磯 ・ 波止 ・ 船釣り で釣れる魚   



磯釣り・波止釣り・船釣りで、狙って釣れる一般的な魚の種類を写真に
掲載して、簡単な分布地域・生育水域や特徴等の解説を詳しく載せています



磯 か ら 狙 っ て 釣 れ る 魚

磯から釣れる尾長・口太グレはフカセ釣りの王様で専門に狙う釣り師も多くフカセ釣りと言えばグレ釣りと考えられています、引きの強さと取り込みの難しさや最近は喰い渋りで釣り難くなってゲーム性の高い釣りです、 フカセ釣りの双璧はチヌで此れは内海や外海の磯からも手軽に狙えるので専門に狙う釣り師も多い
イシダイ釣りも、引きの強さは抜群で専門性の高い釣り方で拘る釣り師も多い釣りです
イサキ釣りは梅雨グレ時期に一緒に釣れますが、この時季にグレ釣り師が食べても美味しく引きも強いので専門に狙い釣り行き擦る人も多い
マダイは舟釣りでも釣れますが磯からのフカセ釣り・カゴ釣りで狙う釣り師も多く、豪快な当たりと引きの強さに魅惑される釣り師も多いい
ブリ・ヒラマサ・スズキはカゴ釣りも多いですが、最近は磯からルアーで狙うルアーマンが多くなっています、引きの強さは抜群で此れに魅入られる釣り人は年々増えています


尾長グレ  (クロメジナ) 口太グレ  (メジナ) イサキ
クロダイ  (チヌ) イシダイ マダイ
1 尾長グレ
(クロメジナ)
新潟・房総半島以南から鹿児島付近の沿岸の岩礁に生息する
特徴は成魚は全長70cmになる、鰓蓋(えらぶた)の縁が黒くて鱗(うろこ)に黒斑がないし尾ヒレが長くはっきりと二叉している、上下先端がとがることで口太メジナと区別できる
相模湾以南の太平洋岸と東シナ海沿岸に分布し口太メジナよりも南方系の分布している
西日本でチャグレ・オナガグレ・オナガグロ等と呼ばれている

新鮮なメジナはクセが無く淡白な白身で、刺身・たたき・焼き魚・煮付け・唐揚げ・鍋料理など様々な料理にできる
2 口太グレ
 (メジナ)
新潟・房総半島以南から鹿児島付近の沿岸の岩礁に生息する
特徴は成魚は全長60cmになるが漁獲されるのは40cm程度が多いし体はクロダイなどに似てよく側扁(そくへん)して体高が高い、体色は青緑色を帯びた灰色で腹部は銀色だが死ぬと青緑色が薄れ黒みが強くなり、頭部は前方に向けて丸みを帯びて口先はクロダイほどには前に突き出ないし顎(あご)には小さく柔らかい櫛状の歯がある

地方名としてクシロ(伊豆)、ヒコヤ、チカイ(北陸)、ツカヤ(丹後)、クロヤ(舞鶴・山口)、クチブト(関西)、グレ、ブレ(関西)、クロアイ(山陰)、クロ(岡山)、クレウオ(枕崎)、クロダイ(下関・九州各地)、シツオ(鹿児島)、クロメダイなどもある

旬は12-3月で、新鮮なメジナはクセが無く淡白な白身で、刺身・たたき・焼き魚・煮付け・唐揚げ・鍋料理など様々な料理にできる   ※ 側扁(そくへん) - 魚の体形が体の左右から押しつぶしたように平たいこと
3 イサキ 沖縄をのぞく本州中部以南の海域に生息する
成魚は日中はやや深い海藻の繁茂する岩礁域に生息しているが夜間は水深の浅い岩礁域へ移動して捕食する
特徴は頭部の有鱗域は広く涙骨(るいこつ)上と主上顎(うわあご)骨の露出部にも広がり、眼の下縁は吻端(ふんたん)よりも下方にあることなどが特徴で、 体色は全長20〜30cmくらいまでには淡色の地色に暗色の縦線が入っている状態であるが大きいくなると消失し背面側が焦げ茶色に腹面側が白色へと変化する

旬は初夏で身は白身でマダイよりは柔らかくて脂肪が多いので刺身・焼き魚・煮魚・唐揚げなど様々な料理で食べられる    ※ 吻端(ふんたん) - 魚の口の端(はし)のこと  涙骨(るいこつ) - 頭蓋骨を構成する皮骨性由来の骨
4 クロダイ
  
(チヌ)
北海道以南から琉球列島をのぞく日本各地の沿岸に生息する
汽水域から水深50m以浅の沿岸域の藻場や岩礁・砂泥底といった広い範囲に生息して小規模な群れを作り移動をするチヌと、地着きのチヌとが知られている

関西を中心に「チヌ」という別名がよく用いられるが、他にもクロ(東北)、ケイズ(東京)、カワダイ(北陸)、チンダイ(山陰)、チン(九州)、クロチヌなど、様々な地方名がある、 成長によって呼び名が変わる出世魚でもあり、関東ではチンチン→ カイズ → クロダイと変わり、関西ではババタレ → チヌ → オオスケとなる

旬は11-3月で、身はタイ科らしく歯ごたえがある白身だがやや磯臭い、刺身・洗い・塩焼き・煮付けなど和風料理の他に、ムニエル等の洋風料理でも食べられる
5 イシダイ
   
北海道以南の日本各地の沿岸域の岩礁帯に生息する
白地に7本の黒色横帯がある縞模様が特徴的な体色をしている、幼魚は白が黄色味がかることもあり、老成魚では縞模様が不明瞭になり燻し銀のような体色となり口の周辺は黒くなる
若魚をシマダイ(縞鯛)、サンバソウ(三番叟)、老成したオスをクチグロ(口黒)とも呼ばれている

