガンダマの使い方と考える
       * ガンダマ・ジンタンはハリスとウキとの組み合わせが重要であるが此処では長くなるので別の機会にする

ガンダマ・ジンタンを打つ ・ 打たないについて
1 ガ ン ダマ を 打 た な い と き
@ チヌが浮いてきて見えるとき(タナが浅い時)や喰いが渋いとき
A 潮の流れが無くベタナギのときや緩やかな潮の流れがあるとき
B @Aの条件を含めゆっくりの潮の流れでマキエを直接ウキの頭に打つとき
C タナが2ヒロから2.5ヒロの時はまず、ガンダマありきではなく 00 ・ 0 ウキ等で対応してからガンダマを使用する
2 ガ ン ダマ を 打 つ と き
@ 緩やかな流れと少し速いの潮の流れを釣るとき
A 本流の速い流を釣るとき
B 風波がある時に仕掛けを安定さすため
C タナが深く、水面近くとハリス付近の流れが違う時に仕掛けを安定させるため
D チヌ釣りはウキ調整用のガンダマはウキのすぐ下や道糸とハリスの結び目は打ってもよい
    磯際とサラシ ・ 通常の潮の流れ ・ 本流を攻めるとき
1    外海での磯 際 と サ ラ シ
サラシが下に巻き込むか、沖に払い出すサラシかを見極めること
@ 払い出すとき
浮力のあるウキでガンダマのBとジンタン2〜4号程度を段シズに打ち仕掛けを引き付けるようにすると仕掛けの馴染みがいいし安定する
A 巻き込むとき
サラシが仕掛けを下に引いてくれるので軽めのガンダマでジンタン4〜6号程度を使用し流すとマキエと同調してくれる
B ナギのとき
ウキもガンダマも軽めでジンタン4〜6号程度を使用して流す
C 荒れているとき
ウキも浮力のあるものでガンダマも2BとBとジンタン2〜3号を段シズに打ち使用するがそれでも馴染みが悪いときはガンダマを大きくしてウキを沈みぎみに流す
2    通 常 のゆっくりとした 潮 の 流 れ
竿1本までのタナを流すときガンダマBとジンタン2〜4号程度を段シズで使用し出来るだけ仕掛けは軽くしてハリスに変な屈折を付けないようにする (2ヒロ程度の場合はジンタンのみで対応する)
ウキ下が竿1本以上になれば早く沈めて潮の流れに負けないように仕掛けも重めにしてガンダマも2B〜3Bとジンタン2〜3号を 段シズに打つ ( 潮に負ける場合はBとBを打つときもある )
風があり道糸が戻されるときはガンダマを重くしてウキを沈め気味に流すと仕掛けの馴染みがよい
遠投すればするほど道糸の抵抗は増し軽めの仕掛けでは馴染みににくく、タナ取りが旨く行かないためガンダマ3B以上に重くする
チモトのガンダマは基本的には付けないが鏡潮やサラシの中では付けるときもある
2・3・4 の場合に水中ウキを付ける場合もある ( タナ取りが旨く行かないとき ) 
何れの場合も道糸のラインメンディングをして狙いの潮筋や仕掛けの安定を助けることが大事です
3    本 流 の速い 流 れ
@ 潮の流れが緩いとき
通常の流れで述べた深いタナの仕掛けか、もしくはもうすこし重くして対応するが仕掛けが馴染んでないと判断したらハリスにジンタンを追加し段シズに打ち仕掛けを安定させる
A 潮の流れの速いとき
潮の押す力が強くて仕掛けがほんろうされてしまう為に多少重くした仕掛けでは屈折したり変な動きになりやすく、大きめのウキ・1号程度のオモリ負荷でハリスは通常より長めに取りガンダマを段シズに打ち仕掛けを安定させるようにする
4  最近のスルスル釣りのガンダマの使いの考え方  (外海等で水深が有りタナが深く、タナがハッキリしない場合に多様する)
スルスル釣りはウキ止めが無くウキの抵抗が無く、チヌが違和感無く喰い込むのでタナが深い時には多用されている仕掛けですスルスル釣りのガンダマ・ジンタンの使い方は道糸・ウキ・ハリス等下記に7点記載してますが此れがガンダマ使いの考え方の基本です
1 マキエの沈下速度とサシエの沈下速度を出来るだけ近かずけるガンダマの打ち方 が大事ですが、ガンダマを打つと潮の流れが無い場合はどうしてもサシエが先行して沈みますから・・・
チヌのタナで同調はさすことが必須です、又仕掛けの角度
が1番大事で釣果を左右する

