グレ釣りのウキの種類と選び方と使い方       



グレ釣りウキ、フカセウキ、円錐ウキ、カヤウキの種類と使い方は、ウキの使用目的は当たりを取る
だけかウキの種類による仕掛けの色々とウキをどんな磯の条件で使い分けるのか等を紹介します

グレ釣りのウキきに付いて考えてみました、ウキはグレの当たりを取るものと一般的には考えられていますが本当の狙いは別にあると考えます
それは仕掛けにウキが付いてないとポイントには届きません、仕掛けをグレ・チヌのポイントに遠投したり潮に載せて仕掛けを安定させて届けたりするのが1番の目的ですし、当たりを取るのは二次的な目的だと考えます


  グ レ ウ キ の 種 類
1  グレウキは沢山有りますが形で大まかに区分してみました
@ ドングリ
   タイプ
一番多い種類の形でバランスも良く万能タイプです
傾き抵抗に難ががある

E 棒当リウキ
   細く小さく抵抗の少ない形、当たり重視のウキで、飛ばしウキを使用して喰い渋り時に使用
A 逆円錐タイプ 下部が大きく安定感がある
水中入り抵抗の少ないが 傾き抵抗に難ががある
F 小粒当りウキ       小さく抵抗の少ない形、当たり重視のウキで、飛ばしウキと併用して喰い渋り時に浮かして使用する
又喰い渋りが強い時に時に沈めて流して当たりを取る
B 三角ヘッド
   タイプ
手前に向くと視界性が良い
巻き上げ抵抗の多い形です
G 斜めウキ   道糸の抵抗の少ないし傾き抵抗の少ないウキです、 スルスル釣り向き
C 円錐・円形
   中間タイプ
円錐と円形の中間タイプ形で重心が中間下にあるもの
傾きや水入り抵抗も少ない形バランスも良く万能タイプ
H 斜め円錐 円錐タイプですが重心が右下あるもの、糸スベリと傾き抵抗の少ない スルスル釣り向きです
D 円形タイプ 安定感もあるが、あまり見かけない形
水抵抗も少ない形です
I 水中ウキ      風が強い時や潮が逆の場合に使用するウキです、又二枚潮でも使用する
 2 グレ ウキの大きさ ( L、M、S ) ・穴径・自重・パランスに付いて 
大きさ別
 寸法は目安
サイズ

2
6×35o程度
重さ 10g
サイズ

24×33o程度
重さ 8g
スリムサイズ

22×32o程度
重さ 7g
サイズ

20×30o程度
重さ 6g
ウキの穴径と糸落ち 
@ 上部の口径大きく(3o)下が小さい(1.8〜2o)タイプ
A 口径の大きい(3o)タイプ               
  糸落ちが良のでスルスル釣り向きでグレが喰い反転して潜ったり移動する捕食の仕方の時に良い 糸べリの良い分小さい当たりや居食いの時は当たりがウキに出難い 
B 普通の口径(2o)タイブ 
  口径小さい分道糸抵抗大きく、スルスル釣りでも当たりがウキに出易い グレが居食いしてほとんど動かない時にウキの傾きなどで当たりを取る時良いしオールマイティーです 
C  ウキの口径の上部にSICリングの付いたものが糸落ちが良い
D  まだまだ、種類は有りますが大別すると3タイプになります
 ウキの自重とサイズ
@  Lサイズ・・・風波等からの安定感があり流れに乗りやすく潮筋を離れない、遠投や重い仕掛けに向いている
A Mサイズ・・・L・Sサイズの特調も中間的なものでどんな条件でも使用が出来、汎用性が高い 
B Sサイズ・・・水入り抵抗が少なく当たりが出易いが道糸の抵抗に左右され潮筋が離れ易い 軽い仕掛けで近い場所を釣る場合に良い 
C スリムサイズ・・・水入り抵抗が少なく当たり重視しての使用が良い 
D Mサイズが自重は9g程度が遠投性・安定感・当たりの出易さ等平均的で使い易い 
ウキの バランス   
@ ウキは重心が下部あると   傾き抵抗が強く、小さな当たりが出難い
A ウキは重心が上部あると   フラ付いて安定感が無く当たりが見分け難い 
B ウキの重心はウキの長さの半分の下部1/2部分にあるのがバランスが良い 
C ウキの形は円錐と円形の中間タイプが水入り抵抗や傾き抵抗も少なく、一番バランスが良い
まとめ 
  最近のグレの喰い渋りはウキの大きさやバランスは当たりの出方に影響を与えるし、穴径やリングも糸落ちで重要になり、自分はどんな釣り方をするのか、どのタイプのウキが当たりが出やすいかによりウキを慎重に選択してください
  * チヌなどに使用する長尺棒ウキに付いては今回は省きます 