旬は秋であるが産卵期は4〜7月で多くは3歳で成熟し、成熟してからは春先から群れで南下して南日本で産卵を行うことが知られている、 いわゆる高級魚で寿司屋や割烹料理屋しかみられないことが多い、料理法は刺身・洗い・寿司種・塩焼き・唐揚げ等にして食べられる
6 マダイ 北海道以南から尖閣諸島付近の地域に分布し水深30〜200mの岩礁や砂礫、砂底などに生息する
特徴は尾の後縁は黒く、尾の下葉の下部が青白い、又生時も背・腹・臀(しり)も青白い色を呈する、 体色は赤っぽい色が基調で腹面は白い鮮やかな青色の斑点が散らばる 
チダイの成魚のように鰓蓋(えらぶた)の後縁が鮮血色をしていることはない

旬は11-12月で、身は歯ごたえのある白身で他の魚に比べて臭みや脂肪などの癖も強くない、 又鮮度の落ちが遅いのも特徴であり刺身・焼き魚・吸い物・煮付け・鍋料理・鯛めしなど多様な料理にされる


魚 の 各 部 分 の 呼 び 名
ブ  リ
ヒラマサ スズキ
1 ブリ 琉球列島をのぞく日本各地の海域の中・下層に生息する
全長 1m 前後でヒラマサに似るが上顎(うわあご)後端の上角が角ばっている、又ヒラマサの胸鰭(むなびれ)は腹鰭(はらびれ)よりも短いがブリの胸鰭と腹鰭は同じ長さである
肉食性で幼魚の時はプランクトン食性だが成長するにつれて魚食性になり甲殻類やイワシ類から大型の魚まで幅広く捕食する

大きさによって呼び名が変わる出世魚です
北陸 - コズクラ、ツバイソ(35cm以下)→フクラギ(35-60cm)→ガンド、ガンドブリ(60-80cm)
関東 - ワカシ(35cm以下)→イナダ(35-60cm)→ワラサ(60-80cm)→ブリ(80cm以上)
関西 - ワカナ→ツバス、ヤズ(40cm以下)→ハマチ(40-60cm)→メジロ(60-80cm)→ブリ(80cm以上)
山陰 - ワカナ(40cm以下)→ヤズ(40-60cm)→マルゴ(60-80cm)→ブリ(80cm以上)
四国 - ハマチ(30-40センチ)、メジロ(40-50センチ)、ブリ(60センチ以上)、オオイオ(80センチ以上)

旬は寒鰤と言われるように、12-2月で料理法は幅広く、刺身・寿司ネタ・しゃぶしゃぶ・味噌漬け・焼き魚(照り焼き・塩焼き)・煮魚(ぶり大根)等で食べられる又ヒスチジンというアミノ酸が増えるそうで、かつおぶしにも多いうまみ成分を多く含んでいます
2 ヒラマサ 琉球列島をのぞく東北地方以南の海域の沿岸の中・下層に生息する
全長 1m 前後ブリと似ているが上顎後端の上角は丸く胸鰭(むなびれ)は腹鰭(はらびれ)より短い、 ブリとは対照的に全世界に分布している、ブリとヒラマサは見分けるのが難しいが世界の他の地域ではブリがいない
地方名はマサ(東京)、ヒラス(大阪・高知・九州)、ヒラサ(瀬戸内海の一部)、ヒラソ(山陰)、テンコツ、ヒラソウジ(九州)等がある

旬は夏で身はブリより脂肪が少なく歯ごたえもあり高級食材として扱われ全長1mに達しないほどの若魚が美味とされている、特に刺身や寿司ネタで珍重され、他にも焼き魚(照り焼き・塩焼き)、煮魚・酢の物等の料理にもできる

青物 (ブリ・ヒラマサ・カンパチ) にはヒスチジンというアミノ酸を多く含むみ、かつおぶしにも多いうまみ成分です、此れは〆て24時間経過した頃が一番増してきて旨くなるとされています
脂肪は、
IPA(イコサペンタエン酸)DHA(ドコサヘキサエン酸)を多く含む、IPAは血液の流れをスムーズにして血圧を下げるほかに中性脂肪値を下げる働きをする
3 スズキ 日本各地の沿岸に生息し、スズキは日本近海の固有種ということになった
岩礁域から内湾にすみ汽水息から淡水域にも入る、 スズキの特徴は尾柄部が細くて長く吻(ふん)も長い又背鰭(せびれ)軟条(なんじょう)は12〜14本である
河川下流域から岩礁域を中心とした沿岸域までの幅広い水域で見られる、又産卵期は冬である

関西では1年〜2年もの( 20-30cm )をセイゴ、2年、3年目以降の 40-60cm をハネ、それ以上のもので通常4-5年の成熟魚をスズキと呼んでいる
東海地方では、60cm程度までを一律にセイゴ、それ以上の成熟魚をマダカと呼んでいる

旬は夏で、新鮮なものは刺身にするが昆布じめ・寿司ネタなど、他にタタキ・揚げ物・炒め物・塩焼き・奉書焼・煮付・鍋物など和洋中を問わず多様な料理にされる   
 ※ 軟条(なんじょう) - ヒレにある柔らかいスジです   (ふん) 魚の口先で、頭部の目より前方に突出した部分


船 や 波 止 か ら 釣 れ る 魚


舟釣りは五目釣りもありますが、狙った魚を釣るのが楽しみの一つで又狙い以外の魚は外道と言われて嫌われていますが外道にも美味しい魚も多くどんな魚が釣れるかも楽しみです
狙って釣り行きする魚は多いですが、代表的には、アジ・サバ・メバルやカサゴ・キスやギザミ・カレイ・アイナメ・アコウ・イシモチ釣り等があります
舟釣りの人気品種はアジ・サバ・メバル・キス・カレイ釣りが定番で此れを狙って釣り行きする釣り人も多いです、 タチウオ釣りは防波堤からも両方釣れて一般の釣り人にも人気となっています
マニアツクな釣りとしては釣り方が難しい、ヒラメ釣り・カワハギ・ウマズラ釣り等があります
防波堤からの釣りではコノシロ・アジ・サバ・カワハギ・ウマズラ・サヨリ・イワシ・メバル・カサゴ・キスなどほとんどの魚が釣れて休日にはサンデー釣り人で防波堤は賑わいます