ジンタン等を打ったハリスが先行するとハリスが見えてチヌが違和感を持つので仕掛けの道糸を持ち、入り込みを止めり入れたりとしてサシエの先行に留意しながら止めて待つ、又穂先で引き戻して誘いをかけたり、サシエの沈下速度を遅くしたりするのが良い

ポイントの遠近・風・波・潮の流れを見て判断し、道糸の太さからウキの選定とハリスのガンダマ・ジンタンの打ち方の3点がポイントになり、打ち方も変わります
2  @ 道糸の太さはウキのリングを通る時の抵抗差があり、ガンダマの大きさや打ち方も変える
 A ウキ投入のポイントの遠近で道糸の長さによる重さの違いが抵抗を増すのでガンダマの大きさや打ち方も変える
 B ウキのオモリ負荷にもよりガンダマの大きさや打ち方も変える
 C ハリスの太さでもガンダマの大きさや打ち方も変える
 D 風・波の強さで、ウキの大きさ・オモリ負荷の選定をする
 E 潮の流れの速さでウキの大きさ・オモリ負荷の選定をする
 F ハリの大きさや重さも重要になります、又サシエの大きさが潮の抵抗でガンダマの大きさや打ち方も変える
3 ガンダマ・ジンタンの打ち方は下記の4点が基本で主流ですが仕掛けの角度を考えて応用はあります
  @ 道糸とハリスの繋ぎ目に一段打つ場合
A 道糸とハリスの繋ぎ目とハリス中間の二段打つ場合 
C ハリスに小さな口オモリのみ打つ場合
D 完全フカセで打たない場合 
  B 道糸とハリスの繋ぎ目とハリスに2ヶ所の三段に打つ場合   
4 ガンダマ・ジンタンの大きさや使い方はポイントの遠近・風・波・潮の流れや道糸・ハリス・ウキ・ハリの使用状態により組み合わせが多過ぎて実例は全部表示する事は出来ませんが・・・

 @ 風波の強い時や潮の流れの速い場合は大きめのウキにオモリ負荷の大きいものが良いし段シズで使うのが良い
 A ポイントが遠い場合も大きめのウキにオモリ負荷の大きいものが良いし段シズで使うのが良い
 B 特にガンダマの大きさやサシエの大きさは潮の抵抗で仕掛けの角度に影響を与えるので打ち方は重要です
 C 例  2Bウキに道糸とハリスの繋ぎ目に2Bのガンダマを打つ場合 
  2Bウキに道糸とハリスの繋ぎ目にジンタン1号とハリスにジンタン2号を二段に打つ 
  2Bウキに道糸とハリスの繋ぎ目にジンタン1号とハリスにジンタン3号・ジンタン6号を三段に打つ 
   
  Bウキに道糸とハリスの繋ぎ目にBのガンダマを打つ場合 
  Bウキに道糸とハリスの繋ぎ目にジンタン2号とハリスにジンタン4号を二段に打つ 
  Bウキに道糸とハリスの繋ぎ目にジンタン5号2個とハリスにジンタン4号を二段に打つ 

  このようにウキやジンタンの持ち合わせで組み合わせは色々あります、潮・風波等の条件で選定して使用する事が大事ですし、サシエを付けてウキがしぶしぶになる状態に打ってください、ウキは沈む場合も有りますが、 ピメョウな変化しか出ない当たりもありますから、この変化を見抜けるようになることも釣果に繋がります
例えば、サシエが無くなるとウキの状態で判るようになることもチヌの釣れる条件の必須となります
 

何れの組み合わせもマキエとサシエの沈下速度との同調と仕掛けの角度が基本で、此れを如何に実現できるかを中心に考えて仕掛けを組み立てて、ガンダマの使い方が1番重要です

同調とはマキエとガンダマを打った仕掛けのサシエが海面からチヌのタナ(例、水深5m)まで同じ速度で沈下して行く事はありませんし不可能です、チヌのタナでマキエとサシエを同調させるのです

     @ 同調させるにはマキエの打つタイミングと仕掛けの投入タイミングで同調させるのです
           
 潮の流れがある場合は仕掛けの投入点とマキエを打つ場所が同調のポイントになります
     A 同調にはマキエワークは投入タイミングと同じリズムで打ち続ける事が非常に重要となります
     B 仕掛けの入り込みを入れたり止めたり・引き戻して又入れる等の方法で合わすことも有効です

