四国の西中部の日振島、特選秋磯         



日振島のグレ釣り場を磯写真、ポイント図を交えて潮の流れや磯名の紹介から釣り方までを詳しく紹介してます


私の独断で四国西中部の特選秋磯の日振島を紹介いたします
私が選んだのは宇和島沖にある日振島のある沖磯群で横島・日振島・沖の島・カモメ島等があります
日振島の磯は数が多くA級磯以外でも期待の持てる磯は多い、瀬戸内海からの海水が入り秋磯は四国西部の磯の中でも早く水温が下がり、グレの釣れる時期は何処よりも早いので秋磯には最適な磯群です、潮の速い磯や穏やかな流れの磯など満ち潮・引き潮でも渡礁できる磯は多く釣り行きしやすい磯です、磯が南側に多く北西の風波にも強い磯が多く有ります、又最近は有名磯もムラがあり地磯の方が良かったと言う磯も多く、の釣り人が楽しめます

横島から日振本島・沖ノ島・カモメ島までの磯群です




1. 横 島 と 日 振 島 ・ 南 東 部 の 磯


横島のニシバエから日振島の6番までの潮の動きと釣り座です


日振島の東部・横島の航空写真



@

キマグレ
横島の中央部に位置する磯で横島でも人気も高い磯で実績もある、足場も良く風波にも強い下げ潮の釣り場で南向きに釣り座を構える
定員は2人が良い、潮は穏やかで中・大潮廻りの釣り行きが良い
周辺にシモリも無く沖の潮を釣る磯で潮が沖向きに流れる時がベストでこの潮にのせての流し釣りする、サラシの強いときは足下やサラシ沖も狙い目です、型は中小が多いが時々良型も来るので注意が必要です




A

北の1・2番
横島の北東部に位置する鼻で足場は高いがあまり良くないし北西の風波には弱い、周辺にシモリなく沖の潮を釣るのが良い
1番は定員2人で北東向き釣り座の下げ潮釣り場、潮は速いが潮の流れは1番の方が釣り易い、沖の潮にのせての流し釣りが良い釣り場です
2番は定員2人で北東向き釣り座の下げ潮釣り場、沖の潮にのせての流し釣りが良い釣り場です、1番2番ともに北向き釣り場でサラシもある場合が多いのでその場合は足下やサラシの先も狙い目です

 
         


B

日振4番
横島と日振島の水道にあるA級のシモリ風の小さな独立磯で足場は良いが低く北や南の風波やウネリにも弱い、定員は2人の両潮釣り場で潮は激流で中小潮廻りの釣行きが良い
釣り座は北と南で廻りにシモリ多く取り込みに注意が必要です、足下のシモリ廻りと潮の流も複雑ですが潮のヨレや潮にのせて周辺のシモリ際廻りを攻めて流し釣り釣るのが良い




C

尾島ハナレ
日振島の北東部に位置する大崎鼻の先端にある尾島の沖にあるシモリ風の岩場です、足場は良いが北の風波に弱い磯で定員は2人で潮は速い満ち潮の釣り場です
釣り座は東と北向きの2ヶ所で潮にのせてシモリ際を狙い流し釣りすると良い




D

ムラコシ3番
日振島の南東部に位置するシモリ風の岩場で足場は低く良いが北西には強いが南の風波には弱い、定員2人で潮は穏やかな満ち潮の釣り場です
釣り座は南向きで沖のシモリに流れる潮に乗せてシモリ際を流し釣りするのが良い釣り場です




E

日振7番
日振島南東部位置する大きな磯で、足場は高く風波には強いが足場は余り良くない
定員は4人で満ち潮は西端、下げ潮は東端に釣り座を構える、潮は満ちは速いが下げ潮は釣り易い両潮の釣り場です、潮は横に流れる、中小型の口太中心で両端に釣り座を構えてシモリ際と沖の潮にのせての流し釣をする

釣り座は北側にシモリがあり北側釣り座に分があります、又サラシがあると足下とサラシ沖のヨレ狙いが良い

       