  ウキの浮力と水の抵抗について
 1
ウキの浮く ・ 沈む 原理 
   
 
ウキは体積浮力重量沈みバランスは水面となる
水面上部復元力となる 
ウキに当たる水流と水流による抵抗を図で示
しました、性力が大きいものが抵抗が大きい 
   
ドングリタイプのウキは傾く時にも抵抗が掛かる
ナナメウキの方が理に適い抵抗が少なくグレウキに向いているがニ−ズに合うものが少ない
ナギの日や潮の緩やかな流れの場合の喰い渋りの時、潮乗りや微妙な当たりを取るために自作しました、扱いや飛びのバランスを考えて長さは30cmまでとしてます


  ウキの表示浮力と種類に付いて 
 ウキはオモリ負荷に合わせて浮力(海水)表示がなされています
1
オモリの種類 オ モ リ 別 の ウ キ の 種 類
オモリ無し 000 00 0 +
ウキ自体が沈んで行く ハリ、ハリスの重みで沈む ギリギリ浮く +
ジンタン G2 G3 + +
ジンタン2号でギリギリ浮く ジンタン3号でギリギリ浮く + +
ガン玉 B 2B 3B 4B
ガン玉Bでギリギリ浮く ガン玉2Bでギリギリ浮く ガン玉3Bでギリギリ浮く ガン玉4Bでギリギリ浮く
中通しオモリ 0.3 0.5 0.8 1
オモリ0.3号でギリギリ浮く オモリ0.5号でギリギリ浮く オモリ0.8号でギリギリ浮く オモリ1号でギリギリ浮く
     @ウキの浮力は良い製品は上記記載のオモリでギリギリ浮く浮力に調整されているものが多い
     Aメーカーや作者の意向で浮力に余力あるものもある (ジンタンの小さなものが打てるウキもある)
     B低価格の商品には浮力調整が出来ていないものもある
2 ウキの浮力は海水で表示されています

海水は瀬戸内海・四国等でも濃度はビメョウに違い、又沖磯と地磯でも違う場合もあります
ウキの浮力は海水濃度でビメョウに違うので、ジンタンにより正確な浮力調整が必要になります 
3   ウキに使用するガン玉・ジンタン・中通しオモリの呼び名と重さ 
ガン玉 ジンタン 中通しオモリ
呼び名 - 重 さ 呼び名 - 重 さ 呼び名 - 重 さ
6B - 2.65g 1 - 0.40g 3 - 11.25g
5B - 1.85g 2 - 0.31g 2 - 7.50g
4B - 1.20g 3 - 0.25g 1.5 - 5.62g
3B - 0.95g 4 - 0.20g 1 - 3.75g
2B - 0.75g 5 - 0.16g 0.8 - 3.00g
B - 0.55g 6 - 0.12g 0.5 - 1.87g
7 - 0.09g 0.3 - 1.13g
4 ガンダマ・ジンタンの打ち方の組み合わせ表 
ウキの
オモリ負荷
カンダマ
一段打ち
ガンダマ・ジンタン
二段打ち
ガンダマ・ジンタン
三段打ち
ウキ沈めギミの
二段打ち
G2 G2号 G4号 G6号 - - - G2号 G4号
B B G1号 G5号 G3号 G4号 G6号 B G3〜4号
2B 2B B G4号 G1号 G4号 G5号 2B G3〜4号
3B 3B 2B G4号 B G3号 G5号 3B G3〜4号

基本の打ち方、  一段目は道糸・ハリスの結び目、二段目はハリスの中間、三段目はハリス三等分の二段打ちする

あくまで基本ですから、塩分濃度、流の速さ、風、沈めギミ等でオモリ負荷の変更や位置は磯の現場で変える、又スルスル釣りの場合オモリ負荷をキッチリしているとタナが浅い場合は良いが深くなるとウキが海面下に沈んでくるので調整したり、タナの入り具合の確認にもなる
ウキの負荷は種類によりビメョウに違うので常用しているウキに付いて負荷を確認しておく必要があり、それにより打ち方も変える事が大事です

ウキの価格からの比較
ウキの価格 良い点 悪い点
高いもの
      (1700円以上)
1. 出来上がりが均一で良い
2. 表示の浮力調節が正確です
3. 塗装面がしっかりして剥がれにくい
4. 重さも正確でバランスが良い
5. 糸通しに上下にリングがありスベリが良い
1. 値段が高く買いにくい
2. 高いので数多く持てない
安いもの
       (1200円以下)
1. 出来上がりが均一で良い
2. 値段が安く気軽に使用できる
3. 安いので種類多く持てる
4. 糸スベリがあまり良く無い
1. 表示の浮力がバラバラで良く無い
2. 塗装が悪く剥がれ易い
3. 重さ・バランスがあまり良く無い
ウキの総括 安い物は浮力調節と塗装面とバランスが悪いが最近のものは良いものもある
  価格が安く気軽に使用できる点が良い
高い物は全体的にバランスも良いし外観も良い
  価格が高く磯ではキズ付場合も多く気軽に使い難い