海中のタナ層で流れの早さが違う場合、ガンダマの打つ位置での仕掛けの状態は

ガンダマの方がハリスより水流の抵抗がある ( 水中では面積の大きいものが抵抗が高い )
1 サシエ先行にする
道糸の張りは・・・
ハリにはサシエ付けるのでサシエが水流の抵抗受けて多少角度は垂直近くにはなるが、仕掛けの状態はサシエ先行にはならない

此処で道糸を張るとサシエや仕掛けが水流を受けてサシエ先行する状態になる、さらに張ると仕掛けが浮き上がる状態になる
2
@
 は仕掛けが全部が上層にありサシエ先行となる
A はガンダマが上層で潮流受け先行しサシエが中層にあるのでガンダマ先行の仕掛けになり釣れないこの場合Bの図の位置
  までガンダマを下げるとサシエ先行となる
C はガンダマが中層で潮流受け先行しサシエが下層にあるのでガンダマ先行の仕掛けになり釣れない、この場合Cの図の位
  置までガンダマを下げるとサシエ先行となる
3
     ハリスにガンダマ・ジンタンを打った時の沈下速度
1 3mハリスが沈み馴染む時間 (ノ−ガンの場合は約1分20秒も必要です)
2 ハリスの馴染む時間にハリスの太さは関係なく皆同じである
ハリスは水中に入ると巻きグセが現れる ( 仕掛け作成時にシッカリと延ばし巻きグセを取る事が大事です )
ハリスは水中では絡む事が多い ( 仕掛け投入後に道糸を引きハリスを直線に伸ばす必要がある )
3 釣り行き時のガンダマ・ジンタンとスベイルの製品選択と種類
 @ ゴム付きのハリスに傷の付かない製品(価格は少し高い)
 A 柔らか鉛の製品
  B ガンダマをハリスに打つときは多少動く程度に付ける、ハリスを傷つけずに良いし瀬ズレした場合もガンダマが移動して切れ難いので良い
       A  ガンダマ・・・・・・B、2B、3B            B  ジンタン・・・・・・1号、2号、3号、4号、5号
        上記、種類は釣行き時には常時持参すると良い 
                ジンタンはハリスに打つ場合が多いので 2号、3号、4号、5号の4種類はゴム付きで準備する
 Cローリングスベイル
       5号で(重さ = 0.31g)ジンタン2号と同じ重さでG2ウキのオモリ負荷もスベイルと同じ重さで使用し易い、磯釣りには5号サイズが一番
       使い良く(強度・太さ・重さ)仕掛けとのバランスも良い
         メーカーは植田漁具のローリングスベイルが回転も滑らかで糸より取りにも良い


ガン玉・ジンタン・中通しオモリとスベイルのサイズ一覧表
1 ガンダマ・ジンタンの打ち方の組み合わせ表

ガン玉 ジンタン 中通しオモリ ローリングスベイル
6B - 2.65g G1 - 0.40g 3 - 11.25g サイズ 強度 重さ
5B - 1.85g G2 - 0.31g 2 - 7.50g 2 81kg 0.730g
4B - 1.20g G3 - 0.25g 1.5 - 5.62g 3 60kg 0.620g
3B - 0.95g G4 - 0.20g 1 - 3.75g 4 52kg 0.480g
2B - 0.75g G5 - 0.16g 0.8 - 3.00g 5 34kg 0.310g
B - 0.55g G6 - 0.12g 0.5 - 1.87g 6 26kg 0.210g
 

ウキの
オモリ負荷
カンダマ
一段打ち
ガンダマ・ジンタン
二段打ち
ガンダマ・ジンタン
三段打ち
ウキ沈めギミの
二段打ち
G2 G2号 G4号 G5号 - - - G2号 G4号
B B G1号 G5号 G3号 G4号 G5号 B G3〜4号
2B 2B B G4号 G1号 G4号 G5号 2B G3〜4号
3B 3B 2B G4号 B G3号 G5号 3B G3〜4号
 

基本の打ち方、  一段打ちは道糸・ハリスの結び目、二段打ちはハリスの中間、三段打ちはハリス三等分した所に二段打ちする
あくまで基本ですから、塩分濃度、流の速さ、風、沈めギミ等でオモリ負荷の変更や位置は磯の現場で変える、又スルスル釣りの場合オモリ負荷をキッチリしているとタナが浅い場合は良いが深くなるとウキが海面下に沈んでくるので調整したり、タナの入り具合の確認にもなる