コノシロ カタクチイワシ マイワシ
イシモチ (シログチ・グチ) マサバ ゴマサバ
真アジ 丸アジ ムロアジ
1 コノシロ 新潟県や松島湾以南の海域に生息し、 内湾性で産卵期には汽水域に進入する 
特徴:は全長20cm前後で上顎の前縁に鋭い欠刻(けっこく)があることでコノシロ亜科に分類され、又背鰭(せびれ)軟条(なんじょう)の後方の鰭(ひれ)が糸状に伸長して鰓蓋(えらぶた)の後方には一暗色班がある、 ドロクイに似るが上顎(うわあご)後縁が下方に曲がらないことで区別することができる

出世魚のコノシロの成長での呼び名
シンコ(新子) - 4〜5cm、 コハダ(小鰭) - 7〜10cm、 ナカズミ - 12〜13cm、 コノシロ - 15cm以上

全長10cmほどの若魚が「コハダ(小鰭)」と呼ばれて酢漬けにしたものが寿司ネタとして珍重される、 成魚は塩焼きや唐揚げなどで料理にされるが小骨が多くて傷みも早いこともあり漁獲地周辺の流通にとどまる
そのままでは臭みもあり刺身などで食べる際は醤油ではなく酢味噌が用いられることが多い
※軟条(なんじょう) - ヒレにある柔らかいスジです    欠刻(けっこく) - 切れ込み

2 カタクチ
 イワシ
日本各地の沿岸の表層に大きな群れで生息する
全長は最大で15cmほどで普通は10cmほどです、腹部に稜鱗(りょうりん)は無く本種は資源量が非常に多く水産重要種であり、一般の食卓にはあまりあがらない

加工品として煮干し・みりん干し・しらす・ちりめんと日常親しみ深い加工品の材料とされる事が多い
鮮度の良いものは刺身・酢のもの(酢漬け・胡麻漬け・なます)、唐揚げ・塩焼き(干物)・煮つけ・塩漬けに料理される     稜鱗(りょうりん)鋭い突起をもつ鱗

マイワシ マイワシは日本各地の沿岸の表層に大きな群れで生息する
水温がもっとも下がる2月から4月にかけて産卵する
産卵中も積極的に食い、 珪藻(けいそう)やアミなどのプランクトンを主食にして2年で約15pの中羽イワシに成長し20p以上になると大羽と呼ばれ最大30pくらいに達する

旬は10-12月で、身は柔らかくて小骨が多いし大型個体では皮下脂肪がよくのっているので用途はちりめんじゃこ、干物(目刺・丸干し・開き)、缶詰、魚肉練り製品(蒲鉾・竹輪)など幅広く利用される、 料理には塩焼き・煮付け・酢の物・刺身・たたき等がある

3 イシモチ
(シログチ
    グチ)
東北沖以南の日本の沿岸海域に生息する
特徴は体色は銀白色で主鰓蓋骨(しゅさいがいこつ)に目立つ暗色斑があり口腔内は白色で臀鰭(しりびれ)基底は短くて2棘7〜8軟条、尾鰭(おびれ)後縁は緩い尖形(せんけい)がみられる
水深140mまでの泥底に生息して外海のほか内湾や内海でも多くみられる、 初夏になると産卵のために浅場へ移動してくることが知られる、夜行性といわれ夜間のほか海が荒れて潮が濁った状態で活発に行動するようだ

旬は春から夏で、白身で水分が多くクセはないが少しですが苦さと磯くささがあり、焼き魚よりは煮魚に向いています又 塩焼き・ごま油焼き・唐揚げが美味しいしです
鮮度がすぐに落ちるのですり身にして練り製品向きで高級カマボコの原料になります
※主鰓蓋骨(しゅさいがいこつ)-鰓(エラ)にある四つの骨のひとつ   臀鰭(しりびれ)魚の肛門の後方にあるひれ
 
尖形(せんけい) - 先端がとがった形

4 マサバ 日本列島近海の海域の沿岸の表層を群遊しながら生息する
アニサキス幼虫がいて激しい腹痛を起こすことがあるので内臓に多いので内臓を生食しないこと 筋肉を生食するときは早く内臓を抜き腹部の筋肉は分厚く切り取ること

特徴は体側の青緑色を呈する背側に虫食い状の斑紋があること、 よく似たゴマサバとは体側下部に小さな黒色斑が散在してないし尾鰭(おびれ)は明瞭に黄色く第1背鰭棘(せびれとげ)が9〜10本(ゴマサバは11〜12本)であることなどで区別することができる
沿岸域の主に表層を群泳して動物プランクトンや小型魚類、甲殻類、軟体動物などを捕食する

旬は10-2月で、夏は美味しくない、〆鯖(きずし)・鯖寿司・焼き魚・煮付け・唐揚げに加工品には缶詰・鯖節など幅広いし、新鮮なものは刺身でも食べられるが傷みが早いので注意がいる

ゴマサバ マサバとよく似ているが体側下部に小さな黒色斑が散在していることが特徴的です、これが名前の由来ともなっている、又尾鰭(おびれ)はマサバよりも黒ずみ第1背鰭棘(せびれとげ)が11〜12本(マサバは9〜10本)であることなども見分けるポイントとなる
マサバよりも暖かい海域を好み沿岸域の主に表層を群泳して動物プランクトンや小型魚類、甲殻類、軟体動物などを捕食する

マサバより脂肪が少ないが季節的な味の変化が少ないとされている、 夏はマサバの味が落ちるがゴマサバの味は落ちずに漁獲量も増えて鯖節・缶詰など加工利用されるが、他にもマサバと同様に 〆鯖(きずし)・鯖寿司・焼き魚・煮付け・唐揚げ、 新鮮なものは刺身でも食べられるが傷みが早いので注意がいる

5 アジ
 (マアジ
  マルアジ)
日本各地の沖合から沿岸の中・下層に生息する、 沖合の中層から下層に生息し幼魚は内湾に進入してくるが稚魚は浮遊性が強く表層にいる、肉食性で成魚は小魚(カタクチイワシなど)を飲み込んでいることがしばしばある

マアジの稜鱗(りょうりん)は側線のすべて鰓蓋(えらぶた)の直後から尾柄まで続いているし、又側線が体側中央で大きなカーブを描いて体の背側から中央におりてくる、 マアジの体は平たく赤っぽく関西では赤あじとも呼ばれる
マルアジの体は丸いし青っぽく関西では青あじとも呼ばれる