最近は1〜1200円程度の品物も品質が良くなり、高いものと同程度に近かずいた品質のウキが販売される様になって来て高価なものを購入しなくても良くなって来ている
グレウキの使用例は          ウキに付いては製品を中心に5種類程紹介します
        
ガルツ ZERO-1
遠投円錐タイイプ
ガルツ グレスト 
円錐タイプ
キザクラ TU-KAI つうかい
円錐タイプ
釣研 フリクションD
円錐タイプ
 グレックス バサラ
円錐と円の中間
ガルツ グレスト ( 細身円錐ウキ )
  瀬際を丹念に攻め、スレた魚に違和感を与えずに喰い込ませる、近距離のマスターモデルで円錐タイプで糸落ちは普通ですが感度は良く渋い当たり も取れてオールマイティーに使用できる
 
サイズ 外径・長さ 00〜5B サイズ 径・長さ 00〜5B
M 21.5×35 mm 7.8 6.2g S 21.5×31.5mm 7.35.4g
キザクラ  TU-KAI つうかい ( 細身円錐ウキ )
上部の口径2o下が2oの上下にSICリング付きで、グレ釣りの感度を重視したスリム作りです
 
サイズ 外径・長さ 穴リングの径  0 B 2B 3B 5B
M 21×35mm 2.0×2.0mm .7.4g 6.8g 6.5g 6.3g 5.6g
釣研、フリクションD ( 円錐ウキ )
  上部の口径2o中が2.5mm下が2oの中空タイプで上下リング付きで糸落ちが良く、スルスル釣りに向いている
糸落ちを追求したゼロシステムで糸落ちが良く、塗装強度を誇るダンパーコーティングをしている
 
サイズ 外径・長さ 穴リングの径  0 G2 B 2B 3B
M 23×37mm 2.0×2.5×2.0mm 9.8g 9.6g 9.3g 9.2g 8.9g
グレックス バサラ  ( 円錐と円の中間タイプのウキ )
上部の口径が3oのスルスルリング下部が2mmでスーパーロックコートで更に強度UPして、スルスル・全誘導釣りに向いています
   ※ L サイズも有り、サイズは26.5×32mmで参考で B-11.8g です
 
サイズ 外径・長さ 穴リングの径  G4 G2 B 2B 3B
M 24.5×29mm 3.0×2.0mm .9.7g .9.5g 9.2g 9.1g 8.8g
S 22.5×27mm 3.0×2.0mm .7.4g .7.2g 7.0g 6.8g 6.5g


ウ キ の 役 割 に つ い て
1
、   ウキに求められる役割  ウキに重点的に求められること
魚の当たりを取るため 感度が良いこと (体積と形による)
視覚性の良いこと 遠投しても良く見えること
一定のタナを保ち仕掛けを流すため 指定の浮力調整がキツチリしてあること
仕掛けをポイントに投入するため 適度の重量・大きさがあること
仕掛けを潮に載せてポイントに運ぶため 潮乗りの良いこと (水中の体積による)
波乗りの良いこと 塗装などが良くキズが付き難く耐久性があること
ウキを沈ませてタナを探る 穴の滑りが良く糸落ちが良いこと
ウキの役割は釣り人の釣りに対する価値観や経験の深さや実績等により異なるのが事実ですし、ウキの使い方はその時々の状況判断により使い分けるのがウキの使い方で最善の方法です