ウキの負荷は種類によりビメョウに違うので常用しているウキに付いて負荷を確認しておく必要があり、それにより打ち方も変える事が大事です
2 仕掛けにガンダマ・ジンタンを打つ場合の強度を落とさない作り方 
 @ 道糸・ハリスの結び目にガンダマ等を直接打つとキズが付き易く強度が落ちやすく結びの端に打つと強度の落ちる、 心配が無い又ガン
    ダマを打つ糸に結び目を入れておくと道糸・ハリスにテンションがかかった時にガンダマがハズレ 難い
 
A ハリスの中間に打つ場合はゴム付きガンダマ・ジンタンを使用すると強度の落ちる心配が無い                 
 
 仕掛けで直結びの時の図  仕掛けでサルカン使用の結びの時の図

仕掛図、 釣り方・サラシ・流れの早さによるガンダマの打ち方の一例

    ガンダマの重さは塩分濃度の関係や沈めギミ等で変え、潮のタナ層の流れの強さによる仕掛けの角度で位置や間隔は調整する
  必要があります 
 


チ ヌ 鈎 り の 選 択


ハ リ の 大 き さ と形状に つ い て
1  
各所の名称
イケ
モドリ、モドシ、カエシ、カスミ、カカリ
カガリ、アゲ、アグ、アギト、シタ
腰曲げ 腰(コシ)、大曲り(オオマガリ)
軸(ジク)、柄(エ)、クキ

2 最近はチモトの近くの胴にハリスの廻り込みやズレを防止するプレスシャング加工、ハリスの回転を防ぎ上アゴに掛かる確率UpさせるU溝サイドロック加工、ハリスのスッポ抜けを防ぐ為チモトの近くの胴部分に両面ギザギザ加工、チモトにV字溝でハリスの廻り込みや押しつぶしを防ぐブイヘッド加工、結びの圧力を分散しハリスの結び強度を増すラインロックギザ加工を施した製品が出ています

針先には針刺さりをUpさせるX形状加工・針先の鋭さを損なわないトップレスコード加工・ハリのカエシ部分に針刺さりを重視したブレスバーブ加工が施された製品や針先を半スレにしたものも出ています 

針の強度を増す平打ち加工もされて鈎も一段と進化して来ています
小ハリは2号以下、中ハリは3〜4号、大ハリは5号以上と考える
1 小 ハ リ に つ い て
寒チヌ時期は小さなハリが有利、活性が低く口を大きく開けてエサを食べようとはしない、口に入れても違和感を感じると吐き出す事もあり、水も澄み視覚面からも小バリが良い
(良い点)  
@ 喰い込みが良い  B 軽く沈下スピ−ドが遅く、マキエとの同調しやすく又エサ取りに気ずかれにくい
A サシエにハリが隠れる  
(悪い点)  
@ 口切れやスッポ抜けしやすい  B 活性の高い時飲み込まれやすく  ハリの取り外しにくく手返しが遅くなる
                     ハリス切れの原因にもなりやすい
A 大チヌのときハリが折れやすい  
大 ハ リ に つ い て
高水温時期はエサ取りが多く大バリで大きなサシエを付けエサ取りに少々かじられてもグレのタナに残ったサシエが届くようにすると良い
(良い点)  
@ 指で摘みやすく魚をはずしやすい  B 軸が太く折れにくい
A 軸が太くサシエのオキアミが遠投してもハズレにくい  C ネリエに向いている 
(悪い点)  
@ 寒チヌなど喰い込みが悪い  B 重くサシエの沈下スピ−ドが速く、チヌに違和感を与える 
A 重くサシエの沈下スピ−ドが速く、チヌに違和感を与える    
タックル・チヌの大きさや種類によりハリの選択について
3 選択 
 @ ハリの選択は魚の大きさ、天候、喰い渋りなどの条件により決定する
    最近は種類も多くなり選択には苦労するが、人の意見も聞き釣りスタイルも各々違うので自分がペストと考えたものが良い