旬は5-7月で、1年中流通し美味しい魚だが、春から夏にかけてが最も美味しいと言われている 刺身・焼き魚・煮付け・フライにとどんな料理にも合うというのも優れた点です 稜鱗(りょうりん) 鋭い突起をもつ鱗

ムロアジ 南日本の沿岸海域に生息する
全長40cm程度で小離鰭(しょうりき)があり、稜鰭(りょうりん)は側線の直走部後半を覆う、生時は体側には1黄色縦帯があり尾鰭(おびれ)は上葉が淡黄色で下葉が灰色です

マアジより血合い肉が多いことと脂肪分や旨みが少ないことから干物にされる、 ムロアジの干物として有名なのが「くさや」である、くさやに使うくさや液のことを魚室(むろ)と呼んだことからムロアジの名が付いたともいわれている  新鮮なものは刺身・たたき・焼き魚でも食べられる


カサゴ (ホゴ) アカメバル クロメバル
黄ギザミ (キュウセン) 青ギザミ (キュウセン) アイナメ
マコガレイ イシガレイ キス (シロギス)
1 カサゴ
   (ホゴ)
北海道南部以南の沿岸の岩礁に生息する
全長30 cm程度で日本近海を含む太平洋西部の暖海域に分布し沿岸の岩礁や海中林などに生息する
特徴は体色は普通赤色から褐色地に不規則な形状の薄色斑が見られるが体色や模様は生息環境や個体により変異がある、 近縁のメバルに比べて体の断面が丸く眼が小さくて口が大きい

関西の「がしら」「がし」、山陰(鳥取・島根)の「ぼっか」、島根の「ぼっこう」、岡山の「あかめばる(赤眼張)」「あかちん」、徳島の「ががね」、瀬戸内海(広島・愛媛など)の「ほご」、九州は宮崎の「ががら」「ほご」、および、熊本・鹿児島の「あらかぶ」「がらかぶ」「がぶ」などがある

旬は冬から春です ただし1年を通して美味しい、外見とは裏腹に白身魚でクセがなくて旨味があるので非常に上品な味わいで鍋料理・潮汁・味噌汁・煮付けといったものや塩焼きが好まれ、又唐揚げとしても多く料理される

2 アカメバル 北海道南部から九州付近の沿岸に生息する
特徴は頬および眼窩(がんか)の下縁に棘はなく涙骨(るいこつ)は顕著(けんちょ)な2棘があり主上顎骨(がくこつ)には鱗がある、 アカメバル・クロメバル・シロメバルの3種がいます

アカメバルは、その名の通り赤味がかっている個体が多く中には金色味が強い個体もいる、 クロメバルやシロメバルとは胸鰭(むなびれ)軟条数が14〜16本(普通は15本)で臀鰭(しりびれ)軟条数は7〜8本であり側線有孔鱗数は36〜44枚であり腹鰭(はらびれ)は短く黄色い傾向があること等体側に見られる、横帯は不明瞭な傾向があることなどを総合的に見て区別するのが良さそうである

3 クロメバル 岩手・石川県から九州の岩礁域に生息し底から少し浮いていることが多い
特徴は頬および眼窩(がんか)の下縁に棘はなく涙骨(るいこつ)は顕著(けんちょ)な2棘があり主上顎骨(がくこつ)には鱗がある
クロメバルは、その名の通り黒っぽい個体が多く背側は緑色っぽい色をしているのが特徴的です

旬は早春から初夏、脂肪が少なく淡白な白身魚であり内臓を除いただけのものを味噌汁や煮付けなどにし、熱いうちに食べると美味しい、他には塩焼き・唐揚げ・刺身などの料理方法がある
※眼窩(がんか) - 眼球の入っているくほみ    顎骨(がくこつ) - 魚の顔面の骨

4 ギザミ
  (ベラ
 キュウセン)
沖縄県をのぞく佐渡・函館以南の砂底に生息する、 一般的には青・黄ギザミが釣れるが最近は青ギザミは少なくなっています
全長30cm(雌は20cm程)体側に暗色の縦帯がありこの縦帯は雌のほうが顕著(けんちょ)で雄は胸鰭(むなびれ)後方に暗色斑がある、又雄の体色は若干緑色をしている、   砂地や砂礫底を好む

旬は初夏から秋口まで、皮膚はぬめりがあるが白身で癖がないし新鮮な大型個体は刺身が美味でワサビ・シソなどの薬味を添える、 他に煮付け・塩焼き・、唐揚げ、南蛮漬けなど様々な料理にされる

5 アイナメ 日本各地の岩礁域に生息する
特徴は尾鰭(おびれ)の端は直線的かやや湾入する、又側線は5本あり背鰭(せびれ)は中央付近に目立つ欠刻があり棘条(しじょう)部と軟条(なんじょう)部で分かれる、 背鰭(せびれ)棘数は19〜21本であることなどで日本産アイナメ科魚類の他種と区別できて体色は褐色から橙色と生息場所によって変化する、 ちなみに色い個体は婚姻色を呈している雄であり産卵期にのみ特異的に見られる

海藻の繁茂する岩礁域やその周辺の砂地に生息し産卵期は10〜1月とされ雄が卵保護をする習性が知られているが黒潮流域には少なくそのような場所では代わりに近縁種のクジメが多くなる

旬は冬から春にかけての寒い時期です、身は脂肪の多い白身でありそのことから「あぶらめ」とも呼ばれる、 刺身・煮付け・唐揚げ・潮汁・焼き物・味噌汁等の料理にされる

6 マコカレイ 大分県から北海道南部に生息する、特徴は体長45cm位で大きいものでは50cmを超える
マコガレイはマガレイに似るが吻端(ふんたん)はあまり尖らないし胸鰭(むなびれ)上方の側線湾曲がマガレイよりも低く無眼側の尾柄部縁辺は黄色くならないことで区別できる、 イシガレイとは有眼側に骨質板がないことで容易に区別できるし有眼側の歯は殆どなく、上・下顎ともに0本若しくは1本です