日振3番・4番



横島・日振島南東部での独立磯では有数の磯です、人気も高く横島と日振島の水道にあり潮流も速く、周辺にシモリも点在する等、口太・尾長や青物などの良型も釣れる磯です







日振・北の1番・2番




横島の北東部に位置する地磯で北側に位置するので北西風には弱く、寒グレシーズンは渡礁機会が少なく釣れ荒れが少ない磯で北側では人気のある有数の磯で口太の数釣りや良型も狙える磯です



2. 日 振 島 ・ 中 部 の 磯

最近の日振島の磯は中部の磯が特に好調です、中部南側の地磯や小さな磯が特に良い様です、イヨシバエ・アカシバエ・サンカク・地の3番・サカイバエ・ムラコシ1番等です、又名前の知らない地磯で良型を多く釣っている釣り人もいます
知られている磯で8番・9番・13番・14番等でも数と40cmオーバーが釣れているのも特徴で、その他にも横島や北部の沖磯も好調な磯は有ります
日振の磯の特徴はその日の潮によりムラの多いことです、2〜3日前まで釣れていても釣れなかったり、釣れて無くても釣れたりと磯の選択は中々難しい面があります

日振島・南西部のムラコシからクロハエまでの潮の動きと釣り座です
       
日振島の中部のムラコシからワレメ迄の航空写真
 

@

日振8番
     外
・内
日振島中部に位置する大きな磯で二つに別れ内と外がありますが移動は出来ます
内の磯は大きく足場も良く、釣り座は東向きで北・南の風波にも強い、本島との水道を下げ潮にのせて沖まで流し釣りすると良い、外は北の風波には強いが足場はあまり良く無い両潮釣り場で釣り座は南向きにかまえる、満ち潮に分があります
満ち潮は磯の東端を潮がかすめて流れるので引かれ潮にマキエを打ち足下と沖まで流し釣りするのが良い




A

日振9番
日振島の南東側に位置する中くらいの大きさの独立磯で足場も広く良く、定員は2人が良い、両潮釣れるが、どちらかと言うと下げ潮の釣り場です、下げ潮は釣り座を南西に取り足下を潮がかすめ沖に流れるのでこの潮の流れとヨレを流し釣りする、満ち潮は右沖のシモリの際が狙いで流し釣りする
潮が緩んで来た場合は沖のシモリも狙い目となる、サラシの強いときは磯際のシモリ際を狙うのも良い

本来は南西釣り座ですが北東釣り座も本島との水道を釣るのも良い特に海荒れしている場合はおき寄りも良い場合がある

               


B

クロハエ
日振島の中央に位置する12番横にあるシモリ風の磯で足場は良いが狭く南の風波に弱く、潮は穏やかな両潮の釣り場で引き潮に分がある、定員は2人までで南向きに釣り座を構える
両潮ともに沖のシモリの際を潮にのせて流し釣りするのが良い中型の口太の釣り場です



C

日振12番
日振島の中央南部に位置する大きな磯で中央のくぼみが釣り座で足場は普通で低く南のウネリに弱い、下げ潮釣り場です
潮が島の北側をかすめ釣り座の沖に流れるこの潮にのせて沖の流し釣りするのが良い、満ち潮は沖の潮にのせてシモリ際を流し釣りするのが良いし、足下から深いのでサラシが有れば足下狙いも良い
大潮は速い潮が流れるので中小潮が狙い目です、良型の口太やイサキも釣れる釣り場です


             
 

日振島の中部のサカイバエから16番迄の航空写真



D

イヨシバエ
日振島の中央部の位置しシモリ風の足場は良いが低く風波に弱い、満ち潮の釣り場で潮は満ちは速い磯で水深もあります
釣り座は南西向きで定員は2人が良いに北に本島があり北の風には強い磯です、沖にシモリが有り足下から出る潮にのせてシモリ周辺を流し釣りすると良い




E

サンカク
日振島の中央部に位置するワンドの中の三角岩の形をしたシモリ風の小さな磯で北の風波には強いが南の風波やウネリには弱い、定員は2人、足場は狭く悪いし低い、釣り座は南西向きで満ち潮釣り場です
ワンドの奥に位置するので一見してあまり良く無い磯に見えますが最近日振島は地に近い磯が良く釣れていますので人気の磯です、潮は穏やかで沖にシモリあり潮にのせてこのシモリ際を狙うのが良い
潮は穏やかなので小潮は潮の動きが弱いので大潮廻りの釣り行きが潮が動きやすいので良い