    一般的にはチヌのサイズが30〜40cmは2号40〜49cmは3号程度で良い、又喰い渋りの場合はワンランク落とす場合ある
結論 
 @  自分が釣るチヌがどの程度の大きさかを考えてハリを選択し、種類は自分に合ったもので選択す
 A  喰い渋っているか・・・ハリの大きさを変える喰いが悪ければ小さく、スッポ抜ければ大きくする
 B  完全フカセ・ガンダマを打つか等使用タックルに合わして変える
      A
  完全フカセの場合    ・・・マキエの沈下速度に合わせて細軸の軽めなものにする
      B  ハリスにガンダマを打つ・・・ガンダマとのバランスを考え中軸の少し重めのものにする
 C  チヌは下記にも記載してますが良型グレに対応してフトコロ強度は重視して選択してください
      2号でフトコロ強度は最低3.5〜4.5Kg程度は必要です、これ以上落とすと針折れの危険があります、折角掛けたチヌをハリ折れで
            バラス事にもなりかねません、強度の余裕は必要な事です

 D  チヌは細・中軸の二種類と1〜3号サイズを5〜6種類は準備してください
      チヌの大きさと種類と食い渋りや天候、完全フカセやスルスル釣り等により、使い分けして下さい
 例1、  中軸鈎・・・1号、2号、3号  例2  中軸鈎・・・2号、3号、4号
  細軸鈎・・・2号、3号    細軸鈎・・・1号、2号、3号
   計 5種類   計 6種類 
4 最近は喰い渋りに対応し、オキアミ色や半スレ・鈎先を刺さり易い加工したもの等私は細〜太軸の上記の針を使い分けしている
針刺さりを重視して、針先はヤスリで研いで刺さりを鋭くしている
チヌの使用 

対称魚
名 前
比較にトーナメントも載せます
サイズ1 サイズ2 サイズ3
線形 フトコロ強度 重量 線形 フトコロ強度 重量 線形 フトコロ強度 重量
チヌ(中細軸) 一刀チヌ 0.60mm 2.4kg 0.64mm 3.7kg 0.72mm 4..2kg
チヌ(中軸) 競技チヌ (オキアミ色) 0.60mm 3.3kg 40.9mg 0.64mm 3.8kg 49.9mg 0.72mm 4.5kg 70.8mg
チヌ(太軸) 層チヌ(オキアミ色) 0.68mm 4.6kg 55.2mg 0.76mm 5.6kg 75.9mg 0.86mm 6.2kg 106.4mg
 
チヌ鈎は
チヌは飲み込ませてもハリス切れは問題なくハリも強度と飲み込み重視して選択、飲み込みせて掛ける釣りをする
チヌはサイズ2〜3号で通常は2号、大物の時3号を使用する

@ 層チヌ
   (太軸の強度と、半誘導の時重みで沈める) 
A 競技チヌ (オキアミ色の短・細軸で固定完全フカセ用・食い込みを重視とサシエとの色の違和感を無くす)
           針刺さりを重視して、針先はヤスリで研いで刺さりを鋭くしている


各メーカーのハリで良く使用するものの一部を紹介します
1
がまかつ針のチヌ鈎  
短軸でラインロックとオキアミカラー仕様 トップレスコートでササリを重視したホワイトカラー色 細軸の半スレ、ヒネリでオキアミカラーです 遠投用にケン付きでVヘッドで強度もある茶色 太軸のVヘッドで強度もあるオキアミカラー 針先テーパーで貫通力UPのVヘッド仕様
オーナーばりのチヌ鈎 ささめ針のチヌ鈎
ヒネリのある平打ち加工で強度もある 刺さり重視とで回り込み防止の機能付き 小さなケン付きでサシエ落ちを押さえた ヒネリなしで刺さりを重視した平打ち加工 飲込み重視の短軸で半ヒネリの平打ち加工 遠投様にケン付きで半ヒネリの平打ち加工
   ハ リ の 色 に つ い て 
金・銀・いぶし銀・茶・黒・オキアミ色等がある
@ 好天の浅いタナのとき
海面から光が入り海中が良く見えるので、黒・茶・オキアミ色が良い     魚から見て違和感の無い色が良い
A 曇り・雨のとき
海面から光も少なく、グレの警戒感も薄れており逆に好奇心を与える金・銀が良い
B 深いタナのとき
光が届かず全部黒い世界となり色は何でも良い
C 最近ハリスのチラツキや結び目・針のチモトの光の反射による違和感でグレがサシエを喰わない場合がある
ハリスは勿論ハリも黒色・茶・オキアミ色、やチモトを小さくしたりと、ハリも対策する必要があります
ジギングでメタルジグを50〜150m落として使用しているが色の無い世界でもジグの色で釣果が変わることが多く判断は難しいあくまでも私個人の思い込みである