旬は初夏から晩秋にまでがよい、絹のようなきめ細やかな身は塩焼きに煮付けにしてもいい味で小振りものもはぜひとも唐揚げにすると良い

イシガレイ イシガレイは有眼側・無眼側ともに鱗がないが有眼側体側背部には大きく縦に並んだ骨質板があり側線や有眼側体側腹部などにも小さく並んだ骨質板があり口は小さく顎歯(あごは)は有眼側より有眼側で発達するし体長40cm以上という大型種です

日本の広い範囲に生息して水深100m以浅の砂・泥底に多く生息し幼魚は汽水域にも入る
肉食性で底生動物を捕食するが、大きいものでは魚類も捕食する

7 キス
(シロギス)
北海道南部から九州の沿岸付近に生息する
特徴は背鰭(せびれ)は2基に背鰭と臀鰭(しりびれ)の基底は長くどちらの鰭(ひれ)にも目立つ模様はない、 側線上方鱗数は3〜4枚で体背面は肌色のような色で砂地と同化するような色合いになっており腹面は白色です、海中を泳いでいる際には体側背側に数個の金色の斑点が見られたり青色の縦線が見られることもある
沿岸の砂底・砂泥底の海底から20cmくらいまで上方のところを遊泳し危険を感じると砂中に潜ることもあり、 岩礁周りや河口域へもよく進入する、 産卵期は夏で夜間に産卵すると考えられる

旬は初夏から初秋にかけて産卵する為、餌をよく摂るようになり美味しくなる、身は脂肪が少なく柔らかい白身で塩焼きの他に 刺身・天ぷら・フライなどに料理されて美味しい


ニベ アコウ (キジハタ) クロソイ
カワハギ ウマズラハギ タカベ
マフグ ヒガンフグ ショウサイフグ クサフグ
1 ニベ 東北沖以南の日本の近海に生息する
特徴は臀鰭(しりびれ)基底は短く2棘7軟条で尾鰭(おびれ)後縁は緩い尖形をしている、 体側にある暗黒色の斑紋があり(黒い点々です)、腹側は白色であること、第1鰓弓(さいきゅう)の鰓耙数(さいはすう)は22以上であることなどで区別できる
沿岸息の砂泥底や泥底に分布して、コイチと比べて外海に面した砂浜に多い傾向がある
淡水の混じる河口域にも多く見受けられるし海水が濁ったりした時や夜に活動が活発になることも知られている

旬は11月〜2月で、塩焼きで食べるのだが一般的ですが、鮮度さえよければ、しっとりとした白身は旨味甘味があって刺身にして食すると美味しい

2 アコウ
   (アコウダイ)
青森県以南の日本各地の沿岸浅所の岩礁域に生息する
大きな口で赤みがかった褐色に橙色の斑点、背のちょっと後ろ寄りのところに大きめの濃い褐色の斑紋があるのが特徴です
岩礁域にすんでいて大きくなると全長40cmぐらいになりますが成長は遅く又多く取れなくて美味しいので高級魚とされています

旬は冬で12-3月頃アコウは昔から赤魚の名で流通しており、刺身・塩焼・煮付け・洗い・味噌漬などに幅広く料理されている

3 クロソイ 日本各地の浅海域に生息する

特徴は若魚の体色は茶かっ色で成魚の体色の濃いものは暗灰かっ色から黒色だがうすいものはキツネメバルに似た灰かっ色になる、 名前のような黒色に近い個体は意外と少ない

旬は冬で刺身は鮮度の良いときのみです時間が経つと途端に味が落ちるので、白身でその割りに味がありうまいので塩焼きにも最適で他に煮つけ・鍋物・みそ汁にも美味しい、又小型のものは唐揚げがよい

4 カワハギ 北海道以南の海域に幼魚は流れ藻につくが成魚は100m以浅の砂地に群れで生息する
特徴はカワハギ科の中で腰骨に鞘状鱗があるグループでこれを動かすことができる、体はやや平たくウマヅラハギに比べて体高があり背鰭(せびれ)棘は眼後端の上方にあり体色は若干の変異があるが普通は褐色で暗色縦帯が体側にある
雄の成魚では背鰭の前部軟条が糸状に伸びるが雌では伸びない、 雌雄ともに尾鰭後端が糸状に伸びることはないし体長25cmになる

水深100m以浅に多いが時として200mの場所からも採集される、 砂底・貝殻底・岩礁域に多く生息して幼魚は流れ藻や浮遊物に付いて生育する

旬は本来は夏季であるが、秋から冬にかけて第二の旬で秋になると肝が大きくなり肝を生で食べられるので、白身の旨味ののった身に肝というのは最高の味わいですし、肝をゆでて醤油に溶かし込んだものを刺身に使うのもよい

5 ウマズラ
  ハギ
北海道以南の日本各地の沿岸域に広く生息する
特徴はカワハギに似るが体はやや長く腰骨に鞘状鱗があるが動かすことはできないし尾鰭(おびれ)には暗色帯がなく体側には小黒色斑がない不規則な雲状斑がある

キビレカワハギに似ているがキビレカワハギの第1背鰭(せびれ)棘は眼の中央上にあるのに対して眼の後半部上にあり鰓孔の位置はキビレカワハギが眼前半部下方にまで達して眼中央下方までである、又キビレカワハギのほうが暖海性のようであり体長25cmになる

旬は秋から冬、刺身は透明感があり甘味があって上品にすぎる味わいがある  
秋にたっぷり膨らんだキモである、夏には赤味がかった色が寒くなってくると白くなり口の中の体温で溶けるほどに脂がのるこれを適当に切って刺身に巻き込んで濃淡混ざりあった旨さを味わうのが最高です

6 タカベ 本州〜九州の太平洋沿岸に生息する海水魚で日本固有種です
成魚は全長20〜30cmになり、体型は紡錘形で体色は背部が青色で腹部は銀色であり、背部の中心から尾鰭全体にかけて特徴的な黄色又は黄金色をしているが顎は小さく頭部は若干丸みを帯びている、
岩礁近くに群棲して動物性プランクトンなどを捕食する

旬は産卵期にあたり脂ののってくる夏とされる、 市場では高値で取引されて高級魚の扱いを受けている、料理には塩焼きが最上とされるが刺身や煮付けにしてもよい、又一夜干しにしても格別である