F

アカシバエ
日振島の中央部に位置するワンドの中の細長く3か所ある岩のシモリ風の小さな磯で1番大きな岩が釣り場になります、北の風波には強いが南の風波やウネリには弱い
定員は2人、足場は良いが低い、釣り座は南西向きで満ち潮釣り場です
ワンドの奥に位置するので一見してあまり良く無い磯に見えますが最近日振島は地に近い磯が良く釣れていますのでここも人気の磯です
潮は穏やかで沖にシモリあり潮にのせてこのシモリ際を狙うのが良い、 潮は穏やかなので小潮は潮の動きが弱いので大潮廻りの釣り行きが潮が動きやすいので良い


          
 







日振9番からイヨシバエまで



日振島の南西部で手前の日振9番から、左向こう側の本島イヨシバエまでの写真です
手前の9番から10番があり、中央部ら小さな島が12番でその向こう側がワンドになり、サカイバエ・地の1-3番・サンカク・シカク・アカシバエ等の磯がある






イヨシ・アカシ・サンカク・シカク附近



日振島の中央部に位置する南側のワンドの一部の写真です、この附近のワンドは特に北西の風波に強く、荒れた時にはワンドの磯で良型が数釣り出来る事が多い



 3. 日 振 島 ・ 北 西 部 の 磯

日振島の北西部の磯で13番・14番・18番等でも好調で数と40cmオーバーが釣れていいます、その他にも知られてない地磯も釣れている磯があります
日振の磯の特徴はその日の潮によりムラの多いことです、2〜3日前まで釣れていても釣れなかったり、釣れて無くても釣れたりと磯の選択は中々難しい面があります

日振島北西部の13番から木下バエまでの潮の動きと釣り座です

            
日振島の西部の航空写真



@

日振13番
   北 ・南
日振島の北西部に位置するA級磯で磯は大きく南側は足場悪く北側は良い、潮は北は穏やかで南側は速い両潮の釣り場で定員は北2人南2人までが良い、北の風波には強い磯です
13番の南
南の釣り座の下げ潮は潮にのせて沖のシモリ際を流し釣りして攻めるのが良く、満ち潮は潮のヨレを流し釣りするのが良い
良型の尾長や口太が狙える釣り場です
13番の北 、満ち潮は西側に釣り座を構えて沖のシモリ際を流し釣りするのが良い、下げ潮は東側に釣り座を構えて沖の潮にのせて流し釣りが良い

 
         


A

日振14番
日振島の北西部に位置すシモリ風の磯で中と岡の呼び名の磯もある、足場は良いが低く満潮や風波には弱い定員は右側1人左側に2人となる両潮の釣り場で潮は穏やかで引き潮に分がある
どちらも沖の潮にのせての流し釣りすると良いこの磯も人気の高い中型の尾長口太の釣り場です



B

日振16番
日振島の北西部に位置する中くらいの広さの独立磯で足場は程々の高さと広さで良い
北西の風波には弱く北東や東には強い、定員は2人の両潮釣り場で、釣り座は南方向に構えると良い

釣り座は南と南東で潮により釣り分けるのが良く、シモリ沖を潮が満ち潮・引き潮と左右にゆっくりと流れるのでサラシにマキエを撒き潮との合流点のヨレ狙いと潮にのせてのシモリ際を流し釣るのが良い

             


C

木下バエ
北西部に位置する地磯で足場も良いが低く風波には弱い定員は2人で潮は穏やかな両潮の釣り場です
両潮の釣り場ですが下げ潮が足下をかすめ沖のシモリ向きに流れる潮がベストでこの潮にのせてシモリ際を流し釣るときが1番良い、満ち潮も遠投して沖の潮にのせての流し釣りをすると良い、中小型の口太の釣り場です