  オ キ ア ミ の 刺 し 方 
1 どんな刺し方も尾羽根は切ってサシエの回転を防ぎよりマキエに近かずけるため
図@ 一般的な刺し方で多用する
   頭が付いてる方がグレの喰いは良いし、マキエの沈下する形と同様なため
図A 遠投するときの刺し方、サシエがハリからハズレにくい
図B
図C
頭を取る刺し方でサシエを小さくしてサシエが取られやすくグレが小さいと判断したときや喰い渋り時に多用する
図D オキアミを背を真っ直ぐ伸ばす刺し方サシエの回転を防ぎサシエに違和感を与えないようにする
図E 頭からの刺し方釣れない時の応用で使用する
F 喰い渋る時は小粒や剥き身のサシエを使用すると良いし、刺し方も変えると効果が期待できる
G サシエの刺し方でハリ先は必ずオキアミから少し出してハリ刺さりを重視する、又ハリ先はグレが頭を齧ることからも、頭にハリ先が届いて少し出る状態にすることが喰い渋り時には大事です
チヌが口を使って喰ってくれないと釣れないわけで色々試してみる過程が大事で時間・場所・潮等で此れが絶対に良いと言う刺し方はない
私は喰いが落ちたり、釣れない場合は付け方を変えたり、大きさ、ムキミ、頭を取る、シッポ部分を切り小さくする等の付け方をローテイションをして惑わすことも大事です


                サシエとチヌの喰い方について
1
@ 一般的にはチヌ釣りの基本はマキエの中にサシエを同調させてより自然に流すことがベストと言われています、又マキエの中のサシエをチヌは喰うと言われています
この事からも私はマキエとサシエは同じものを使用してチヌにサシエの違和感を少なくしています
A 大量のマキエの中でチヌはどの様にしてサシエを選択し喰うのでしょうか、それはチヌに聞いてみないと分かりませんが私が思うには色んな形のサシエで釣りましたが此れだと言うものはありませんが・・・

我々人間も沢山の中からは、目立つ物に感心が行きます、チヌも同じではないでしょうか、マキエの中のサシエを道糸を利用して誘いを旨くかけることに寄ってチヌに感心をサシエに向けさせて喰わす事ではないでしょうか

上記のさし方の他にサシエを大きなもの、喰い渋りでは小さいもの、生、ダンゴ等色々工夫して使用する
  喰わない時は色々試して見る過程が一番大事で労を伴うわないで沢山釣れることはない
B チヌのエサに対する感心と喰い方は、小チヌはエサに群がる傾向があり、大チヌは深い場所やシモリの影にいて小チヌやエサ取りに少しかじられて沈んでくるエサを下で待っていて食べるのではないかと思う
チヌは動くエサに興味を持つので誘いは重要です、喰い渋り時のウキを軽く沈めて引き戻すを繰り返しての流し釣りは非常に効果があります

大チヌは警戒心が非常に強く中々浮いたり磯の近くには近寄らない、じいっとエサの流れてくるのを待っていて食べるように思う
C 寒チヌは潮の流れによる水温の変化には敏感で常に適水温を求めて移動しており、釣る場合は潮の流れが変わるたびに小まめにタナの変更やポイントを変えて釣り分ける必要があります

喰い渋りの時は小さいサシエや頭を取ったものやムキミを使用すると喰いが良いし、必ずローテェーションしながら使用して釣ってください
D 冬磯のチヌは食い渋りが激しく、サシエを口に吸い込み、居食いのような傾向もあり違和感があるとスグに吐き出すので当たりが出にくいし、又サシエの頭のみ口に銜えて飲み込まずに走る場合もあり当たりが出てもスバリを引く傾向も多いです

ハリも細軸で針先の鋭い半スレのあまり小針だとスッポ抜け
(場合は針を大きくする)があり選択は苦労する、磯で使用中のハリから判断して交換するのがよい
E 最近の寒チヌは反転喰いはほとんど無くなって来ていますから当たりが出にくく、居食いでサシエの頭のみかじっている場合が多くなっています、この状況に気が付かずチヌが居ないとか、釣れないとか嘆いていますが常にサシエの状態の確認をして見ることが大事です

この場合は固定ウキや半誘導仕掛けの棒ウキを使用して当たりを確認しやすくすることが大事ですし、釣り方も誘いを多用してチヌの食い気を誘いビメョウな当たりを感じ取る釣り方が必要です