フグ  フグ(河豚)は、フグ目・特にフグ科に属する魚の総称です、日本全国どこにでもいて釣り師を悩ませるが、もっとも馴染みの深い小型の「ふぐ」である

185種の魚がフグ科に分類されていて、そのうち食用とする種としてはトラフグ・マフグ・ショウサイフグ・シロサバフグなどがあり、クサフグなどは体全体に毒がたまる種もある又はシロサバフグは無毒で大衆食材です
テトロドトキシン(ふぐ毒)あり、卵巣・肝臓・腸は猛毒、皮膚は強毒、筋肉と精巣は弱毒、よく釣れる魚だが小型であり毒が強く食用には向かない

   フグの種類による部位による毒の強さ (参考ですから自分の責任で・・・)
種類(別名) 卵巣  精巣  肝臓 皮   腸 肉  血液 
トラフグ +++ +++ ー  ー 
マフグ +++ +++ ++ ++
ヒガンフグ +++ +++ ++ ++
シヨウサイフグ(名古屋フグ) +++ + +++ ++ ++
クサフグ +++  +++ ++ +++
シロサバフグ
 表の毒の見方  ・・・        +++は猛毒、++は強毒、 は弱毒、 は無毒  

                   値段は トラフグを頂点として、マフグ、ヒガンフグがあり、次にショウサイフグ、シロサバフグがくる
フグに中毒なると、食後30分〜4時間の間に唇がしびれたり指先がしびれたりします、次に舌がもつれてうまく口が聞けなくなりそれと同時に足が麻痺してたたなくなります
この頃より吐き気がしてきてだんだん中毒が重くなると呼吸困難におちいり、最後に窒息してしまう 

 

トラフグ
      
ふぐの王様として料理用として最も多く用いられ高価である、味は他のふぐとは比べようもなく美味である
毒性は卵巣、肝臓は強毒、腸は弱毒、筋肉、精巣、皮膚・肉は無毒です
最高級食材で価格も高くフグ専門店で食することが多い

マフグ
皮がつるっとしているのでナメラフグなどと言われる しかし、皮は強毒ですが料理や、おもに乾物用に広く利用されている、体表面は滑らかで背側は暗褐色、腹側は白く、体側を黄色線が走る、食べ方は刺身/鍋/みそ汁/唐揚げ
毒性は肉と精巣は無毒であるが、皮膚・腸に強毒、肝臓・卵巣に猛毒がある、食用にされてショウサイフグより美味しく価格もすこし高い
ヒガンフグ
  
日本各地で春の彼岸頃に産卵に接岸してよくとれるから、こう名前を呼ばれている、美味で背は赤茶色で多くの黒褐色の円い斑点があり、背面と腹面は小さな、いぼ状の突起でおおわれます
毒性は、肝臓・卵巣に猛毒、皮膚・腸に強毒、肉と精巣は無毒であるが一部に毒性が強い場合もあり注意が必要です 
ショウサイフグ
 (名古屋フグ)
日本近海でよく見られる 又料理や乾物用に広く加工される
体側は平滑でトラフグのような、小さな棘は無く体色は暗緑褐色地に白い斑点が散在し、腹面やしりヒレが白色で尾ヒレの下縁が白いのが特徴です
毒性は卵巣、肝臓は猛毒、皮膚と腸は強毒、肉は弱毒、精巣は無毒、肉に一部に毒性が強い場合もあり注意が必要です 
食べ方は刺身/鍋/みそ汁/唐揚げ
シロサバフグ
     
全く無毒でおもに乾物用に広く用いられるが、から揚げにするとビールのつまみとして美味しい、 無毒で価格も安く大衆食材です
背面は淡い灰緑色で腹部は白く、体側には斑紋や模様はなく、金色または銀色の光沢があり、臀ヒレは白く、尾ヒレは黄色で真中の辺りに切込みがあり、上下の先端部は白色で、胸ヒレと背ヒレは白色又は黄色です
クサフグ
      
日本近海で最もよく見られるフグで砂に潜るのでスナフグと言う地域もある
食用にはあまり向かないが食べも人もいる
毒性は 肝臓、卵巣、腸は猛毒、皮膚は強毒、肉と精巣は弱毒で一部に毒性が強い場合もあり注意が必要です 
レンコダイ (キダイ) アマダイ カマス (アカカマス)
サヨリ ボラ ウミタナゴ
タチウオ マゴチ メゴチ
1 レンコダイ
 (キダイ)
琉球列島をのぞく南日本の沿岸の大陸棚縁辺域に生息する
特徴は歯は円錐歯のみであり体色はその名の通り黄色っぽいし体側背部に黄色斑が3つあり鰭は赤い、 側線上方の背鰭棘条部中央下横列鱗数は4.5枚で側線鱗数は46〜50枚である

水深50〜200mの沖合いの砂礫底を好む
地方名としてハナオレダイ(九州西部・東京)、コダイ(高知・九州南部)、メンコダイ(愛媛)、バジロ(中国地方)、ベンコダイ、アカメ、ハジロ、バンジロ、メッキなどもある

旬は春で、単純に塩焼きにするのがいちばんうまいし当然干物にしても美味しい、鮮度が落ちやすく鮮度よければ刺身にもなるし刺身は皮目に湯をかけて霜皮造りにするのが特に良い

2 アマダイ
(アカアマダイ)
日本近海では本州中部以南で6種が見られ沿岸の大陸棚に生息する
全長は20-60cmほどで体は前後に細長く側扁する、頭部は額と顎が角張った方形で目は額の近くにある、 体表は鈍い光沢のある鱗に覆われる、体色はピンク色-赤褐色で腹側は白っぽいです 
種類によっては鞍状斑・帯模様・黒点等が出現し同定のポイントになる