D

日振18番
日振島の北西部に位置する中位の独立磯で足場は良いが東以外の風波やウネリには弱い定員は2人が釣り易い磯です、両潮釣れますが満ち潮に分ある釣り場で潮は速く、釣り座は西向きでシモリが点在しこのシモリ周辺が狙いで流しに釣りすると良い
型狙いは足下より20〜50m以上沖を狙って釣りすると良い
下げ潮は釣り座を北側に構えて沖を流し釣りするのが良い、東側はシモリ多く浅いので狙い難いが海が荒れたときは狙い目のこともあります

              






日振島・13番・14番の全景




日振島の北部に位置する場所で独立磯が多い場所でもあり根強い人気のある所です、潮の流れも速くA級磯が多く何時も釣り人が絶えない釣り場です
良型と数釣りの両方が楽しめる磯が多い




日振・14番・中・岡



日振島の北部に位置する独立磯で根強い人気のある磯で潮の流れも速いA級磯で何時も釣り人が絶えない釣り場です
釣り場は沖側が14番、中側が14番中、一番本島よりが14番の岡と呼びます、口太の良型と数釣りの両方が楽しめる磯です



4. 日振島北部 沖の島・カモメ島の磯

日振島の北部の航空写真



@

日振19番
沖の島の西側にある大きな独立磯で足場も高く良い定員4人で潮は穏やかな両潮の釣り場ですが潮の流れが不安定な面がある
釣り座は西側の右・中・左と少し離れて構えるのが良い、両潮の釣り場ですが下げ潮が北側釣り座から沖に流れるときがベストの潮でこの潮にのせて流し釣りする
何時もは横潮で沖の潮にのせての流し釣が良い中小の口太の釣り場ですが良型の尾長が当たる場合もあります

19番の南側にあるシモリ磯も潮も穏やかで釣り易いが風波には弱い磯ですが、潮により19番より此方の方が良く釣れる場合もあります

               


A

日振21番
カモメ島の沖にあるA級磯で22番と並んで人気の高いシモリ風の小さな磯で足場も低く狭いし風波には弱い
定員は2人で潮は激流となり中小潮廻りの釣行きが釣り易いし、釣り座は北向きに構えるのが良い
潮は複雑で磯の両端をかすめて出来る潮目を流し釣りすると良いがシモリも点在し潮の流れでポイントも変化するので潮の流れに合わせての釣り方が良い



B

日振22番
定員は2人で潮は激流となり中小潮廻りの釣行きが釣り易いし、釣り座は北西向きに構えるのが良い
潮は複雑で磯の両端をかすめて出来る潮目を流し釣りすると良いし潮の流れでポイントも変化するので潮の流れに合わせての釣り方が良い
磯低く人影が海面に写るので少し荒れギミでサラシある場合が特に良い


    
    


C

日振24番
日振島の本島沖にあるカモメ島の北東部の岩場で足場の良い北西の風に強い磯です、潮は満ちは速く釣り座は東向きで定員は2人で観音廻りの釣りが良いし潮は速いので小中潮の釣行きが良いです
満ちは沖にシモリが点在しこの周辺を狙い流し釣りすると良い



日振島カモメ廻りの潮の動きと釣り座です 19番方向からカモメ島を見た写真







日振・カモメ島



日振島の北部に位置して一番沖にある島です
写真右側が24番で左側が20番になります、潮流も速く、良型の狙える磯で又マダイ・イサキも釣れます




日振・21番・22番



日振島の北部に位置して一番沖にあるカモメ島の周辺にある小さなシモリ風の独立磯で周辺にシモリも多くグレの魚影の濃い磯になります
潮流も速く口太・尾長や青物・マダイ・イサキなど釣れ、グレも数釣り良型も狙える磯です


 は 特選冬磯に続き新たに特選秋磯を追加しました

 「玉名グレ研」 さんの企画に協賛して、「豊磯の釣ばか」 さんと私「グレ・チヌ一人会」が九州・四国等
                           の冬磯を各々の お奨め磯・ポイントなどを独断と偏見も交えて紹介するコ−ナ−です

                                                ※ 賛同して参加希望の方は連絡お待ちしています


日振島の磯写真の掲載ページはNEXTをクリックしてください