 ウ キ の 使 い 方
1
釣り場の状態で大まかに分類 
ウキの種類 事由について
1  潮流の速いとき
M・Lサイズのドングリウキでオモリ負荷の大きいもの ガンダマを段シズに打つ仕掛けを流れに負けないように安定させるため
2  潮流の小さい、ナギとき (風も弱いとき) 
Sサイズ・スリムのドングリウキでオモリ負荷の無いもの ウキ抵抗が少ない小粒で風の影響も視覚性も問題なく、渋い喰いの場合が多いため
棒型当たりウキ又は小粒当たりウキを飛ばしウキと併用 警戒心が強くなり当たりが小さく、喰い渋り状態いになる場合が多いため
3 風波の強いとき 
Mサイズのドングリウキでオモリ負荷の無いもの タナが浅く0・00ウキで沈めギミに流しす場合
Mサイズのドングリウキでオモリ負荷のあるもの タナが深くガンダマを打って使用する場合
Lサイズのドングリウキでオモリ負荷の大きい重量のあるもの 流れや風で道糸の抵抗に負ける場合
4 ウネリ・サラシのあるとき
Mサイズのドングリウキでオモリ負荷の無いもの タナが浅く00ウキなどウネリを吸収してサシエを安定させるため
Mサイズのドングリウキでオモリ負荷のあるもの サラシを釣る場合にガンダマを打ち仕掛けを安定させる場合
5 喰い渋りのとき  
Sサイズ・スリムのドングリウキでオモリ負荷の無いもの ウキ抵抗少ない小粒で風の影響も視覚性も問題なく当たりを取るのに専念する場合
棒型当たりウキ又は小粒当たりウキを飛ばしウキと併用 Sサイズドングリでも当たりが取り難い喰い渋りの場合
自立棒ウキ Sサイズドングリでも当たりが取り難い喰い渋りと波乗りを重視する場合
6  ウキのオモリ負荷について
ウキのB・2B・3Bなどの選択は組み合わせが多くなるので此処では省く
7 最後に
ウキの使い方は、釣り場では風・波・サラシ・タナの深さ・流れの強さやグレの喰い方などの状況によりウキはもちろん、タックル全体も見直す必要があります
同じタックル、ウキでもハリスにジンタン1つの打ち方で釣果は違って来ます、ウキの選択も大事ですが、タックル全体のバランスと流し方・釣り方が大事です


グレの釣り方とウキの関係について
グレ釣りで重要なのは、潮を読み、マキエを打ち、ポイントに流し誘いをかけることです
ウキはグレ釣りの中で重要な役割を演じるが、ウキだけではグレは釣れjません
ハリ、ハリス、ガンダマ、道糸、竿、リ−ル、マキエ、サシエ、潮の読み、サラシ、風の計算を組み合わせする内の中の1つです
釣り方はグレのおりそうな「ポイント」へ仕掛けを流し、「マキエ」 に同調させて、ハリ付きエサを流し「サシエ」 が上から流れ落ちて来るように演出し、「誘いをかける」ことによってグレを騙してサシエを喰わして釣ることです
ウキは釣り人が道糸をコントロール ( ラインメンディング ) してウキを潮にのせ、ウキから下の仕掛けが狙い通りの状態になるように演出してサシエをポイントのタナに届けてグレを釣る、フカセ釣りを決める重要なものです
釣り人は自然の風・波・潮流などがウキにもまして道糸に抵抗として働きウキの流れに影響をもたらすので、釣り人は道糸をコントロ−ルして仕掛けを理想的に保とうする、つまりウキをコントロ−ルすることで仕掛けをコントロ−ルしているのです
ウキは釣り人にとって仕掛けを操作する上で重要で欠かせないもので仕掛けの状態を確認する目安ともなります


  ウキについての考え方
釣りの仕掛けはハリと糸だけのシンプルなのが1番良いのですが、自然は風や波・潮流、ハエ根などあり釣り人の思う様には出来ません
仕掛けを飛ばしたり、潮に載せて流すウキ、安定さす為のガンダマや取り込みの竿やリ−ルなどが大変重要になりますし、ウキの選択も全体のバランスが非常に大事になります
ウキは当たりを取るのも目的の1つですが当たりは道糸の走りや穂先で取ることも出来ます
本当の目的は道糸を操作してウキを支点に仕掛けを理想的な状態に保ちながらポイントのタナまで流す事です
ウキはその為の道具のひとつにしか過ぎません、各々が釣りに対する価値観や経験等自分の釣りスタイルに合ったウキを磯の状況で使い分けて行くことと、タックル作りの中の全体的なバランスが大事で、ウキの選択が釣果にも繋がります

仕掛けを落とすのか、当たりを重視するのか、風の抵抗に負けな無いものか、潮乗りを考えるのか等ウキをどの様に使用したら良いか、ポイントを把握して選択使用する事が大事です高価なウキが1番良いとは必ずしも限りません                                                                                                                                            
最近のグレ釣りは喰い渋りによりウキに当たりが出ず、蛍光色のウキ止めや小粒当りウキを水中に沈めて僅かな動きで合わす釣り方も多用されています

しかし、この方法が全てでは有りませんから、ウキで当たりを取る役割は変わりませんが、喰い渋り=通常の事、になって来ています
ウキに求められる条件もきぴしくなっています、風の抵抗に負けな無い、潮乗りの良い、僅かな当たりを捕らえられるウキを選定することが出来ればそれは釣果に繋がることは明白です
ウキの選択はウキを選んでからハリスやガンダマ等を決めるのではなく、「グレの仕掛けの選択」でも述べましたがグレの釣れる大きさや風波・潮流の速さからハリ・ハリス・ガンダマと順番に選択した後からウキを決め手下さい
ウキはあくまでも、ウキを支点に仕掛けを理想的な状態に保ちながらポイントのタナまで運ぶ道具と考える事が大事です