浅い海から水深300mくらいまでの砂泥底に巣穴を掘って生息していて小魚・甲殻類・多毛類など小動物を捕食する

旬は秋から冬で、身は白身で脂肪分が少なく淡白だが柔らかいが水っぽいので刺身にはあまり向かない、焼き魚や干物等の料理が一般的でですが、干物するのが一番美味しい

3 カマス
(アカカマス)
西日本から琉球列島まで生息する
特徴は全長は50cmほどで和名のとおり体が赤っぽく体側に1本の黒っぽい帯がある、又腹びれが背びれより前にあるがウロコはヤマトカマスにくらべて大きい
口先がとがり下顎が上顎より少しつき出ていて口は大きくするどい歯が発達している、 体は細長い円筒形で背びれが前後2つに分かれている

沿岸域に生息していてサンゴ礁や岩礁の周囲で群れをつくり活発に泳ぎ回る、 食性は魚食性でイワシなどの他の魚を襲って捕食する

旬は秋から冬で、白身で淡白なので塩焼きにするとまたとない風味があり旨い、秋から冬にかけての脂ののったものは特に旨い又から揚げや干物にして食べられる

4 サヨリ 北海道南部以南の日本各地の沿岸の表層に生息する
此れが表層に群生していると他漁狙いのフカセ釣りではサシエがタナに入らないくすぐに取られる事が多い

特徴は体形は細長く両顎は尖り下顎は上顎よりも長く突出する、下顎の長さが上顎先端から鰓蓋後端までの長さよりは短いこと下顎の先端は普通赤味を帯びることなどが特徴です、全長は大きい個体では40cmを超えることがある

5 ボラ 北海道以南の日本沿岸の温帯・熱帯域に生息する
特徴は胸鰭の基底に青黒斑点が1個見られ体側には体背面と同様の色合いである青〜緑色っぽい縦線が複数走ることが特徴で、又眼を被う脂瞼は発達しており分厚い

日本の磯や波止など何処でも見かける魚で魚雷型の体と相まって高速で水中を泳げるしボラの眼は透明なゼラチン様の組織、脂瞼(しけん)が発達しているがこれが視界を確保して眼が良く又水中の抵抗を少なくしている
また全身の鱗の一枚一枚に感覚管孔があいており音や震動を全身で感じ取れているようだ、 ボラほど俊敏で高速で移動できる魚は珍しい、 沿岸域の浅所や河川下流域までに生息する

6 ウミタナゴ 東北地方の太平洋側と関東地方の平野部の浅くて水草の繁茂した池沼や用水路に生息する
特徴は背鰭棘は9〜11本で、腹鰭の鰭膜は全体もしくは第1棘と第2棘の間が黒味がかる、臀鰭の基底は黒くないし体色は銀白色でやや赤味を帯び眼から上顎後端にかけて黒色帯が1〜2本見られる
雌の産卵管は長いし産卵期は4〜6月です  雑食性で付着藻類から底生生物などを食べる
沿岸域の砂底や岩礁域に生息する

7 タチウオ 北海道以南の日本各地沿岸に生息する
特徴は全身は青味を帯びた銀白色で尾鰭はなく臀鰭棘は皮下に埋没する、両眼の眼隔域はくぼないことなどでオキナワオオタチと口床は暗色で背鰭の地色は白色であることなどでよく似たテンジクタチと区別される

強い魚食性を示しその他にも軟体動物や甲殻類なども捕食すると考えられる

8 マゴチ 南日本の水深30m以浅の大陸棚浅海域に生息する
特徴は上から押しつぶされたような左右に平たい体をしていて体の幅は鰓蓋の部分で最も広く尾に近づくにしたがって細くなる、胸びれは大きくて丸くすぐ下にこれも大きい腹びれがあるし背びれは2つに分かれている
腹側は白っぽいが背中側の体色は周囲の環境に合わせた保護色となっている
砂底に生息するものは黄褐色-褐色の地味な体色だ多くは腹を海底につけて生活する底生魚で海底に貼りつくか砂泥の中に浅く潜って海底に擬態し、獲物や敵の目をあざむいて捕食する
食性は肉食性で、ゴカイ、貝類、、甲殻類、小魚など他の小型底生動物を捕食する

全長は最大1mほどになる大型種で頭部はシャベルのように左右に平たく下顎の先端が丸い、胸びれに小さな褐色の斑点がある
西日本の海岸近くの砂泥底に生息して夏が旬で高級食材として扱われ釣りの対象としても人気がある

メゴチ 南日本の内湾から水深100mの砂泥底に生息する
特徴は多くは腹を海底につけて生活する底生魚で海底に貼りつくか砂泥の中に浅く潜って海底に擬態して獲物や敵の目をあざむいて捕食する
食性は肉食性で、ゴカイ、貝類、、甲殻類、小魚など他の小型底生動物を捕食する

全長25cmほどで頭部には小さなとげや突起がある、 マゴチやメゴチに似るが第一背びれの後半部が黒いことと目の下の隆起線上に4本以上の棘があることなどで区別する  沿岸域の砂泥底に生息する


カンパチ サワラ
シイラ シマアジ
1 カンパチ 南日本の温帯・熱帯海域に生息する
全長1.5mになりブリ属で最大です、幼魚のうちは若干体高が高く眼を通る暗色の斜帯があるがこれを上からみると「八」の字にみえることから間八(カンパチ)と呼ばれるようになった
ヒレナガカンパチに似るが第2背鰭は鎌状ではなく尾鰭の下葉の先端が白くなることから区別できる
肉食性で、甲殻類や魚類を食べる

2 サワラ 南日本から九州西南部に分布する日本固有種です
全長は1m程度にまでなり体は細長くてやや側扁し第1背鰭は19〜21棘で後半部が低くなることや体側中央付近に暗色斑が列になって見られることなどで他種と区別することができる
沿岸域の主に表層を群泳する  小型魚類、甲殻類、軟体動物などを捕食する動物食性です

出世魚で成長に従ってサゴシ(40-50cm)、ナギ(50-60cm)、サワラ(60cm以上)と呼び名が変わる

3 シイラ 南日本や世界の暖海のやや沖合の表層に生息する、 暖かい海に分布する表層性の大型肉食魚で食用に漁獲される

成魚は最大で体長2mになり体重は40kg近くに達する、 体は強く側扁して体高が高く体表は小さな円鱗に覆われる、又オスの額は成長に従って隆起して背鰭は一つで55-65軟条からなり、頭部から尾の直前まで背面のほとんどに及ぶ
体色は「背面が青・体側が緑-金色で小黒点が点在する」ものが知られるが、これは釣りなどで水揚げされた直後のもので死後は色彩が失せ全体的に黒ずんだ体色に変化する、 又遊泳中は全体的に青みがかった銀色である

4 シマアジ 岩手県以南の日本の暖海に生息すして沿岸の200m以浅の中・下層にすむ
全長60cm以上になり、脂瞼は発達せず背鰭と臀鰭の最終軟条は直前の軟条よりわずかに離れていて稜鱗(りょうりん)は小さく体側に黄色の縦帯がある

暖海の沿岸域に分布する、 地方名はオオカミ(伊豆諸島での大型漁)、コセ(和歌山)、コセアジ(高知)、ヒラアジ(熊本)、カツオアジ(鹿児島)、カイワリ等がある



磯 の 底 物 の 大 き な 魚


コロダイ イシダイ イシガキダイ
フエフキダイ ハマフエフキダイ (タマミ) ヒラメ
ブダイ (イガミ) アオブダイ コブダイ (カンダイ)
1 コロダイ 南日本の沿岸海域に生息する
特徴は頭部の有鱗域は広くて涙骨上にも広がり 又眼の下縁は吻端よりも上方に位置して側線有孔鱗数は69〜72枚と多い、 体色は青灰色の地色に小さな黄橙色の斑点が体全体に散在して幼魚は黄色と黒色の縦帯が体側に2本ずつ見られる

沿岸浅海の岩礁域・サンゴ礁域やその周辺の砂底に生息して稚魚は同じような体色のゴンズイやミナミゴンズイの群れに混じって体をくねらせて泳いでいる姿が観察されており、捕食回避のためのベーツ型擬態をしている可能性も指摘されている

2 イシダイ 日本各地にいるが西日本に生息する、小笠原にも少ないがいる
特徴は白地には7本の黒色横帯が入る縞々模様が入る特徴的な体色をしているが ただし,幼魚は白が黄色味がかることもある、 老成魚では縞模様が不明瞭になり一様に燻し銀のような色合いとなって口の周辺は黒くなり両顎の歯は癒合しておりウニや貝殻などを噛み砕いて食べられるほどに強力である

沿岸域の岩礁帯に生息して幼魚は河川汽水域へも進入することがあり、 稚魚は流れ藻について表層を漂い全長3〜4cmくらいに達すると底生生活へ移行する

3 イシガキダイ 本州中部以南の海域に生息する
特徴は白地に黒色の石垣模様が入る特徴的な体色をしているが老成魚では石垣模様が不明瞭になり一様に燻し銀のような色合いとなって口の周辺は白くなり両顎の歯は癒合しておりウニや貝殻などを噛み砕いて食べられるほどに強力である

イシダイよりもやや南方系であるが基本的にはイシダイと同じく沿岸域の岩礁帯に生息して稚魚は流れ藻について表層を漂い全長3〜4cmくらいに達すると底生生活へ移行するのは同じです

4 フエフキダイ 山陰や和歌山県以南から小笠原諸島の海域に分布して岩礁域に生息する
暖海性の魚で沿岸の岩礁帯に棲息し、小魚・貝類・殻類などを食う肉食性で体長は40pほどになる

特徴は魚体は立派な鯛型ですが口の先っぽがとんがっていてどちらかというとキツネ顔で黄みがかった枯れ草色でコバルトブルーの斑点があり口の中が鮮やかな朱色をしているため、「クチビ」などと呼ぶ地方もあります
磯でよく釣れるのは此方でフエフキダイのことが多い

5 ハマ
フエフキダイ

  (タマミ)
千葉県以南の海域の沿岸の砂礫、岩礁域に生息する
特徴は全体の色は淡黄色ですが鱗に淡青色の斑点があるのが特徴でさらに、胸鰭の上縁が淡青色をしています
岸近くにすみ夜になると浅い砂浜でもどこでも徘徊してくるし、体長は100p前後に成長して大きくなり引きも強烈で掛けても翻弄され切られたという怪物はハマフエフキダイのことが多いようだ

6 ヒラメ 千島列島以南の日本各地に生息する
特徴は眼は体の左側にあり上顎後端は眼の後方にあり有眼側は灰褐色から茶褐色で無眼側は淡色ある 又有眼側の後頭部に背鰭基底方へと向かう側線分岐がなく日本産ヒラメ科魚類の他種と区別できる

沿岸砂底に分布して水深90m以浅に多い肉食性で小魚、甲殻類、イカなどを捕食する

7 ブダイ
 
  (イガミ)
南日本や小笠原の藻場や礫域に生息してブダイは温帯によく適応している
本州の黒潮域にはふつうに見られる磯魚で日本の固有種だと思われる、 たいてい地元の釣り師に人気があるのだが嫌われることも多い

生息場所により色彩変異は多いが赤っぽいのが雌、部分的に緑がかるのは二次雄だ
磯釣りで大物に切られた等という場合の犯人はブダイのことも多い

8 アオブダイ 青い色彩と異様な風体から熱帯魚だと見なされがちだがブダイ科に属しブダイと並んで九州以北に多い温帯に適応している種である
雌は体色が一様に青緑色で雄は各鰭と型が派手な橙色になる、色彩や斑紋の研究は進んでいなくて中間的な色彩や斑紋のものはよく分からないしかなり大きくなり90cmくらいにはなるそうです

アオブダイはスナギンチャクを捕食するためパリトキシンという強力な毒成分を蓄えており、内臓を食べてはいけないとされている

9 コブダイ
  (カンダイ)
下北半島・佐渡島以南の沖縄県をのぞく各地の岩礁域に生息する
南方系のベラ科にあってコブダイは、よく温帯に適応した種であって黒潮の影響が少ない瀬戸内海や日本海に多い
特徴は全長1m以上になり成魚の雄はその名の通り巨大なこぶが突き出す、 ベラ科の中で最大級です幼魚のときはいわゆる普通のベラの形で体側に1本の白色縦帯があり、背鰭・臀鰭軟条部に黒斑があり尾鰭も黒い
瀬戸内海では大物に竿を折られた、切られた等という場合の犯人はコブダイのことが多い